【イライラ】旦那が偉そうに威張っていてムカつく!特徴と対処法5選

旦那

「旦那が偉そうでムカつく」

「旦那が常に偉そうに指示してきて居心地が悪い」

「旦那が常に頭ごなしに偉そうに言ってきて耐えられない」

上記のようにお考えではありませんか。

 

本来夫婦は対等なはずなのに、いつの間にか偉そうに頭ごなしに言われることが日常化し、妻たちは日々ストレスをためています。

またその状態がこれから先ずっと続くのかと思うと気が遠くなることでしょう。

 

そこで当記事では以下のことについて解説していきます。

  • 旦那が偉そうに威張ってきてイライラしたときの対処法
  • 偉そうな旦那の特徴
  • 偉そうな旦那をもつ妻たちの声

 

旦那が常に偉そうにしていてもう耐えられそうにないと思っている場合は、ぜひ最後までご覧ください。

また最後までご覧いただいた場合、偉そうな旦那に対しての対処法が見つかります。

 

旦那が偉そうに威張ってきてイライラするときの対処法7選

旦那が上から目線で偉そうに威張ってくると、ついこちらもイライラしてしまいますよね。

また、委縮して何も言い返せない場合もあるでしょう。

 

そこでこの項目では偉そうに威張ってくる旦那の対処法について解説していきます。

  • 話し合う
  • その都度、嫌だと伝える
  • 経済的自立
  • ストレス発散先を見つける
  • おだててその気にさせる
  • 諦める
  • 離婚も視野に距離をおく

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

話し合う

まずは話し合うことが大切です。

話し合ったところで何も聞いてくれない……

と思うかもしれません。

 

しかし

話し合いを避けても何の解決にもならない

です。

 

むしろ妻が何も言ってこないことをいいことに、旦那の偉そうな態度がエスカレートしていく可能性があります。

何より夫婦のコミュニケーションは大切です。

 

一度腹をわって自分の思いを伝えてみましょう。

 

その都度、嫌だと伝える

話し合いをするだけでなく、その都度嫌なことは嫌だと伝えましょう。

なぜなら

話し合いで妻の言い分を理解し、反省したとしても、すぐには変えられない

からです。

 

偉そうな態度で妻に接している旦那は意識して偉そうに見せているわけではありません。

無意識のうちにやっています。

無意識とかよりタチが悪い気がするけど、性格ってそう簡単に変わらないもんね。

 

 

自分では気を付けようと思っていても、ふとしたときに偉そうな態度がでてしまうのです。

また偉そうな旦那の言葉をおとなしく聞いていることによって、旦那の態度がさらに横柄になることもあります。

 

その都度、「こういう言い方が嫌な気分になる」とコミュニケーションをとることで、旦那も自分の悪い部分を自覚していくはずです。

偉そうな態度をとるたびに、丁寧に優しく「こういうところが私は嫌だな」と伝えましょう。

 

経済的自立

経済的自立を目指しましょう。

偉そうに上から目線で言ってくる旦那には、自分が家庭で一番えらい、自分より妻のほうが下という認識があります。

 

その根っこにあるのが

自分が家庭を養っている

という思いです。

 

そのため話し合おうとしても、

そんな言い方をされると嫌な気分になるよ。

俺の金で生活しているのに口ごたえするな。

ということになってしまいかねません。

 

これを回避するためにもまずは経済的に自立を目指しましょう。

経済的に自立こすることにより、自分も家計をささえているんだという自信にもつながります。

旦那も自分が偉いと思える根幹が揺らぐことで、いかに小さいプライドだったのか気づくはずです。

 

ストレス発散先を見つける

ストレス発散先を見つけましょう。

これは妻だけでなく、旦那にも言えることです。

 

「旦那のストレス発散先も必要なの? 私が旦那のせいでストレスが溜まっているのに……」

と疑問に思うでしょう。

 

しかし

なぜ旦那は妻に偉そうな態度をとるのか?

原因としてストレス発散のためということが考えられます。

 

もちろん、人を使ってストレス発散をすることはよくないことです。

しかし会社で人と関わりながら働くこということは、大なり小なりストレスを抱えこんでしまいがち。そのイライラを妻にむけている可能性があります。

 

それならば

ストレスの発散先を他に見つけてあげればよい

また家事に育児に、旦那の偉そうな態度にと日々ストレスをためている妻もストレス発散先をみつけましょう。

発散先がみつかることで、気持ちにもゆとりがうまれ、お互いのことを尊重しあうことができるようになるはずです。

 

おだててその気にさせる

偉そうな旦那にはおだててその気にさせましょう。

 

なぜなら

男性とは単純な生き物
だからです。

 

偉そうに上からものを言ってきたとしても

  • 「すごい」
  • 「さすが」
  • 「あなたのおかげ」
  • 「ありがとう」

などの言葉をたくみに使い、旦那をうまく手のひらで転がしましょう。

 

何より褒められて機嫌が悪くなる人はいません。

旦那の機嫌が悪くなると、家庭の雰囲気も悪くなるもんね。

おだててその気にさせ、さらに機嫌もよくなってくれれば一石二鳥です。

また偉そうな旦那は自尊心も高いので、その自尊心をくすぐることで、口では「仕方ないなあ」と言いつつ、やってくれる場合があります。

 

偉そうな旦那にはおだてて自尊心をくすぐり、その気にさせましょう。

 

諦める

旦那が偉そうでイライラする場合、諦めることも必要です。

 

なぜなら

人はそう簡単には変われない

しかも幼い子供ではなく、いい歳した大人の性格を変えることは難しいと言わざるを得ません。

 

「うちの旦那はこういう人なんだ」

諦め、受け入れることによって、イライラした自分の気持ちも落ち着きます。

イライラするということは相手に対して期待している表れだからです。

 

長い結婚生活には時に諦めることも必要でしょう。

 

離婚も視野に距離をおく

あまりにも旦那の態度が理不尽で改善の見込みがない場合は、離婚も視野に距離を置くことも考えるべきです。

 

なぜなら

モラハラの可能性がある

 

モラハラの場合、逃げることを優先させましょう。

ついらい思いをしてまで一緒にいる必要はありません。

 

またモラハラ旦那から逃げ出すときは離婚も視野に行動しましょう。

家出をしては帰ってくるを繰り返しても、旦那の態度は一時的にしか改善されません。

 

 

【旦那が偉そうでイライラする】威張ってくる夫の特徴7選

日々家事に育児に忙しく動き回っている横で、旦那が偉そうにしているとイライラがつのることでしょう。

 

そこでこの項目ではそんな旦那の特徴について紹介します。

  • 休日ずっと寝ている
  • 家事をしない
  • 子育てをしない
  • 恩着せがましい
  • プライドは高いが意外と小心者
  • ダメ出しが大好き
  • 感謝の言葉がない

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

休日ずっと寝ている

偉そうな旦那に限って休日はずっと寝ています。

偉そうに口出してくる旦那に限って何もしないのよね。

偉そうな旦那は口だけです。

また「口だけでなく手伝ってよ」と伝えても、「俺は仕事で疲れてる。日々仕事で頑張っている俺を休ませようという心配りはないのか」と言って、ソファーなどで1日中ゴロゴロしてばかりで、結局何もしません。

 

家事をしない

休みの日は何もしないのと同じように、偉そうな旦那は家事もしません。

なぜなら偉そうな旦那の潜在意識に、自分が一番えらいという感情があるからです。

 

そのため家庭で一番えらい自分が家事をする必要がないと思っています。

また偉そうな旦那は未だに

家事=女の仕事

と思っているのです。

 

その結果、単にめんどくさいという感情だけでなく、家事は自分のやることではないと思っており、結果一切の家事を妻任せ、そのくせ口だけはだす旦那になってしまうのでしょう。

 

子育てをしない

偉そうな旦那は子育てもあまり参加しません。

 

全く参加しないわけではなく、口はだします。

しかし実際に実践はしません。

なぜなら

それは妻の役目だから

 

そんなの育児に全く参加していないの一緒よ。

と思いますよね。

事実、その通りです。

 

しかし偉そうな旦那はそのことに気づいていません。

また自分が口出ししたことがうまくいかなかった場合、それは妻のせいになります。

うまくいけば「俺の言う通りだっただろう」と鼻高々です。

 

偉そうな旦那は口をだすことで育児に関わっているつもりですが、あくまでもつもりであり、妻からしたら全く育児に関わっていないと思われています。

 

恩着せがましい

偉そうな旦那は恩着せがましくもあります。

 

たとえば、珍しく旦那がお昼ご飯を用意してくれたとします。

俺の料理うまいだろう~。仕事で忙しく働いているのに、奥さんを休ませてあげようとする俺っていい旦那だよな。感謝しろよ。俺と結婚できてよかっただろう。

とドヤ顔で恩を着せてくるのです。

 

また実際に行動に起こしたときだけでなく、旦那の言う通りにしたときにそれが成功した場合も同じように恩着せがましく言ってきます。

俺の言う通りだっただろう。俺の言う通りにやっていれば間違いないんだよ。

 

褒められたい、感謝されたいという気持ちは自然なことですが、時には何か月も前の話を持ち出して言ってきたり、上から目線だったりするとついこちらもイライラしてしまい、喧嘩になってしまうなんてこともあるでしょう。

 

プライドは高いが意外と小心者

偉そうな旦那はプライドが高いです。しかしその内面は小心者であることが多いです。

 

そのため家庭では偉そうに威張っていても、一歩外に出ればヘコヘコと頭が下げ、上司の顔色ばかりうかがっています。

 

また、

「そのおかげで家族は何不自由ない生活をしているんだ!」

と自負があり、家族には偉そうな態度をとるのです。

 

確かに実際にそれは事実でもある

しかし当然そのような生活はストレスをためやすいです。

そしてその反動が家族へと向けられてしまいます。

 

その根幹にあるのは

妻や家族は自分より弱い存在

という考え。

 

自分より弱い存在にしか、小心者の旦那は威張れないのです。

 

ダメ出しが大好き

偉そうな旦那はダメ出しも大好きです。

相手を否定することが大好きと言い換えてもいいでしょう。

 

たとえば何かがうまくいったりすると、誰かにその話を聞いてほしくなりますよね。

しかし偉そうな旦那は「よく頑張ったね」や「すごいね」と共感してくれません。

むしろ「そんなことで満足するからお前はダメなんだ」などと、ダメ出しが返ってきます。

 

またそういった環境は

子供にも悪影響

です。

 

ダメ出しが大好きな旦那は、子供にもマウントをとってきます。

その結果、自己肯定感が低い性格になりかねません。

 

またダメ出しが大好きな旦那は自覚がなくやっていることが大半なので質が悪いです。

 

感謝の言葉がない

偉そうな旦那は感謝の言葉を言いません。

 

なぜなら

やってもらって当たり前

と思っているからです。

 

また感謝することができない旦那は謝ることもできません。

偉そうな旦那は家庭は自分中心で回っていると思っているので、感謝も謝罪もないのです。

 

なぜ旦那は偉そうに威張ってくるの?

偉そうに指示してくる旦那をみているとイライラしますよね。

また、なぜそんなに偉そうにできるのだろうと思うこともあるでしょう。

 

そこでこの項目では家族に対して偉そうにしてくる旦那の心理について解説します。

  • 自分は常に正しい
  • 実は自分に自信がない
  • 会社でストレスがたまっている
  • 両親に過保護に育てられた
  • 両親に厳格に育てられた

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

自分は常に正しい

常に偉そうに威張っている旦那は、常に自分は正しいと思っています。

 

自分は正しい=自分が偉い

という図式が成り立っているのです。

 

しかもそこには何の根拠もありません。

それなのに自分は常に正しいと信じて疑わないため、たとえ間違いを指摘されても認めることもなければ訂正することもないのです。

 

実は自分に自信がない

普段は家庭で偉そうに威張っている旦那ですが、その実、自分に自信がありません。

自分に自信がないからこそ、家族には偉そうな態度をとるのです。

 

その心理は

  • 家族の中では一番偉い存在でいたい
  • 敬ってほしい
  • 家族の中で自分が一番すごい

と思いたいという気持ちが表れた結果といえます。

 

会社でストレスがたまっている

旦那が家庭で偉そうに威張る背景には会社でのストレスが原因の場合があります。

 

上記項目で紹介したように(詳しくは「威張ってくる夫の特徴7選」を参照)、家族には偉そうに威張っている旦那に限って、小心者です。

そのため家の中での姿が信じられないほど、腰が低かったりします。

 

しかし

そんな状態は当然ストレスがたまる

そしてそのストレスの捌け口として家族には偉そうな態度をとるのです。

 

両親に過保護に育てられた

旦那が横柄な態度をとる背景には家庭環境が大きく関係している場合があります。

偉そうな態度の背景には

両親に過保護に育てられた可能性がある
たとえば
  • 「○○が一番頭がいい」
  • 「○○の言っていることに間違いはない!」
  • 「○○が一番かわいい!」

などとずっと褒められ続け、怒られずに育つと、自尊心ばかり高くなりがちです。

 

もちろん褒めることは大切ですが、溺愛しすぎてはいけません。

その結果、自分と他の人のあいだに優劣を無意識につけてしまい、相手に対して偉そうな態度をとってしまうのです。

 

またあまり怒られずに育ってきたため、何をしても自分は許さると思いこんでいる部分があります。

度が過ぎた過保護は、自尊心を高め、横柄な性格にしてしまうのです。

 

両親に厳格に育てられた

逆に厳格に育てられた場合も、横柄な性格にしてしまう可能性があります。

何事にもちょうどいい塩梅が必要ということです。

 

あまりにも厳しく育てられると

それまで抑圧されていた分、大人になってから傲慢になる

ことがあります。

 

また厳格な家庭ほど長子や男の子であることにアイデンティティを見出し、「男の子だから○○」、「長男なのだから○○」と言って、滅多なことでは褒めません。

そしてそういう家庭は亭主関白であることがほとんどです。

 

そんな家族を見て育ってきた旦那はそれが当たり前であり、自分も同じような振る舞いをします。

その結果が妻や子供に対して見下したような偉そうな態度になってしまうのです。

 

旦那が偉そうにしていてムカついている妻たちの声

偉そうな旦那をもつ妻たちが日々どう思っているのか気になりますよね。

また偉そうな旦那相手にどのようにして対応しているのか、妻たちの声をまとめました。

 

  • 偉そうな旦那に日々ストレスをためている妻たちの声
  • 偉そうな旦那に日々ストレスをためている妻たちの声

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

偉そうな旦那に日々ストレスをためている妻たちの声

偉そうな旦那をもつ妻たちの声をまとめました。

 

キレはしないけど「だから君は駄目なんだ」「言ったとおりにしなさい」と上目線。
こっちが怒ると「これだから女は」とか言われてさらに腹が立つので、むかついても我慢しています。

「ガールズちゃんねる」より引用

弁の立つ旦那なのでしょうね。

そういう旦那にはぐっとこらえて、その実手のひらでうまく転がしたほうがよさそうです。

 

仕事が忙しいと八つ当たりされる。
昨日と同じ事してても急に怒鳴られたりネチネチ嫌味言われたり。
最初は何が悪いか分からなかったし、私の要領が悪いのかと落ち込んで泣いたりしてたけど、仕事が忙しい時に限って私を責める事に気付いてからは言い返してる。

「ガールズちゃんねる」より引用

妻のほうが自分より格下だと無意識に思っているからこそ、妻を八つ当たりの標的にしてしまうのでしょう。

また仕事のたびというのも気になります。

情緒不安定なところがあるのでしょう。

 

掃除機をかけたくらいで偉そうです。

「ガールズちゃんねる」より引用

偉そうな旦那は何かひとつ家事をした程度で、恩着せがましくしてきます。

普段妻が家事をやっていても感謝の言葉ひとつ言わないのに、自分のときは感謝を望んでくるのがまた余計に妻をイライラさせるのでしょう。

 

そもそも偉そうにしている旦那は日々妻たちをこれだけイライラさせていることにも気づいていません。

言い返しても余計に返ってきてストレスになるだけだからと、黙って耐えている妻も多いでしょう。

しかし時には反論することも大切です。

 

偉そうな旦那を改善させたor対処した妻たちの声

偉そうな旦那に日々イライラしながらも我慢するだけでなく、改善、もしくは対処した妻がいます。

そんな妻たちの声をまとめました。

 

以前は偉そうだったけど、ぐうの音も出ないくらい理詰めで論破したらおとなしくなった。

「ガールズちゃんねる」より引用

おとなしく聞いていると増長することがあります。

一度反論できないほど詰めてしまうのもひとつの方法でしょう。

 

それが原因で別れました
自分の存在感や価値が無くなってきたから。

「ガールズちゃんねる」より引用

単なる偉そうな旦那というわけではなく、モラハラ旦那だったのでしょう。

自分の存在価値がわからなくなるほど追い詰める人と一緒にいる必要はありません。

気持ちを切り替えて別れて、新しい人生を歩みましょう。

 

私の夫は結婚当時世間知らずのボンボンで、実家に暮らしてた時は母親に何から何まで尽くしてもらってたから、安月給の癖して毎日いばり散らして私に指図してたよー。
自分で脱いだ靴下を片付けないばかりか「女なんだから気を利かせてさっさと片付けろよ!」と怒鳴られたり、今思えばモラハラ野郎だったのかな?
3年かけてみっちり教育しましたよ。
今はモラハラもすっかり影を潜め、優しい夫になりました。

「ガールズちゃんねる」より引用

育った環境はやはり大きく影響されるんですね。

それでも腰を据えて真正面から向き合っていくことで改善されることもあります。

そのためには一度ならず、何度か旦那の高くなったプライドを容赦なくへし折ることが必要です。

 

偉そうな旦那はモラハラ予備軍とも言えます。

そこには

男尊女卑の意識がある

時代遅れもいいところの考え方ですが、まだまだ抜け出せていない男性が多いことも事実です。

 

旦那にまだ愛情があり、とことん付き合う覚悟があるなら、腰を据えて旦那の意識改革をしていくという方法もあります。

しかし旦那の態度があまりにも行き過ぎていて、あなたがつらいのであれば逃げることも選択肢のひとつです。

 

まとめ

家事に育児に日々忙しくしているのに、偉そうに口だけしかださない旦那をもつとストレスがたまりますよね。

それがこれから先、何十年も続くのかと思うと絶望的な気持ちになるでしょう。

 

そこで偉そうな旦那への対処法は、

  • 話し合う
  • その都度、嫌だと伝える
  • 経済的自立
  • ストレス発散先を見つける
  • おだててその気にさせる
  • 諦める
  • 離婚も視野に距離をおく

があります。

 

また偉そうな旦那の特徴としては

  • 休日ずっと寝ている
  • 家事をしない
  • 子育てをしない
  • 恩着せがましい
  • プライドは高いが意外と小心者
  • ダメ出しが大好き
  • 感謝の言葉がない

があげられます。

 

このような旦那をもつと日々ストレスがたまり、イライラがつのることでしょう。

そのイライラをずっと抱えるようなことはせず、一度腰を据えて旦那と話してみることが大切です。

 

また度が過ぎている場合はモラハラが可能性があります。

専門機関などに相談して、旦那から逃げることも選択肢にいれましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました