【ムカつく!】旦那が何も考えてないから疲れる!5つの理由と対処法を徹底解説!

旦那

「旦那が何も考えてないからイライラする……」

「何も考えてない旦那に疲れるけど、どうしたらいいのだろう?」

「旦那が何も考えてない場合は離婚するべき?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

何も考えてない旦那に「一生ついて行っても大丈夫なのだろうか?」と不安になるのも当然です。

この記事では

  • 旦那が何も考えてない5つの理由
  • 何も考えてない旦那に疲れる!妻ができる対処法とは?
  • 将来設計のない旦那は離婚すべき?

上記の内容について、世の中の妻たちの体験談を交えながら、徹底解説していきます。

 

旦那が何も考えてない5つの理由

妻は仕事や家事をやり繰りし、次のことを考えながら毎日忙しない日々を送っています。

「将来のために少しでも貯蓄を」と節約をしている妻ほど、何も考えてない旦那にイライラしてしまうものです。

 

旦那が何も考えてないのには、以下のような理由が考えられます。

  • 喧嘩になるのが嫌
  • 興味がない
  • 妻を信用している
  • 計画性がない
  • 楽観的

この項目では、考えられる上記の理由を徹底解説していきます。

 

①喧嘩になるのが嫌

一つ目の理由は「喧嘩になるのが嫌」なことが挙げられます。

「喧嘩になるくらいなら自分の意見は出さないほうがいい」

と考えているのです。

 

本当に考えてないのではなく、実際は心の中では意見があるのかもしれません。

しかしこれまで喧嘩を繰り返してきた夫婦なら

「妻にこう言っても反論されるだけだから黙ってよう」

「口論になるのは面倒だから言うのはやめよう」

と思ってしまっても無理はありません。

 

②興味がない

二つ目に考えられるのは「興味がない」からでしょう。

誰でも興味のない話に積極的に参加するのは難しいものです。

 

あなたが何かを話していても、興味がない旦那は上の空で聞いています。

頭の中では別のことを考えているのかもしれません。

 

何を言っても空返事しか返ってこない旦那に対し

「もう!何も考えてないんだから!」

と妻はイライラしていまいます。

でも実は「何も考えてない」のではなく「別のことを考えている」のです。

 

③妻を信用している

3つ目の理由で挙げられるのは「妻を信用している」からでしょう。

「子供のことも将来のことも、妻に任せておけば大丈夫!」

と思っているからこそ、細かなところにまで口出しせずに黙っているのです。

 

きっとこれまで妻であるあなたが、しっかり家庭を守ってきたからこそなのでしょう。

とはいえ妻としては「一緒に考えたい」「二人の将来なんだから二人で決めたい」と思ってしまいますよね。

 

④計画性がない

4つ目に考えられる理由として「計画性がない」ことが挙げられます。

先のことを考えたり、計画を立てて動くことが苦手なのです。

 

たとえば旅行に行く時にしっかり計画を立てる人と、行き当たりばったりでまずは行動を起こす人がいます。

前者の場合は、リサーチや予約、逆算して準備を開始するなど、ミスののないよう計画的に動いていきます。

 

しかし後者の場合は、計画を立てること自体が苦手です。

計画を立てて動くことが疲れてしまうのでしょう。

 

妻としては

「将来がかかっているから、そんなこと言っていられない……」

と思ってしまうのも当然です。

 

⑤楽観的

最後に挙げられるのは「楽観的」であることでしょう。

「どうにかなるだろう」

と常に考えているため、「いざというときのため」「万が一に備えて」と考えることができないのです。

 

楽観的な旦那の場合、実際にこれまでなんとかなってきたのでしょう。

あなたを含め、周りに助けられ、やってもらうことでピンチに陥ったことがないのかもしれません。

 

何も考えてない旦那に疲れる!妻ができる対処法とは?

「このまま何も考えない人生は不安……」

「二人の将来なのだから、真面目に考えてほしい……」

付き合っている頃なら「おおらかな彼氏」で済まされたことも、結婚となると話は別です。

 

将来のことを何も考えてない旦那に不安になるのは当然です。

何も考えてない旦那に、妻は以下のような対処法を取ることができます。

  • 真剣に話し合える環境づくり
  • 考えて欲しいことを具体的に伝える
  • 不安に思っていることを伝える
  • 担当を決める
  • 諦める

この項目では、妻が何も考えてない旦那にできる対処法を徹底解説していきます。

 

①真剣に話し合える環境づくり

一つ目のポイントは「真剣に話し合える環境づくり」が挙げられます。

お互いが気兼ねなく話すことができる環境にすることで、旦那の意見を引き出すことができるからです。

 

特に子供がいる場合は、落ち着いて話す時間を作る必要があるでしょう。

話している途中に子供が泣いたり、話しかけられたりすれば、真剣は話し合いはできません。

 

子供が寝た後や、幼稚園・学校に行っている間などに、二人きりで話し合える空間を作ってください。

 

②考えて欲しいことを具体的に伝える

二つ目に挙げられるのは「考えて欲しいことを具体的に伝える」ことでしょう。

「ちゃんと考えてよ!」

と抽象的に言うのではなく、具体的に伝えることで、旦那にも考えてもらいやすくなるからです。

 

あなたが考えるメリットとデメリットを伝え、そのことを事前に伝えましょう。

たとえば

「子供の幼稚園、〇〇と△△で迷ってるんだ。〇〇は家から近いけど預かり時間が短くて、△△は家から少し遠いけど、保育内容がしっかりしてるんだよね。あなたの意見を聞かせて」

と伝えてみてはいかがでしょうか?

 

あなたの考えを事前に知ることで、旦那も意見を言いやすくなるでしょう。

旦那が意見を言ってきたときには、否定するのではなく、必ず「そうだよね、ありがとう」と伝えてください。

 

③不安に思っていることを伝える

3つ目は「不安に思っていることを伝える」ことが挙げられます。

旦那が何も考えてないことで、あなたが不安だということに、旦那は気づいていない可能性が高いからです。

 

もしかしたら

「妻は一人で決めたいと思っているはず」

なんて大きな勘違いをしているかもしれません。

 

旦那にも一緒に考えて欲しいということ、また考えてくれないと将来が不安だということをしっかり伝えるようにしましょう。

 

④担当を決める

4つ目は「担当を決める」ことが挙げられます。

一緒に決めようとすると妻任せにしてしまうかもしれませんが、ひとつのことを旦那に全部決めてもらうのです。

 

たとえば

「子供たちの教育関係は私が調べるから、あなたは自分の保険を調べて決めてもらっていい?」

とお願いしてみてはいかがでしょうか?

 

妻が関与しないと分かれば、自分でしっかり調べる可能性もあります。

放っておくと、いつまでも決めない危険性もありますので、期限を決め、しつこくならない程度に催促してみるといいでしょう。

 

⑤諦める

最終手段は「諦める」ことでしょう。

期待するとイライラしてしまいますから、いっそのこと自分で全部決めてしまうのです。

 

何も考えてない旦那にいつまでも合わせていては、家計も将来も不安なままでしょう。

「自分に任せてもらえている」

とプラスにとらえ、行動してみてはいかがでしょうか?

 

二人で喧嘩になりながら決めるよりも、いっそのこと一人で決めてしまったほうが、効率よく進むこともありますよ。

 

将来設計のない旦那は離婚すべき?

「将来設計のない旦那とは離婚すべきなのだろうか?」

「この先、何も考えてない旦那と一生過ごすことは無理なのだろうか?」

将来のことが不安になり「離婚」が頭をよぎる妻も少なくありません。

 

確かに将来設計は大切なことですし、価値観の相違が原因で離婚する夫婦も世の中にはたくさんいます。

しかしまず覚えておきたいのは「何も考えてないのはあなたの旦那だけではない」ということです。

 

つまり離婚したからといって、計画的な旦那を次に見つけられる保証はありません。

世の中には何も考えてない、また将来設計の下手な男性は山ほどいるのです。

 

先ほども書いたように

「喧嘩になるのが嫌だから」

「きっと一人で決めてたいのだろう」

という理由で、旦那が何も考えなくなったのであれば、あなた自身にも原因があります。

 

再婚して、別の男性になったところで、同じことの繰り返しになる可能性も高いでしょう。

まずは離婚の前に、上記で挙げたような対処法を試してみてはいかがでしょうか?

 

何も考えてない旦那にイライラする!妻たちの体験談

「何も考えてない旦那にイライラする!」

「毎回何も考えてないから、話し合いも疲れる」

何も考えてない旦那に頭を抱えているのは、あなただけではありません。

 

世の中の悩める妻たちの体験談をご紹介します。

私は今年で35歳になる結婚3年目の主婦です 私の主人(今年で38歳)も、本当に決断力が無く、結婚するのも、マンションを購入するのも、私が一人でバタバタして本当大変でした

職場でも聞くと、どこの家でも旦那はダメダメだそうで、最近では「男に期待するのは無駄」とあきらめてます(笑)

引用:okwave

この女性は、旦那に期待するのは諦めているようですね。

期待すると、自分自身がイライラしてしまうので、ある程度のところで諦めるもの必要なのかもしれません。

 

1度目の旦那は、なんでも決めてしまう勝手に車も買ってきてしまう人、そういう人は、口うるさい、服のセンスまで、指示してくる、そして2度目の、旦那何も決められない、全く服のセンスもない、だらしない、口はあまりうるさい方ではない、結論丁度いい人いないと分かりました。どちらにしてもイライラする。良いところだけ見られるように私も成長したい。

引用:ミウ

何も考えてない旦那にイライラするかもしれませんが、逆の性格でイライラする人もいるようです。

確かに欠点ばかり目についてしまいますが、「口うるさくない人」とプラスに捉えれば、イライラも収まるかもしれません。

 

うちは旦那の独身時代のローンが結婚当初300万くらいあるのに
私ばかり焦ったり節約したりしていて、当の本人はのん気なものだから非常に腹立たしかったです。

マイホームや子供、旅行貯金なんかの話は深刻にせず、お酒を飲みながらとかドライブ中とか、楽しい話として話題にしてます。
その方が聞いてくれるし、一緒にあーだこーだ考えてくれます。

逆に、「家計の事に細かく口出ししてくる旦那よりはマシかも・・・」とか
前向きに考えて、心を落ち着かせますw

引用:yahoo!不動産

深刻な話し合いにせず、あえて気軽に話し合う方が本音を出せるという旦那もいるようです。

話し方を工夫することで、旦那の意見を引き出しやすくなるかもしれませんよ。

 

まとめ

旦那が何も考えてないのには、以下のような理由が考えられます。

  • 喧嘩になるのが嫌
  • 興味がない
  • 妻を信用している
  • 計画性がない
  • 楽観的

 

旦那が何も考えてないときに妻ができる対処法は以下の通りです。

  • 真剣に話し合える環境づくり
  • 考えて欲しいことを具体的に伝える
  • 不安に思っていることを伝える
  • 担当を決める
  • 諦める

 

将来設計のない旦那に「離婚」という文字が浮かぶこともあるかもしれませんが、まずは落ち着いて上記のような対処法を試してみましょう。

考えようによっては「おおらかで口うるさくない」、とても魅力的な旦那かもしれませんよ。

 

あなた自身も妥協できるところはないか、冷静に考えてみましょう。

お互いの妥協点を見つけ、幸せな将来に向けて共に歩んでいけるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました