【離婚?】旦那がひとりになりたいと言う5つの心理!適切な対処法とは?

旦那

「旦那がひとりになりたいと言い出したけど理由が分からない……」

「旦那がひとりになりたいと言う時の対処法は?」

「旦那がひとりになりたいと言う時は離婚の危機?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

一生添い遂げるはずの旦那から「ひとりになりたい」と言われたらショックですよね。

「自分の何が悪かったのだろうか?」

と責めてしまう妻もいるかもしれません。

 

まずは落ち着いて、旦那が「ひとりになりたい」と言い出した理由を考えてみましょう。

この記事では

  • 旦那がひとりになりたいという5つの心理
  • 旦那がひとりになりたいと言う時の対処法5選
  • 旦那とずっと一緒にいるために!目指したい夫婦の特徴7選

上記の内容を徹底解説していきます。

 

旦那の気持ちを理解して、ずっと一緒にいられる夫婦を目指しましょう。

 

旦那がひとりになりたいという5つの心理

何の前触れもなく、突然「ひとりになりたい」と言い出した旦那。

あなたは驚き、ショックを受けていることでしょう。

 

しかしまずは落ち着いて、旦那が「ひとりになりたい」理由を考えてみることが大切です。

もしかしたらあなたが考えているほど、深い意味はないのかもしれませんよ。

 

旦那が「ひとりになりたい」と言う時の心理として、以下のようなものが挙げられます。

  • 一人で考え事をしたい
  • 集中したい
  • ゆっくりしたい
  • 妻といたくない
  • 離婚したい

それぞれの心理について、詳しく見ていきましょう。

 

一人で考え事をしたい

最初に「一人で考え事をしたい」ことが挙げられます。

男性は深く考え事をする時は、ひとりになりたいと思う傾向があるのです。

 

女性の場合、考え事をする時は旦那や友達に相談する方も多いでしょう。

しかし男性はその反対で、ひとりでじっくり考えたい人が多いようです。

 

これは男性と女性の違いなので、どうしようもないことでしょう。

「何考えてるの?」

としつこく聞くと、余計に避けられてしまうかもしれません。

 

ここはお茶のひとつでも用意して、ゆっくり考え事をさせてあげましょう。

 

集中したい

次に「集中したい」ことが挙げられます。

多くの男性は一つのことしかできない傾向にあるのです。

 

好きなテレビを見ている時や、メールをしたい時は話しかけられたくないと感じます。

テレビを見ながらメールをして、さらに料理や洗濯も進めていく……

と器用に同時進行ができる妻としては理解できないことかもしれません。

 

これは男性と女性の違いなので、責めずにそっとしておいてあげましょう。

 

ゆっくりしたい

次に「ゆっくりしたい」という心理が考えられます。

日々の疲れを解消したいのでしょう。

 

特に仕事が忙しく、ストレスが溜まっていたり、身体が疲れているときはひとりになりたいと感じます。

男性は自分の弱いところを見せるのが苦手です。

 

心配になって、世話を焼きたくなる気持ちも分かりますが、優しく見守ってあげましょう。

疲れが取れれば、また一緒に楽しく笑って過ごせるようになるはずです。

 

妻といたくない

残念ながら「妻といたくない」可能性もあります。

妻といることで居心地が悪いと感じているのです。

 

この場合、妻の普段の言動に問題がある場合も多いでしょう。

自分の言動を一度見直してみるチャンスかもしれません。

 

旦那に限らず、一緒にいて疲れてしまうような人と暮らしたいとは思わないはずです。

 

離婚したい

最後に「離婚したい」という心理も挙げられます。

様々な理由が積み重なって「離婚したい」気持ちにまで発展してしまったのでしょう。

 

  • 妻への愛情がなくなってしまった
  • 浮気相手と一緒になりたい
  • 自由な時間が欲しい

など、考えられる理由はいくつかあります。

思い当たる節はないか、今一度考えてみましょう。

 

旦那がひとりになりたいと言う時の対処法5選

いきなり旦那から

「ひとりになりたい」

と言われれば、混乱するのは当然です。

 

しかしこんな時こそ落ち着いて、冷静に対応していきましょう。

ヒートアップして、相手を責め立てては逆効果です。

 

「ひとりになりたい」と言う旦那に対してできる対処法として、以下のことが挙げられます。

  • ひとりの時間を作ってあげる
  • 自分の接し方を振り返る
  • 家庭内を居心地よくする
  • 話を聞く
  • 感情的にならない

それぞれの対処法を詳しく見ていきましょう。

 

ひとりの時間を作ってあげる

まず最初は「ひとりの時間を作ってあげる」ことが挙げられます。

「ひとりになりたい」と言っている旦那にしつこく付きまとっても逆効果だからです。

 

たとえば少しの間、実家に帰省して旦那をひとりきりにしてあげるという方法もあります。

また妻と子供たちで短期の旅行に行くのもいいでしょう。

 

妻自身も気分転換になりますし、旦那も自由を満喫しやすくなります。

 

自分の接し方を振り返る

次に「自分の接し方を振り返る」ことが挙げられるでしょう。

日頃の妻の言動のせいで「妻と一緒にいたくない」と思っている可能性があるからです。

 

たとえば以下のような態度を取っていなかったでしょうか?

  • 旦那がいないと何もできない
  • 旦那のすべてを知りたがる
  • 旦那のプライベートを独占したがる
  • 仕事や育児を優先しすぎている
  • 不機嫌で仏頂面
  • スキンシップを断る
  • 文句や愚痴ばかり言う
  • 旦那を見下している

 

このような状態が続けば、旦那が「ひとりになりたい」と思ってしまうのも当然です。

 

家庭内を居心地よくする

次に「家庭内を居心地よくする」ことが挙げられます。

仕事で疲れて帰ってきても、自宅に居場所がないと気が休まらないでしょう。

 

たとえば家庭内がこのようになっていませんか?

  • 旦那の夕飯を用意できていない
  • 掃除が疎かになっている
  • すべてが子供中心で、旦那は二の次
  • いつも完璧に片付いていて、少しのズレもない

実は散らかっているだけでなく、キレイすぎるのも「居心地が悪い」と感じる要因になります。

 

家の中が完璧すぎると、ゴロゴロしながらくつろぐことが許されない雰囲気になってしまうでしょう。

居心地の良い、温かな家庭環境を作るように努力してみてください。

 

話を聞く

次にできるのは「話を聞く」ことです。

話を聞くだけでも、旦那がすっきりすることができる可能性もあります。

 

女性はついつい自分の話をしがちですが、男性も話したいと思うことはあるものです。

途中で口を挟まず、最後まで話を聞いてあげてください。

 

妻が旦那の気持ちを理解することもできますし、旦那も話すことで自分の頭を整理できるでしょう。

 

感情的にならない

最後に「感情的にならない」ことが挙げられます。

感情的になればなるほど、旦那は妻から離れていくからです。

 

旦那の立場に立ってみましょう。

何かの理由があって

「ひとりになりたい」

と思っている時に、感情的に責められたり泣かれたりしても逆効果のはずです。

 

まずは冷静になり、旦那の気持ちを吐き出させてあげることを優先させましょう。

 

旦那とずっと一緒にいるために!目指したい夫婦の特徴7選

「いつまでも仲良く幸せな夫婦でいたい」

「旦那とずっと一緒にいるためにはどうしたらいいのだろう?」

そう思う妻は少なくありません。

しかし素敵な夫婦も陰では様々な努力をしてきたはずです。

 

旦那とずっと一緒にいるために、目指したい夫婦の特徴は以下のようなものが挙げられます。

  • 適度な距離感を保つ
  • 感謝と思いやりの気持ちを持つ
  • コミュニケーションをとる
  • 笑顔を意識する
  • 言葉遣いに気を付ける
  • 男性・女性としての美意識を忘れない
  • 相手を尊重する

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

 

適度な距離感を保つ

最初に気を付けたいのは「適度な距離感を保つ」ことが挙げられます。

ほどよい距離感を取ることで、旦那は安心感を得ることができるのです。

 

好きであればあるほど、相手のことが知りたくなるのは当然でしょう。

しかし夫婦であっても、踏み込んではいけないプライベートゾーンはあるものです。

 

適度な距離感を保つことで、旦那もあなたと一緒にいる時間を楽しむことができるでしょう。

 

感謝と思いやりの気持ちを持つ

次に大切なのは改めて「感謝と思いやりの気持ちを持つ」ことが挙げられます。

一緒にいるといろいろなことが当たり前になり、つい感謝や思いやりを忘れがちだからです。

 

  • 家事を手伝ってくれた時
  • 重い荷物を持ってくれた時
  • 労いの言葉をかけてくれた時

ちょっとしたことであっても感謝の言葉を伝えていますか?

 

相手の立場になって考える、思いやりの気持ちを持っているでしょうか?

感謝と思いやりは、家庭を温かい雰囲気にする力を持っています。

 

恥ずかしがらずにどんどん言葉にしていきましょう。

 

コミュニケーションをとる

次に「コミュニケーションをとる」ことが挙げられます。

会話がなくなると、夫婦の関係はギクシャクしてしまうからです。

 

今日あった話や子供の話など、他愛もないことで構いません。

過去の思い出話をしてみてもいいでしょう。

 

仲の良い夫婦は会話の量が多いものです。

相手の話に興味を持ち、相槌を入れながらよく聴いてあげましょう。

 

笑顔を意識する

次に気を付けたいのは「笑顔を意識する」ことです。

家に帰って、不機嫌な仏頂面の妻が待っていると、旦那はそれだけでがっかりしてしまいます。

 

家にいる時は優しい笑顔を意識しましょう。

口角を上げて、自然な笑顔ができるように練習してみるといいかもしれません。

 

旦那から呼び止められた時やふとした時に笑顔で応えてあげましょう。

 

言葉遣いに気を付ける

次のポイントは「言葉遣いに気を付ける」ことが挙げられます。

汚い言葉遣いは、家の中の雰囲気を悪くしてしまうからです。

 

「あんたのせいでしょ!」

「お前が悪いんだからな!」

といった言葉遣いでは夫婦仲も良くなりません。

 

相手を思いやる、キレイな言葉遣いを身につけましょう。

仲の良い夫婦は、穏やかで優しい言葉遣いをしています。

 

男性・女性としての美意識を忘れない

次に「男性・女性としての美意識を忘れない」ことが挙げられるでしょう。

いつまでも綺麗な妻でいることを、旦那は願っているはずです。

 

家の中でバッチリメイクをしている必要はありませんが、身ぎれいにしておくことはできるでしょう。

ムダ毛の手入れや髪を少し整えるだけでも、印象は大きく変わってきます。

 

姿勢や着るもの、メイクなどを見直してみましょう。

女性としての魅力を保つことで、旦那からいつまでも愛される妻でいることができます。

 

相手を尊重する

最後に「相手を尊重する」ことが挙げられるでしょう。

相手を丸ごと認めてあげることは、重要なポイントです。

 

妻から認められることで、旦那も自信を持ち、毎日が楽しくなってきます。

趣味や生活を否定するのは簡単ですが、まずは認めてあげましょう。

 

ちょっとしたことでも

「すごいね!」

「さすがだね!」

と褒めてあげることが大切です。

 

まとめ

旦那が「ひとりになりたい」と言う時の心理として、以下のようなものが挙げられます。

  • 一人で考え事をしたい
  • 集中したい
  • ゆっくりしたい
  • 妻といたくない
  • 離婚したい

 

「ひとりになりたい」と言う旦那に対してできる対処法として、次のことを試してみましょう。

  • ひとりの時間を作ってあげる
  • 自分の接し方を振り返る
  • 家庭内を居心地よくする
  • 話を聞く
  • 感情的にならない

 

旦那とずっと一緒にいるために、目指したい夫婦の特徴は以下のようなものが挙げられます。

  • 適度な距離感を保つ
  • 感謝と思いやりの気持ちを持つ
  • コミュニケーションをとる
  • 笑顔を意識する
  • 言葉遣いに気を付ける
  • 男性・女性としての美意識を忘れない
  • 相手を尊重する

 

旦那から突然「ひとりになりたい」と言われれば、パニックになるのも当然です。

しかし焦る必要はありません。

 

今は旦那に余裕がなく、気持ちの整理がつかないのでしょう。

これを夫婦関係を修復するチャンスとして、前向きにとらえてみてください。

 

小さなことから改善していけば、きっといつまでも仲の良い夫婦になれるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました