【キツい!】旦那の服がダサイ!おしゃれにコーディネートする方法とは

旦那

「旦那の服がダサイ……」

「旦那がおしゃれに無頓着!」

「ファッションセンスが悪くて一緒に歩くのが恥ずかしい」

上記のようなことで悩んでいませんか?

 

家の中だけでダサイ格好をするならまだしも、外出するときに旦那の服がダサイと

外出先でママ友に会いたくない……

このような余計な心配をしてしまいますよね。

 

そこで今回は、妻ができる旦那の服をおしゃれにコーディネートする方法を紹介していきます。

具体的には次の通りです。

  • 旦那の服がダサイときの対処方法
  • プチプラ!旦那の服が買えるネットショップ
  • 旦那の服選びで注意しておきたいポイント

旦那だけでなく彼氏や婚約者などにも使える方法ですので、ぜひ参考にしてください。

 

旦那の服がダサイ!対処法は?

旦那の服がダサイときに試してほしい4つの方法を解説していきます。

具体的には次の内容です。

  • ファッションへの意識を変えてもらう
  • 服をプレゼントする
  • 一緒に買い物に行く
  • ネットショップで選ぶ

まだ試していない方法があったら、ぜひチャレンジしてみてください。

 

ファッションへの意識を変えてもらう

服がダサイ旦那にも、いくつかのパターンがあるようです。

  • ダサイのに服にこだわりをもっている
  • ファッションに無頓着でボロボロの服を着続ける
  • 同じコーディネートばかり

どのパターンにせよ、まずは意識の改善からはじめてみることをおすすめします。

 

とはいえ、長年定着している意識を変えるのは難しいもの。

少しずつ手持ちの服を変えながらダサイから普通へ、普通からおしゃれへ、長期間かけて100%の改善に挑んでいきましょう。

 

ファッションに対する意識を変えさせるには、次のような方法があります。

  • テレビや雑誌、ショーウィンドウのマネキンなどを見ながら「こういうファッション、〇〇に似合いそう!」と言ってみる
  • 「人は見た目が9割」(新潮新書・著者 竹内一郎)の本をさり気なく置いておく
  • 旦那が着替えているときに「それよりもコッチのほうが似合うんじゃない?」などアドバイスする

上記のような方法があります。

残念ながらどれも即効性はありませんので、忍耐強く挑戦してみてくださいね。

 

服をプレゼントする

誕生日や記念日、父の日などを利用して旦那におしゃれな服をプレゼントしてみましょう。

その際には、次のような言葉を掛けてあげてください。

  • 絶対に似合うと思って選んだんだ♪
  • 店員さんに○○の特徴を伝えて選んでもらったから、絶対に似合うと思うよ!
  • 一度でいいから、こういう服を着る○○を見てみたかったの。

上記のように「着ざるを得ない」言葉を掛けてあげるとより効果的です。

 

さらに、旦那が着てくれたら次のような言葉をかけてあげましょう!

  • すごくよく似合うよ!
  • 若く見える!
  • 痩せて見える!

思いっきり褒めていい気分にさせることで、おしゃれ心が芽生えてくる可能性大ですよ

 

一緒に買い物に行く

一緒に服を買いに行くのも、旦那をおしゃれにコーディネートするひとつの方法です。

おしゃれで旦那に似合いそうな服を一緒に選んであげましょう。

 

とはいえ、一緒に買い物に行くときの服がダサイと並んで歩くのが恥ずかしいですよね。

そうならないよう、前もって服をプレゼントしておくことをおすすめします。

そうすることで「あの服着て買い物に行こうよ!」と誘いやすくなりますよ!

 

ネットショップで選ぶ

「服をプレゼントしても着ない」

「買い物にも行きたがらない」

「一緒に買い物に行くのが恥ずかしい」

そんなときは、ネットショップ(通販サイト)で服を選んでみてはいかがでしょうか。

 

ネットショップなら外出することなくおしゃれな服が手に入るのはもちろん、家にいながらさまざまな服を見比べることができます。

次章でおすすめのネットショップを紹介しますので、ぜひ覗いてみてくださいね。

 

プチプラ!旦那の服が買えるネットショップ5選

旦那の服選びで困ったときに役に立つ、おすすめの人気ネットショップ(通販サイト)を紹介します。

  • メンズファッションプラス
  • Biz front(ビズフロント)
  • Amazon(アマゾン)
  • MAGASEEK(マガシーク)
  • 楽天市場

どのショップもおしゃれ・安い・おしゃれ・品揃え豊富・マネキン買いできるなどおすすめのお店ばかりです。

旦那の服装や服選びに困ったときに活用してくださいね。

 

メンズファッションプラス

メンズファッションプラスは女性目線で選んだコーディネートが購入できるネットショップ(通販サイト)です。

 

幅広い年代のメンズファッションを取り扱っており、サイズもS~XLまで豊富に揃えてあります。

上から下まで一式で購入するマネキン買いも可能です。

 

定期的にお得なクーポンも配布していますので、購入前にゲットしておくことを忘れないようにしてくださいね。

メンズファッショプラスはこちら

 

Biz front

Biz front(ビズフロント)は、通勤にも使えるビジネスカジュアルが購入できるネットショップ(通販サイト)です。

スーツやカーディガン、ポロシャツやチノパン、デニムまで幅広く取り扱っており、カバンやベルト、ネクタイなども購入できます。

 

年代別・シーン別に選べる5,000を超える参考コーディネートがあるのもおすすめのポイントですよ。

Biz frontはこちら

 

Amazon

大手通販サイト・Amazon(アマゾン)もメンズファッションを数多く取り扱っています。

さまざまな店舗が出店しているため品数が多くコーデの幅が広がるほか、いつもの買い物ついでに購入できるのも魅力のひとつといえるでしょう。

 

同じ商品を複数の店舗が取り扱っていることもあり、「なるべく安く買いたい」「なるべく早く購入したい」といったときに便利なサイトです。

Amazonはこちら

 

MAGASEEK

MAGASEEK(マガシーク)は、メンズファッションやレディースファッション、子供服やアウトレット商品、コスメなどおしゃれな服・雑貨・コスメを取り扱っているサイトです。

家族全員の服や雑貨を一度に購入できるので「まとめ買いしたいときに便利」と口コミでも高評価を得ています。

 

定期的にタイムセールがおこなわれていますので、よい商品を見逃さないよう小まめにチェックしてくださいね。

MAGASEEKはこちら

 

楽天市場

楽天市場も大手のショッピングサイトです。

たくさんの店舗があるので、さまざまな店舗を見比べながら服選び・購入ができます。

 

通常購入でもポイントが貯まりますが、楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどを利用すると、通常以上に楽天ポイントが貯まるのでとてもお得です。

最短翌日到着の「あす楽」や、3,980円以上で送料無料(一部商品や一部地域を除く)になるなど、サービス精神が豊富なところも人気の秘訣となっています。

楽天市場はこちら

 

旦那の服選びで注意しておきたいポイント

旦那の服を購入するときに、気を付けておきたいポイントや注意点をまとめてみました。

具体的には次の通りです。

  • 高額な服はNG
  • 着回しが難しい服は避ける
  • プライドを傷つけない

上記の内容について、ひとつずつ解説していきます。

 

高額な服はNG

旦那の服を選ぶときには、はじめから高価なブランド服や高額な服を購入しないようにしましょう。

いくらおしゃれな服だったとしても、旦那が気に入らなければタンスの肥やしです。

そうなると、妻も「高かったのに!」と気分が悪くなってしまいますよね。

 

旦那の服を選ぶときには、旦那が好きそうなファッション・コーディネート・ジャンルを把握するところからはじめるのがベスト。

まずは安くておしゃれな服を購入し、好みが分かってから高価なブランドや高額な服に挑戦するようにしましょう。

 

どうしてもブランド服を着てもらいたいのであれば、無地~ワンポイントのシャツをおすすめします。

 

着回しが難しい服は避ける

着回しやコーディネートが難しい服は、おしゃれ上級者しか着こなせません。

おしゃれのことがよく分かっていない旦那は、シンプルで着回ししやすい定番服からはじめたほうが良いでしょう。

 

シンプルで着回ししやすい定番服には、次のようなものがあります。

  • 無地のTシャツ…春・夏はそのまま、秋はシャツのインナーとして着用
  • 白いシャツ…カジュアルにもきれいめにも、アウターとしても活用可能
  • チノパン…黒、ベージュのチノパンは着回ししやすい
  • デニム…まずは着回しがしやすいインディゴブルーがおすすめ
  • ジャケット・カーディガン…黒、ネイビーは春秋に大活躍

上記のようなものからはじめてみましょう。

難しいときには、インナー・ボトムス・アウターがセットになったお得なマネキン買いをおすすめします。

 

プライドを傷つけない

旦那のファッションセンスを傷つけるのは絶対にNGです。

特にプライドが高い旦那や独自のファッションセンスを持った旦那を傷つけてしまうと、意固地になって妻が選んだ服を着なくなってしまう恐れがあります。

 

絶対に使ってはいけない傷つける言葉を、下記にまとめました。

  • ダサイ
  • カッコ悪い
  • 似合っていない
  • ファッションセンスが悪い
  • 一緒に歩きたくない

妻も旦那に上記のような言葉を言われると傷ついてしまいますよね。

ヘタすれば大喧嘩に発展する可能性も考えられます。

 

旦那をおしゃれに改造するためにも、お互いが嫌な気分になることなく、楽しい服選びができるよう心掛けてください。

 

旦那の服をおしゃれに変えた妻の声を紹介

旦那の服がダサイことで悩んでいる妻は、案外多いようです。

しかし、旦那の服を「ダサイ」から「おしゃれ」に改造した妻たちもいます。

どのような方法で旦那をおしゃれに変身させたのか、妻たちの声をお届けします。

 

お洒落させている。「黒とかネイビーが上品で似合うよ」とおだてて色物は着せない。本人もその気になっている。スポーティもどカジュアルも実際似合わないから処分。デニムははくけど濃いタイプのみ。

引用元:ママスタセレクト

 

おしゃれをさせているという妻がいらっしゃいました。

こちらの妻のポイントは、色物は着せず無難なファッションで抑えること。

旦那をおだててその気にさせて、おしゃれな方向に誘導しているのは参考になりますね。

 

うちの場合は服にこだわりがなかったので、とりあえずサイズの合う無難なパンツを何個か一緒に買いに行き、Tシャツをちょこちょこプレゼントしたりして増やし、今ではTシャツにジーンズにスニーカーというシンプルスタイルが確立しましたwこれだけで充分!

引用元:ガールズちゃんねる

こちらの妻は、服に無頓着な旦那に対しプレゼント作戦を決行したようです。

ポイントはシンプル・イズ・ベスト

おしゃれとまではいかなくとも、シンプルなファッションが確立できれば大成功といえるでしょう。

 

旦那と行って、私が決めて旦那も気に入ったら試着して買う。ビームス、シップス、アローズ、ナノユニバース、アーバンリサーチとかかな。旦那はセンスなくて結婚前は田舎のダサいヤンキーみたいな格好だったから、義母に「あなたと付き合うようになってから服が良くなった!」と言われたよ

引用元:ママスタセレクト

こちらの妻は、旦那と一緒に買い物にいって服選びをしているようです。

妻も旦那も気に入った服であれば、両者ともにハッピーですよね!

さらに義母に褒められたのであれば、妻も鼻高々ではないでしょうか。

 

「ダサイ」と言いたいのをぐっと我慢して、誕生日や一緒に買い物にいくたびに「これ、あなたに似合いそう」「こういう色着こなせる人ってめずらしいよ」などと褒め続けること8年、とうとう、先日引っ越しの際、夫自らダサイ服を処分させることに成功しました

引用元:ヤフー知恵袋

8年褒め続けて改造に成功した妻もいました!

旦那が自らダサイ服を処分するようになったのは、長期戦に挑み続けた妻のおかげといっても過言ではありません。

 

このように、妻が積極的に動くことで旦那の服装は改造可能です。

長期戦になることを覚悟し、旦那の改造に励みましょう。

 

まとめ

旦那の服がダサイと、妻や子どもが恥ずかしくなってしまいますよね。

なによりもダサイことに気付かない本人が一番可哀想なので、妻の力で1日でも早くおしゃれに改善してあげましょう。

 

旦那の服がダサイときに有効な方法には、次のようなものがあります。

  • 意識を変えてもらう
  • 服をプレゼントする
  • 一緒に買い物に行く
  • ネットショップで選ぶ

 

ただし、次のようなことに気を付けながらおこなってください。

  • 高額な服はNG
  • 着回しが難しい服は避ける
  • プライドを傷つけない

 

旦那の服がおしゃれになれば、旦那も妻も子供も外出がハッピーになります。

少しずつ時間をかけながら、旦那をおしゃれに変身させてあげてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました