【もう限界!】怒鳴る旦那と離婚を考える前にできること5選!短気な旦那と別れたい

旦那

「喧嘩になるといつも旦那が怒鳴る……」

「すぐ怒鳴る旦那がいると、子供への影響が心配」

「怒鳴る旦那とは離婚したほうがいい?」

 

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

家庭という閉鎖した空間で怒鳴られると、恐怖を感じますよね。

なるべく怒らせないようにビクビクして過ごしてしまうし、気も休まらないのではないでしょうか。

何より子供への影響が心配です。

 

冷静な話し合いができない旦那と、家族として一生を過ごしていくことに、不安を感じる女性は多いでしょう。

 

この記事では、下記について解説していきます。

  • 怒鳴る旦那にはどんなタイプがいるの?その特徴と対処法5選
  • 怒鳴る旦那にもう限界!離婚したくなる瞬間4つ
  • 怒鳴る旦那と離婚するべき理由
  • 怒鳴る旦那との離婚を迷った時は、客観的に見極めよう

 

怒鳴る旦那をお持ちの女性の方は、是非最後までお読みください。

 

怒鳴る旦那のタイプ別特徴と対処法5選

自分の旦那が短気ですぐ怒鳴る人だと、

元々横暴な性格なのかな?
これってDV?

と、これからの結婚生活が一気に不安になってしまいますよね。

 

でも、旦那も怒鳴りたくて怒鳴っているわけではない場合が多いことをご存じでしょうか。

 

もちろん中には、精神的にパワハラ・モラハラ気質の人もいるかもしれません。

でも大半の人には、何かしら理由があるのです。

 

問題なのは、女性の対応次第ではだんだん怒鳴ることが当たり前になってしまうこと。

 

  • こいつになら怒鳴っても良いんだ
  • 自分が怒鳴ることをするあいつが悪い
  • 怒鳴ればいうことを聞くから、これからもそうしよう

上記のように、怒鳴ることを正当化したり怒鳴ったら自分の思い通りに行くことに味をしめてしまう可能性があります。

 

うちの旦那は怒鳴る人だから仕方がない……

と諦めてしまうと、相手をエスカレートさせてしまう危険性があります。

結婚生活が破綻に向かう可能性が一気に高まりますよ。

 

怒鳴る人は、いくつかのタイプがありますが、対処する際に心がけることは下記5つです。

  • 冷静に対応する
  • 委縮しない
  • 真剣に話を聞かない
  • 目をそらさない
  • 怒るポイントを見極める

全て心がけておくべきですが、タイプ別に使い分けるのがおすすめですよ。

 

下記でタイプ別の対処方法を見ていきましょう。

 

ストレスや疲労で心の余裕がないタイプ:反論せずそっとしておく

1つ目のタイプは、職場のストレス過多などで、余裕を失ってしまっているタイプ。

上記タイプには、「冷静に対応する」「真剣に話を聞かない」が有効でしょう。

 

職場のストレスで余裕をなくし、喧嘩の際怒鳴ってしまう旦那は、性格としては、気弱なタイプが多いです。

 

職場で言いたいことも言えずストレスが溜まる
せめて家庭内ではのんびりしたい……

そう思う旦那は多いでしょう。
でも女性も働いて家事を分担していたり、小さな子供がいる家庭だとそうはいきません

 

ダラダラしていないでお皿洗って
子供をお風呂に入れてあげて
など女性の何気ない一言にイライラが募っていき、喧嘩の際に爆発して怒鳴ってしまう

こうなってしまった場合は、怒鳴る旦那の話は聞き流し、一旦お互い冷静になる必要があります。

 

元々は気弱=温厚な性格なので、一人になれる時間を作ってあげるのが効果的です。

 

可能ならば、

旦那だけの部屋や空間を作ってあげる

等一人になれる場所や時間を作ってあげましょう。

 

他にも、

休みの日はひとりの時間を満喫してもらう

ストレスから解き放たれる時間を、普段から意識してあげると良いですね。

 

プライドが高いタイプ:普段から旦那をたててあげる

次に怒鳴る旦那の特徴として、プライドが高いタイプということが考えられます。

上記のようなタイプには、「真剣に話を聞かない」「怒るポイントを見極める」が有効でしょう。

 

プライドが高いタイプは、職場の上司にさえ、

俺の方が仕事ができるんだ
部下に慕われているのは俺の方

と心の中では下に見ているようなタイプです。

ある意味野心家なので、仕事で結果を残すタイプ多いこともあるでしょう。

 

しかしそのプライドの高さで、妻である女性に対しても、

見下してくる
何をしても良いと思って接してくる

可能性があるので、堪ったものではありませんよね。

 

上記のようなタイプが怒鳴るポイントとしては、

  • 言い負かされる
  • プライドを傷つけられる
  • 不利な立場に立たされる
  • 馬鹿にされる

などがあります。

 

家庭の中では、

前も言ったじゃない
〇〇の旦那さん昇進したんだって

のような何気ない会話でも、怒りを誘発する可能性があります。

 

怒鳴り始めたらいったん聞き流して、嵐が去るのを待ちましょう。

その際、下手に言い返すと火に油を注ぐようなものなので注意が必要です。

 

そして旦那が怒鳴っている間に、

人の旦那を褒めると怒る確率高いかも
いじられるのは嫌みたいだからやめておこう

等、怒りポイントを見つけて心の中でメモっておきましょう

 

普段から旦那のプライドを傷つけず、怒鳴ることを回避することができますよ。

 

また普段から、家庭内ではとにかく旦那を立てることもおススメです。

  • お風呂はできるだけ先に入ってもらう
  • 休みの日は旦那の意見を優先させる
  • 好物の食べ物・飲み物を常備しておく

上記のように、3歩下がって後ろを歩く気持ちで接してみましょう。

 

また、態度で示すのも大切ですが一番効果的なのは言葉でほめること

  • さすがだね!
  • それってあなたしかできない仕事だよね!
  • いつもありがとう

など言い慣れていないと少し恥ずかしいかもしれませんが、それで旦那の気持ちが安定して、お互い気持ちよく過ごせるならば良いことですよね。

 

まずは旦那のプライドを満たしてあげることに努めましょう。

 

支配したいタイプ:委縮しすぎず受け流す

次に考えられるのは、「相手を支配したい」タイプの可能性です。

上記のようなタイプには、「委縮しない」「目をそらさない」が有効でしょう。

 

相手を支配したいタイプは、自分より弱い立場の人間を支配下におくことで満足感を得ます。

 

このタイプの厄介な所は、

  • 本人は無意識
  • 怒鳴るのを人のせいにする
  • モラハラ気質

上記の可能性が少なからずある点です。

エスカレートすると、モラハラ夫に変身しかねないので、早めの対応が必要でしょう。

 

このタイプを相手にするのに1番大切なのは、

委縮せず目を見て冷静に話す

ということに尽きます。

 

もし怒鳴られたことで委縮をして下手に出てしまうと、

こいつは怒鳴れば支配できる

と相手に思わせ、エスカレートさせてしまうことになりかねません。

どんなに相手がヒートアップしても毅然とした態度で、決してビクビクしないように気を付けましょう

 

また支配したいタイプは、「自分が怒鳴るのは女性のせい」だと言ってくることがあります。

しかしここで

旦那の言うように、私にも悪い点があるのかも……

と考えてしまうのは相手の思うつぼです。

 

もちろん、自分に非があるならば認めるのは大切ですが、

  • 謝る際下手に出る
  • 旦那の怒りをやり過ごすためだけの謝罪

などはご法度です。

毅然とした態度を取り続けられるかどうかがポイントですよ。

 

外では小心者タイプ:冷静に毅然とした態度で話す

外では小心者なタイプは、家族への甘えから怒鳴るような態度をとることがあります。

上記のようなタイプには、「冷静に対応する」「委縮しない」が有効でしょう。

 

外では小心者な旦那は、職場だけでなく、実家でも肩身の狭い思いをしていた人も多いのではないでしょうか。

せめて自分の家庭では一家の主としてふるまいたい……

という思いが、横柄な態度につながってしまっている可能性があります。

 

しかし、怒鳴るのは別問題だということを分からせなくてはいけません

 

そのためには旦那が怒鳴っても、毅然とした態度を忘れないのが大切です。

 

怒鳴っている最中、聞き流すことはせず、

「〇〇」って本気で言っているの?
それ言われたら相手がどう思う?

と、怒鳴られると自分がどう感じるのかをその場で伝え、仲直りまでもっていくよう心がけましょう。

 

また日頃は、家庭内で甘やかしてあげることも大事です。

家庭内で自分が大切にされていると思えば、怒鳴るような態度も軟化していくでしょう。

 

衝動的なタイプ:怒る理由とポイントを見極める

衝動的なタイプは、自分の気持ちに正直なので、ある意味一番単純です。

上記のようなタイプには、「真剣に話を聞かない」「怒るポイントを見極める」が有効でしょう。

 

衝動で怒鳴るタイプの人は、

  • 嫌なことがあったから怒る
  • 怒っているから怒鳴る
  • 怒鳴ってスッキリ

というループで怒りを発散させているので、相手がどう思うかや、怒鳴ることが恥ずかしいといった考えは欠如しています。

 

上記のようなタイプはまず、沸点と怒りポイントを見極める必要があります。

  • よく怒鳴るのはどんな時?
  • 怒鳴る前兆は?
  • よく喧嘩になるポイントは?

等、日常生活の中で観察して、地雷はできるだけ回避しましょう。

 

また衝動的に怒鳴り始めたら、

今って、〇〇が嫌だから怒鳴っているんだよね

と、相手の怒りを言語化してあげるのも一つの方法です。

衝動的に怒鳴る旦那は、子供のようなもの
根気よく付き合っていく必要がありますよ。

怒鳴る旦那にもう限界!離婚したくなる瞬間4つ

上記で怒鳴る旦那への対処法をお伝えしましたが、

怒鳴る旦那とはもう離婚したい……

と願う女性も多いのではないでしょうか。

 

怒鳴る旦那を持つ世の女性が離婚したくなる瞬間は、大きく4つあります。

  • 子供への悪影響
  • 物にあたる
  • DVに発展する可能性

これってモラハラ?と思う瞬間がある下記でひとつひとつ見ていきましょう。

 

子供への悪影響

一番に考えられるのは子供への悪影響です。
旦那が怒鳴るたびに、おびえてしまうのはかわいそうですよね。

 

また怒鳴る旦那を日ごろから見ていることで、

嫌なことがあったら怒鳴ればよいんだ!

と誤った認識を持ってしまうかもしれません。

 

下手したらトラウマになってしまったり、性格が曲がって育ってしまう可能性が考えられます。

 

上記を考えると、

できるだけ早く離れたところで子育てをしたい

と思い、離婚したくなるのは当然のことでしょう。

 

物にあたる

2つ目の理由としては、旦那が怒鳴るだけでなく物にもあたる場合です。

最初は怒鳴るだけだった旦那が物に当たり始めたら、エスカレートしているサインでもあります。

 

つまり、

この先も旦那が怒鳴るのは変わらない

という可能性が高いです。

 

  • 自分が大切にしているものを壊されたら
  • 家族の誰かがけがをしてしまったら

上記を考えると、今すぐ縁を切りたくなるのは当然でしょう。

 

DVに発展する可能性

もし怒鳴る旦那がエスカレートして、日常的に暴力を繰り返すDVに発展したら……

離婚を決意する上で大きなポイントになる可能性は高いでしょう。

 

最初は、

喧嘩の時に怒鳴るだけなら……

と我慢していたのが、日常的な暴力になってしまったら、家庭内で全く安らげませんよね。

 

もはや夫婦仲の修復も難しいでしょう。

 

これってモラハラ?と思う瞬間がある

喧嘩の時に怒鳴るだけならともかく、

これってモラハラ……?

と感じることが多くなった時に、真剣に離婚を考えだす女性は多いです。

 

モラハラ夫の特徴としては、下記が挙げられます。

  • 女性の意見を否定する言動が多い
  • 家庭内で無視をする
  • 他人の前で笑いものにする・悪口を言う
  • 女性の欠如を故意にからかう

上記のように、女性を1人の人間と考えないような言動が特徴です。

特に相手を支配したいタイプの旦那はモラハラ夫の可能性もはらんでいます。

 

怒鳴るだけでなく、上記の内ひとつでも当てはまったら……

モラハラ夫とは、一刻も早く離婚したい!

と思うのは当然ですね。

 

怒鳴る旦那と離婚するべき理由

上記では怒鳴る旦那と離婚したくなる瞬間について記載しました。

 

でも実際いざ離婚を真剣に考えると、

  • 子供がかわいそう
  • 普段は優しいし
  • 悪い人ではないから……

と離婚に踏み切れない女性も多いのではないでしょうか。

 

でも怒鳴る旦那に色々対処をしても変わってくれない場合は、離婚に向けて行動を起こした方が得策です。

この章では、怒鳴る旦那と離婚するべき理由について記載します。

 

家庭内ストレスの大きな原因になる

怒鳴る旦那と離婚するべき一つ目の理由は、女性や子供のストレスの大きな原因になるからです。

 

でも私が我慢すればいいんだし……

と考える女性もいるかもしれませんが、その考えが一番危険です。

なぜなら、ストレスは我慢できてしまうので、いつのまにか精神を蝕まれてしまう危険があるから。

 

ストレスが重なると、

  • 鬱病、パニック障害の発症につながる
  • トラウマになる

など、気づかないうちに心が病んでしまう可能性が高いのです。

 

まだ我慢できるから大丈夫!

と過信するのは禁物です。自分の気持ちにしっかり向き合い、必要ならばカウンセリングを受ける等、専門家に頼るのも良いでしょう。

 

客観的な意見を聞けば、怒鳴る旦那との結婚生活を続けているのがバカバカしくなるのではないでしょうか。

 

怒鳴る旦那につきあう時間がもったいない

2つ目の理由は、怒鳴る旦那を更生させる時間がもったいない、ということ。

旦那も怒鳴りたくて怒鳴っているわけではなく、理由があるのは事実でしょう。

そこに歩み寄る努力は家族としてするべきかもしれませんが、どこかで見切りをつけることも選択肢のひとつです。

 

いつか変わってくれるかも……

という相手を信じるのも大切ですが、自分や子供の人生を守る方がよっぽど大切です。

 

家族としてできることはしつつも、

1年頑張ってダメだったら、今後のことを考えよう

と期間を区切り、もしもだめだった時のために、離婚に向けた準備も水面下で行うのが良いでしょう。

 

冷静な話し合いができる関係性を築けない

旦那が都合が悪くなると怒鳴る人な場合、夫婦での冷静な話し合いができなくなります

 

喧嘩の時に怒鳴るくらいならば仕方がない……

そう思って我慢する女性もいるかと思いますが、喧嘩をする=2人の意見が食い違う時。

 

これからの結婚生活の中で、お互いの意見が食い違うことは数えきれないくらいあります。

  • 実家へ帰る頻度
  • 子供の育て方
  • 貯金などの資産管理
  • 親との同居や介護

などなど……その度に旦那に怒鳴られるとしたら、冷静な話し合いなどできません

毎回女性が妥協するかたちになれば、理想の人生を歩めない可能性が高いですよね。

 

怒鳴ることで解決するような人は、あなたと一緒に人生を歩むことを拒否しているのと同じです。

自分らしい人生を歩むためにも、離婚を頭の片隅に置いておいた方が良いでしょう。

 

怒鳴る旦那との離婚を迷った時は、客観的に見極めよう

怒鳴る旦那とは離婚した方が良い

そうは思っていても、現実的に考えると迷ってしまう人もいるでしょう。

 

そんな時は第三者からの意見をできる限りたくさん集めることが得策です。

  • 家族の意見
  • 友達の意見
  • 職場の人の意見
  • 弁護士、カウンセラーなど専門家の意見

家族や友達など身近な人ならば、既婚者か離婚経験者など、経験者に意見を求めるのが良いでしょう。

 

また、併せて完全な第三者として専門家へ相談するのもおすすめです。

  • 改善の余地があるのか
  • 他に対処法はないのか
  • 穏便に離婚するには?

など、相談したいポイントをあらかじめまとめておくと良いでしょう。

自分一人でかかえこんだり解決しようとせず、早めに周りの人にSOSを出すようにしましょう

 

まとめ

怒鳴る旦那のタイプと特徴、その対処法は下記5つです。

  • ストレスや疲労で心の余裕がないタイプ:反論せずそっとしておく
  • プライドが高いタイプ:普段から旦那をたててあげる
  • 支配したいタイプ:委縮しすぎず受け流す
  • 外では小心者タイプ:冷静に毅然とした態度で話す
  • 衝動的なタイプ:怒る理由とポイントを見極める

旦那と離婚したくなる瞬間は下記4つが挙げられます。

  • 子供への悪影響
  • 物にあたる
  • DVに発展する可能性
  • モラハラの可能性を感じる

怒鳴る旦那と離婚するべき理由は下記です。

  • 家庭のストレスの大きな原因になる
  • 怒鳴る旦那につきあう時間がもったいない
  • 冷静な話し合いができる関係性が築けない

怒鳴る旦那をそのままにしておくと、子供への悪影響や家庭内が殺伐とするなど、良いことはありません。

まずは早めにタイプ別に対処を試みるのが大切ですが、改善が見られないようならば、いつ離婚しても良いように準備をしておくこともおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました