【厳選】旦那へのバレンタインおすすめ13選!人気チョコから手作りレシピまで!

旦那

「旦那へのバレンタインにおすすめのチョコは?」

「旦那へのバレンタイン、甘いもの以外でおすすめは?」

「旦那へのバレンタインに手作りできる簡単レシピが知りたい!」

とお考えではありませんか?

 

夫婦円満のためにも、バレンタインなどのイベントは大切にしたいところですよね。

旦那が喜ぶバレンタインを贈って、夫婦の絆を深めましょう。

 

当記事では

  • 旦那へのバレンタインにあげたいおすすめチョコ5選
  • 旦那へのバレンタイン!甘い物が苦手な旦那におすすめプレゼント5選
  • 旦那へのバレンタイン!簡単に作れる手作りレシピ3選

といった内容を徹底解説していきます。

 

旦那へのバレンタインにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、旦那にぴったりのバレンタインプレゼントが見つかるはずです。

 

旦那へのバレンタインにあげたいおすすめチョコ5選

バレンタインの季節になると、デパートや百貨店に様々なブランドのチョコレートが並びます。

たくさんありすぎて、どこのブランドにすればいいのか、迷ってしまうでしょう

 

チョコレートと一口に言っても、価格帯や味は様々です。

予算や旦那の好みに合わせて選ぶようにしましょう。

 

おすすめの人気ブランドは下記の通りです。

  • ゴディバ
  • 六花亭
  • ロイズ
  • リンツ
  • ゴンチャロフ

それぞれのブランドの特徴を解説していきます。

 

ゴディバ

出典:GODIVA公式サイト

まずご紹介するのは、高級チョコの先駆けとも言える「ゴディバ」です。

チョコレートブランドに疎い方でも、一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか?

 

ゴディバは1926年にベルギーで誕生し、世界に広まりました。

最上級のカカオを使った、繊細な味わいが人気の秘訣です。

 

一粒一粒が芸術的なデザインで、パッケージも華やかなのでバレンタインの贈り物にもぴったりでしょう!

ゴディバの公式サイトはこちらから

 

六花亭

引用:六花亭公式サイト

「六花亭」は日本で初めてホワイトチョコレートの板チョコを作ったブランドです。

1933年、北海道札幌市で創業しました。

 

北海道の画家・坂本直行さんが描いた花の絵が、六花亭のモチーフになっています。

フリーズドライの苺が入った「ストロベリーチョコ」や、マルセイバターサンドは特に人気の商品です。

六花亭の公式オンラインショップはこちらから

 

ロイズ

引用:ロイズ公式サイト

「ロイズ」も六花亭同様、北海道札幌市で誕生したチョコレートブランド。

高品質で独創的なチョコレートを、リーズナブルな価格で楽しめることで人気を集めました。

 

「北海道でヨーロッパに負けないチョコレートを作りたい」という思いで、開発・製造がおこなわれています。

一番の人気はやはり「生チョコレート」でしょう。

 

シルクのようななめらかさの生チョコレートは、今は日本だけでなく世界各地にファンがいる人気商品です。

ロイズの公式オンラインショップはこちらから

 

リンツ

引用:リンツ公式サイト

「リンツ」は1845年にスイスで誕生した、チョコレートブランドです。

コンチング技術によりなめらかなチョコレートを開発し、チョコレート界に革命を起こしました。

 

リンツのチョコレートの中でも、特に有名なのがリンドールでしょう。

中にはとろりとしたフィリングが詰まっていて、究極のなめらかさを追求しています。

 

キャンディーのようなキュートな包み紙で、バレンタインにもぴったりです。

リンツの公式オンラインショップはこちらから

 

ゴンチャロフ

引用:ゴンチャロフ公式サイト

「ゴンチャロフ」は日本で初めてウイスキーボンボンを作ったメーカーと言われています。

1923年、ロシア出身の創業者マカロフ・ゴンチャロフ氏が、神戸市でチョコレート工房を開いたのが始まりです。

 

まるで生トリュフのようなくちどけなめらかなチョコレートを、常温で購入できるのがゴンチャロフの人気の秘訣。

なめらかで繊細なゴンチャロフの人気チョコレート「メッセ神戸」は、バレンタインの時期を含む10月から3月までの季節限定販売です。

ゴンチャロフ公式オンラインショップはこちらから

 

旦那へのバレンタイン!甘い物が苦手な旦那におすすめプレゼント5選

チョコレートのイメージが強いバレンタインですが、中には甘いものが苦手な旦那もいるでしょう。

妻としては何を贈ろうか、迷ってしまいますよね。

 

甘くないバレンタインプレゼントとして、下記がおすすめです。

  • お酒
  • 小物
  • リラックスアイテム
  • コーヒー
  • お取り寄せのグルメ

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

 

お酒

出典:Anny

まずは「お酒」がおすすめです。

甘い物は苦手でも、お酒は好きだという旦那も多いのではないでしょうか?

 

一口にお酒と言っても、ワインや日本酒、ビールなど様々です。

旦那の好みに合わせて、プレゼントを選びましょう。

 

軽いおつまみとセットにして渡すのもいいですね。

普段は飲まないような、ちょっとおしゃれなお酒をプレゼントしましょう。

おすすめの日本酒セットはこちらから

 

小物

引用:楽天

食べ物にこだわらず「小物」をプレゼントする方法もあります。

あまり高額すぎない、手軽なアイテムをバレンタインに贈ってみましょう。

 

旦那が欲しいものや、古くなっているものがあれば、新調する良い機会になります。

たとえばキーケースや名刺入れは、リーズナブルな価格で購入できるアイテムのひとつです。

 

旦那の好みをリサーチして、ぴったりのアイテムをプレゼントしましょう。

ポーターのキーケースはこちらから

 

リラックスアイテム

引用:楽天

もうひとつのおすすめは「リラックスアイテム」です。

普段、仕事を頑張ってくれている旦那に

いつもありがとう!

の気持ちを込めて、リラックスアイテムを贈りましょう。

 

リラックス家電は高額なイメージがありますが、プレゼントにおすすめなのは家電だけではありません。

たとえば入浴剤はプチプラで用意でき、そのうえ旦那に極上の入浴タイムをプレゼントできるアイテムでしょう。

 

心身を癒してくれる入浴剤で、日頃の苦労を労ってください。

おすすめのバスソルトはこちらから

 

コーヒー

出典:Anny

コーヒー好きの旦那には、普段よりちょっと贅沢な「コーヒー」をプレゼントしましょう。

バレンタインに他の人からもらうことも多いチョコレートにも、コーヒーはぴったりです。

 

甘い物が苦手な旦那でも

コーヒーがあれば一粒くらい食べようかな!

と思う可能性もあります。

 

特にコーヒーを濃縮した「カフェベース」は、最近人気の商品です。

牛乳やコーヒーで割って、その日の気分に合わせたコーヒーを楽しむことができるでしょう。

おしゃれなカフェベースはこちらから

 

お取り寄せのグルメ

引用:楽天

最後のおすすめは「お取り寄せのグルメ」です。

家にいながら、日本全国の美味しいグルメを食べられるので、旦那もきっと喜んでくれるでしょう。

 

お酒が好きな旦那には、美味しいおつまみを取り寄せてみてください。

普段は食べられない、上等なお肉や珍味を食べてみるのもおすすめです。

 

夫婦の食卓を盛り上げるのに、一役買ってくれることでしょう。

おすすめのお取り寄せグルメはこちらから

 

旦那へのバレンタイン!簡単に作れる手作りレシピ3選

買う派の妻がいる一方で

バレンタインはやっぱり手作りを贈りたい!

という手作り派の方もいますよね。

 

忙しい妻たちでも簡単に作れる手作りレシピは下記の通りです。

  • 簡単生チョコ
  • チーズケーキ
  • ハートのグラタン

それぞれのレシピを見ていきましょう。

 

簡単生チョコ

「生チョコ」なら料理が苦手な人でも簡単に作ることができます。

材料はたった3つなので、お金もかかりませんよ。

 

材料(20個分)

  • 製菓用チョコレート 200g
  • 生クリーム 100㏄
  • ココアパウダー 適量

 

作り方

  1. チョコレートを細かく刻みます。
  2. 生クリームを沸騰させない程度の温度で温めましょう。
  3. 刻んだチョコレートを入れて溶かします。
  4. バットにラップを敷き、そのうえに流し込みましょう。
  5. 一日冷蔵庫で冷やします。
  6. 好きな大きさに切り、ココアパウダーをまぶせば出来上がりです。

 

冷蔵庫で冷やす時間が必要ですので、余裕を持って作り始めましょう。

包丁に熱湯をかけ、その都度拭き取りながら切ると、キレイに切れますよ。

 

旦那の好みに合わせて、チョコレートの種類を変えてみるといいですね。

チーズケーキ

「チーズケーキ」も比較的簡単に作れるお菓子のひとつ。

甘すぎないので、ワインにも合うおすすめレシピです。

 

材料(18㎝1台分)

  • クリームチーズ 200g
  • 砂糖 60g
  • 卵 2個
  • 生クリーム 200㏄
  • 薄力粉 30g
  • レモン汁 大さじ1
  • ビスケット 100㏄
  • 有塩バター 40g

 

作り方

  1. クリームチーズとバターを常温に戻しておきます。
  2. ビスケットを袋に入れ、麺棒で叩いて細かくしましょう。
  3. ビスケットにバターを揉み込み、馴染んだら底に敷き詰めます。
  4. クリームチーズをボウルに入れて混ぜ、砂糖と卵を加えてよく混ぜましょう。
  5. 生クリームを少しずつ加えながら混ぜます。
  6. 薄力粉をふるいながら入れましょう。
  7. 最後にレモン汁を入れて混ぜます。
  8. 型に生地を流し入れ、170度に温めたオーブンで45分程度焼きましょう。
  9. 粗熱を取り、冷蔵庫で2~3時間冷やせば完成です。

 

竹串を刺してみて、生焼けの生地がつかないか確認してください。

5分前くらいから、焦げていないか確認するといいでしょう。

 

有塩バターを無塩バターに変えても大丈夫です。

 

ハートのグラタン

甘いものが苦手な旦那には「ハートのグラタン」で愛を伝えてみましょう。

いつものグラタンが、ちょっとした工夫でバレンタインらしい仕上がりになりますよ。

 

材料(2人前)

  • 鶏もも肉 160g
  • 塩こしょう 少々
  • 白ワイン 小さじ2
  • 玉ねぎ 1/2個
  • エリンギ 1本
  • 人参 輪切り4~5枚分
  • サラダ油 小さじ2
  • バター 20g
  • 薄力粉 大さじ1.5
  • 牛乳 300㏄
  • 塩 小さじ1/4
  • マカロニ 80g
  • スライスチーズ 2枚
  • パン粉 小さじ2
  • パセリ 適量

 

作り方

  1. 鶏もも肉は余分な脂肪を切り取り、一口大に切って塩コショウ・白ワインで下味をつけます。
  2. 輪切りにした人参をハート形で型抜きしておきましょう。
  3. 残った人参は細かく切っておきます。
  4. マカロニは記載通りに茹で、茹であがり1分前に人参を加え、同時にざるに上げましょう。
  5. オーブンを220度で余熱しておきます。
  6. フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉の色が変わるまで炒めておきましょう。
  7. 細切りにした玉ねぎと一口大に切ったエリンギを加え、しんなりするまで炒めます。
  8. 茹でたマカロニ、人参を加えて混ぜ合わせましょう。
  9. 一旦火を止め、薄力粉を入れて混ぜます。
  10. 粉っぽさがなくなったら、バターと牛乳を加え、とろみがつくまで煮込みましょう。
  11. 耐熱皿に流し込みます。
  12. ハート形に切ったチーズを真ん中に乗せ、その周りにハート形の人参とパン粉を散らしましょう。
  13. オーブンで15分ほど焼きます。
  14. 最後にパセリを散らせば完成です。

 

しめじなどのキノコ類を入れても美味しくなります。

冷蔵庫にあるもので簡単に作れますし、子供も喜んでくれるでしょう。

 

彩りも鮮やかで、バレンタインのディナーにぴったりです。

 

旦那のバレンタインは手作り派?それとも買う?妻たちの声

世の中の女性は、毎年旦那に手作りチョコレートをプレゼントしているのでしょうか?

妻たちの声をご紹介します。

 

ネット上では

  • 昔は手作りしていたけどだんだんと市販品に
  • 子供と一緒に手作りして渡す
  • 自分が食べたいチョコを買って渡す

といった声が挙がっていました。

それぞれの声を具体的に見ていきましょう。

 

昔は手作りしていたけどだんだんと市販品に

結婚歴が長くなると、次第に購入するようになる人もいるようです。

結婚、20年。

昔、手作り

今、購入

今年も、多分、購入でしょう(笑)

引用:トクバイみんなのカフェ

 

20年や30年、毎年手作りのバレンタインチョコを作るのは大変ですよね。

最初は張り切って手作りしていたけれど、今は市販品という妻は少なくありません。

 

市販品でも気持ちは十分に伝わります。

妻が忘れずに、自分への贈り物を用意しておいてくれただけで、旦那は喜んでくれることでしょう。

 

子供と一緒に手作りして渡す

子供と一緒に手作りして渡すママもいます。

うちも結婚13年目です。

上が小3なので、友チョコ+お父さんにも、といった感じ。
下は年長さんですが、上がすることは自分もしたいので、
去年から3人でてんやわんやで作ってます。
ラッピングも凝りたいみたいで、お母さん大変です…

子供が作ってくれたのはうれしいみたいで、ちゃんと食べてます。
二人の時は作っても食べなかったのに~(-_-)

引用:トクバイみんなのカフェ

 

子供の手作りチョコをサポートするのは、意外と大変ですよね。

子供のサポートだけでも、十分バレンタインに尽力した気分になります。

 

旦那も子供からチョコをもらうと嬉しいのでしょう。

ママと子供たちからだよ!

と言って渡せば、より喜んでもらえますね。

 

自分が食べたいチョコを買って渡す

甘いものが苦手な旦那でも、あえてチョコを渡すという妻もいました。

夫もそれほどチョコ好きではないですが、
私は自分が食べたいチョコを買います。

あげると喜んで一口食べてから、
『食べていいよ♪』と言うはずなので、
『えっ、いいの~?!』と言いつつ8割くらい貰います。
…例年、思惑通りです(^w^)

引用:トクバイみんなのカフェ

 

自分も食べられると思うと、バレンタインのチョコレート選びにも力が入ります。

自分のためだとなかなか買えないチョコも、バレンタインにかこつけて買えそうですね。

 

せっかくのバレンタインですから、自分も楽しみましょう!

今年のバレンタインは、二人で楽しめるものを用意するのもいいですね。

 

まとめ

バレンタインにおすすめの人気ブランドをご紹介しました。

  • ゴディバ
  • 六花亭
  • ロイズ
  • リンツ
  • ゴンチャロフ

 

甘いものが苦手な旦那には、下記がおすすめです。

  • お酒
  • 小物
  • リラックスアイテム
  • コーヒー
  • お取り寄せのグルメ

 

毎年贈るバレンタインプレゼントですから、だんだんネタがなくなってきますよね。

去年と同じものはちょっと……

と迷う人もいるでしょう。

 

でもあなたが真剣に考えて選んだり作ったりした贈り物であれば、きっと旦那は喜んでくれるはずですよ。

せっかくならより喜んでもらえるように、サプライズ演出してみるのもおすすめ!

 

サプライズにおすすめの演出は、下記の記事でもご紹介しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました