【限界】旦那への嫌悪感が止まらないときの対処法5選と妻たちの体験談を紹介!

旦那

「旦那への嫌悪感が止まらない時はどうすればいい?」

「旦那への嫌悪感はなぜ生じるの?」

「旦那に嫌悪感を感じるのは私だけ?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

新婚・熟婚に関わらず、旦那が嫌いで仕方ないと感じる夫婦は存在します。

嫌悪感を抱えながら一緒に生活するのは辛いですよね。

 

この記事では

  • 旦那がどんどん嫌いになる時はどうすればいい?対処法5選
  • 旦那への嫌悪感が止まらないのはなぜ?
  • マジで旦那が嫌いで無視するのはモラハラ?
  • 旦那への嫌悪感を理由に離婚はできる?

といった内容を徹底解説していきます。

 

旦那への嫌悪感でお悩みの女性は、ぜひ最後までご覧ください。

嫌悪感を克服するためのヒントが得られるはずです。

 

旦那がどんどん嫌いになる時はどうすればいい?対処法5選

「旦那がどんどん嫌いになる……どうしたらいい?」

旦那が嫌いになる理由はさまざまですが、嫌悪感を感じながら一緒に生活するのは辛いでしょう。

なんとかして嫌悪感を払拭したいと思うのは当然です。

 

旦那がどんどん嫌いになる場合、以下の対処法を試してみましょう。

  • 徹底的に話し合う
  • 良いところを見るようにする
  • お互いに干渉しない
  • 気持ちをリフレッシュする
  • 期待しないようにする

それぞれの対処法を詳しく解説していきます。

 

徹底的に話し合う

まずは「徹底的に話し合う」ことでしょう。

旦那の言動で気になるところがあれば、その気持ちを伝えてみてください。

 

頭ごなしに否定するのではなく、嫌だと思う気持ちを表しましょう。

また家事や育児が手一杯なのであれば、その大変さを伝えるのも大切です。

 

旦那は妻に感謝しているつもりでも、実際どれほど大変なのかは分かっていません。

妻が手一杯になっていることすら気づいていない可能性もあるのです。

 

「察してほしい」と思わず、言葉にして伝えることが大切でしょう。

 

良いところを見るようにする

次に「旦那の良いところを見るようにする」こともポイントです。

一度嫌なところが目に付くと、そこばかりが気になって、旦那がどんどん嫌いになってしまいます。

 

もともとは旦那の良い部分に惹かれていたはずです。

今一度、旦那の良いところを思い起こしてみましょう。

 

長所を挙げることで、自分の思考も整理されます。

ポジティブな考え方ができるようになり、ストレスが軽減される可能性もあるでしょう。

 

お互いに干渉しない

次に「お互いに干渉しない」ことも大切です。

一緒にいる時間が長ければ長いほど、嫌なところが見えてきてしまいます。

 

また

「どうして一緒にいるのに分かってくれないの?」

と不満を持つようになってしまうでしょう。

 

一人の時間を持ち、お互いに干渉しすぎないことも大切です。

距離感があれば嫌な部分に目が行くこともなく、ちょっとしたことが新鮮な刺激になるでしょう。

 

気持ちをリフレッシュする

「気持ちをリフレッシュ」するのも忘れないでください。

ストレスを抱えていると、ますますイライラが募ってきます。

 

ストレスを上手に発散させることで、また新たな気持ちで旦那と向き合えるでしょう。

仲の良い友人に話したり、趣味に没頭すると、ストレス発散に繋がります。

 

一人で抱え込まず、まずは誰かに相談してみましょう。

第三者のアドバイスを聞くことで、新たな対処法が見つかる可能性もありますよ。

 

期待しないようにする

旦那に「期待しないようにする」のも、イライラを軽減されるポイントです。

期待しなければ、がっかりすることもないでしょう。

 

無意識のうちに

「育児をやってほしい」

「家事をもっと手伝ってほしい」

と期待していませんか?

 

旦那への期待値が高いと、やってくれなかったときに不満を抱いてしまいます。

過度な期待を捨てることで、自分のストレスも軽減されるでしょう。

 

旦那への嫌悪感が止まらないのはなぜ?

最初はあんなに愛し合っていたのに……。

なぜこんなに嫌悪感が止まらないのだろう?

と自分自身の気持ちに戸惑っている方も少なくありません。

 

旦那に嫌悪感を抱く理由として、主に以下のことが考えられます。

  • 生理的に無理
  • 家事や育児に非協力的
  • 頼りない
  • 短所が目立つ
  • 神経質な性格がストレス
  • 姑や相手の家族との関係が悪い
  • モラハラやDV

それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。

 

生理的に無理

最初に挙げられるのが「生理的に無理」ということです。

ある日突然、旦那のことを生理的に受け付けなくなってしまったという女性は少なくありません。

 

見た目や匂い、声、言動や触った感じなど、さまざまな要素があります。

しかし旦那側にこれといった落ち度はないため、旦那としても

「何もしていないのにどうして?」

と困惑してしまうでしょう。

 

特に産後や更年期など、ホルモンバランスの変化で嫌悪感を感じる妻は少なくありません。

 

福岡県の産婦人科医・東野純彦先生は著書の中で、産後の女性の気持ちの変化を伝えています。

ホルモンの増減で、産後の女性は不眠や気分が落ち込むなどのうつ状態に陥ったり、夫など子ども以外の人に攻撃的になったりしやすいと指摘。「仕事を休んでいるのだから育児も家事も立派にこなすべき」といった社会的偏見がさらに女性を追い込む構図を説明している。

引用:西日本新聞

 

ホルモンバランスの変化が原因になっている場合、自分ではコントロールできません。

一度距離を置いて、お互いが冷静になることで改善される可能性があります。

 

家事や育児に非協力的

「家事や育児に非協力的」な旦那も、女性から嫌悪感を抱かれる傾向にあるでしょう。

最初は手伝ってくれていた旦那も、次第に仕事が忙しくなっていきます。

 

そうなると子育てや家事は妻に任せっきり。

妻のストレスは急増していくでしょう。

 

そして次第に

「家にいても何もしないなら、いない方がまし」

と旦那のことが嫌いになってしまいます。

 

頼りない

「頼りない」旦那も、嫌悪感を抱いてしまう要因のひとつです。

女性は旦那に対し、心のどこかで「頼りにしたい」と思っています。

 

トラブルやいざという時に

「今は無理」

なんて言われたら、気持ちも冷めてしまうでしょう。

 

たとえ結果がダメだったとしても

「いざという時は頼ってこい」

という姿勢が欲しいものです。

 

短所が目立つ

結婚して「短所が目立つ」ようになってしまった旦那もいます。

一緒に暮らし始めて、相手の欠点が見えてきたというのはよくある話です。

 

付き合っているときには分からなかったことが、結婚してから見えてくる場合もあります。

新婚の夫婦でも、結婚した途端に相手の欠点が目に付くようになったカップルは少なくありません。

 

悪い部分が見えてしまうと、妻にとっては嫌悪感を抱く一因になることでしょう。

 

神経質な性格がストレス

旦那の「神経質な性格がストレス」になっている可能性もあります。

年を重ねるごとに、より神経質になる男性は少なくありません。

 

1円単位でお金の収支にこだわったり、文句を言う旦那に

心が狭いなぁ……

と嫌悪感を抱く女性も多いでしょう。

 

また

「今日は何時から何時まで出かけるの?」

「何時に帰ってくるの?」

時間に神経質なタイプの男性もいます。

 

それだけ妻のことが心配なのでしょうが、妻としては

「監視されているようで落ち着かない」

「信頼されていないように感じる」

とストレスに繋がってしまうようです。

 

姑や相手の家族との関係が悪い

「姑や相手の家族との関係が悪い」ことでも、旦那に嫌悪感を抱くようになります。

特に妻をゲンナリさせるのが「マザコン」の旦那です。

 

何かを決定する際に

「まずお母さんに聞いてみよう」

という旦那はまずマザコンと言えます。

 

また姑や相手の家族と意見が食い違った際に、妻ではなく相手の肩を持つ旦那も少なくありません。

そうなると妻としては

「私って何なの?」

と寂しさから嫌悪感を抱くようになるでしょう。

 

モラハラやDV

最後は「モラハラやDV」が挙げられます。

精神的に、また身体的に暴力を受けるようになれば、旦那に嫌悪感を抱くのは当然です。

 

顔を合わせれば

「また暴力を振るわれるかもしれない」

と感じるので、一緒にいたくないと思うようになってしまうでしょう。

 

プライドが高く、亭主関白な旦那ほど女性を下に見る傾向にあります。

その結果、妻は

「顔も見たくない」

と旦那への不満でいっぱいになってしまうのです。

 

マジで旦那が嫌いで無視するのはモラハラ?

「旦那が嫌いで顔も見たくない」

と感じると、次第に旦那を無視するようになっていきます。

 

しかしいくら旦那が嫌いだからといって、旦那の発言を無視したり、存在そのものを無視するような行動は危険です。

無視をされると、旦那は心に負担を負います。

 

心理的にダメージを与える行為ですので、無視はモラハラにあたる可能性があるのです。

旦那の言動に問題があるとしても、まずは話し合いましょう。

 

話し合うこともなく、旦那の存在を無視するような言動は、後々あなたに不利になる可能性があります。

 

旦那への嫌悪感を理由に離婚はできる?

「旦那への嫌悪感を理由に離婚はできる?」

嫌いな相手と一緒に暮らしていくのは、ストレス以外の何物でもありません。

 

旦那への嫌悪感が募れば募るほど、離婚したいと思いが強くなることでしょう。

結論から言うと、夫婦がお互い合意するのであれば、どんな理由でも離婚は可能です。

 

しかし嫌悪感が一時的な感情である可能性もあるので注意しましょう。

一時的な感情で「離婚」という最終手段を取ってしまうと、大きな後悔をすることにもなりかねません。

 

まずは冷静になり、離婚以外の選択肢がないかどうか、よく考えてみましょう。

「一緒に暮らすのが苦痛」

ということであれば、まずは別居という選択肢もありますよ。

 

どうしても離婚以外は考えられないけれど、旦那が離婚に合意してくれない場合は、離婚調停に進むのが一般的です。

離婚調停では、法的に離婚事由に相当するかどうかを判断していきます。

 

民法で定められている離婚事由が以下の通りです。

(裁判上の離婚)
第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用:e-GOV法令検索

 

もちろん旦那側にモラハラやDVがあった場合は、十分離婚事由とみなされるでしょう。

しかし旦那側に特に目立った非がない場合には、離婚は認められませんので注意が必要です。

 

旦那が嫌いでたまらない妻たちの体験談

「旦那が嫌いでたまらない」

と感じる女性は、意外と大勢います。

 

ネット上では

  • 大切なのに嫌悪感が止まらない
  • 産後の嫌悪感が続いている
  • 浮気が原因で嫌悪感を抱くようになった

といった声が挙がっていました。

それぞれの体験談を詳しくご紹介していきます。

 

大切なのに嫌悪感が止まらない

ヤフー知恵袋では次のような悩みが寄せられていました。

旦那の事が好きだけど嫌いです。
自分の感情がよくわからないので質問させてください。

旦那は本心では私や子供達、私の親をすごく大切にしてくれている事はわかっています。
私にも感謝の気持ちや、愛情もちゃんとあり知り合いにも仲が良いと言われる程上手くやっていると思います。

休みの日も家事育児に追われ、手伝っても貰えず、寂しい思いを続けた結果旦那の事が嫌になってしまいました。

引用:ヤフー知恵袋

 

家族としては大切な存在だけれど、嫌悪感は止められないという方の体験談です。

「嫌悪感」は自分でコントロールできるものではありません。

 

まずは話し合い、お互いの気持ちを伝えることが大切でしょう。

 

産後の嫌悪感が続いている

産後の嫌悪感が続くことで、悩んでいる女性もいます。

産後、主人を嫌いになる一方です…

結婚4年、付き合って8年になる30歳夫婦です。一歳の娘がいます。出産前はすごく仲のいい夫婦でしたが、産後主人にイライラすることばかりで、段々本気で嫌いになってしまい、どうしていいか分かりません…

よく、産後はホルモンのバランスが崩れイライラしやすく、旦那さんのことが嫌いになることもあると聞きますが、知恵袋を見ても、皆さん産後数ヶ月で治っているようです。

ですが、私は一年以上経っても改善する気配はなく、どんどん悪化している気がします…

産後10ヶ月で生理もきたので、もうホルモンの影響ではない気がします…

引用:ヤフー知恵袋

 

産後はホルモンバランスが崩れ、旦那が嫌になるという人もいるのは事実です。

しかししばらく経っても改善されないと

「どうしてまだ旦那が嫌いなのだろう?」

と不安になることでしょう。

 

もしかしたら産後鬱から本当の「鬱」になっている可能性もあります。

あまりにも長く続く場合は、心療内科を受診した方がいいでしょう。

 

浮気が原因で嫌悪感を抱くようになった

嫌悪感の原因が明らかに旦那にある場合もあります。

旦那に嫌悪感。 長年の女遊びしていた旦那。 それは解決した話で、いいのですが、それがきっかけとなり、旦那のことを嫌いになってしまいました。

旦那はバレてからは、女との関わりは全部切りました。私にも尽くしてくれて、大事にしてくれてますが、私の方が嫌いになって行くようで怖いです。
子供にとっては良い父親です。
嫉妬とかではなく、普通に嫌いです。
離婚することも出来ず、この男と一生過ごすのかと思うと絶望します。

引用:ヤフー知恵袋

 

「浮気」が原因で、旦那に嫌悪感を抱くようになる女性も少なくありません。

夫婦としてやり直すと決めたものの、心がついていかないのでしょう。

 

好きで結婚した相手でも、一度きっかけがあると、そこからどんどん嫌いになってしまうことも十分にあり得ます。

 

まとめ

旦那がどんどん嫌いになる場合、以下の対処法を試してみましょう。

  • 徹底的に話し合う
  • 良いところを見るようにする
  • お互いに干渉しない
  • 気持ちをリフレッシュする
  • 期待しないようにする

 

旦那に嫌悪感を抱く理由として、主に以下のことが考えられます。

  • 生理的に無理
  • 家事や育児に非協力的
  • 頼りない
  • 短所が目立つ
  • 神経質な性格がストレス
  • 姑や相手の家族との関係が悪い
  • モラハラやDV

 

一生を共にすると決めたはずの相手に対し、嫌悪感が生じるのは辛いことです。

「どうして急に?」

と自分でも戸惑っている方もいるでしょう。

 

夫婦とはいえ、もとは赤の他人ですから、何かのタイミングで嫌いになることも十分に考えられます。

しかしそれが一時的な感情である可能性も十分に考えられるでしょう。

 

一度は深く愛し合って結婚した夫婦です。

できれば「離婚」という選択肢は取らず、うまく嫌悪感を克服したいと思いますよね。

 

まずは二人で話し合い、打開策を見つけましょう。

これまでいろいろなことを乗り越えてきた夫婦ですから、きっと嫌悪感も乗り越えられるはずです。

 

そしてこのピンチを乗り越えればきっととより一層絆を深めた仲の良い夫婦になれますよ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました