【病気?】旦那の寝ぼけがひどい!寝ぼけの定義は?対処法も!

旦那

「旦那の寝ぼけがひどくて熟睡できない!」

「寝ぼけがひどすぎる旦那。病気じゃないの?」

「旦那の寝ぼけを治す方法には何があるの?」

 

健康のために必要な睡眠だからこそ、旦那に睡眠時間を妨害されるのはイラっとしますよね。

しかも、連日連夜寝ぼける旦那を見て、「これって病気の前触れ?」と不安が過る瞬間もあるでしょう。

 

今回の記事では、以下の3点について解説します。

  • 寝ぼけがひどい旦那!対処法は?
  • 旦那の寝ぼけがひどい!寝ぼけとは?
  • 旦那の寝ぼけがひどい!妻のイライラポイントは?

さっそく見ていきましょう。

 

寝ぼけがひどい旦那!対処法は?

旦那の寝ぼけがひどいと、奥さんも毎晩の睡眠時間がストレスになりますよね。

 

今回の章では、寝ぼけがひどい旦那への対処法を以下の通り3つ紹介します。

  • ストレスフリーな生活を提供する
  • 夫婦別室で寝る
  • 病院で薬を処方してもらう

順番に見ていきましょう。

 

ストレスフリーな生活を提供する

旦那の寝ぼけ防止には、ストレスフリーな生活を提供できるよう心掛けることが大切です。

 

寝ぼけがひどい(=熟睡できていない)ということは、旦那が何らかのストレスを感じているということ。

したがって、せめてプライベートな時間は、旦那に自由な生活を送らせてあげましょう。

 

  • 休日は自由に寝かせてあげる
  • 休日の過ごし方は旦那にお任せする
  • 定期的に旦那の好物を作ってあげる
  • 一人の時間を作らせてあげる
  • 旦那の話を優しく聞いてあげる
  • 家事や育児などの協力を無理強いしない

上記のように、旦那にプライベートの充実を感じてもらうのです。

プライベートが充実すると深い睡眠に就くことができ、旦那が深夜に寝ぼけて奥さんが困るようなことも減りますよ。

 

夫婦別室で寝る

寝ぼけがひどい旦那の場合、夫婦別室で寝るのも検討してみると良いでしょう。

 

旦那の寝ぼけに付き合って毎晩熟睡できないとなると、奥さんの体調面も不安視されます。

寝不足が続くことで、夫婦共倒れになったら大変ですよね。

新婚で夫婦一緒に寝たいという場合でも、心を鬼にして旦那に一言お願いをしてみましょう。

 

寝ぼけ対策として

夫婦別室で寝ても良いかな?

夫婦別室は寂しいよ

じゃあ期間限定でやらない?

 

今まで夫婦で同じ部屋で寝ていた場合、いきなり別室で寝るとなると寂しい思いをしますよね。

寂しい、不安がある場合、夫婦別室で寝るのは期間限定にしてみましょう。

 

奥さんはしっかり熟睡できたことで、旦那の寝ぼけとしっかり向き合えるようになります。

旦那側も、「俺の寝ぼけは夫婦別室にするくらいひどいものなのか」と危機感が出るでしょう。

気持ちを入れ替えることのできる夫婦別室睡眠は、とてもおすすめですよ。

 

病院で薬を処方してもらう

寝ぼけがひどい旦那へ対処法として、旦那に病院に行ってもらい薬を処方してもらうのも手です。

 

熟睡できていないとなると、日常生活に支障を来たす恐れがありますよね。

  • 寝不足すぎて車の運転が怖い
  • 寝不足から来るストレスで夫婦喧嘩が絶えない
  • 常にイライラしていて子育てに悪影響
  • 集中力が続かず仕事の効率が上がらない

上記のように、睡眠不足が原因で様々な部分に支障を来たすのであれば、早急に対応しなくてはなりません。

 

病院の睡眠外来で薬を処方してもらうことで、症状の改善が期待できますよ。

健康に暮らす上で必要不可欠な睡眠ですから、できるだけ早く薬の力に頼るのも考えてみてください。

 

旦那の寝ぼけがひどい!寝ぼけとは?

旦那の寝ぼけがひどいと、ついイライラしてしまいますよね。

今回の章では、奥さんをイライラさせる原因である寝ぼけとは何なのかを解説します。

 

寝ぼけの主な原因は、以下3つです。

  • レム睡眠行動異常症の可能性大
  • 脳の病気の前触れ
  • 認知症の始まりと言われる場合も

順番に見ていきましょう。

 

レム睡眠行動異常症の可能性大

寝ぼけの原因になっているのは、レム睡眠行動異常症の可能性が高いといわれています。

 

睡眠には浅い眠りのレム睡眠深い眠りのノンレム睡眠の2種類があります。

浅い眠りであるレム睡眠は、体は寝ているのに脳は活動をしている状態のことを指します。

だからこそレム睡眠行動異常症の場合、夢の中の行動に対して実際に体が反応してしまうのです。

 

たとえば、以下のようなこと。

  • ランニングの夢を見た→足が勝手に動いて実際にランニングをしている
  • ボクシングの夢を見た→寝ているのにパンチやキックを何度もした
  • プロレスの夢を見た→隣に寝ている奥さんに向かってプロレス技をかけた
  • 人と話している夢を見た→寝ているのに誰かと会話をしている

上記のように、旦那がレム睡眠行動異常症を患っている場合、奥さんの睡眠が妨害されるのはもちろん、大けがを負ってしまう可能性もあるのです。

 

ちなみにレム睡眠行動異常症は、かつて中高年や初老期によく見られる症状の一つでした。

しかし昨今は、20~30代の若者にも表れる症状になっているのだとか。

 

レム睡眠行動異常症が若い世代で発症するようになった理由は、ストレス過多だといわれています。

日々の生活でストレスを完全に除去するのは難しいです。

しかし、ストレスを軽減することはできますよね。

ストレス解消法を早急に見つけることが大切でしょう。

 

脳の病気の前触れ

寝ぼけの原因として、脳の病気の前触れである可能性も少なくありません。

先ほど解説したレム睡眠行動異常症ですが、実は発生頻度が高くなるにつれ、脳の病気の前触れである可能性が高まるといわれています。

 

健康な人のレム睡眠は、筋肉の動きを止める役割の細胞スイッチをオフにしています。

したがって、夢を見ても特に体は動かず、夢は夢のまま終わりますよね。

しかし、レム睡眠行動異常症が出てしまう人は、スイッチがオンになったりオフになったりを繰り返しながら朝を迎えます。

つまり、脳に何らかの異常が生じている可能性があるのです。

 

寝ぼけが始まったら脳に異常がある可能性が高い

上記のように捉え、早めにかかりつけ医に相談することをおすすめします。

 

認知症の始まりと言われる場合も

寝ぼけは、認知症の始まりと言われる場合もあります。

 

既述の通りレム睡眠行動異常症は、脳が何らかの異常を訴えているケースが多いとされています。

さらに、レム睡眠行動異常症が過度になるにつれ、本格的な認知症が発症する確率が高まることも明らかにされています。

 

レム睡眠行動異常症から発症する主な認知症は、以下の通り。

  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小体型認知症 
  • 脳血管性認知症

上記3つの認知症は、三大認知症と呼ばれるほどメジャーなもの。

多くの認知症患者は上記いずれかを疾患している可能性が高く、疾患してしまう原因の一つとして挙げられるのがレム睡眠行動異常症です。

 

各認知症の特徴発生確率は、以下の表の通り。

特徴 認知症全体での発生確率
アルツハイマー型認知症
  • 脳の神経細胞が通常よりも早くに減ってしまうことで引き起こされる認知症のこと
  • 高齢女性が多く発症する
50%
レビー小体型認知症
  • 異常な構造物(レビー小体)が脳のさまざまな部位に蓄積することが原因で引き起こされる認知症のこと
  • 65歳以上の男性に多い(稀に30~50代でも発症)
20%
脳血管性認知症
  • 脳の血管障害で起こる認知症のこと
  • 高齢男性が多く発症する
20%

寝ぼけを発生させているレム睡眠行動異常症は、上記3つの認知症の前触れです。

とても無下にはできないですよね。

 

とはいえ、早期に医者にかかることで、認知症の症状自体をゼロにできる可能性も!

寝ぼけが日常化する前に、かかりつけ医に相談することをおすすめします。

 

旦那の寝ぼけがひどい!妻のイライラポイントは?

最後に、旦那の寝ぼけがひどい場合の妻のイライラポイントについて見ていきましょう。

 

主なイライラポイントは、以下の通りです。

  • 夜中に熟睡できない
  • 何をしでかすかわからなくて怖い夜を過ごすことになる
  • 旦那の寝起きが悪くてイライラする

順番に見ていきましょう。

 

夜中に熟睡できない

寝ぼけがひどい旦那に奥さんがイライラする理由は、夜中に熟睡できないからです。

 

既述の通り、旦那の寝ぼけがひどいと奥さんが被害を受ける確率が上がります。

  • 良い夢を見ている最中だったのに旦那に蹴られて起こされた
  • 毎晩旦那が大声で寝言を言うから熟睡できない
  • 夜中に旦那にいきなり羽交い絞めにされて苦しい思いをした

夜中に熟睡できない日々が続くと、奥さんの健康問題も不安視されます。

夜中にはしっかり日中の疲れを取りたいもの。

毎晩のように旦那に睡眠を妨害されては、イライラするのも当然ですよね。

 

何をしでかすかわからなくて怖い夜を過ごすことになる

奥さんが寝ぼけのひどい旦那にイライラする理由は、何をしでかすかわからなくて怖い夜を過ごすことになるからです。

 

たとえば、以下のようなこと。

  • 蹴られるかもしれない
  • 殴られるかもしれない
  • プロレス技を決められるかもしれない
  • 大声で怒鳴られるかもしれない

「旦那が夜中に何かするかもしれない」と思って熟睡できないパターンです。

 

何かしらの不安を抱えながらの睡眠は、仮に眠れたとしても体や心の休息にはなっていません。

仮眠と同程度のレベルの睡眠になるので、奥さんがイライラしてしまうのも無理はないでしょう。

 

旦那の寝起きが悪くてイライラする

寝ぼけがひどい旦那に奥さんがイライラする理由は、旦那の寝起きが悪いからです。

 

夜中に寝ぼけて熟睡できていない旦那は、寝起きが悪いという特徴があります。

とはいえ、夜中に体や脳がしっかり休息を取れていないので仕方ないといえるでしょう。

しかし、ただでさえ忙しい朝

奥さんは、毎朝繰り返される旦那の寝起きの悪さにイライラしてしまいますよね。

 

  • 何回起こしても起きなくて時間の無駄
  • 起きては来たものの、ずっとソファーでゴロゴロしていて鬱陶しい
  • 朝食をスローペースで食べるから片付けが進まない

 

毎朝同じことが繰り返されると、「熟睡できてないから寝起きが悪いんじゃないの?」とため息が出てしまっても仕方ありません。

 

まとめ

今回の記事では、寝ぼけのひどい旦那の対処法と奥さんがイライラする理由、寝ぼけが発生する理由について解説しました。

 

寝ぼけのひどい旦那への対処法は、以下の通りです。

  • ストレスフリーな生活を心掛ける
  • 夫婦別室で寝る
  • 病院で薬を処方してもらう

紹介した通り、寝ぼけが認知症や脳の病気の前触れである可能性も否定できません。

旦那の寝ぼけが続くようであれば、旦那に早めに病院へ行ってもらい、薬を処方してもらいましょう。

旦那の寝ぼけが改善することで、奥さんも快適な睡眠が取れるようになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました