【辛い】旦那からもらう生活費の平均相場は?少ない場合やくれない時の5つの対処法!

旦那

「旦那からもらう生活費はいくらくらいが妥当なの?」

「世の中の旦那が入れている生活費の相場が知りたい!」

「共働きで生活費をもらうのはおかしい?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

共働き家庭も増えてきており、生活費の分担は難しい問題ですよね。

お金の話なのでママ友や知人にも相談しにくく、困っている方も多いのではないでしょうか?

 

当記事では

  • 旦那が家に入れるお金の平均相場は25万円!
  • 世の中の旦那は生活費をいくら家に入れているの?妻たちの体験談
  • 共働きでも旦那からの生活費はもらえる?

上記の内容を徹底解説していきます。

 

旦那からもらう生活費の額にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、きっと旦那からもらう妥当な生活費や足りない場合の対処法が分かるはずです。

 

旦那が家に入れるお金の平均相場は25万円!

旦那が家に入れる生活費は、地域や家族の人数によっても異なってきます。

物価が高い地域に住んでいれば、必要な生活費は当然高くなるでしょう。

 

また子供の人数が多ければ、それだけ食費や教育費がかかってきます。

一般的に旦那が家に入れる生活費の平均相場は25万円程度です。

 

この生活費の中に含まれるものや、分担方法を詳しく見ていきましょう。

 

旦那からもらう生活費で賄うものとは?

家族として生活していくうえで、必要なお金は様々です。

具体的にどのようなお金がかかってくるのか確認していきましょう。

 

<絶対に必要なお金>

  • 家賃
  • 水道・光熱費
  • 食費・日用品代
  • 保険料
  • 教育費
  • 携帯料金
  • 税金

 

<地域や家庭によって必要なお金>

  • 駐車場代
  • 車のローン
  • 車の維持費

 

<豊かに生活するためのお金>

  • 貯金
  • 娯楽費
  • 交際費

 

地方で暮らす場合、家賃は首都圏よりも安くなりますが、その分自家用車が必要になります。

車のローンや家賃にもよりますが、首都圏でも地方でも25万円以内に収めることは可能です。

 

専業主婦の場合は全て夫が負担することに

妻が専業主婦の場合、どうしても収入は旦那の稼ぎのみになります。

共働きであれば生活費の分担は可能ですが、専業主婦だと分担はできません。

 

どうしても旦那がすべての生活費を負担することになるでしょう。

家庭によっては、生活費と別に妻のお小遣いを渡しているところもあります。

 

しかし多くの場合は、生活費をうまくやり繰りし、余った分を妻がお小遣いとして使っているでしょう。

 

世の中の旦那は生活費をいくら家に入れているの?妻たちの体験談

世の中の旦那は、どれくらいの生活費を入れているのか気になりますよね。

もちろん収入によっても異なりますが、ネット上に挙げられている体験談をご紹介します。

 

今回は

  • 給料をすべてもらって妻が管理している
  • 子供がいるのに7万円しかもらっていない
  • 3万円で足りないから離婚を検討中

という3つの声を見ていきましょう。

 

給料をすべてもらって妻が管理している

旦那の給料をすべて妻が管理している家庭もあります。

給料全額渡してくれる。渡してくれるというか、通帳もキャッシュカードも私が持っている。だから、給料が振り込まれたら、そこから振り分けて、旦那に小遣いを渡している。

引用:ママスタ

 

妻が管理する場合、もらったお金の中から旦那にお小遣いを渡すのが一般的です。

そして残りの金額を生活費としてやり繰りするのでしょう。

 

「生活費をくれない」「生活費が足りない」といったトラブルを避けるには、一番良い方法です。

 

子供がいるのに7万円しかもらっていない

子供がいると、生活費もそれだけ高くなるでしょう。

うちは小学生2人と私で7万円。日用品のお金、子どもが友達と遊びに行くお金、夏祭りや、プールに行くお金、子どもの洋服や水着、文房具やらキツくなった上履きに体操服なんかのお金は全部私。それでも「7万円で節約したら足りるだろ!」と言う。話しても全く伝わらない。

引用:ママスタ

 

子供の成長は早いので、洋服や靴もすぐに着られなくなります。

その都度、買い替えるのでそれだけでもかなりのお金が必要です。

 

また習い事をするとなれば、さらにお金はかかるでしょう。

 

3万円で足りないから離婚を検討中

あまりにも生活費が足りないと、離婚を考える妻もいます。

3万円しかもらってないから離婚する予定。息子が幼稚園に入ったらパートに出て離婚資金を貯める。

引用:ママスタ

 

共働きであれば、足りない分を妻が補えますが、専業主婦の場合はそうもいきません

十分に生活できない場合は、離婚を視野に入れるのも当然でしょう。

 

共働きでも旦那からの生活費はもらえる?

近年では共働きの夫婦が、全体の半数を超えています。

とはいえ、旦那と妻では収入の差がある夫婦もまだまだ少なくありません。

 

生活費の分担方法はそれぞれの家庭によって異なりますが、夫婦には「生活保持義務」があります。

生活保持義務って何?
自分と同じ程度の生活を保障する義務のことです。その義務を負担すべき人にたとえ余力がなくても,その資力に応じて負担すべき義務であるとされています。すなわち,その人に資力がないからといって免除される義務ではありません。端的には「最後に残された米一粒までも分かち合う義務」というように表現されます。

引用:エトワール法律事務所

 

つまりどんな夫婦であれば、生活にかかる費用を分担しなければならないと法律で決められているのです。

生活費の分担方法は大きく分けて3つの方法があります。

  • .全額一方負担型:旦那か妻どちらか一方の収入を生活費に充て、もう片方の収入はすべて貯蓄に回すタイプ
  • .共通財布型:お互いに一定の金額を共通口座に入れ、それを生活費にするタイプ
  • 項目別負担型:家賃は旦那、食費や日用品は妻など、それぞれ細かく分けるタイプ

 

初めからお互いの理想形に持っていくのは難しいでしょう。

話し合いを重ねながら、少しずつお互いが合わせていく必要があります。

 

旦那からもらう生活費が足りない!理由5選

旦那からもらう生活費が足りないと、妻には大きなストレスがかかるでしょう。

旦那がなぜ十分な生活費をくれないのか、まずは理由を考えてみてください。

 

主な理由としては、以下の5つが挙げられます。

  • 稼ぎが少ない
  • 生活費を把握していない
  • お金を使い込んでいる
  • 子供にお金がかかることを理解していない
  • 自分で稼いだ金は自分のものという意識が強い

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

 

稼ぎが少ない

そもそも「稼ぎが少ない」旦那は、生活費を入れようにも入れるお金がありません。

旦那がいくら稼いでいるか分からない場合は、まず金額を話し合ってみることが必要でしょう。

 

いくら稼ぎが少なくても、妻の前ではかっこつけたいものです。

「これだけしか稼いでないの!?」

など、旦那の稼ぎをバカにするような発言は避けましょう。

 

旦那をやる気にさせるような、優しいコミュニケーションを心がけてください。

 

生活費を把握していない

次に考えられるのは「生活費を把握していない」ことです。

自分で買い物をしない旦那は特に、どれくらい必要なのか分かっていないことが多いでしょう。

 

地方のデータを持ってきて

「月3万円で足りている人もいる」

と言っても、首都圏で生活していれば難しいでしょう。

 

「子供だからそんなに食べないだろ」

と思っても、小さい子供の食事やおやつを毎食分購入すると、意外にも高くつくものです。

 

お金を使い込んでいる

「お金を使い込んでいる」ことが理由の一つになっている可能性もあります。

ギャンブルや借金の返済などが考えられるでしょう。

 

浮気をしている可能性もあります。

どんな理由にせよ、妻に話せない事情がある場合は、生活費を渡すことができないのです。

 

子供にお金がかかることを理解していない

「子供にお金がかかることを理解していない」可能性もあります。

子供は成長するにつれ、お金がかかるようになるものです。

 

小さい頃はそれほどかからなかった食費も、食べるようになればそれだけかかるようになっていきます。

習い事や学費も高くなっていくでしょう。

 

生活費が新婚当初と変わらないままであれば、足りなくなってくるのは当然です。

 

自分で稼いだ金は自分のものという意識が強い

「自分で稼いだ金は自分のものという意識が強い」男性も少なくありません。

自分で働いてきたお金は基本自分のものと思っているのです。

 

そのため、生活費は必要最低限の金額しか渡しません。

しかし実際、旦那が外で働けるのは、妻の内助の功があるからこそです。

 

「妻のおかげ」と認識を変えなければ、生活費も十分にくれることはないでしょう。

 

旦那が生活費を十分にくれない場合の対処法5選

生活費が足りないと、妻の精神的ストレスは大きいですよね。

旦那が生活費をくれない理由を把握した上で、適切な対処法を取っていきましょう。

 

主な対処法は以下の通りです。

  • 足りないとストレートに伝える
  • 夫婦の財布を一緒にする
  • 働きに出る
  • 別居する
  • 離婚する

それぞれの対処法を詳しく見ていきましょう。

 

足りないとストレートに伝える

まずは「足りないとストレートに伝える」ことが大切です。

旦那は生活費がどれくらい足りていないのか、正確に理解できていない可能性もあります。

 

家計簿を使って、具体的に説明すると、より効果的です。

もちろん現在は節約し、切り詰めて生活しているでしょう。

 

現在の生活費に+αした金額を伝えてください。

実際に節約して、今の金額になっていることを伝える必要があります。

 

夫婦の財布を一緒にする

「夫婦の財布を一緒にする」のも一つの方法です。

いくら支出にかかっているのか、収入がいくらなのか知るためにも、一番シンプルな方法と言えるでしょう。

 

二人で稼いだお金は、夫婦の共有財産です。

お財布を一緒にし、その中から必要なお金を捻出していきましょう。

 

お互いの行動もオープンになり、より夫婦の絆が深まります。

 

働きに出る

旦那の稼ぎが少ないのであれば、妻が「働きに出る」しかないでしょう。

節約をすると言っても、限りがあります。

 

一番得策なのは、世帯年収を増やすことです。

半日勤務の仕事や、家でできる仕事もありますので、まずは探してみましょう。

 

子供が小さいから無理……

と思いがちですが、探せば意外な仕事も見つかる可能性がありますよ。

 

別居する

話し合いで解決しない場合には、別居して婚姻費用の請求をするというのも一つの方法です。

離婚をしなくても、一時的に実家や知人の家を頼りましょう。

 

仮に、別居中の相手が生活費を入れてくれないといった場合には、生活費をしっかり払ってもらう権利があるのです。そのようなときは、この「婚姻費用分担請求」の手段を考えましょう。

引用:アディーレ法律事務所

 

一般的には内容証明郵便で、旦那に婚姻費用を請求するのが一般的です。

しかしそれでももらえない場合には、家庭裁判所に調停を申し立てることになります。

 

調停で支払いが命じられたにも関わらず、旦那が生活費をくれない場合には、給料や貯金の差し押さえが可能です。

「生活費をくれない」という事態は解決されるでしょう。

 

離婚する

最終手段は「離婚する」ことです。

生活費をくれないのは、民法で定められた離婚事由の「悪意の遺棄」に当たります。

 

第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用:e-Gov法令検索

 

確かに生活費をくれない旦那とは

すぐにでも離婚したい!

と思っても無理はありません。

 

しかし状況によっては、別居で婚姻費用をもらい続ける方が得策の可能性もあります。

どちらが良いのか、まずは弁護士に相談してみてください。

 

まとめ

旦那が入れる生活費の平均相場は、一般的に25万円程度と言われています。

旦那が十分に生活費をくれない原因は、以下の通りです。

  • 稼ぎが少ない
  • 生活費を把握していない
  • お金を使い込んでいる
  • 子供にお金がかかることを理解していない
  • 自分で稼いだ金は自分のものという意識が強い

 

原因を理解した上で、適切な対処法を取っていきましょう。

  • 足りないとストレートに伝える
  • 夫婦の財布を一緒にする
  • 働きに出る
  • 別居する
  • 離婚する

 

生活費が足りないのは、妻にとって大きなストレスになります。

収入があるにも関わらず、十分な生活費を渡さないのは「精神的DV」に当たる可能性も。

 

あまりにもひどい場合には、別居や離婚も視野に入れましょう。

ストレスが大きくなる前に、何らかの対策を取ることをおすすめします。

 

貧乏生活から抜け出すための注意点は下記の記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました