【しんどい】夫の浮気を許す?判断基準や夫婦関係を修復するための5つの方法を解説!

「夫の浮気を許すべきかどうかの判断基準は?」

「夫の浮気を許す場合、夫婦関係を修復する方法は?」

「夫の浮気を許すと決めたのにしんどい!対処法は?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

浮気は夫婦間において「裏切り行為」ともいえます。

許すべきか、それとも離婚するかどうか、迷う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 夫の浮気を許すべき?判断基準にしたいポイント
  • 夫の浮気を許して夫婦関係を修復する5つの方法
  • 夫の浮気を許したけどしんどい!辛い気持ちを解消する方法

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫の浮気を許すかどうか、お悩みの方はぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、夫の浮気を許して、夫婦関係を修復するための方法がきっと分かるはずです。

 

夫の浮気を許すべき?判断基準にしたいポイント

夫に浮気されると、おそらく一度は『離婚』を考えるのではないでしょうか?

信用していた夫に裏切られ、この先一緒にやっていけるのか、不安に思うのも無理はありません。

 

夫の浮気を許すかどうか迷った時は、下記を判断基準に考えてみましょう。

  • 話し合いができているかどうか
  • 浮気の回数
  • 夫が反省しているか
  • 離婚した時のデメリット
  • 相手を許せるかどうか

それぞれの判断基準を具体的に解説していきます。

 

話し合いができているかどうか

最初の判断基準は「話し合いができているかどうか」です。

浮気が発覚すると、お互い感情的になり、冷静な話し合いはできません。

 

その時点で、離婚するかどうか決めるのは時期尚早。

勢いで離婚を決めても、後悔する可能性は高くなります。

 

反対に夫の勢いに押されて「許す」と決めたとしても、後から苦しむ人も少なくありません。

まずはお互いに冷静になり、話し合いができているかどうかが判断基準のひとつになります。

 

浮気の回数

次の判断基準は「浮気の回数」です。

もちろん、一度だけとはいえ、配偶者以外の異性と肉体関係を持てば「不貞行為」とみなされます。

 

しかし、裁判になった時に一度だけでは離婚が認められないケースも少なくありません。

なぜなら一度だけの不貞行為で、婚姻関係が破綻したと判断するのは難しいからです。

 

とはいえ、何度も浮気を繰り返している場合は「浮気中毒」になっている可能性も。

中毒になっていると、そう簡単には治りませんので、離婚も視野に入れるべきでしょう。

 

夫が反省しているか

また「夫が反省しているか」どうかも、判断するための基準になります。

何があったとしても、浮気をするのはいけないことです。

 

にもかかわらず

  • 浮気の原因はお前にある
  • お金は入れているんだから一度くらいいいじゃないか

など、責任転嫁や逆ギレをする人もいます。

 

自分の浮気で妻を傷つけたことに気づかないのであれば、離婚も考えるべきでしょう。

 

離婚した時のデメリット

「離婚した時のデメリット」を考えることも大切です。

離婚すれば夫からは解放されますが、デメリットもあります。

 

主に考えられるデメリットは下記の通りです。

  • 子供が辛い思いをする
  • 生活水準が下がる
  • 好奇の目に晒される可能性も

特に小さな子供がいる場合は、離婚によるデメリットも大きくなります。

 

働く時間も限られますし、今後の養育費や教育費用も必要になるでしょう。

感情だけで離婚を決めるのではなく、まずはデメリットを考え、ひとつずつ問題点を解決していく必要があります。

 

相手を許せるかどうか

最後は「相手を許せるかどうか」が重要です。

一番大切なのは、やはりあなたの気持ちでしょう。

 

浮気されてもまだ夫のことが好きで、一緒にいたいと思うのであれば、夫婦関係の修復も可能です。

しかし、気持ちが冷めてしまっていれば、修復するのは不可能でしょう。

 

自分の気持ちに向き合い、夫を許すことができるかどうかを考えてみてください。

 

夫の浮気を許して夫婦関係を修復する5つの方法

夫の浮気を許すと決めたのであれば、夫婦関係を修復できるように努力してみましょう。

表面上は許しても、夫婦関係がうまくいっていないと自分も辛くなるからです。

 

夫の浮気を許して、夫婦関係を修復する方法は下記の通り。

  • 許す条件を出す
  • 誓約書を書いてもらう
  • 自分の非も認める
  • 蒸し返さない
  • 相手を信用する

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

 

許す条件を出す

まずは「許す条件を出す」ことです。

夫に反省してもらうためにも、何かしらの条件は与えるべきでしょう。

 

たとえば下記のような条件が挙げられます。

  • 慰謝料の請求
  • 浮気関係を解消したという証拠
  • 両親への報告
  • お小遣いの廃止
  • 浮気防止策の提示

 

最初は渋るかもしれませんが、浮気したのは夫自身です。

条件を飲めないのであれば、再度離婚を検討するくらいの気持ちで話し合いましょう。

 

誓約書を書いてもらう

次に「誓約書を書いてもらう」ことも検討してください。

夫が

もう二度と浮気をしない!

と言っていても、実際のところは分かりません。

 

妻も何かあれば「また浮気されているのでは?」と不安に苛まれるでしょう。

夫へのけん制だけでなく、妻が安心するためにも、誓約書を書いてもらうのは効果的です。

 

弁護士に依頼すると、法的な効力を持つ「公正証書」が作成できます。

費用がかかりますが、今後のためにも作成しておくといいでしょう。

 

自分の非も認める

次の方法は「自分の非も認める」ことです。

もちろん、一番悪いのは浮気をした夫であり、あなたではありませんので過剰に自分を責める必要はありません。

 

しかし、自分の言動に心当たりがあれば、きちんと認めるべきでしょう。

家庭内に夫の居場所があったか、冷たく接していなかったか、振り返ってみてください。

 

夫婦関係を修復するためには、お互いの努力が必要不可欠です。

自分の非を認めることで、より夫婦の絆を深めることができますよ。

 

蒸し返さない

「蒸し返さない」ことも大切です。

浮気をされると、妻の心には大きな傷が残ります。

 

何かあるとフラッシュバックし、蒸し返して夫にチクチク文句を言ってしまうこともあるでしょう。

しかし、いつまでも疑ってばかりでは夫との関係は悪くなるばかり。

 

もし気になることがあるのなら、文句を言うのではなく、冷静に話し合いをしましょう。

どうしても抱えきれない時は、心理カウンセラーに相談するのもひとつの方法です。

 

相手を信用する

最後は「相手を信用する」ことが挙げられます。

一度裏切られた夫を信用するのは、一番難しいことともいえるでしょう。

 

とはいえ、妻が疑いの目を持っている以上、どんなに夫が清廉潔白でも疑う気持ちはなくなりません。

苦しくても「夫を信用する」という気持ちを持たなければならないのです。

 

不信感は夫婦関係修復の妨げになります。

少しずつでもいいので、夫を信用するように心がけてみてください。

 

夫の浮気を許したけどしんどい!辛い気持ちを解消する方法

一度は「夫を許す」と決めても、夫婦関係を修復するのは簡単なことではありません。

辛い気持ちになることもあるでしょう。

 

辛い気持ちになった時は、下記の対処法を試してみてください。

  • 長期戦を覚悟する
  • 責めるのではなく話し合う
  • 夫の良い面を見る
  • 第三者に話を聞いてもらう
  • 外に目を向ける

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

 

長期戦を覚悟する

まずは「長期戦を覚悟する」ことが必要です。

夫婦関係の修復は、一朝一夕にできることではありません。

 

覚悟が足りないと、ちょっとした瞬間で心が折れてしまいます。

焦らずに、自分にできることを少しずつやっていきましょう。

 

すぐに夫を許す必要はありません。

長期戦を覚悟して、何があっても折れない心を整えることが大切です。

 

責めるのではなく話し合う

「責めるのではなく話し合う」ことも意識しましょう。

夫のことを疑ってしまう時は、冷静に話し合いをしてください。

 

自分がどんな気持ちでいるのか、どんな瞬間に疑ってしまうのかを正直に伝えましょう。

そもそも浮気をする大きな要因のひとつが「コミュニケーション不足」。

 

お互いの気持ちのすれ違いから、夫婦関係が悪化していたというケースも少なくありません。

お互いに居心地の良い関係になれるよう、焦らず何度も話し合いをしていきましょう。

 

夫の良い面を見る

次に「夫の良い面を見る」ようにしてください。

浮気をされると、ついつい夫の悪い部分ばかりが目に付くようになってしまいます。

 

しかし、それではいつまでも夫に対するネガティブな感情が消えません。

心から夫をまた好きだと思えるように、良い面を見るようにしてください。

 

好きになった時の気持ちや、付き合っていた当初の想いを振り返ってみましょう。

 

第三者に話を聞いてもらう

「第三者に話を聞いてもらう」こともできます。

夫の浮気を誰にも話せず、一人で悩みを抱える妻は少なくありません。

 

もちろん体裁もありますし、誰にでも話せる問題ではないでしょう。

しかし、あなたが一人で抱えていると、辛い気持ちがどんどん溢れてしまいます。

 

もし友人に話すことに抵抗があるのであれば、心理カウンセラーの力を借りましょう。

夫婦二人でカウンセリングを受けられる心療内科もありますよ。

 

外に目を向ける

最後は「外に目を向ける」ことです。

夫のことにばかり目が行っていると、ついつい暗い気持ちになってしまいます。

 

仕事でも趣味でもいいので、家庭外のことに目を向けてみましょう。

旅行をしたり習い事を始めるなど、自由な時間を充実させるのもおすすめです。

 

内面を自立させるためにも、積極的に外に目を向けるようにしましょう。

 

まとめ

夫の浮気を許すかどうか迷った時は、下記を判断基準に考えてみてください。

  • 話し合いができているかどうか
  • 浮気の回数
  • 夫が反省しているか
  • 離婚した時のデメリット
  • 相手を許せるかどうか

 

夫の浮気を許して、夫婦関係を修復する方法は下記の通り。

  • 許す条件を出す
  • 誓約書を書いてもらう
  • 自分の非も認める
  • 蒸し返さない
  • 相手を信用する

 

信じていた夫に浮気されれば、ショックを受けるのは当然のことです。

許せないから離婚しよう!

と思う人もいるでしょう。

 

離婚するか、それとも許して夫婦関係を修復するか、決定するのはあなた次第です。

しかし、離婚はいつでもできるので、まずは相手を許す努力をするのもひとつの方法。

 

気持ちを上手に切り替えながら、夫婦で浮気を乗り越えていきましょう。

夫が浮気をしているか見抜く方法は、下記の記事でも解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました