【無理】旦那のことは好きだけどしたくない!妻たちの体験談や7つの対処法を公開!

旦那

「旦那は好きだけどしたくない……これって私だけ?」

「旦那のことは好きだけどセックスしたくない時の対処法は?」

「旦那は好きだけどしたくない理由は?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

夫婦として好きな気持ちはあるけれど、セックスがしたくないと悩んでいる女性は少なくありません。

旦那から求められるたびに、気持ちが憂鬱になってしまうでしょう。

 

当記事では

  • 旦那は好きだけどしたくない!妻たちの本音
  • 旦那のことは好きだけどセックスしたくない場合の7つの対処法
  • 旦那のことは好きだけどセックスしたくないと感じる5つの理由

上記の内容を徹底解説していきます。

 

旦那は好きだけどしたくないと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、旦那のことは好きだけどしたくない時の対処法が分かるでしょう。

 

旦那は好きだけどしたくない!妻たちの本音

旦那は好きだけどしたくないと感じると、罪悪感を感じる妻もいます。

しかしあなただけでなく、多くの女性が同じように感じているのです。

 

ネット上では

  • 求められるとイライラしてしまう
  • 誘われたくないので早寝する毎日
  • 気持ち悪いとすら思ってしまう

といった声が寄せられていました。

それぞれの声を具体的に解説していきます。

 

求められるとイライラしてしまう

したくもないのに、求められると苦痛に感じるのが自然でしょう。

夫から求められるのが嫌です。
20代後半です。新婚ですが、上記のことで悩んでいます。

夫のことは好きなのですが、夫婦生活が苦痛なのでいつも断ってしまいます。結婚するまでは普通にしていたのですが、今は全くやる気がおきないのです。正直痛みもあり演技することもあります…。
まだ子供はいません。

引用:ヤフー知恵袋

 

結婚すると、今まで以上にやる仕事が増え、身体も疲れますよね。

そんな中で求められると、イライラしてしまうのも無理はありません。

 

新婚直後であれば、余計に旦那も甘えたいのでしょう。

まずは自分の気持ちを話し、旦那との妥協点を見つけるのがポイントです。

 

誘われたくないので早寝する毎日

旦那に誘われたくないので、寝る時間をずらしている妻もいます。

旦那とセックスしたくない。
誘われるのが苦痛…。
家事育児手伝ってくれるし優しい旦那だけど、セックスはしたくない。
誘われるのが嫌だから、子供と早寝する毎日です。
子供が寝て私が起きてると、すかさず誘ってくるのが本当に嫌。
今日は旦那が早寝してくれたので久々に夜更かししてる。

引用:ヤフー知恵袋

 

子供が小さいと起こさないように気を遣いますし、余計にセックスしたくないと感じる妻は多いようです。

子供と一緒に寝てしまえば、旦那から求められずに済むのでしょう。

 

しかし夫婦の時間が減ってしまうと、お互いの気持ちは冷めていく一方です。

セックスをしなくても、一緒に過ごす時間は大切にしていきましょう。

 

気持ち悪いとすら思ってしまう

旦那から求められることを「気持ち悪い」とすら感じる妻もいるようです。

出産後、1年4ヶ月がたちますが、出産をしてから性欲がまったくなくなってしまいました。

まったくエッチをしたいとも思わず、その行為自体が気持ち悪いと感じてしまうほど潔癖になってしまいました。夫はとてもしたがるため、付き合いますが、とても痛く涙が出てくるほどです。

こんな苦痛なものなら、避けて通りたい。エッチなんてしたくないと思っているのですが、結婚している以上、拒めません。

引用:ヤフー知恵袋

 

後述しますが、産後は特に旦那とのセックスを不快に思う傾向があります。

1歳4ヵ月ではまだまだ手もかかりますし、身体も疲れているでしょう。

 

そんな中で求められても、乗り気にならないのは当然です。

まずは体を休めることを優先させましょう。

 

旦那に気持ちを話してみることも大切ですよ。

 

旦那のことは好きだけどセックスしたくない場合の7つの対処法

旦那は好きだけどセックスしたくないという感情は、決しておかしなことではありません。

しかしそのままではだんだんとセックスレスになってしまいます。

 

毎回断られる旦那も辛いですよね。

早めにセックスしたくないという気持ちを処理しておきましょう。

 

旦那は好きだけどセックスしたくない時は下記の対処法がおすすめです。

  • 自分の気持ちを理解してもらう
  • 旦那改造計画を実行する
  • 同じ部屋で寝る
  • 二人の時間を作る
  • セックスの日を決める
  • 旅行へ行く
  • アダルトグッズを使う

それぞれの対処法を詳しく見ていきましょう。

 

自分の気持ちを理解してもらう

まずは「自分の気持ちを理解してもらう」努力が必要です。

「したくない」「嫌だ」と思っているだけでは、旦那には伝わりません。

 

理由も伝えずに拒否すれば、旦那も困ってしまうでしょう。

なぜしたくないのか、たとえば

  • 痛いから嫌だ
  • 疲れているからその気になれない
  • 子供が起きてしまわないか気になる

など、理由を伝えてみてください。

 

痛い場合の対処法は、下記の記事でもまとめています。

 

旦那に「好きだけどしたくない」自分の気持ちを伝えると、二人で解決策を見つけられる可能性があります。

 

旦那改造計画を実行する

次に「旦那改造計画を実行する」こともできるでしょう。

旦那改造計画とは、髪型や服装、体型を妻が変えてあげる計画です。

 

結婚して時間が経てば、お互いに見た目が変化するのは自然な現象でしょう。

加齢とともに体型が変化したり、乾燥や脂っぽいところが目に付く場合もありますよね。

 

若い頃と同じ、というのは難しいですが、見た目を改善すれば、またときめきを取り戻せるでしょう。

ダイエットをしたり、服装を変えるなど、旦那改造計画を実行してみてはいかがでしょうか?

 

同じ部屋で寝る

次に「同じ部屋で寝る」ようにしてみてください。

夫婦別室派の夫婦もいますが、部屋が別になると、一緒に寝る行為自体に抵抗が出てくるものです。

 

いざセックスしようと思った時に、一緒にベッドに入ることが気恥ずかしくなる夫婦もいるでしょう。

まずは同じ部屋で寝ることに慣れてください。

 

少しずつ距離を縮めれば、だんだんとセックスへの抵抗を減らせるでしょう。

 

二人の時間を作る

「2人の時間を作る」ことも大切です。

特に子供がいると、夫婦の時間は減ってしまいます。

 

夫婦の時間が減れば、当然夫婦間の溝は深まってしまうでしょう。

距離感が遠い人に触られれば、不快に感じるのは当然です。

 

できるだけ二人の時間を作り、まずは旦那との距離を縮めるように努力してみてください。

 

セックスの日を決める

思い切って「セックスの日を決める」こともできるでしょう。

「したくない」からといって拒否ばかりしていると、次第にセックスレスになっていきます。

 

セックスレスになればなるほど「好きだけどしたくない」と感じるようになり、悪循環に陥ってしまうでしょう。

夫婦の間でルールを決めてみてください。

 

たとえば

  • 毎月1日をセックスする日にする
  • パスは3回まで
  • セックスしたい時は2日前に申し込む
  • セックスをする日は早く帰ってきて家事育児を手伝う

などの決まりを設けるのです。

 

ルールがあれば、旦那もむやみに誘ってくることはないでしょう。

あなたも心の準備ができるので、旦那の誘いの応じやすくなるはずです。

 

旅行へ行く

次に「旅行へ行く」のも対処法のひとつに挙げられます。

毎日同じ生活を送っていると、刺激がなくなってくるものです。

 

セックスもマンネリ化してきて「好きだけどしたくない」と感じるようになってしまうでしょう。

旅行へ行くことで、夫婦間の雰囲気を変えられます。

 

非現実的な空間にいることで

お誘いに応じてもいいかも……

と思えるでしょう。

 

アダルトグッズを使う

最後は「アダルトグッズを使う」ことがです。

後述しますが、旦那としたくない要因のひとつに「痛みがある」ことが挙げられます。

 

十分に濡れていないと、挿入時に痛みが生じるのです。

たとえばローションを使って滑りをよくすれば、痛みが軽減される可能性があります。

 

またアダルトグッズを使うことで、いつもとは違ったセックスを楽しめるでう。

 

旦那のことは好きだけどセックスしたくないと感じる5つの理由

旦那のことは好きだけどセックスしたくないと感じる妻は少なくありません。

付き合ったばかりの頃は思わなかったのに、自分自身の気持ちが変化した現実に戸惑う方もいるでしょう。

 

好きだけどしたくない主な理由には下記が挙げられます。

  • 疲れている
  • 異性として見ていない
  • 避妊してくれない
  • 痛みがある
  • 産後クライシス

それぞれの理由を具体的に見ていきましょう。

 

疲れている

「疲れている」時に求められても「セックスしたい!」とは思わないですよね。

専業主婦であっても兼業主婦であっても、妻は忙しい毎日を送っています。

 

特に子供が小さいと、家事に加え育児の疲れで、夜には心身ともに疲れ切っているでしょう。

時間さえあれば寝たいと思うのも無理はありません。

 

ただでさえ忙しいのに、旦那の世話まで手が回らない……

というのが妻の本音でしょう。

 

異性として見ていない

旦那を「異性として見ていない」ので、家族としては好きだけどしたくないと感じる妻もいます。

結婚生活が長ければ長いほど、ときめきが減り「家族の一員」としての絆が深まっていくものです。

 

感情の変化は自然な現象ですが、それによりセックスの対象ではなくなってしまう可能性もあるでしょう。

若い頃のときめきを取り戻せるよう、いつもとは違う環境でセックスしてみることをおすすめします。

 

ラブホテルへ行ってみたり、アダルトグッズを使ってみるのもいいでしょう。

 

避妊してくれない

旦那側の理由のひとつが「避妊してくれない」という理由です。

結婚してるんだからゴムは付けなくてもいい!

という旦那の言い分から、避妊をしてくれないケースもあります。

 

しかし妊娠するのは妻です。

  • まだ仕事を続けたいから妊娠したくない
  • これ以上子供は作りたくない

といった理由から、妊娠を望まない女性もいるでしょう。

 

旦那の一方的な意見で避妊をしてくれないという理由で、セックスしたくないと感じる妻もいます。

妻の要求に応じず、避妊をしてくれないことは性的暴力に当たるケースも。

 

相談者の方の求めに応じず、避妊をしてくれないということですが、これは性的暴力として、DVに該当しえ、離婚原因ともなります。

引用:デイライト法律事務所

望まない妊娠により中絶をする事態になれば、妻の体に負担となります。

 

続くようであれば離婚も視野に入れるべきでしょう。

詳しくはこちらから

 

痛みがある

セックスの際に「痛みがある」ことで、したくないと感じる妻もいます。

痛みを伴う行為をしたいと思う人はいませんよね。

 

だからといってストレートに伝えてしまうと

自分が下手なのか……

と落ち込む可能性もあります。

 

潤滑ゼリーを使えば痛みを軽減できるでしょう。

また痛みがひどい場合は、婦人科系の病気が潜んでいる可能性もあります。

 

膣の入り口付近の痛みは、粘膜や皮膚が荒れたり細菌に感染したりして膣炎や外陰炎の可能性があるほか、緊張感が強すぎて膣の筋肉が萎縮してしまったり、疲労やストレスによる免疫力の低下、また処女膜が通常より厚い処女膜強靭症の場合もあります。

奥のほうの痛みは、子宮内膜症やクラミジア感染症など臓器の癒着や炎症、卵巣腫瘍の疑いもあります。

引用:咲江レディスクリニック

放っておくと不妊症に繋がるケースもあるので、早めに病院を受診しましょう。

 

産後クライシス

最後に考えられるのが「産後クライシス」です。

子供を出産後に「したくない」と感じるようになったのであれば、産後クライシスの可能性も高いでしょう。

 

「産後クライシス」とは、出産後数年の間に急激に夫婦仲が悪化する現象のことで、2012年にNHKの情報提供番組である「あさイチ」の中で提唱され、社会的に広がった言葉です。

引用:アディーレ法律事務所

産後クライシスの時期は人によって異なりますが、長い人では10年以上続くケースも。

 

時間の経過とともに少しずつ改善されていきますが、夫婦間で話し合う必要があるでしょう。

 

まとめ

旦那は好きだけどしたくないと感じる妻は少なくありません

ネット上では

  • 求められるとイライラしてしまう
  • 誘われたくないので早寝する毎日
  • 気持ち悪いとすら思ってしまう

といった声が寄せられていました。

 

旦那のことは好きだけどセックスしたくない時は下記の対処法がおすすめです。

  • 自分の気持ちを理解してもらう
  • 旦那改造計画を実行する
  • 同じ部屋で寝る
  • 二人の時間を作る
  • セックスの日を決める
  • 旅行へ行く
  • アダルトグッズを使う

 

旦那のことが嫌いになったのであれば、離婚するという手もあります。

しかし旦那のことを

「家族としては好きだけどしたくない」

と思うのであれば、何とかして気持ちを前向きにする必要があるでしょう。

 

したくないからと言って、毎回拒否を続ければ、いずれ他の女性と浮気をする可能性も。

またセックスを断り続けたせいで離婚を言い渡されるケースもあります。

 

旦那と一緒にいたいのであれば、自分の気持ちと向き合い、適切な対処法を見つけていきましょう。

ときめきを取り戻すための方法は下記の記事でもまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました