【浮気?】旦那がチャットアプリ・レモンをインストールしていた!その心理とは?

旦那

「旦那のスマホにチャットアプリ・Lemon(レモン)をインストールしていた」

「旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)を使う心理を知りたい!」

「アンインストールさせるためにはどうすればいいの?」

上記のようなことで悩んでいませんか?

 

順調な夫婦生活を送っている夫婦もそうでない場合も、旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)で自分以外の女性と親しくしていると考えたら不安が募ってしまいますよね

 

そこで今回は、

  • チャットアプリ・Lemon(レモン)の基本的な使い方
  • 旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)をインストールする心理
  • 旦那にチャットアプリ・Lemon(レモン)を辞めさせる5つの方法
  • 旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)で浮気していたときに妻がすべき3つの行動

上記の情報をお届けしていきます。

 

チャットアプリ・Lemon(レモン)を楽しんでいる旦那に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

 

そもそもチャットアプリ・Lemon(レモン)とは?

チャットアプリ・Lemon(レモン)とは、チャット形式で知らない人と会話が楽しめる暇つぶしアプリです。

 

「誰でもいいから話がしたい」

「知らない人に話を聞いてもらいたい」

このようなときにチャットアプリ・Lemon(レモン)を利用すれば、24時間いつでも誰とでもチャット形式で会話を楽しむことができます。

 

チャットアプリ・Lemon(レモン)の1番の魅力は完全無料で利用できることですが、利用条件がしっかりしていることも人気の理由となっているようです。

 

例えば、

  • 出会いを目的とした使用は禁止
  • 個人情報のやり取りが禁止
  • 18歳以下の使用禁止
  • 広告や勧誘目的の利用禁止

上記のように厳しい禁止事項があるため「安心して利用できる」との声が高まっています。

 

しかし禁止事項の向け道も多く、例えば

  • 通話機能があるため、会話で個人情報のやり取りも可能
  • 生年月日を詐称すれば18歳未満でも利用可能
  • 「近くのユーザーを表示する」ボタンがあり、利用者のエリアを絞ることができる

上記のように出会い系サイトと酷似している点もあるため、注意しながら利用する必要もあるのです。

 

さらに18歳未満と出会って身体の関係をもってしまった場合、刑法第176条(強制わいせつ)に該当する恐れも考えられます

(強制わいせつ)
第百七十六条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

引用: e-Gov 法令検索

 

チャットアプリ・Lemon(レモン)は無料で暇つぶしができる楽しいアプリである一方で、危険な面も持ち合わせているアプリであることを肝に銘じておく必要があります。

 

旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)をインストールする心理

なぜ旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)をインストールしているのか、その心理を知りたい妻も多いのではないでしょうか。

男性がチャットアプリ・Lemon(レモン)を利用する心理について解説していきます。

具体的には次の内容です。

  • 浮気願望がある
  • ちょっとドキドキしたい
  • 女性の友達が欲しい
  • 承認欲求を満たすため
  • 暇つぶし

それぞれの内容について、詳しく解説してきます。

 

浮気願望がある

チャットアプリ・Lemon(レモン)で浮気相手を探している男性は非常に多いようです。

 

この場合の心理としては、

  • 家庭は壊したくないが、妻以外の女性と関係をもちたい
  • 後腐れなく付き合える相手を探したい
  • 無料で複数の女性と浮気できるからやめられない

上記のように出会い系サイト感覚でインストールし、軽い気持ちで利用している可能性が高いと考えられます。

 

しかし、

最初は軽い気持ちだったものの、本気で好きになってしまった

というパターンもあり、最悪の場合離婚に発展する恐れも考えられますよね。

 

さらに、

身体の関係をもった相手が18歳未満の女の子だった

という場合は刑事事件に発展する恐れだってあるのです。

 

特に、浮気性の旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)をインストールしていた場合は早めにアンインストールさせたほうがよいでしょう。

 

ちょっとドキドキしたい

浮気まではいかなくとも、妻以外の女性と会話をしてドキドキしたいという男性も多いようです。

 

インストールする心理としては、

  • 男性ばかりの職場で女性と話す機会がない
  • 浮気をする覚悟はないものの、スリルを味わいたい
  • 友達が登録していて楽しそうだったから……

上記のように「浮気まではしない」という気持ちが強いようですが、エスカレートすると浮気に発展する恐れがあるため安心とはいいきれません。

 

女性の友達が欲しい

チャットアプリ・Lemon(レモン)をインストールする男性のなかには、純粋に「女友達が欲しい」という気持ちで利用している人もいるようです。

 

このような場合、

  • 一緒に趣味を楽しみたい
  • 気軽に遊びたい
  • 既婚者なのに女友達がいるのはカッコいい!

上記のような心理が多く、なかには同性の友達やパパ友が欲しくてインストールする男性もいるようです。

 

浮気に発展する恐れは少ないとはいえ、可能性がゼロではないため注意しておく必要があります。

 

承認欲求を満たすため

承認欲求とは「他人から認められたい」「スゴイといわれたい」という欲求のことです。

 

承認欲求が強い男性がチャットアプリ・Lemon(レモン)をインストールする理由は、

  • 職場で上司に叱られてばかりいる
  • 家庭での居場所がない
  • 既婚者だが、周囲の女性から1人の男性としてみられたい

上記のような場合が多く、「自分」という存在を認めてくれる人を欲している心理が働いています。

 

チャットで女性に自慢話をし「スゴイね!」といわれれば満足するタイプや、身体の関係をもつことで満足するタイプなどさまざまな満足パターンがあるため、浮気に発展する恐れも充分に高いといえるでしょう。

 

暇つぶし

チャットアプリ・Lemon(レモン)の本来の使い道である暇つぶし目的でインストールしている男性もいます。

 

心理としては、

  • 妻と話すのはつまらない
  • 趣味の会話で盛り上がりたい
  • 自分のことを知らない人に話を聞いてもらいたい

上記のようなタイプが多いようです。

 

しかし、妻の側からすれば

  • 暇な時間があるなら、家事や育児を手伝って欲しい
  • もっと夫婦の会話を楽しみたい

このような気持ちになるのは当たり前ですよね。

 

理由が何であれ、旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)をインストールするのは気分が悪いものです。

 

ではどのように対処すればよいのか、次章ではチャットアプリ・Lemon(レモン)をアンインストールさせる方法について考えてみましょう。

 

旦那にチャットアプリ・Lemon(レモン)を辞めさせる5つの方法

例え浮気願望がないとしても、旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)で楽しんでいると思うとよい気分はしませんよね。

アンインストールしてもらうおすすめの方法を5つご紹介します。

具体的には、次のような方法です。

  • 「やめて欲しい」と正直に伝える
  • 離婚をチラつかせる
  • お小遣いを減らす
  • セックスレスの解消
  • 定期的にスマホをチェックする約束をする

それぞれの項目をひとつずつチェックしていきましょう。

 

「やめて欲しい」と正直に伝える

まずは、チャットアプリ・Lemon(レモン)をやめて欲しい旨をきちんと伝えましょう。

 

やめて欲しい理由として、

  • 浮気に発展する恐れがある
  • 自分以外の女性と仲良くして欲しくない
  • チャットアプリ・Lemon(レモン)にかける時間を、家族と楽しむ時間に変えて欲しい
  • 刑事事件に発展する恐れがある
  • 勧誘目的で業者が潜んでいる恐れがある

上記のような理由を述べてみてはいかがでしょうか。

 

素直に応じてくれればよいのですが、すでに夢中になっている場合はやめてもらえない、あるいはこそこそと隠れながら楽しむ恐れもあるため注意が必要です。

 

離婚をチラつかせる

「どうしてもアンインストールしてくれない」

「”やめる”と言いながら、隠れて楽しんでいた」

このような場合は強めの制裁が必要です。

 

もう一度やめて欲しい理由を伝え、それでも無理な場合は離婚をチラつかせてみましょう。

しばらく実家に帰るのもありかもしれません。

 

自分とチャットアプリ・Lemon(レモン)内にいる女性、旦那にとってどちらが大事なのか、いま一度確認してもらってはいかがでしょうか。

 

お小遣いを減らす

妻が家計を管理している世帯であれば、旦那のお小遣いを減らすことで浮気の可能性を抑えることができます。

 

浮気にはある程度の軍資金が必要です。

例えば、

  • 食事代
  • 自分の身なりを整える費用(衣類代・美容院代など)
  • プレゼント代
  • ホテル代
  • ガソリン代など

上記のような費用がかかります。

 

よって軍資金を抑えることで浮気防止効果が期待でき、さらに現金での支給をやめてクレジットカード制にすれば、旦那がいつ・どこで・何にお金を使ったのか妻側が管理できるため浮気抑制効果がより高くなるといえるでしょう。

 

旦那がお小遣い制の場合は、ぜひ試してみてください。

 

セックスレスの解消

セックスレスの夫婦は、男女ともに浮気願望が高い、または浮気をしてしまう可能性が高いようです。

 

性欲は人間が生まれもって兼ね備えた欲求であり、子孫を残すために必要な欲求でもあります。

現に、セックスレスを理由に離婚を申し出る夫婦も少なくありません。

 

セックスレスを解消することで旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)を使わなくなる可能性もありますので、試す価値はあるといえるでしょう。

 

定期的にスマホをチェックする約束をする

「旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)をアンインストールしてくれた」

そういった場合は、定期的にスマホをチェックする約束を取り付けましょう。

 

なかには妻の前では利用せず、コソコソと隠れて楽しむタイプの男性もいます。

妻が定期的にスマホをチェックすることは、再インストールを防ぐのに有効な手段と言えるのです。

 

しかし、旦那のスマホからチャットアプリ・Lemon(レモン)のアプリが消えたとしても

  • アプリを非表示化(不可視化)させている
  • 仕事用スマホにチャットアプリ・Lemon(レモン)をインストールする
  • パソコンでチャットアプリ・Lemon(レモン)を楽しんでいる

このようなタイプの男性もいます。

 

プライベート用のスマホだけではなく、仕事用の携帯・パソコン・非表示アプリのチェックまで、十分な監視をおこないましょう。

 

旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)で浮気していた!妻がすべき3つの行動とは

「旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)で出会った女性と浮気をしている」

「もしかしたら浮気をしているかもしれない」

このような場合、妻はどんな行動をとるべきなのでしょうか。

 

旦那な確実に浮気しているときはもちろん、浮気疑惑のときにも使える効果的な方法を3つご紹介します。

 

具体的には次の通りです。

  • 証拠を押さえる
  • 二度としない念所を書かせる
  • 離婚する

各項目について詳しく解説していきます。

 

証拠を押さえる

まずは、言い逃れできない証拠を集めましょう。

離婚するにしてもしないにしても、徹底的な証拠を叩きつければ旦那は言い逃れできません。

 

有効的な証拠には、次のようなものがあります。

  • メッセージのやり取りを写真や動画で撮影したもの
  • ラブホテルの領収書
  • 旦那や相手女性の「浮気を認める」旨の音声データ

どの証拠であれ、肉体関係があったことを示すものがベストです。

自分で集められそうにない場合、費用はかかりますが探偵や興信所に依頼してもよいでしょう。

 

二度としない念所を書かせる

離婚したくない場合は、二度と浮気をしない念所を書いてもらいましょう。

ただし、次のような念所はNGです。

私は〇〇さんと浮気しました。もう二度と浮気をしないことを誓います。

 

念所を書いてもらうときには、次のような内容を盛り込んで書いてもらってください。

  • 相手女性の情報…氏名・年齢・生年月日・住所・電話番号・勤務先など
  • 宿泊をした事実…「〇月×日、私は××さんと旅行に行き、ホテルに泊まり肉体関係を持ちました。」など、肉体関係があったことを認める文章
  • 肉体関係を持った年数や回数
  • 今後の約束…「二度と会いませんし連絡も取りません。約束を破った場合は違約金を支払います(または離婚を受け入れます)」などといった文章
  • 念所を書いた日
  • 念所を書いた場所
  • 直筆の署名
  • 捺印

自分で作成するのが心配な場合は弁護士・司法書士・行政書士にお願いしましょう。

 

場合によっては慰謝料の請求も

離婚はしなくとも、旦那や相手の女性から慰謝料をもらうことができます。

もちろん離婚するよりも金額は少なめです。

慰謝料の裁判上の相場(目安)
夫婦関係を継続する場合 およそ数十万円~100万円
浮気が原因で離婚に至った場合 およそ100万円~300万円

引用:アディーレ法律事務所

 

旦那の浮気は妻の心に大きな傷を残します。

傷を完全に癒すことはできませんが、慰謝料をもらうことで少しは気が晴れるかもしれません。

 

迷った場合は弁護士に相談してみてくださいね。

 

離婚する

「旦那が浮気したことを反省していない」

「相手女性に本気になっている」

「再構築を望まない」

このような場合は、離婚に踏み切るケースが非常に多いようです。

 

離婚する場合、旦那が言い逃れできない証拠や念所があると妻側が非常に有利になります。

感情が高ぶりカッとした勢いで離婚するのではなく、着々と証拠集めに励み、旦那が逃げられない状態を作ってから離婚に踏み出すようにしてください。

 

まとめ

チャットアプリ・Lemon(レモン)は完全無料で利用できる暇つぶしに最適なアプリですが、さまざまな危険性も含んでいます。

 

特に心配なのが、

  • 浮気に発展する恐れ
  • 刑法第176条(強制わいせつ)に該当する恐れ
  • 離婚に至る恐れ

上記の3点です。

 

そうならないよう、旦那がチャットアプリ・Lemon(レモン)で楽しんでいる場合は上記のような危険性を含むアプリであることを伝え、アンインストールの実施、かつ再インストールしない約束をしておきましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました