【急増】旦那が結婚指輪をネックレスにする意味とは?付ける時のポイント3選も紹介!

旦那

「旦那が結婚指輪をネックレスにする意味は何?」

「旦那の結婚指輪をネックレスにする際のポイントは?」

「旦那の結婚指輪をネックレスにした!おすすめアイテムはある?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

様々な事情があり、結婚指輪を身につけられない人もいます。

身につけられない人に最近人気があるのが「結婚指輪をネックレスにする」というアイデアです。

 

当記事では

  • 旦那が結婚指輪をネックレスとして首にかける意味とは?
  • 旦那が結婚指輪をネックレスにつける時のポイント3選!
  • 旦那が結婚指輪をネックレス化するメリット5選

上記の内容を徹底解説していきます。

 

旦那の結婚指輪をネックレスにしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、結婚指輪をネックレスにする際のポイントや注意点を知ることができるでしょう。

 

旦那が結婚指輪をネックレスとして首にかける意味とは?

最近では結婚指輪をネックレスにする人も増えてきています。

職場や電車の中で、目にしたことがある方もいるのではないでしょうか?

 

旦那が結婚指輪をネックレスとして首にかけるのには、下記のような理由があります。

  • 仕事柄つけられない
  • 紛失や傷が心配
  • サイズが合わなくなった
  • 指輪を身につけるのに慣れていない

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

 

仕事柄つけられない

最初の理由が「仕事柄つけられない」ことです。

実は指輪を付けられない職業も、世の中には多数存在します。

 

たとえば飲食店で調理をする方などは、衛生面から禁止されていることもあるようです。

また医療系のお仕事、特に看護師や介護士など患者さんと多く触れ合う職業の場合は、指輪を付けない傾向にあります。

 

仕事で禁止されていれば、いくら付けたくても付けることは難しいでしょう。

 

紛失や傷が心配

「紛失や傷が心配」で、指輪を付けない男性もいます。

仕事で禁止されていなくても、傷がつきやすい職業もあるでしょう。

 

たとえば機械を扱う仕事や、自動車修理などの仕事は傷どころか指輪が変形していることも。

さらに薬品を扱う仕事や、美容師の方は指輪が変色してしまう可能性もあります。

 

仕事が終わったら付ければいいのでは?

と思う女性もいますが、頻繁に取り外しをすることで紛失のリスクも高まるものです。

紛失や傷が心配で付けられない人もいるでしょう。

 

サイズが合わなくなった

年齢とともに「サイズが合わなくなった」可能性も考えられます。

若い頃はほっそりした指だったのに、加齢とともに体型が変化してしまったのでしょう。

 

ゼクシィの調査によると、40代以上の人のうち33%が入らなくなった経験があるようです。

40代以上の方に聞いてみたところ、入らなくなった経験がある人は33%。対処方法でサイズを直したりリフォームしたりしている人は、17%ほどでした。

引用:ゼクシィ

 

サイズ直しやリフォームといった対処法もありますが、面倒で行っていないことも。

サイズが合わない指輪を毎日つけるのは苦痛でしょう。

 

指輪を身につけるのに慣れていない

最後に考えられるのが「指輪を身につけるのに慣れていない」ことです。

慣れていないと、指輪を付けることが苦痛に感じる人もいます。

 

特にデザイン性のあるリングの場合は、重たく違和感を感じてしまうでしょう。

男性が指輪なんて……

とアクサせりーを身につけること自体に抵抗がある人もいるようです。

 

旦那が結婚指輪をネックレスにつける時のポイント3選!

様々な理由で、結婚指輪が付けられなくなった時、ネックレスにして首からかけることもできます。

ただし二人の思い出の大切な結婚指輪に万が一のことがないよう、十分な注意が必要です。

 

結婚指輪をネックレスにする際には、以下の3点に気を付けましょう。

  • 指輪に傷がつかないようにする
  • 紛失に気を付ける
  • チェーンの太さに注意する

それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

 

指輪に傷がつかないようにする

まずは「指輪に傷がつかないようにする」ことです。

そのまま指輪をネックレスのチェーンに通すと、チェーンと指輪が擦れて細かな傷がつきます。

 

結婚指輪だけでなく、チェーンにも傷がつくことも。

大切な指輪やチェーンに傷がつくのは避けたいところです。

 

傷をつけないために、金属の純度を考慮しましょう。

純度が高い方が柔らかく、傷つきやすいという特徴があります。

 

純度はできあがった製品の硬さにも影響を与えるため、製品の種類やデザインによっては純度が高すぎないほうがよいこともあるというわけです。たとえば、純度の高い24金は複雑なデザインのジュエリーを加工するには柔らかすぎて不向きです。普段使いする際にも傷が付きやすいため、アクセサリー類はある程度ほかの金属を混ぜた合金で加工します。

引用:JEWEL CAFE

結婚指輪を傷つけたくない場合には、同じ純度のものか、チェーンよりも純度が低いことが大切です。

 

紛失に気を付ける

次に「紛失に気を付ける」ことも重要になります。

ネックレスにすると、紛失しにくくなりますが、可能性はゼロではありません。

 

指に付けている時よりも、自分で確認しづらくなっています。

そのため

気づいたらなくなっていた!
付けるのを忘れていた!

ということのないように気を付けましょう。

 

チェーンの太さに注意する

3つ目のポイントは「チェーンの太さに注意する」ことです。

指輪の重量にもよりますが、あまりにも細いチェーンの場合、重さで切れてしまう可能性があります。

 

紛失に気を付けていても、チェーンが切れてしまっては元も子もありません。

反対に太すぎるチェーンは肩こりの原因になる場合も。

 

指輪の重量や自分に合ったチェーンを選ぶようにしましょう。

 

旦那が結婚指輪をネックレス化するメリット5選

最近では結婚指輪をネックレスとして身につける人も増えてきています。

それだけネックレスにすることで、メリットがあるということなのでしょう。

 

結婚指輪をネックレスにするメリットは主に以下の5点です。

  • 紛失しにくい
  • 身につけていられる
  • オシャレを楽しむことができる
  • 邪魔にならない
  • 体型の変化に影響されない

それぞれのメリットを具体的に見ていきましょう。

 

紛失しにくい

最初のメリットは「紛失しにくい」ということです。

気が付かないうちに結婚指輪を紛失してしまったというケースは少なくありません。

 

洗剤や石鹸で指滑りが良くなり、排水口に落ちてしまったというケースも発生しています。

また一度外した指輪を置き忘れてしまい、そのまま紛失してしまう人も。

 

首に付けるネックレスであれば、紛失しにくいと言えるでしょう。

 

身につけていられる

2つ目は「身につけていられる」ことが挙げられます。

前述したように、仕事柄どうしても指輪が付けられないという人もいるでしょう。

 

しかしネックレスであれば、比較的付けやすいのではないでしょうか?

二人の愛の証である結婚指輪、いつでも身につけていられるのは嬉しいですよね。

 

オシャレを楽しむことができる

「オシャレを楽しむことができる」こともポイントになります。

新婚当時は気に入って買った結婚指輪でも

やっぱり違う色が良かった……

などと思うことはありませんか?

 

長年、身につけていると愛着がわく一方で、飽きてしまう人もいるでしょう。

ネックレスにすると、また違った雰囲気でオシャレを楽しめます。

 

その日のファッションに合わせてチェーンを変えてみたり、革紐を使ってみるのもいいですね。

 

邪魔にならない

次に「邪魔にならない」こともメリットになります。

仕事で禁止されていなくても、意外と指輪が邪魔だと感じる人は多いようです。

 

家事をする際にも皿洗いや洗濯など、結婚指輪を付けていると邪魔に思う瞬間があるのではないでしょうか?

その点ネックレスであれば邪魔になりにくいので、指先を使う頻度の高い方にもおすすめです。

 

体型の変化に影響されない

最後のメリットは「体型の変化に影響されない」ことでしょう。

年齢とともに指輪のサイズも変わってきます。

 

指の太さによっては、結婚指輪が付けられなくなってしまうこともあるでしょう。

もちろんサイズ直しもできますが、一度切り離して加工するため、人によっては

縁起が悪い……

という考えも。

 

またデザインや素材によっては、サイズ直しができないものもあります。

ネックレスとして身につければ、体型の変化に影響されることなく、いつまでも愛用することができるでしょう。

 

旦那の結婚指輪をネックレスにしたい!おすすめの革紐やアイテムを紹介!

結婚指輪をネックレスにする際には、革紐やチェーンを使うのが一般的です。

先述したように、お手持ちのネックレスにただ指輪を通すだけでは、傷をつける可能性があるので注意しましょう。

 

結婚指輪をネックレスにするために、おすすめのアイテムをご紹介します。

  • 革紐
  • クリッカー
  • リングホルダー付きネックレス

それぞれのアイテムを詳しく見ていきましょう。

 

革紐

引用:楽天市場

まずは「革紐」です。

革紐は素材が柔らかいので、指輪と擦れても傷がつく心配がありません。

 

反対に革紐が傷つく心配もないでしょう。

カジュアルな服装にも合うので、オシャレな旦那を演出できます。

 

革紐に付ける際には、結び目が解けないように注意しましょう。

おすすめの革紐はこちら

 

クリッカー

引用:アクセサリーショップジーラブ

次のおすすめアイテムは「クリッカー」です。

クリッカーは結婚指輪とネックレスをつなぐ専用のアイテムを指します。

 

クリッカーを使えば、指輪をしっかりと固定できるので、擦れる心配がありません。

紛失の心配も少なくなるでしょう。

 

いろいろなデザインのクリッカーが販売されているので、その日の気分に合わせて替えるのもおすすめです。

おすすめのクリッカーはこちら

 

リングホルダー付きネックレス

引用:楽天市場

適度なチェーンがないという方は「リングホルダー付きネックレス」を購入しましょう。

ゴールドやシルバー、プラチナなど、様々な素材のチェーンがあります。

 

結婚指輪とチェーンの素材は一緒にする必要はありません。

むしろ別々にすることで、ワンランク上のオシャレを演出できるでしょう。

 

おすすめのリングホルダー付きネックレスはこちら

 

指輪をネックレスにしてる人の体験談

結婚指輪をネックレスにしてる人の体験談をご紹介します。

 

ネット上では

  • ネックレスにして肌身離さず
  • サイズが合わなくなったので指輪をネックレスにリフォーム
  • ネックレスにしても紛失する旦那も

といった体験談が寄せられていました。

それぞれの体験談を詳しくご紹介します。

 

ネックレスにして肌身離さず

怪我をしないよう、あえて指輪ではなくネックレスにしてもらっているという夫婦もいました。

家の旦那も力仕事なので今はしていません。はじめはしていましたが、指輪の形が、○から0の形になり、知り合いで、指輪が引っ掛かってけがをしとという話を聞いたりしたので、それから外しています。旦那はつけておきたかったみたいですが、けがをしてからではおそいので、外してもらいました。今はネックレスに通して肌身離さずです。

引用:ヤフー知恵袋

 

仕事柄付けられない人でも、ネックレスなら常に付けていられます。

怪我をするくらいなら、指輪を付けなくてもいいという妻の優しさですね。

 

サイズが合わなくなったので指輪をネックレスにリフォーム

サイズが合わなくなったので、指輪をネックレスにリフォームしたいという声もありました。

結婚後、着実にそして大幅に、体重を増加させたため、結婚指輪が指に入らなくなって十数年になります。

わたしは、指輪をペンダントトップにして、いつでも身に着けていられるようにしたいと思っています。
以前の知り合いにそんな風にしている人がいて、いいなっと思っていたんです。

引用:ヤフー知恵袋

 

この方は結婚20年目の節目に、リングをネックレスにしようと考えておられます。

胸元に下げて、いつでも身につけていられるのは素敵ですよね。

 

ネックレスにしても紛失する旦那も

ネックレスにしても、紛失の可能性がゼロになるわけではありません。

機械を扱う仕事をしていて手に指輪がつけられないので、紐に通してネックレスにしていました。
ある日帰宅して着替えるとき、ネックレスごとなくなっているのに気づきました。
外した覚えはないので、紐が切れてしまったのだと思います。もっと頑丈なチェーンを使うべきでした

引用:結婚スタイルマガジン

 

紐が切れてしまう可能性もあるので、紛失には十分注意しましょう。

紛失防止のため、チェーンや紐を二重にしている人もいました。

 

まとめ

旦那が結婚指輪をネックレスとして首にかけるのには、下記のような理由があります。

  • 仕事柄つけられない
  • 紛失や傷が心配
  • サイズが合わなくなった
  • 指輪を身につけるのに慣れていない

 

結婚指輪をネックレスにする際には、以下の3点に気を付けましょう。

  • 指輪に傷がつかないようにする
  • 紛失に気を付ける
  • チェーンの太さに注意する

 

結婚指輪をネックレスにするメリットは主に以下の5点です。

  • 紛失しにくい
  • 身につけていられる
  • オシャレを楽しむことができる
  • 邪魔にならない
  • 体型の変化に影響されない

 

結婚指輪をネックレスにすることには、様々なメリットがあります。

しかし紛失や傷がつく可能性もゼロではないので、十分に注意しましょう。

 

二人の愛の証でもある結婚指輪。

ネックレスに付けて、肌身離さず持ち歩きましょう。

 

指輪やネックレス以外のおすすめペア商品は下記の記事でもまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました