【辛い】旦那が激務過ぎて寂しい……3つの効果的な解決法を徹底解説!

旦那

「旦那が激務で寂しい」

「激務な旦那の特徴や心理とは」

「激務な旦那と上手く付き合うためには」

などと悩んでいませんか。

 

妻からしても、毎日遅くまで働いて肉体的にも精神的にも旦那が追い詰められてしまっている場合、そんな姿を見ているのは辛いですよね。

 

この記事では、下記についてまとめていきます。

  • 旦那が激務で寂しい妻への3つの効果的な解決方法
  • 激務な旦那の特徴や心理とは
  • 激務な旦那と上手く付き合うためには
  • 激務な旦那を余計に疲れさせてしまう一言
  • 激務な旦那が妻に言われたら嬉しい一言

激務な旦那とのすれ違いを防ぐ方法など紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

 

旦那が激務で寂しい妻への3つの効果的な解決法

旦那が激務な職場で働いていると、夫婦で過ごす時間はほとんどなくなってしまいますよね。

平日は朝早くに家を出て帰ってくるのも遅く、休日になっても会社によっては休日出勤をしなければいけないところもあります。

せっかくの休みがあっても出かけたり、ゆっくりと食事をする時間もありません。

 

すれ違いが続いてしまうことで、お互いにどんどんストレスや不満も溜まりやすくなってしまうでしょう。

 

旦那が激務過ぎて寂しい妻への3つの効果的な解決法は次の通りです。

  • 旦那がくつろげる居場所をつくる
  • 旦那のことを尊敬・言葉や態度で気持ちを伝える
  • 自分は旦那の理解者だと伝える

それぞれの内容について詳しく紹介していきます。

 

旦那がくつろげる居場所をつくる

家の中に旦那だけの空間を作ってあげましょう。

旦那が1人で心からリラックスできて、安らげる空間があることが大切です。

 

男性は自分だけの部屋を持ちたがったり、自分だけの空間で趣味などを満喫したいという欲求が強い傾向があると言えます。

旦那は、仕事でストレスにさらされていたり、心身ともに疲れて弱っているかもしれません。

だからこそ

  • 家に帰ればゆっくりできる
  • 早く家に帰りたい

と旦那が思ってくれるような家庭づくりが大切だと言えるでしょう。

 

旦那のことを尊敬・言葉や態度で気持ちを伝える

旦那に妻自身から、常に尊敬の気持ちを言葉や態度で伝えてあげることです。

多くの男性は、仕事で上司に気を使ったりで多くのストレスを抱えています。

プライドや自尊心が傷つくようなことも、仕事の場面で起こっているのかもしれません。

 

旦那に対して妻は、常にプライドや自尊心を傷つけずにいつでも私は旦那のことを尊敬しているというスタンスでいることが大切です。

家に帰れば妻だけは自分を尊敬してくれて、いつも応援してくれていると感じることができれば、それだけで旦那の心は大きく満たされるでしょう。

 

旦那に尊敬している気持ちを伝えるためには、具体的な言葉で日々表現すると効果的でしょう。

 

自分は旦那の理解者だと伝える

妻は、旦那の1番の理解者でいることです。毎日外で戦っている旦那にとって、何があっても常に理解してくれている妻の存在は、偉大なもの。

ですが、旦那は

日によっては、ストレスから余裕がない態度を妻にとってしまうこともあるでしょう。

 

どのような状態のときの旦那に対しても、妻は不平不満を言わず、旦那の悩みやストレスをそっと側にいて理解してあげることを心がけてあげてください。

 

旦那が疲労していて余裕がないとき、妻が旦那を受け止めて理解してあげることが大切です。

 

日々の旦那の状態を観察しながら寄り添ってあげましょう。そうすると旦那は、妻に寂しい思いをさせないように今まで以上にしっかり向き合ってくれるかもしれません。

 

 

激務な旦那の特徴や心理とは

 

職場によっては仕事が激務なため、帰宅時間がいつも深夜すぎという会社も決して少なくはないのです。

 

激務な旦那の特徴や心理は、次の通りです。

  • 休日出勤や帰りが遅いことに疑問をもっていない
  • 妻に不満を抱いている
  • 仕事が好き
  • 残業と言いながら浮気をしている

それぞれの内容について徹底解説していきます。

 

休日出勤や帰りが遅いことに疑問をもっていない

旦那は自分の帰りが遅いことが普通になっていて疑問も感じなくなっているかもしれません。

子供の行事などに参加するのも数えるほどしか行けてなかったり、子供が起きる前に出勤して子供が寝た後に帰宅するという生活にも疑問に思っていないのです。

 

仕事だから!
と言いつつ接待や人付き合いなど、業務以外のことを「仕事だから」と言いながら食事や飲みに行くこともあります。

 

 

妻に不満を抱いている

仕事が特に好きでもないけど、妻や家庭が苦手で結果的に仕事ばかりしている旦那もいるのではないでしょうか。

仕事が終わって帰宅しても部屋の中が散らかっていたり、何かしようとしても妻に「子供が起きるから」と言われ、何もできず家でくつろげなくて不満を抱いているかもしれません。

 

たまに早く帰ることがあっても妻に文句を言われ、妻は子供のことばかりで旦那の居場所がないと感じている場合もあります。

何かある時だけ、

もっと早く帰ってこれないの?
というような言葉が、旦那の足をより自宅から遠のかせている場合もあるのです。

 

仕事が好き

男性は女性に比べると1つのことに没頭するのが好きな場合が多いので、仕事に夢中になっている場合があります。

旦那の関心が仕事でどう評価されるかという事だけに向いてしまって、全エネルギーを仕事に消費してしまい、仕事に没頭している方が気楽だったりします。

結果的に家でも仕事の話ばかりしてしまうこともあるでしょう。

 

本当は仕事で頑張っているのと同じくらい、家庭でも自分の役割を果たして、妻から褒められることにも喜びを感じてくれるといいのですが、

旦那の関心は仕事で評価されること

だけに向けられるのです。

 

残業と言いながら浮気をしている

仕事や出張、残業と言いながらも

実は別の女性と浮気をして会っている

場合もありますのでよく注意をしておく事も必要です。

 

旦那の「残業だから帰りが遅くなる」という言葉を信じたい気持ちはわかりますが、

  • 急な残業
  • ほとんど毎日残業している
  • 残業をしているのに嫌そうにしていない

などの場合は、少し疑った方がいいかもしれません。

 

激務な旦那と上手に付き合うためには

仕事中心の旦那とこれからも上手く付き合っていくために、どのように対応いていけばいいのか考えてみましょう。

 

激務な旦那と上手に付き合う方法は、次の通りです。

  • 忙しくても夫婦の時間を作る
  • 旦那が家に帰りたくなるような環境を作る
  • 1人の時間を楽しむ
  • 妻の言動に気を付ける

それぞれの内容について詳しく解説していきます。

 

忙しくても夫婦の時間を作る

気持ちを素直に伝えてみるのもいいのではないでしょうか。

特に、

旦那の帰宅時間が遅いことや帰ってこない寂しさ

などを素直に伝えてお互いの気持ちを話す時間を作ってみましょう。

 

共働きの場合は、家事代行など利用し妻自身の負担も減らすことができて、気持ちの余裕もできるので夫婦2人の時間を作るきっかけにも繋がります。

 

旦那が家に帰りたくなるような環境を作る

朝の挨拶は必ず言い、「いってらっしゃい」「お帰り」もしっかり言うようにしましょう。

旦那が帰ってくる時間が遅くて妻が先に寝てしまう場合や出かけてしまっている場合は、LINEなどでねぎらいの言葉を送っておくのも1つの方法です。

 

旦那と休日の過ごし方を話し合って、楽しく過ごせるような休日設計を考えるのも良いかもしれんませんね。

夫婦2人で同じ休日を過ごせる空間や時間を大切にすることで

早く家に帰りたい!
と思えるようになるのではないでしょうか。

 

 

1人の時間を楽しむ

旦那の言葉や約束に振り回され、期待していても約束が仕事でダメになってしまって落ち込む事を繰り返したくないですよね。

そうならないように自分の趣味や没頭できるものを見つけて旦那との約束に期待せずに気持ちを切り替えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

約束を守ってくれたら嬉しいですが、約束守ってもらえなかったなどと落ち込むくらいなら、

私は、好きなことして楽しもう!
という気持ちに切り替えて1人の時間を楽しむのも大切な時間の過ごし方になるので没頭できることを見つけてみましょう。

 

 

妻の言動に気を付ける

旦那が仕事から疲れて帰宅して「また今日も遅くまで仕事なの?」などと責めるのではなく、

長時間働いてるけど、体は大丈夫?
など心配してあげるように心がけてください。

 

 

仕事が休みの日は遅くまで寝ている旦那に「仕事ばかりしているから疲れがとれないのよ」と言うのではなく、「最近疲れているみたいだね。大丈夫?」と身体を気遣ってあげましょう。
疲れているようならマッサージ店に一緒に行きリラックスできる時間を作って過ごすのもいいかもしれませんね。

 

仕事で帰りが遅いことを責め過ぎないようにする

ことで旦那の態度も変わってくるのではないでしょうか。

 

激務な旦那を余計に疲れさせてしまう一言

妻も仕事と育児に追われて毎日とても大変なのですが、夫婦で八つ当たりしあっても意味がありません。

イライラしてしまうかもしれませんが、ぐっとこらえましょう。

 

激務な旦那を余計に疲れさせてしまう一言は次の通りです。

  • 帰りが遅いことを責めない
  • 仕事中にしつこく連絡する
  • 帰宅後に愚痴を言う

それぞれの内容について詳しく解説していきます。

 

帰りが遅いことを責めない

激務な旦那に、

  • どうしてこんなに遅いの?
  • 今日その仕事やらないとダメだったの?

などと言ってしまいがちですが、帰りが遅くても責めないようにしてください。

仕事をして疲れている旦那の心に簡単に刺さってしまいます。

妻は軽い気持ちで聞いてるのかもしれませんが、旦那は傷ついているかもしれません。

 

仕事中にしつこく連絡する

旦那が仕事中に

  • いつ帰ってくるの?
  • まだ終わらないの?

などと仕事を急がせてしまうような連絡を頻繁に送るのはやめてあげましょう。

その一言で集中して進めていた仕事にストップがかかってしまって旦那にとっては、非常にストレスを感じてしまいます。

本当に用事があるとき以外は頻繁に連絡するのを避けてあげるのがいいのではないでしょうか。

 

帰宅後に愚痴を言う

旦那の帰ってくる時間が遅いことに対しての愚痴だけではなく、

  • 今日の子供がこうだった
  • 仕事ででイライラしたことがあった

などと自分の愚痴ばかり言ってしまうのも良くありません。

旦那が1番話しやすいという気持ちはわかりますが、愚痴を言いたい時は出来るだけ旦那ではなく周りの友達などに発散するようにしましょう。

 

仕事が楽しいと思っている旦那や本当に激務の旦那にとっては、妻に愚痴を言われることが辛いと感じてしまうので気をつけましょう。

 

激務の旦那が妻に言われたら嬉しい一言

日々の忙しさで、旦那に対する思いやりの言葉をつい忘れてしまいがちになってしまいます。

でも旦那にとって妻からの言葉は、妻自身が思ている以上のパワーになっているのです。

 

激務の旦那が妻に言われて嬉しい一言は次の通りです。

  • 体調を気遣ってくれる
  • 悩み相談にのってくれる
  • 仕事のことをしつこく聞かない

それぞれの内容について徹底解説していきます。

 

体調を気遣ってくれる

激務でヘトヘトな旦那には体や心の気遣いをしてあげましょう。

  • 身体大丈夫?
  • ストレス溜まってない?

などと声掛けをしてもらえるだけで全然違うのです。

 

家で仕事をしているときも「まだ終わらないの?」と急がせるのではなく

お疲れ様!少し休憩したら?
ちょっとした気遣いをしてあげることによって仕事の効率もかなり上がるかもしれません。

 

悩み相談にのってくれる

男性は女性よりもストレスを溜めがちです。

 

自分から言ってくることも少ないので、妻の方から

なんかあった?大丈夫?
などと声をかけてあげるといいかもしれませんね。

 

ストレス発散が苦手な旦那の手助けをしてあげましょう。

 

仕事のことをしつこく聞かない

妻の気遣いかもしれませんが、

  • 仕事で悩んでることないの?
  • 今の仕事どう?

などと仕事のことを自分から聞きすぎないように気を付けましょう。

 

旦那から話してくれた場合はいいのですが、基本的に男性は仕事の話を家に持ち帰ってまで話すことを嫌がる人もいるのです。

仕事で疲れているからこそ、仕事のことは聞かないというのも優しさです。

 

まとめ

旦那が激務で寂しい妻への3つの効果的な解決方法は以下の通りです。

  • 旦那がくつろげる居場所をつくる
  • 旦那のことを尊敬・言葉や態度で気持ちを伝える
  • 自分は旦那の理解者だと伝える

激務な旦那の特徴や心理は次の通りです。

  • 休日出勤や帰りが遅いことに疑問をもっていない
  • 妻に不満を抱いている
  • 仕事が好き
  • 残業と言いながら浮気をしている

激務な旦那と上手く付き合うためには下記がおすすめです。

  • 忙しくても夫婦の時間を作る
  • 旦那が家に帰りたくなるような環境を作る
  • 1人の時間を楽しむ
  • 妻の言動に気を付ける

 

旦那がなぜ残業や休日出勤をしてまで仕事ばかりしているのか、忙しすぎていっぱいいっぱいになて家庭のことを考える暇もない場合もあります。

仕事が大好きでとにかく仕事をしていたい人や仕事と言って浮気をしている人もいるかもしれません。

 

旦那は仕事ばかり、妻はワンオペで育児にならないように夫婦でしっかり話し合い、仕事人間の旦那と上手く付き合えるように妻自身も少し変わってみるのもいいかもしれませんね。

 

さらに関連するページもありますので、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました