【不安】旦那が派遣会社だと後悔する?将来苦労するって本当!?

旦那

「旦那が派遣会社の社員だと後悔するの?」

「派遣会社の社員の旦那と離婚しやすい理由とは?」

「派遣会社の社員の旦那と結婚した時の対処法は?」

上記のようにお考えではありませんか。

 

派遣社員は自由な女性の働き方として認知度は高いのですが、男性の派遣社員にはあまり馴染みがありませんよね。

 

この記事では、

  • 旦那が派遣会社の社員だと後悔する理由
  • 派遣会社の社員の旦那と離婚しやすい理由
  • 派遣会社の社員の旦那と結婚するデメリット
  • 旦那が派遣会社の社員で働くメリット
  • 派遣会社の社員の旦那と結婚した時の対処法

上記の内容を徹底解説していきます。

旦那が、派遣会社の社員で悩んでいる方はぜひ最後までご覧ください。

 

旦那が派遣会社の社員だと後悔する理由

旦那が派遣社員だと正社員に比べたら立場が不安定で給料が安い傾向があり、家庭生活を支えるのが難しい場合があると言えるでしょう。

 

旦那が派遣社員だと後悔する理由は次の通りです。

  • 時給は高いがボーナスは出ない
  • 派遣社員は同じ派遣先で最長3年しか働けない
  • 交通費が自己負担の場合が多い

それぞれの内容を具体的に見ていきましょう。

 

時給は高いがボーナスは出ない

旦那が派遣社員だと、ボーナスがでないのが基本なのです。

ごくまれに派遣先の優しさでボーナスがもらえるときがあるのですが、ほとんどないと言って差し支えないでしょう。

 

正社員のボーナスは毎月の月給から自動積立金です。

派遣社員の基本給には、

ボーナスや交通費がもともと含まれています。

 

派遣社員と正社員の給料の支払い方法が違うだけで、結果的に同じような支給額となっていることが多いようです。

 

派遣社員は同じ派遣先で最長3年しか働けない

派遣社員は同じ派遣先で働けるの期間は、最長3年間なのです。

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律は下記のように定められています。

第三十五条の三 派遣元事業主は、派遣先の事業所その他派遣就業の場所における組織単位ごとの業務について、三年を超える期間継続して同一の派遣労働者に係る労働者派遣(第四十条の二第一項各号のいずれかに該当するものを除く。)を行つてはならない。

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律

ただし、

必ず同じ派遣先で3年間働けるわけではありません。

 

労働者派遣法で派遣契約の自動更新が禁止されています。

派遣会社は3カ月ごとに契約更新しなければならず、雇い止めをされる可能性もあるでしょう。

 

仕事内容や人間関係がうまくいっていたとしても、会社の方針で部署ごとなくなる可能性もあるかもしれません。

そのあとは、結局転職するしかないのです。

 

交通費が自己負担の場合が多い

派遣社員の基本給には交通費も含まれていて割高の給料になっているので、派遣先から2重に支払われることはないのです。

 

経費として申請したい場合は、

確定申告で手続きを行う必要があるでしょう。

知らないと損をするので、覚えていた方が良いかもしれませんね。

 

派遣会社の社員の旦那と離婚しやすい理由

旦那が派遣社員だと収入が不安定で離婚しやすいと言われています。

結婚をすれば子供を授かる可能性もあるでしょう。

子供を育てるには経済面でたくさん費用がかかるのが現実です。

 

子供が小さいうちは、妻は子育てで精一杯でなので一家を支えるのは旦那になるこが多いですよね。

そんな時に旦那が派遣社員だと、

経済的に不安は当然よぎってしまうものです!

 

派遣社員の旦那と離婚しやすい理由は、次の通りです。
  • 休みが取りづらい
  • 職場で浮いてしまう

では、それぞれ見ていきましょう。

 

休みが取りづらい

派遣社員は当番申告の有休がとれない場合が多いので、なかなか休みをとることができないというデメリットがあります。

3カ月ごとの契約更新に響く可能性もあり得ることなので、

長期休暇がとりづらい傾向にあるのです。

 

家族サービスや家族の急病にも対応できず、夫婦関係がぎくしゃくしてしまったり、妻の不満が爆発して離婚しやすいと言えるでしょう。

 

職場で浮いてしまう

最近では、正社員でもすぐにやめてしまう人が多うえ、会社自体が倒産することがざらなのですが、イメージ的に派遣社員は外部の人間として扱われてしまうのでやりがいのある仕事を任せてもらえないのです。

 

派遣社員は基本的に責任のある仕事は任せてもらえません。

旦那が職場で浮いてしまうことがあり、その精神的なストレスを家庭にぶつけてしまって離婚につながりやすくなってしまうのではないでしょうか。

 

派遣会社の社員の旦那と結婚するデメリット

旦那が派遣社員で、収入面や将来に不安を感じることありますよね。

質素な生活をおくっていたり、子供に習い事をさせてあげられなかったり幸せとは遠い生活をおくることになるかもしれません。

 

派遣会社の社員の旦那と結婚するデメリットは、次の通りです。

  • 男性の派遣社員は将来的に不安定
  • 派遣の収入では子供の教育費が払えない
  • 旦那が職場で浮いて精神的に不安定になりやすい

派遣社員の旦那と結婚して幸せになれるのか詳しく解説していきます。

 

男性の派遣社員は将来的に不安定

派遣社員は昇給や雇用の保険がないので、若いうちなら派遣社員でもいいかもしれませんが家庭をもっている旦那的には厳しい生活になる可能性があります。

スキルや資格があって高収入の派遣社員でも、技術革新にしっかりついていかないと新システム導入と同時に契約終了になる可能性があるのです。

 

勤務態度を真面目にしているだけでは危うい状態といえるでしょう。

40代以降も派遣として働き続けるのは可能でも、登録型派遣で働き続ける場合はいつ契約終了になるかわからない不安もあります。

順調に契約更新されればいいのですが、常に契約終了の不安を抱えていなければなりません。

 

派遣の収入では子供の教育費が払えない

旦那が派遣社員だと、子供が生まれたときに共働きの継続が難しくなってしまうので夫婦どちらかは子育てに専念しなければならないのです。

お金に余裕があるのならベビーシッターなどにお願いすることができますが、派遣の収入ではそのような余裕はないかもしれません。

 

子供の教育には多額の教育費が必要になります。
派遣社員の旦那には期待できない分、妻がカバーしなければならないのです。

 

 

旦那が職場で浮いて精神的に不安定になりやすい

派遣会社の旦那と結婚すると、毎日愚痴ばかりで仕事に対しての満足度の低い旦那にがっかりするかもしれません。

収入の低さや職場での不完全燃焼が続いてしまうと、

旦那の意欲が低下して家族との関係が稀薄になってしまう

可能性があります。

 

職場で浮いて家庭にも居場所がないと感じてしまうと、旦那はアノミー状態になってしまうことも考えられます。

自分でも理由がわからないままイライラしてしまって攻撃的になり、家庭内暴力などに発展してしまうこともあるかもしれません。

 

旦那が派遣会社の社員で働くメリット

 

派遣社員は自分の設定したキャリアプランに基づき、色々な会社経験を積み、スキルアップしていくことができるのです。

給与についても、月々の手取りは正社員より比較的高めとなることもあります。

 

旦那が派遣会社の社員で働くメリットは、以下の通りです。

  • 色々な職業にチャレンジできてさまざまな仕事の経験ができる
  • 責任ある仕事を任されにくい
  • 管理職のプレッシャーがない
  • ワークライフバランスがとりやすい
  • 一般のアルバイトより時給が高く残業が少ない

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

 

色々な職業にチャレンジできてさまざまな仕事の経験ができる

派遣の仕事は未経験からチャレンジできる職種が豊富にあり、色々な分野の仕事にチャレンジができる環境があります。

例えば…

未経験者OKもしくは未経験者歓迎の求人は全国で約8.000件近くもあるのです。

 

若いころにやってみたかった仕事や今からでも、色々チャレンジしたい仕事がある方も多くの経験を積めることがメリットになります。

 

責任ある仕事を任されにくい

部下がいるか責任ある役職に就く年代の方だと、仕事=責任重大となる方がほとんどです。

しかし、

派遣社員は一部の業務に対するスキルや技術を持つ方が適所に配属されて仕事をするので、プロジェクトの成功にカギとなるような任務を任せられることがほぼありません。

 

責任のある仕事を任せれにくいと言っても、仕事なので全く責任がないわけではありません。

正社員に比べるとやや気楽なところがあります。

 

管理職のプレッシャーがない

正社員は管理職になる方もいて、日々の仕事にプレッシャーを感じながら働く方もいるようです。

一方で、

派遣社員には役職がなく管理職にも就くことはありません。

そのため、プレッシャーを感じることなく働くことができます。

ワークライフバランスがとりやすい

派遣の仕事はスキルや経験が豊富なほど時給を高めることができます。

派遣社員は日々の仕事でほとんど残業がすることがなく、派遣契約で決められた範囲の仕事をするので、プライベートを充実させることがきでるのです。

 

時給をアップさせる目的で、

  • プライベートの時間に資格取得の勉強をすること
  • 派遣として働きながら育児・介護・看護

などの両立をしやすいことなども派遣で働くメリットだと言えるでしょう。

 

一般のアルバイトより時給が高く残業が少ない

派遣の仕事は一般的のアルバイトやパートと比べて時給が高く、より多く稼ぐことができます。

派遣契約では、

仕事内容や労働時間など細かく決めて契約しているので、残業することがほとんどありません。

もしくは、あっても正社員よりも全然少ないのです。

アルバイトよりは稼ぎたい方正社員のように残業が多い仕事が困る方は、派遣社員で働くのがぴったりだと思います。

 

派遣会社の社員の旦那と結婚した時の対処法

旦那の収入が少ないと、「これから生活どうしよう…」「収入が少ないか将来不安…」と悩んでいる妻がいるのではないでしょうか。

旦那の収入は、結婚生活に大きな影響があるのです。

 

派遣会社の社員で働く旦那と結婚した時の対処法は、次の通りです。

  • 自分が正社員で働く
  • 転職を勧めてみる

それぞれの内容について、詳しく見ていきましょう。

 

自分が正社員で働く

派遣社員の旦那の収入に期待ができないのであれば、妻自身が正社員で働くしかありません。

子育てや出産のリスクを考えると、

育児に理解がある会社の正社員になって福利厚生をフルに活用して生き抜くしかないでしょう。

 

在宅勤務制度などを導入している企業もあるので、そのような会社に就職すれば、育児や介護をしながら働くこともできます。

 

転職を勧めてみる

派遣社員で働いている旦那の収入に将来的に不安がある場合は、旦那に転職を勧めてみるのもいいかもしれません。

なにか特別な事情で派遣雇用にこだわっているのでなければ、正社員の就職先を探す方がいいのではないでしょうか。

 

なかなか初めの一歩を踏み出せないかもしれませんので、

一緒に求人情報を探してあげてください。
資格を取ってステップアップできれば、派遣時代がいい思い出になるかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

旦那が派遣会社の社員だと後悔する理由はこちらです。

  • 時給は高いがボーナスは出ない
  • 派遣社員は同じ派遣先で最長3年しか働けない
  • 交通費が自己負担の場合が多い

派遣会社の社員の旦那と離婚しやすい理由は以下の通りです。

  • 休みが取りづらい
  • 職場で浮いてしまう

 

旦那が派遣会社の社員で働いているのが嫌ならまず、妻自身の家庭環境を変えていくのがいいのではないでしょうか。

なにか1つ良い方向に変えるだけで、物事は変わっていけるものです。

目標とする家庭に近づけるように考えて行動しましょう。

 

それでも、旦那と方向性が合わない場合もあります。

それでも合わない時は離婚を考えるのもいいのではないでしょうか。

まずは、思いつく限り色々試してみましょう。

 

さらに関連するページもありますので、ぜひあわせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました