【浮気?】旦那としかしてないのにクラミジアになる5つの理由!適切な対処法も解説!

旦那

「旦那としかしてないのにクラミジアになる理由は?」

「旦那としかしてないのにクラミジアになることはある?」

「旦那としかしてないのにクラミジアになるのは浮気のせい?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

クラミジアのような性感染症になった場合

旦那がどこかでもらってきたのでは?

と不安になる方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 旦那としかしてないのにクラミジアになる5つの理由
  • クラミジアの症状とは?
  • 旦那としかしてないのにクラミジア!何年も放置していると起こるリスクとは?

といった内容を徹底解説していきます。

 

旦那としかしてないのにクラミジアになり、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、旦那としかしてないのにクラミジアになる原因がきっと分かるはずです。

 

旦那としかしてないのにクラミジアになる5つの理由

結婚してから旦那としかセックスしていないのに、クラミジアになると

旦那が浮気したのでは?

と不安になるのも無理はありません。

 

身に覚えがない時は、下記の可能性も検討してみましょう。

  • 結婚前の性行為
  • 公共施設
  • ピンポン感染
  • 風俗店
  • 浮気

それぞれの可能性について、詳しく解説していきます。

 

結婚前の性行為

「結婚前の性行為」でクラミジアに感染した可能性も。

結婚後は旦那としかしていなくても、結婚前に元彼とした場合は、その時に感染したことが考えられます。

 

クラミジアは症状が出ないことも多く、感染しても気づかないケースも少なくないのです。

結婚前から感染していたことに気づかず、何かの拍子で発覚した可能性もあるでしょう。

 

公共施設

次に「公共施設」で感染するパターンです。

極めて低い確率ではありますが、公共施設で感染する可能性もゼロではありません。

 

下記のような公共施設を利用した覚えはないでしょうか?

  • 銭湯や温泉
  • サウナ
  • 公共トイレ

 

風呂場の椅子や浴槽、またトイレの便座と性器の接触により、感染することも。

極めて稀ですが、可能性がゼロではないことを覚えておきましょう。

 

ピンポン感染

次に考えられるのが「ピンポン感染」です。

お互いに移し、移されを繰り返す事を言います。特定のパートナーの場合、片方だけが治療をしても意味がありません。また、大切な事は完治するまでセックスは禁止しなければならないことです。

引用:セルフドラッグクラブ

 

もともと自分が持っていたクラミジアの病原体を旦那に移し、それがまた自分に戻ってくるパターン。

この場合は、いくら自分だけが治療しても、また感染を繰り返してしまいます。

 

ピンポン感染を防ぐためにもクラミジアの治療は旦那も一緒に行うのが、最も効果的です。

 

風俗店

次に考えられるのは「風俗店」

たいようクリニックの院長・野口真康先生によると、性病患者の約7割が風俗店での感染だそうです。

約7割が性風俗店での感染です。あとの2割がパートナー。残りの1割はいろいろですね。とにかく、性風俗店での感染が圧倒的に多いです。

引用:たいようクリニック

 

特にデリヘルと呼ばれる風俗店では、口や性器といった粘膜が接触します。

そのためクラミジアどころか、梅毒やHIVに感染するリスクもあるんだとか。

 

旦那が気づかないうちに感染しており、それが妻に移るケースも考えられます。

 

浮気

最後はやはり「浮気」です。

クラミジアが原因で、浮気が発覚ケースもあるほど。

 

旦那としか性的な行為をしていない(身に覚えがない、心当たりがない)奥様にクラミジアに感染してしまい、浮気が発覚してしまうケースもあります。

引用:新宿駅前クリニック

浮気相手がクラミジアの病原体を持っており、肉体関係によりその病原体をもらってきてしまったのでしょう。

 

とはいえ、先述したように旦那の浮気だけが要因ではありません。

浮気の証拠もないのに、旦那を責めないようにしましょう。

 

クラミジアの症状とは?

クラミジアは症状がほとんどなく、気づかない人も多い病気です。

世界的にも最も多い性病だと言われています。

クラミジアは主に性器に感染し、その患者数は世界的にもすべての性病のなかで最も多い感染症です。

とくに若年層の感染者が多く、5人に4人までが自覚症状がないという報告もみられます。

引用:あおぞらクリニック

 

男性な主な症状は下記の通りです。

  • 痒みや不快感
  • 排尿時痛
  • 喉の症状

 

女性の場合の症状も見ていきましょう。

  • おりものの増加
  • 不正出血
  • 下腹部痛
  • 性交時痛

それぞれの症状を具体的に解説していきます。

 

男性の場合

まずは男性の場合です。

男性の場合は尿道や肛門、喉を中心に感染が見られます。

 

とはいえ、まったく症状が出ない人もいることを覚えておきましょう。

 

痒みや不快感

「痒みや不快感」が初期症状として多く見られます。

感染後、1~3週間ほどの潜伏期間を経て発症。

 

軽い痒みや膿が出るなどの不快感を感じることがあります。

尿道から出る膿は黄白色から透明なので、気づかない人も多いようです。

 

排尿時痛

次に排尿時痛が挙げられます。

我慢できないほどの激痛ならだれもが気づきますが、クラミジアの場合はそれほど強い痛みではありません。

 

しみる程度の痛みなので、放置する人も。

稀に睾丸に痛みが生じることもあるようです。

 

喉の症状

喉に感染していると、喉の症状が出るケースも。

オーラルセックスにより、咽頭に感染することがあるのです。

 

喉の痛みや咳、淡、発熱など風邪のような症状として表れます。

性器への感染がなくても、喉だけに感染しているという可能性もあるので注意しましょう。

 

女性の場合

女性も男性と同じく、ほとんどの人が無症状で終わるケースが少なくありません。

近年の報告では、20代女性のうち20人に1人がクラミジアに感染していて、そのうち症状があるのは5-30%のみ。

男性の場合は、感染している人のうち症状が出現したのは、約10%の方のみだったそうです。(参考:CDC STD surveillance 2019)

引用:パーソナルヘルスクリニック

 

しかし下記のような症状で、気になる点があれば婦人科を受診しましょう。

  • おりものの増加
  • 不正出血
  • 下腹部痛
  • 性交時痛

また上記以外にも男性同様、喉に感染することもあるので注意が必要です。

 

おりものの増加

まずは「おりものの増加」が挙げられます。

においにも変化があるので、普段と違う場合は注意しましょう。

 

さらに濃いめの黄色いおりものに変化することも。

いつもと違うおりものの時は、早めに婦人科を受診してください。

 

不正出血

次に「不正出血」が挙げられます。

とはいえ、不正出血はそれほど多い症状ではありません。

 

不正出血が見られないケースも多いので、不正出血だけを判断基準にしないようにしましょう。

生理以外にも不正出血がある場合に、受診をおすすめします。

 

下腹部痛

次に「下腹部痛」が生じることも。

膣から細菌が入り込み、子宮を通り越してお腹の中まで広がるのです。

 

すると下腹部だけでなく、肝臓のあたりまで痛みが生じるケースもあります。

おりもので簡単に検査できますので、気になる方は早めにチェックしてみましょう。

 

性交時痛

最後に挙げられるのが「性交時痛」です。

性交をする際に、膣付近や子宮が痛む場合は注意しましょう。

 

場合によっては、骨盤付近が痛む人もいるようです。

普段とは違う痛みを感じたら、婦人科を受診してください。

 

旦那としかしてないのにクラミジア!何年も放置していると起こるリスクとは?

稀にクラミジアに感染していることに、何年も気づかない人もいます。

クラミジアは無症状で終わる人も多いからです。

 

クラミジアは自然治癒の可能性もある病気。

反対に放置すると20%の人が腹部へ感染が広がっていきます。

 

感染が広がると、下記のようなリスクがあるので注意しましょう。

  • 不妊
  • 赤ちゃんへの影響
  • HIVに感染しやすくなる

それぞれのリスクを具体的に解説していきます。

 

不妊

まず挙げられるのが「不妊」です。

女性だけでなく、男性の場合もクラミジアが原因で不妊になるケースがあります。

 

ある研究において、男性の不妊症の精巣を生体検査(患部の一部分をとって、顕微鏡などで調べる検査)で調べてみると、約半数にクラミジアが確認されたとの報告がありました。

引用:パーソナルヘルスクリニック

細菌が睾丸近くまで進んでしまい、炎症を起こすことで不妊になるんだとか。

 

また女性の場合も着床障害や卵管炎で不妊症になることがあります。

クラミジアに感染すると子宮頸管から卵管まで菌が侵入し、卵管炎になることで卵管が詰まってしまうこと(卵管障害)や受精卵が着床しづらくなること(着床障害)があります。

引用:パーソナルヘルスクリニック

 

妊娠を希望する方は、早めに検査しておくことをおすすめします。

 

赤ちゃんへの影響

また「赤ちゃんへの影響」が生じることもあるので注意しましょう。

クラミジアに感染した状態で妊娠した場合、流産や早産のリスクが高くなります。

妊娠中にクラミジア頸管炎があると、隣接する子宮内の卵膜への感染(絨毛羊膜炎)を続発することがあります。絨毛羊膜炎が起こると、卵膜組織より子宮収縮物質であるプロスタグランジンが産生されるために子宮収縮が起こり、同時に卵膜の感染部位は脆弱化するため前期破水を起こし、流産あるいは早産につながることがあります。

引用:新潟小児科医会

さらに母子感染で、赤ちゃんへの感染リスクも。

 

妊娠を望む人は、赤ちゃんへの影響を避けるためにも、早めに検査・治療することが大切です。

 

HIVに感染しやすくなる

「HIVに感染しやすくなる」というリスクもあります。

クラミジアに感染していると、粘膜組織が弱ってしまい、ウイルスが侵入しやすくなるためです。

 

感染者はHIV(エイズ)への感染率が通常の3~4倍になるという統計もあるので、検査する際は併せてエイズ検査もすることを勧めます。

引用:山の手クリニック

HIVに感染すると、免疫に必要な細胞を減少させてしまいます。

 

そしてエイズを始め、様々な病気を発症してしまうので、命に関わることも。

クラミジアを放置せず、早めに治療することは大切なのです。

 

夫婦で心当たりがない場合も病院で適切な対応を!

旦那としかしてないのにクラミジアになると

浮気を疑われるのでは?

と、告白をためらう夫婦も少なくありません。

しかしいくら自分だけが治療して完治していても、旦那に移っているとピンポン感染のリスクが付きまといます。

 

クラミジアは1日~1週間程度、抗生物質を服用することで治療できる病気です。

クラミジア感染症は、抗生物質の服用によって治療可能です。治療期間は1日〜1週間ほどの場合が多く、治療開始から3週間後に再検査を行います。

引用:心斎橋駅前婦人科クリニック

 

それほど高額な治療ではありませんので、ぜひ夫婦で適切な治療をしてもらうようにしましょう。

クラミジアの培養検査やPCR検査や血液検査を行った場合は、4,000-9,000円程度がかかります。通常は淋菌と同時に感染していることが多いので、淋菌も一緒に検査するとして計算しています。

引用:MEDLEY

 

まとめ

旦那としかしてないのにクラミジアになった場合、下記のような可能性が考えられます。

  • 結婚前の性行為
  • 公共施設
  • ピンポン感染
  • 風俗店
  • 浮気

 

クラミジア感染が広がると、下記のようなリスクがあるので注意しましょう。

  • 不妊
  • 赤ちゃんへの影響
  • HIVに感染しやすくなる

 

性感染症はデリケートな問題なので、恥ずかしいと感じる人も少なくありません。

もしかしたら?

と思っていても、病院を受診するのは勇気がいりますよね。

 

しかしクラミジアを放置していると、不妊症やHIVの感染といった重篤な状況に陥ることも。

早期検査・早期治療で、早めの対処をおすすめします。

 

とはいえ、旦那としかしてないのにクラミジアになると、どうしても浮気を疑ってしまう妻もいるでしょう。

浮気チェックをするポイントは、下記の記事でもご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました