【寂しい】夫が結婚指輪をつけない心理とは?つけてもらうための解決策を解説!

「夫が結婚指輪をつけない!

「夫が結婚指輪をつけない心理って?」

「夫が結婚指輪をつけてくれるようになるにはどうしたらいい?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

夫が結婚指輪をつけてくれないと、不思議だし気持ちが沈みますよね。

どうしたら結婚指輪をつけてくれるのだろう?と思う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 夫が結婚指輪をつけない理由
  • 夫に結婚指輪をつけてもらうための解決策
  • 結婚指輪をつけてくれない夫に伝えるべきこと

上記の内容をご紹介していきます。

 

夫が結婚指輪をつけてくれない方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、夫が結婚指輪をつけない心理や、対処法がわかるでしょう。

 

夫が結婚指輪をつけない理由

旦那が結婚指輪をしてくれないと

私が何かしたのだろうか?

と不安になってしまいますよね。

しかし妻や家庭以外に原因があることも。

 

夫が結婚指輪をしない心理は下記の通りです。

  • 仕事柄つけられない・つけたくない
  • 指輪を身につけるのに慣れていない
  • つけるのを忘れてしまう
  • 自分には指輪が似合わないと思っている
  • 実はなくしてしまった

それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。

 

仕事柄つけられない・つけたくない

仕事柄、結婚指輪を含むジュエリーを手につけられないという方はいます。

飲食店で調理をする方などは衛生面から禁止されている場合もあるでしょう。

医療系のお仕事の方も、特に患者さんと多く触れ合う看護師・介護士の方も、禁止されていなくても避けている場合があります。

 

つけられないわけではないけれど、指輪のためにつけたくない、という方もいるでしょう。

機械を製作したり修理したりする仕事の場合もキズがつきやすいのでつけたくない、という人が多いのです。

 

自動車修理のお仕事をされている方は、工具を強くにぎったりするので、キズどころか指輪が変形してしまいそうなので仕事中はつけない日とも多くいるでしょう。

薬品を扱うお仕事の方や、美容師の方など薬剤を使うお仕事の方も変色してしまいそうでつけたくない方も多いです。

仕事柄つけられない・つけない夫はいます。

 

指輪を身につけるのに慣れていない

指輪だけではなく、ネックレスや時計を含めたジュエリーを付け慣れていない方や、いままで指輪をつけたことがない方もいます。

毎日結婚指輪をつけるのに抵抗がある方も多いです。

 

  • 指に違和感がある
  • 手元が気になってしまって仕事に集中できない

などいろいろと慣れてないことからつけたくない人がいます。

 

つけるのを忘れてしまう

つけたくない、というのではなく、ただ単純につけるのを忘れてしまう人もいるようです。

朝の身支度に使う時間は最小限、という方は、指輪をつける習慣がなければついつい忘れてしまいます。

 

ずっとつけっぱなしであれば忘れることもないのですが、外す必要がある方はつけるのを忘れがちです。

自分には指輪が似合わないと思っている

指輪は女性がつけるものだと思うし、自分には似合わないだろうから、買ってもつけたくない

そんな男性もます。

 

しかし、結婚指輪は夫婦そろってつけるのが基本ですから、男性がつけやすいデザインのものも多くあります。

もしこれから結婚指輪を購入するのであれば、男性に人気のデザインを探してみてもいいでしょう。

 

実はなくしてしまった

結婚指輪をつけていないのではなくて、実はなくしてしまった!ということもめずらしくありません。

なくしてしまったものは、残念ですがつけられないですね。

 

あるいは、大切すぎて、なくしたくないから付けない、という方もちらほら見受けられます。

 

夫に結婚指輪をつけてもらうための解決策

夫が結婚指輪をつけてくれないと不安になりますよね。

そんな状態が続くと、家庭内の空気も悪くなるでしょう。

 

夫に結婚指輪をつけてもらうために、下記の方法がおすすめです。

  • ペンダントとして身につける
  • 休日限定でつける
  • 期間限定で毎日チャレンジ
  • つけてあげる
  • 新しく手に入れる
  • メリットをアピールする

それぞれの解決法を具体的に見ていきましょう。

 

ペンダントとして身につける

仕事柄、指に結婚指輪がつけられない場合は、チェーンに通してペンダントとして身に着けるのはいかがでしょうか。

チェーンのデザインにこだわったり、素材にこだわってみると「つけさせられている」感よりも「おしゃれでつけている」感じになります。

 

金属チェーン意外にも革や紐など、2人でいろいろと探してみるのも楽しいでしょう。

指にはめていなくても身につけてくれるだけで気持ちも違ってきます。

 

休日限定でつける

ジュエリー自体が禁止されている場合は、仕方がありません。

お休みの日につけてもらいましょう。

 

お仕事だけがつけない理由なのであれば、お仕事がない日はきっとつけてくれるはずです。

できれば一緒にお出かけするときだけでも、つけてもらいましょう。

 

期間限定で毎日チャレンジ

指輪を身につけるのに慣れていない場合は、とりあえず短い期間、たとえば一週間だけでも毎日つけてみることを提案してみてください。

スーツを毎日着るのも、携帯を持ち歩くのも、コンタクトレンズをつけるのも、時計をつけるのも、最初はなれないものですが、気が付いたら習慣になっていることばかりです。

 

短い期間でも毎日結婚指輪をみにつけていたら、結婚指輪をつけることも習慣化されるはずです。

大切なパートナーからの提案ですので、短い期間だけなら…と挑戦してくれるでしょう。

 

また、指輪があることに違和感がある場合はサイズが合っていないこともあります。

きつい指輪は、着心地の悪い服をあまり着用しなくなるのと同じで、きつい指輪もだんだんと敬遠するようになります。

サイズが合っていない場合は購入したお店にサイズ直しができるか確認してみましょう。

 

つけてあげる

つけるのを忘れてしまう場合は、あなたが直接、指輪をはめてあげましょう。

毎朝お互いに指輪をつけあう、結婚式のような儀式にしている素敵なカップルもいます。

あわただしい朝ですが、一瞬でも必ず毎朝コミュニケーションが取れる時間があることで、よい結婚生活が築けるのです。

 

つけてあげるのが時間的に難しい場合は、必ず目に付く場所に指輪をおくのがおすすめです。

朝起きて、最初にメガネをつける人であればメガネの隣に、通勤に自転車や車を使う人であれば鍵と一緒に置いておいてもいいでしょう。

ベッドサイドに結婚指輪の置き場所を作ってあげるのもおすすめです。

 

新しく手に入れる

なくしてしまった場合、わざとなくしたわけではないのですごく悲しいですが、どうか怒らないであげてください。

同じものがほしい場合は、購入したお店に相談してみましょう。

 

あるいは、新しくペアリングを作ってしまうのも手です。

もし結婚記念日が近いようでしたら、一緒に新しいペアリングを作って、それを結婚指輪の代わりに毎日つけてもらいましょう。

 

なくしてないあなたは、違う指につけてもいいですし、いまある結婚指輪と重ね付けできるデザインの指輪を探すのも楽しいはずです。

サプライズのプレゼントであなたが作ってあげるのも素敵でしょう。

 

メリットをアピールする

結婚指輪をすると男性にもメリットがある!と分かってもらうことで、彼が自分から指輪をつけたくなるようにする作戦です。

たとえば彼と一緒に友人たちとバーベキューなどをしているときに、女性の友人から指輪をしている男性の友人を褒めてもらいます。

結婚指輪つけてる男の人ってかっこいいなあ
この指輪おしゃれだね!センスいい!

そんな場面を目にすれば、彼も指輪をつけたくなるのではないでしょうか。

また、既婚の男性の知人から彼に、

指輪をしてると奥さんは喜ぶし、仕事でも一人前と思われやすくなるよ

なんてメリットをアピールしてもらうのもいいでしょう。

 

身近な男性からの言葉は響きます。

彼に好きな芸能人やスポーツ選手がいて、その人が結婚指輪をよくつけているなら、それを彼に伝えてみるのもおすすめです。

憧れの人が指輪をしていると知ったら、彼も真似したくなるかもしれません。

 

結婚指輪をつけてくれない夫に伝えるべきこと

結婚指輪をつけてくれない夫が、あまりにも長期にわたってつけてくれないと疲れてしまう妻もいるでしょう。

 

そんな時伝えるべき事できることはあるのでしょうか。

  • つけてくれない理由を素直に聞いてみる
  • 結婚指輪をつけてほしいことを伝える
  • 指輪をつけてほしい理由を伝える

詳しく解説していきます。

 

つけてくれない理由を素直に聞いてみる

結婚指輪をつけていない理由を、まずは素直にきいてみましょう。

もしかしたら「大切すぎてなくしたくないから」と可愛くもびっくりする答えが返ってくるかもしれません。

 

あるいは、あなたが知らないだけでお仕事で禁止されている可能性もあります。

いろいろとある理由を知ったうえで、解決策を参考に、2人にぴったりの方法を考えてみましょう。

 

結婚指輪をつけてほしいことを伝える

結婚指輪をつけてほしいことを素直に伝えてみましょう。

夫は、結婚指輪をつけてないことに対してあなたが不安に思っていたり、悲しい思いをしていることに気が付いていないこともあります。

 

結婚の証である結婚指輪、だからこそ、あなたがつけてほしいと思っていることを伝えたら、すぐに毎日つけてくれるようになるかもしれません。

素直に気持ちを伝えることが実は一番近道です。

 

指輪をつけてほしい理由を伝える

そもそも男性はどうして結婚指輪がそこまで大事なのか、実感できていない場合もあります。

あなたの口から、

夫婦おそろいで結婚指輪をするのが昔から憧れだったんだ
あなたもつけてくれてるって思うと、疲れてるときも指輪を見れば心の支えになりそう

 

なんて真心のこもった言葉を聞けば、彼もハッとして心が動くかもしれません。

 

まとめ

夫が結婚指輪をつけない主な心理は下記の通りです。

  • 仕事柄つけられない・つけたくない
  • 指輪を身につけるのに慣れていない
  • つけるのを忘れてしまう
  • 自分には指輪が似合わないと思っている
  • 実はなくしてしまった

 

夫に結婚指輪をつけてもらうには、下記の対処法を試してみましょう。

  • ペンダントとして身につける
  • 休日限定でつける
  • 期間限定で毎日チャレンジ
  • つけてあげる
  • 新しく手に入れる
  • メリットをアピールする

コメント

タイトルとURLをコピーしました