【同じ?】亭主関白とモラハラ夫の違いとは?それぞれの特徴や対策も紹介!

「亭主関白とモラハラ夫の違いは何?」

「亭主関白とモラハラ夫は一緒じゃないの?」

「亭主関白とモラハラ夫の特徴を知りたい」

と考えることはありませんか?

 

亭主関白もモラハラ夫も威張っているイメージがありますが、根本的に何が違うのだろうと感じることもありますよね。

そこで、今回は亭主関白とモラハラ夫の違いについて徹底的に調べました。

 

当項目で紹介する内容は、下記の通りです。

  • 亭主関白とモラハラ夫の違いとは?
  • 亭主関白&モラハラ夫の特徴とは?
  • 亭主関白&モラハラ夫と一緒にいる妻は幸せ?

 

亭主関白な夫とモラハラ夫の違いが気になる方や「うちはどっちだろう?」と考えている方はぜひ最後までお読みください。

違いを理解することで、異なる対処法を理解できます。

 

亭主関白とモラハラ夫の違いとは?

「そもそも亭主関白とモラハラはどう違うの?」「亭主関白とモラハラは同じじゃないの?」と思うことはありませんか?

亭主関白とモラハラは似ているようなイメージを受けますが、根本的に違います。

 

亭主関白とモラハラ夫の違いとは、下記の通りです。

  • 亭主関白は夫が家で強い権力を持っている状況
  • モラハラ夫は妻にダメージを与えている状況
  • 亭主関白がモラハラになることもあり得る

 

亭主関白は夫が家で強い権力を持っている状況

亭主関白は、夫が家で強い件局を持っている状況のことを指します。

  • 夫が家庭の主導権を握っている
  • 夫が絶対的な権力を持っている
  • 家で威張っていて、何もしない

上記のように、夫が家庭で絶対的な権力を持っていたり、指導権を握っていたりすることです。

 

亭主関白な夫の多くは、家庭で威圧的な支配をして妻や子供たちを苦しめているわけではありません。

ただ威張っているだけで、家族のことを考えて行動している亭主関白の夫は大勢います。

 

モラハラ夫は妻にダメージを与えている状況

モラハラ夫は、亭主関白とは違い、妻や家族に精神的なダメージを与えます。

  • 妻を見下して自分が優越感に浸ろうとする
  • 妻の全てをコントロールしようとする
  • 自分のことしか考えていない

 

上記のように、家族のことを考えている亭主関白とは違いモラハラ夫は自分のことしか考えていません。

妻や子供たちを傷つけることを、言ったりしたりします。

 

亭主関白がモラハラになることもあり得る

亭主関白とモラハラは似て非なるものですが、亭主関白の夫がモラハラな夫になることはあり得ます。

亭主関白だと思っていた夫の行動が、実はエスカレートしすぎてモラハラな行動だったということも否定できません。

  • 夫の言動に傷ついてしまう
  • 自分の存在価値が分からないと感じる
  • 夫に対して萎縮してしまう

 

上記のように感じる場合は、モラハラ夫になっている可能性もあるでしょう。

亭主関白な夫は自分がモラハラな行動をしていることに気づいていないことも多く、よく話し合うことで解決できる場合も少なくありません。

 

亭主関白の特徴とは?

亭主関白な夫にありがちな特徴は、下記の通りです。

  • 家で威張っている
  • 「男というもの」「女というもの」という理想が強い
  • 責任感が強く家族思い
  • 自分の感情を外に出すのが苦手

当項目では亭主関白な夫にありがちな言動について、具体的に紹介します。

 

家で威張っている

亭主関白な夫は家で威張っているイメージが強いのが特徴です。

  • 家では家事や育児などを手伝わない
  • 妻が家族のことに追われていても自分は晩酌を楽しんでいる
  • 家族に対して絶対的な権利を持っている
  • 口うるさい
  • 亭主関白な夫の言うことは逆らえないイメージ

 

上記のように、家で忙しそうに働いていても亭主関白な夫は家では何もせずに威張っていることも珍しくありません。

時には亭主関白な夫に逆らえない雰囲気を、醸し出すこともあります。

 

「男というもの」「女というもの」という理想が強い

亭主関白は「男というものは〜」「女というものは〜」と、自分自身が理想を抱いていることも口なくありません。

  • 男は外でしっかりと仕事をして家族を養うものだ
  • 家ではどっしりと構えておくものだ
  • 男は女をリードするのだ
  • 男らしく家族を守るのだ
  • 女は家で家事や育児をするものだ
  • 家族の当主としてしっかりしなければいけない

 

上記のように、男は家族を養い、女は家事や育児をするイメージを持っていたり、男がリードするイメージを持っていたりすることもあります。

しかも亭主関白の理想は高い場合も多いため、周囲には理解し難く思えることも少なくありません。

 

責任感が強く家族思い

亭主関白な夫は、責任感が強く家族思いであることも少なくありません。

  • 一度結婚すると決めた相手のことは自分なりに大切に思っている
  • 家族のことを守るのは自分だという意識が強い
  • 家族が他の人から責められていると、自分が守ろうとする

 

上記のようにいつもは威張っているくせに、他の人が妻を傷つけるようなことをしたり言ったりした時には妻を守ろうとします。

「男というものは家族を守るものだ」と、自分なりに家族を守ろうとしているのです。

 

自分の感情を外に出すのが苦手

亭主関白な男性は、自分の感情を外に出すのが苦手であることも多い傾向があることも1つの特徴です。

  • 妻に対して「好きだよ」「愛しているよ」と、愛情表現をしたがらない
  • 「ありがとう」「ごめんね」と、伝えるのが苦手
  • 素直に喜べない

 

上記のように、妻に対して愛情表現をするのが苦手であるだけでなく、感謝や謝罪を伝えるのが苦手であることも珍しくありません。

感情を表すのが苦手なので、本当は嬉しいと思っている時にも素直に喜べないこともあります。

 

モラハラ夫の特徴とは?

亭主関白に対して、モラハラ夫の特徴は下記の通りです。

  • 妻を見下す
  • 自分が優越感に浸りたい
  • 暴力や言葉で妻にダメージを与える
  • 全てをコントロールしようとする

当項目では、モラハラ夫にありがちな特徴について具体的に紹介します。

 

妻を見下す

モラハラ夫は、妻を見下す傾向にあります。

  • 「お前なんか!俺がいなければ生活すらできないくせに」とさげすむ言い方をする
  • 専業主夫を見下す
  • 妻の意見や感情に全く配慮しない
  • 自分の失敗を全て妻に押し付ける

 

上記のように、基本的に妻を見下げて、妻を価値のない存在のような言い方をしがちです。

妻はあまりにも見下されすぎて、自尊心を無くしたり、夫に対して怯えたりすることも珍しくありません。

 

自分が優越感に浸りたい

妻を痛めつけたり、精神的なダメージを与えたりして優越感に浸るケースも少なくありません。

  • 自分より弱いものを痛めつけることで自分が優越感を感じる
  • 自分の器が小さいことを隠すためにモラハラな態度をする

 

上記の通りもともと自分の器が小さいために、自分より弱いものを対象に威張ったり傷つけたりするのです。

妻に精神的なダメージを与えて、自分が妻をコントロールすることで優越感に浸ります。

 

暴力や言葉で妻にダメージを与える

暴力や痛烈な言葉で、妻に精神的なダメージを与える特徴もあります。

  • 自分の気に入らないことがあるとすぐに怒鳴る
  • 時には暴力を振るって自分の思い通りにしようとする
  • 妻が傷つくことをあえて言って妻にダメージを与える

 

自分の大切な人が傷つくことをしたり、行ったりしたいとは思いませんよね。

しかし、モラハラ夫は妻が傷つくことを知っていながら精神的なダメージを与えることに満足感を感じがちです。

 

全てをコントロールしようとする

モラハラ夫は、妻や家族の全てをコントロールしようとします。

  • 妻の買い物、出かけ先などを全てコントロールする
  • 「俺が働いた金は全部俺のものだ」と妻には最低限のお金しか渡さない
  • 妻が好きなものを買ったり、食べたりできないように見張っている
  • 妻の予定や生活全てをコントロールされる

 

上記のように、モラハラ夫は自分より妻をコントロールすることで自分に優越感を抱きがちです。

そのため、妻を徹底的に管理することも珍しくありません。

 

パワハラとモラハラの違いについては、下記を参考にされてください。

 

【幸せ?】亭主関白の夫を持つ妻の心境は?

亭主関白の夫を持つ妻は、さぞかし後悔するのだろうと思いきやそうとも限りません。

亭主関白な夫を持つ妻たちが思いがちな状況を、下記にまとめました。

  • リードしてくれるから楽
  • 自分は決定するのが苦手だから嬉しい
  • 支配されているようで嫌だ
  • 家で何もしないからストレス

 

上記のように、ストレスを感じる妻もいれば、楽だと感じる妻もいるのです。

当項目では、亭主関白な夫を持つ妻たちが思いがちな心境について詳しく紹介します。

 

リードしてくれるから楽

亭主関白な夫は、リードしてくれるから楽だと感じる妻たちも少なくありません。

  • 重要な問題が起こった時に率先して解決してくれるから頼りになる
  • 妻の気持ちも考慮しながらリードしてくれる

 

上記のように、問題が起こったり重量な決定をしたりする時に、率先して動こうとしてくれることに対して頼り甲斐があると感じる妻は多いのです。

特に、亭主関白な夫は妻の必要や感情を決定していくことが多いので、妻が幸せに感じるのもうなずけます。

 

自分は決定するのが苦手だから嬉しい

上記の項目と重複しますが、決定するのが苦手な妻は亭主関白の夫と結婚していることを満足する人も少なくありません。

  • もともと自分の父親が亭主関白だった
  • 誰かについていく方が好き

 

確かに、育った感情は大きく影響しますよね。

特に、自分で決めるのが苦手な人や、誰かについていくのが好きなタイプの女性は亭主関白の夫に対して頼り甲斐があると感じがちです。

 

支配されているようで嫌だ

亭主関白な夫に対して、支配されているように感じて嫌だと思っている妻もいます。

  • もっと平等にいろいろと話し合いたいのに
  • もっと独立したい
  • 友達のような関係が理想

 

特に、そもそもしっかりと独立している女性は亭主関白な夫に対して窮屈に感じがちです。

「もっと自由に行動したいのに」と、思っていることも少なくありません。

 

家で何もしないからストレス

亭主関白な夫が、家では何もしないことに対してストレスを抱えているケースも少なくありません。

  • 共働きなのに何もしてくれないのは流石にきつい
  • 核家族なんだからもっと協力してほしい

 

特に共働きの場合、妻も一生懸命に働いているのに家に帰って家事や育児を1人でするのは大変ですよね。

「夫がもっと協力的だったらいいのに」と、不満を抱えることもあります。

 

【不幸?】モラハラ夫を持つ妻の心境は?

モラハラ夫を持つ妻にありがちな心境は、下記の通りです。

  • 苦しみから逃げ出したい
  • 自尊心がボロボロになる
  • 時には命の危険を感じることもある

当項目では、モラハラ夫を持つ妻にありがちな本音について具体的に紹介します。

 

苦しみから逃げ出したい

モラハラ夫は妻に精神的なダメージを与えるので、妻は苦しいと感じ逃げ出したいと感じます。

  • 苦しすぎるのでとにかく逃げ出したい
  • 離婚して自由になりたい
  • 死にたいと思うこともある

 

苦しみから解放されるために、夫から逃げ出したいと考えがちです。

夫から逃げるために離婚したいと感じたり、死にたいとさえ思うこともあります。

 

自尊心がボロボロになる

モラハラ夫にいつも酷い目に遭わされるので、自尊心がボロボロになっていることも珍しくありません。

  • 「自分なんて……」と、自己否定が強くなりがち
  • 自分がダメだから夫が怒るんだと自分を責める

 

上記のように、夫のモラハラの態度や自分のせいだと考えて落ち込んだり自分を責めたりしがちです。

あまりにも夫にコントロールされすぎて、正しい決定ができなくなっていることもあります。

 

時には命の危険を感じることもある

夫の言動がエスカレートしすぎて、命の危険を感じるほどであるケースもあります。

  • 機嫌が悪くなったら暴れ出すので怖い
  • 子供が怪我をするのではないかと不安
  • 本当に殺されるのではないかと怖いから何もできない

 

夫の言動に震え上がってしまい、恐縮している状況です。

モラハラ夫を怒らせると何をされるかわからないので、怯えながら生活しています。

 

亭主関白への効果的な対処方法は?

亭主関白な夫と結婚している人や、これから結婚を考えている人は、下記のように考えるのではないでしょうか?

  • 亭主関白な彼氏と結婚して本当に幸せになれるのだろうか?
  • 他の人たちは亭主関白な夫とどうやって付き合っているのだろう?

 

多くの妻たちが効果的だと感じている、亭主関白な夫への対処法は下記の通りです。

  • 聞き流す
  • 褒めて育てる
  • 上手に夫を立てる

当項目では、亭主関白な夫への効果的な対処法について具体的に紹介します。

 

聞き流す

多くの妻たちが感じているのは、聞き流すことです。

  • 亭主関白な夫の小言が始まったら聞き流す
  • 威張っていると感じた時には気にしないことにしている

 

亭主関白な夫が、妻に対して口うるさいことを言い始めたときには「また始まった」と、聞き流しあまり気にしない人もいます。

もともと亭主関白な夫が本当は妻を大切にしていることを理解しているので、夫の良いところを見ることで気にならないと感じる人も少なくありません。

 

褒めて育てる

亭主関白な夫への効果的な対処法の1つは、褒めて育てることです。

  • 「さすが!すごく助かった!」と、具体的に感謝の言葉を伝える
  • 夫がしてくれたことに対してすかさず褒める

あまりにも褒めすぎると、嘘っぽく伝わってしまったり、向上心を失ったりするので伝え方にも気をつけましょう。

 

具体的に褒め、感謝をした後で、改善してほしい点を1つだけ上手にお願いできます。

「男とは〜」と、プライドの高い夫のプライドを上手に刺激して、夫をやる気にさせましょう。

 

上手に夫を立てる

上手に夫を立てることで、夫に気持ちよく作業してもらえると感じる妻も少なくありません。

  • 夫が「男の仕事だ」と、思ってそうなことは、自分ができることでもお願いする
  • 上手に自分の気持ちを伝えながら夫に決定を促す
  • 夫に相談する形をとりながら、自分の意見を伝える

上記のように、夫の気持ちを考慮して簡単な作業でも夫にお願いすることで夫のプライドを保てます。

 

亭主関白な夫に対して自分の意見を伝える時には、夫に相談をする形をとりながら上手に自分の意見や気持ちを伝えることもできるでしょう。

夫は妻が相談してくれていることで自尊心を保て、気持ちよく妻の意向に沿った決定をしやすくなります。

 

亭主関白な夫に関する記事は、下記を参考にされてください。

 

モラハラ夫への対処法は?

モラハラ夫への対処法は、下記の通りです。

  • 自立する
  • 信用できる人に相談する
  • 相談機関に相談する

当項目では、モラハラ夫に対する具体的な対処法について紹介します。

 

自立する

精神的にも経済的にも自立することで、自尊心を保てるようになったと感じる妻は大勢います。

  • スキルアップをすることで経済力をつけた
  • 自分の趣味や得意なことを伸ばすことで自尊心を保てるようになった

 

上記のように、スキルアップを身につけ自分で仕事をしたり誰かのために動いたりすることで自尊心が保てるようになった妻は大勢います。

特に、在宅ワークでできる仕事をすることで自分の空いた時間を上手に活用し、自分のペースでスキルが身についたと感じている妻たちは少なくありません。

 

主婦たちに人気の在宅ワークの一例を、下記にまとめました。

  • WEBライティング
  • WEBデザイン
  • 動画編集

上記のスキルは、ちょっとしたコツを掴むことで作業ができ、まとまった収入も得やすいので、妻たちに人気です。

 

信用できる人に相談する

信用できる人に相談するのは、大切です。

特にモラハラ夫の言動を毎日受けていると、夫のひどい言葉のせいで冷静な判断ができなくなっていることも珍しくありません。

  • 相談するならバランスの取れた意見をもらえることが多い
  • 現実的なアドバイスをもらえる
  • 自分は価値のある人間だと実感しやすい

 

上記のように、信頼できる人に相談することで、ネガティブ思考ばかりになるのを防げたりバランスの取れた見方ができたりすることもあります。

「価値のない」と、言われ続けてボロボロになっている自尊心を回復しやすくなるでしょう。

具体的なアドバイスをもらうことで、実際的な解決策が見つかりやすくなります。

 

相談機関に相談する

中には、相談することに対して抵抗を感じ、下記のように感じることもありますよね。

  • 誰に相談したらいいかわからない
  • 身内には相談できない

友達や親戚に相談することに対して抵抗がある場合、相談期間を利用することが大切です。

 

具体的にできることの一例を、下記にまとめました。

  • 自治体のサポートを利用する
  • 電話ダイヤルを利用する

自治体や公的機関は信頼できる相談期間を用意していますので、1人で悩むのではなく積極的に利用しましょう。

 

相談できるサポートに関しては、下記の記事を参考にされてください。

 

まとめ

亭主関白と、モラハラ夫の違いについて再度まとめました。

【亭主関白】

  • 威張っているけど家族思いで責任感が強い
  • 妻を大切に思っている
  • 亭主関白の夫と結婚して楽だと感じる妻も多い
  • 褒めたり立てたりして亭主関白な夫と上手に付き合っている妻も多い

【モラハラ夫】

  • 妻が傷つく言動をして妻を傷つける
  • 妻を虐げることで優越感を感じがち
  • 妻はモラハラ夫との生活が苦痛
  • 自立したり相談したりして対処する

 

亭主関白は性格、特質だと言えますが、モラハラな行動は周囲を傷つける最低な行動です。

亭主関白の夫や彼氏とは結婚後も幸せだと感じる妻も多いのに対して、モラハラ夫との生活や苦痛そのものだといえます。

モラハラ夫の言動に苦しんでいる場合、1人で悩まず周囲にヘルプを求めましょう。

 

「自分の彼氏は亭主関白かも?」と思う場合は、下記を参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました