【難しい】旦那の意味や語源が知りたい!他の呼び方との使い分けを徹底解説!

旦那

「『旦那』の元々の意味が知りたい!」

「『旦那』と同じ意味の言葉は?」

「『旦那』は下品な意味があるの?」

とお考えではありませんか?

 

「旦那」という漢字を見ても、意味が分かりにくいですよね。

元々はどんな意味なのか、疑問に思うのも無理はありません。

 

当記事では

  • 旦那の元々の意味や語源は?
  • 『旦那』の正しい使い方は?
  • 「旦那」と同じ意味で別の言い方は?

上記の内容を徹底解説していきます。

 

「旦那」の意味が知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ「旦那」の意味や使い方など、疑問の答えが見つかるはずです。

 

旦那の元々の意味や語源は?

「旦那」という言葉は、配偶者を指す言葉として知られています。

うちの旦那、最近忙しくて……

等、あなたも普段の会話で使っているのではないでしょうか?

 

しかし「旦那」がどんな意味なのか、詳しく知っている人はあまりいません。

「旦那」には配偶者以外の意味もあるのです。

 

この項目では

  • 元々の意味は仏教用語だった
  • 日本に伝わってからの意味

といった内容を詳しく解説していきます。

 

元々の意味は仏教用語だった

「旦那」の語源は「ダーナ」です。

もともと古代インドで使われていたサンスクリット語で「与える・贈る」という意味があります。

 

古代インドでは、僧侶が生活の全てを捧げ、厳しい修行を送っていました。

人々は自分たちの代わりに厳しい修行をしている僧侶に、感謝の気持ちを込めて衣服や食べ物を施します。

 

この施しを「ダーナ」と呼んでいたのです。

「ダーナ」は「施し・布施」を意味する言葉としても用いられていました。

 

日本に伝わってからの意味

「ダーナ」はやがて中国や日本に伝わり「檀那」という漢字が当てられます。

当時は仏法を広めるために布施をし、僧侶や寺院を支えることを「檀那」と呼んでいました。

 

そして次第に布施をする人のことも「檀那」と呼ぶようになります。

仏教が広まるにつれ「檀那」という言葉は一般に普及するように。

 

中世以降になると、仏教に関係なく「人を雇う主」や「金品の提供をする人」を「檀那」と呼ぶようになりました。

さらにそこから「外でお金を稼いできてくれる夫」を指す言葉へと派生していきます。

 

今では「旦那」という言葉には、様々な意味合いがあるようです。

だんな【×檀那/旦那】《(梵)dānaの音写》

1 ほどこし。布施。転じて、布施をする人。檀越(だんおつ)。檀家。

2 商家の奉公人などが男の主人を敬っていう語。「店の大—」

3 商人が男の得意客を、また役者や芸人が自分のひいき筋を敬っていう語。また一般に、金持ちや身分のある男性を敬っていう。「—、これはよい品でございますよ」「顔見世に—衆を招く」

4 妻が夫をいう語。他家の夫をいう場合もある。「お宅の—」

5 妾(めかけ)の主人。パトロン。「—がつく」「—を取る」

引用:Weblio辞書

配偶者以外にも「パトロン」や雇い主など、生活の世話をしてくれる人を「旦那」と呼んでいます。

 

『旦那』の正しい使い方は?

様々な意味がある「旦那」という言葉ですが、シーンによって少しずつ呼び方を変えるのが一般的です。

 

「旦那」の主な使い方としては、下記が挙げられます。

  • 自分の夫を呼ぶ時:旦那
  • 他人の夫を呼ぶ時:旦那様
  • 雇用主や顧客として呼ぶ時:旦那様

それぞれの使い方を具体的に見ていきましょう。

 

自分の夫を呼ぶ時:旦那

自分の夫を呼ぶ時には「旦那」という表現を使います。

気を付けたいのは「身内に敬称は使わない」ということです。

 

たとえば自分の母親を紹介するときに

「こちらが私のお父さんです」

とは言わないでしょう。

 

社会人のマナーとして

「こちらが私の父です」

と紹介するのが一般的ですね。

 

同じように自分の夫を指す時に敬称は使いません。

日本語のマナーとして、敬称を付けずに「旦那」と使うようにしましょう。

 

他人の夫を呼ぶ時:旦那様

自分以外の人の配偶者を呼ぶ時には「旦那様」と敬称を付けて呼ぶのが一般的です。

親しい人の配偶者であれば「様」ではなく「さん」でもいいでしょう。

 

「旦那様によろしくお伝えください」
「旦那さんは元気?」

といった使い方をします。

通常はカジュアルな印象の「旦那」ですが、語尾に敬称を付けることで、敬意を表す言い方になるでしょう。

 

雇用主や顧客として呼ぶ時:旦那様

雇用主や顧客として呼ぶ時も、同じように敬称を付けるのが一般的です。

この場合、親しい人と話していても「さん」ではなく「様」が好ましいでしょう。

 

「旦那様、お帰りなさいませ」
「うちの会社の旦那様にバッタリお会いしてね」

といった使い方をします。

最近ではあまり聞かれなくなりましたが、今でも使われている呼び方です。

 

「旦那」と同じ意味で別の言い方は?

日本語には「旦那」以外でも配偶者を意味する言葉があります。

「主人」「夫」「亭主」などがその例です。

 

話す相手によって、使い分けをするようにしましょう。

  • ビジネスシーン:夫
  • 目上の人と話す時:主人
  • 友人や知人と話す時:旦那
  • 旦那の家族と話す時:名前+さん

それぞれの使い方を解説していきます。

 

ビジネスシーン:夫

まずビジネスシーンでは「夫」を使うのが基本です。

「夫」は「妻」の対義語であり、お互いに平等な立場を指します。

 

男女平等が推奨される現代社会において、最も好まれる表現と言えるでしょう。

日本の公的機関や書類などでも使用される表記です。

 

「夫に確認いたします」

のように使えるでしょう。

 

目上の人と話す時:主人

目上の人と話す時には「主人」を用います。

「主人」は「一家の主」を意味しており、男性だけではなく女性にも使える言葉です。

 

主従関係を意味することから、現代ではあまり聞かれなくなってきました。

しかし目上の人には聞き馴染みのある言葉です。

 

配偶者を立てる表現でもあり、丁寧な印象を与えるでしょう。

「主人は留守にしております」

という使い方をします。

 

友人や知人と話す時:旦那

友人や知人と話す時には「旦那」を使うのが自然です。

カジュアルな印象なので、気の置けない友人との会話でも使われます。

 

「うちの旦那がね……」

と言っても問題ないでしょう。

ただし「旦那」の元の意味には「外でお金を稼いできてくれる人」という意味合いが含まれます。

 

共働きが一般的になってきている現代においては、違和感を感じる人もいるようです。

不安な場合は相手が自分の配偶者を何と呼んでいるのかを聞いて、その呼び方に合わせるといいでしょう。

 

旦那の家族と話す時:名前+さん

旦那の家族と話す時には、旦那の下の名前に「さん」を付けて呼ぶのが一般的です。

あなたにとっては「旦那」でも、相手にとっては息子や兄弟に当たるでしょう。

 

そのため名前で呼ぶ方が、しっくりくることが多いようです。

関係性にもよりますが、呼び捨てではなく「さん」を付けて呼ぶようにしましょう。

 

呼び捨てにすると、ぞんざいに扱われているような印象を与える可能性があるからです。

 

「旦那」の呼び方に違和感を抱く人の声

「旦那」という呼び方に違和感を抱く人もいます。

配偶者の呼び方は人それぞれですが、違和感を抱く人もいるということは頭に入れておきましょう。

 

ネット上では

  • 旦那さんと呼ぶ意味が分からない
  • 「旦那」という呼び方が下品に聞こえる
  • 「旦那」と呼ぶことに抵抗がある

といった声が寄せられていました。

それぞれの声を具体的に見ていきましょう。

 

旦那さんと呼ぶ意味が分からない

自分の旦那を「旦那さん」と敬称を付けて呼ぶことに違和感を感じる人は少なくありません。

自分の夫を「うちの旦那さんが」とさんづけで呼ぶ人が身近に二人いますがイライラします。
「旦那」「主人」「亭主」その言葉の元の意味を考えるとう~んと思いますが敬称がついていなければ気になりません。それは慣用化しているから。

「旦那さん」で話を進められると「あなたも私の旦那さんを敬え」と言われているような(?)不思議な感覚に陥り、イライラすると自分で分析します。

引用:発言小町

 

身内のことをへりくだって話すことで、相手を敬うというのが日本語のマナーです。

そのため自分の旦那に「様」や「さん」を付けていると、違和感を抱いてしまうのでしょう。

 

使う側の意見としては、旦那に気を遣って「さん」を付けているといった声もありました。

些細なところですが、人によっては違和感を抱くことを覚えておきましょう。

 

「旦那」という呼び方が下品に聞こえる

「旦那」という呼び方が下品に聞こえると感じる人もいます。

確か「旦那」は尊敬語(?)か何かで、身内には使わないと聞いたことがあるような…。ないような…。 自分の夫のことを「旦那」と言う人って、なんだか下品に感じてしまって苦手で…m(_ _)m(育ちの良い人が「旦那」と言っているのはあまり聞かないし…)

引用:ヤフー知恵袋

 

先述したように「旦那」はもともとお布施をする人を意味する言葉でした。

相手に敬意を払って呼ぶ表現ですので、下品な意味合いは含まれていません。

 

しかし「パトロン」などといった意味も含むため、下品に感じてしまう人もいるのでしょう。

相手がどう感じるか分からない場合は「夫」や下の名前で呼ぶことをおすすめします。

 

「旦那」と呼ぶことに抵抗がある

自分自身が「旦那」と呼ぶことに、抵抗を感じる人もいるようです。

夫を「旦那」と呼ぶことに対して 友達や同僚とくだけた話している時、自分の夫を「旦那」と呼ぶことに抵抗があります。 なんだか乱暴な感じがするからです。 でも、「夫」や「主人」だと改まり過ぎ、堅い感じがします。

引用:ヤフー知恵袋

 

特に結婚してすぐの時には「旦那」と呼ぶことに抵抗もあるでしょう。

今まで「彼」だったのに、急に「旦那」にするのは気恥ずかしさもありますよね。

 

先述したように「旦那」は相手を敬う表現なので、乱暴な意味合いは含んでいません。

抵抗がある場合には名前に「さん」を付けて呼ぶといいでしょう。

 

まとめ

「旦那」は古代インドで使われていた仏教用語が語源です。

日本に伝わり、次第に配偶者を意味する言葉へと変わっていきました。

 

「旦那」の主な使い方としては、下記が挙げられます。

  • 自分の夫を呼ぶ時:旦那
  • 他人の夫を呼ぶ時:旦那様
  • 雇用主や顧客として呼ぶ時:旦那様

 

「旦那」と同じ意味でも別の言い方もありますので、話す相手によって、使い分けをするようにしましょう。

  • ビジネスシーン:夫
  • 目上の人と話す時:主人
  • 友人や知人と話す時:旦那
  • 旦那の家族と話す時:名前+さん

 

「旦那」という呼び方に違和感を抱く人もいます。

相手を見て、適切に使い分けをするとデキる妻になれるでしょう。

 

意味を理解して、少し使い方を意識するだけで、話す印象も良くなりますよ。

「旦那」の正しい使い方については、下記の記事も参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました