【疑問】夫は産休をとれる?産後に夫が育休をとるメリットとデメリットを徹底解説!

「夫は産休をとれる?」

「夫が産後に育休をとるメリットはある?」

「夫が産後に休みを取るタイミングはいつがいい?」

上記のようなお悩みはありませんか?

 

夫の産後の休みはどのように取れるのか気になりますよね

育児を手伝ってほしいと考える女性は多いでしょう。

 

当記事では下記について解説します。

  • 夫は産休をとれる?
  • 夫が「産休」を取るタイミングは?
  • 産後に夫が育休をとるメリットとデメリット

 

当記事を読んでいただければ、夫が産休を取れるのか、育休をとるメリット、デメリットがわかるでしょう。

夫の産後の休みについて悩んでいる方は、是非最後までお読みください。

 

夫は産休をとれる?

夫が産後の休みをとれるかどうか気になる方も多いのではないでしょうか。

夫は産休が取れるの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では今の夫の産休について紹介していきます。

  • いまの「産休・育休制度」はどんなもの?
  • パパ休暇とは?
  • 新制度では「出産後4週間は夫も休業」が義務付けられる?

夫が産休を取れるかどうかを知りたい方はぜひご覧ください。

 

いまの「産休・育休制度」はどんなもの?

現在、「産休(産前・産後休業)」が取れるのは、基本的には出産した女性本人のみです。

  • 産前休業…出産予定日の6週間前(双子以上なら14週間前)
  • 産後休業…出産翌日から8週間(本人が申請し医師が認めれば6週間)

この期間には、企業はどんな雇用形態でも出産前後の女性を働かせてはいけないと法律で決められています。

 

一方「育休(育児休業)」のほうは、要件はいくつかありますが男女ともに認められているのです。

子どもが1歳の誕生日を迎えるまでの間、両親どちらでも取得できる休業です。また、子どもが1歳に達する日にいずれかの親が育児休業中で、かつ、保育園に入所できないなどの理由がある場合は、1歳6ヵ月まで休業期間の延長が可能です。1歳6ヵ月の時点でも同様の状況であれば、2歳まで再延長することができます。

引用:楽天保険

国の制度に加えて独自の育休制度を用意している企業もあり、日本の男性育休は、実は世界有数の充実度ですといえます。

 

ところが、実際にパパが育休を取れているのか…となると、まったくそうではない事実が明らかになっているのです。

2018年の育休取得率は、女性82.2%に対し男性はわずか6.16%と、北欧諸国での80~90%はおろか、国内目標の13%にも及ばない状況でした。

この背景には、日本企業の長時間労働をよしとする体質や、男性の子育て参加に対し職場の理解が進んでいないことなどがあると考えられます。

 

パパ休暇とは?

通常、育児休業は1回しか取得をすることができません。

ですが、平成22年6月30日施行の育児介護休業法改正によって、パパは特例として育児休業を2回取得することができるようになりました。

この特例は「パパ休暇」の名で知られています。

 

パパ休暇によって育児休業の2回取得が認められるのは、以下の要件を満たした場合です。

  • 子どもの出生後8週間以内に育児休業を開始している
  • 子どもの出生後8週間以内に育児休業が終了している

 

新制度では「出産後4週間は夫も休業」が義務付けられる?

このままでは、「2025年に男性育休30%」という国の目標はとうてい達成できず、安心して妊娠・出産できない夫婦が増えてしまいます。

そこで、政府の「育休のあり方検討プロジェクトチーム(PT)」は、

出産後4週間はとくに母親の心身の負担が大きく、ホルモンバランスの変化で産後うつも発症しやすい時期。父親産後休業期間として取得を義務化し、母親のサポートに専念することが望ましい。

として新しい制度の創設を提言していました。

 

また、この期間は従来の産休・育休とは異なり、給与の全額分支給が検討されています。

改正法案は2021年の通常国会に提出予定で、早ければ2021年中にも、多くのパパが産後4週間、自宅でママや家族のサポートができるようになるかもしれません。

 

夫が「産休」を取るタイミングは?

女性と同じ法的な産休は取れませんが、出産前後のタイミングで休みを取得してほしいと思う妻は多いでしょう。

どのタイミングでとるのがいいのかな?とお悩みではありませんか?

 

当項目では夫の「産休」をとるタイミングを紹介していきます。

  • 出産日に
  • 退院日に
  • 出生届を出す日に
  • 産後健診日に

夫が産休を取るタイミングについて、悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

出産日に

出産日は休みを取っ方がいい日ナンバーワンでしょう。

できれば立ち合い出産をしてほしいですね。

 

そうすれば少しは妻が大変かわかるはずです。

頑張った妻をねぎらい、感謝の言葉を伝えて、無事に生まれてきた赤ちゃんに祝福をもらいましょう。

 

退院日に

ママと赤ちゃんの退院日も休みを取るのに適した日です。

退院日前に家の中を片付け、ママと赤ちゃんを迎えてもらいましょう。

 

また、出産後のママが体力を回復しやすいように、パパが積極的に家事をしてもらうのがおすすめです。

 

出生届を出す日に

出生届は平日に役所に行かなければならないケースが多いです。

そのため休みを取ってもらうのが良いでしょう。

 

出生届は生後14日以内にお住まいの市区町村に提出することになっています。

ママは14日の赤ちゃんをつけれ役所に行くのは困難です。

その他の各種手続きも、あらかじめ妊娠中から確認し、パパができるといいですね。

 

産後健診日に

産後の検診日も休みを取るタイミングとしてお勧めの日です。

生後1か月の健診では、産後の回復状態と赤ちゃんが順調に成長しているかを確認します。

 

新生児との外出は不安なものです。

病院に行く際はパパの付き添いがあるとママも安心できます。

 

産後に夫が育児休暇をとるメリットとデメリット

産後に夫が育児休暇をとるのってどうなのかな?とお悩みではありませんか?

 

当項目では産後の夫の育休のメリットとデメリットについて紹介していきます。

  • そもそも育児休暇とは?
  • 育児休暇を夫が取得するメリット
  • 育児休暇を夫が取得するデメリット

産後の夫の育休や子育てについてお悩みの方は、ぜひご覧ください。

 

そもそも育児休暇とは?

広義では育児をするために取得するお休みのことですが、一般的には、法で定められていたり会社独自の規定で定められていたりする「育児のための休暇制度」を指します。

さらに「育児のための休暇制度」のうち、育児・介護休業法で定められている休暇制度については、法の中で「育児休業」と表現されているため、育児休暇ではなくあえて「育児休業」と呼ぶことも多いです。

 

いずれにせよ、育児休暇と聞くと、女性のためだけの制度だとイメージしてしまいがちですが、実はこれは女性だけの権利ではありません。

「育児・介護休業法」では、制度の対象を「労働者」としているだけで男女の区別はしていません。

 

また、企業独自の休暇制度のなかにも、男性社員を対象にしたものが多く見られます。

なお、「育児・介護休業法」で定める男性の育児休暇は、配偶者が専業主婦の場合も当然取得することができます。

 

育児休暇を夫が取得するメリット

では、育児休暇を夫がとるメリットってどんなものがあるのでしょうか。

下記で詳しく説明していきます。

 

子どもと過ごす時間が増える

最大のメリットは、子どもと過ごす時間が増えることでしょう。

仕事を終えて帰宅する場合は、子どもの寝顔しか見られない日々が続くこともあります。

育児休暇を取得することで、子どもの成長をそばで見守ることができます。

 

子育てや家事の大変さが理解できる

親が炊事をしていようが構わず泣き出したり、動き回るようになると目が離せなくなったり、せっかく作った離乳食を吐き出したりするなど、育児は楽しいだけではありません。

また、家事には掃除や洗濯などの代表的なものだけでなく、トイレットペーパーを補充したりゴミを分類したりと、いわゆる「名もなき家事」もたくさんあります。

そういった子育てや家事の大変さを経験することで、夫婦間の理解が深まります。

 

母親の負担を軽減できる

母親の子育ての身体的な負担を軽減することができます。

また、産後は精神的にバランスを崩しやすい女性もいますが、その場合の支えになることもできます。

 

育児休暇を夫が取得するデメリット

では、育児休暇を夫がとるデメリットってどんなものがあるのでしょうか。

下記で詳しく説明していきます。

 

収入減少

休暇中は一般的に給与が出ないため、当然収入は減少してしまいます。

家族が増えたことで支出も増えることを考えると、極めて大きなデメリットです。

 

出世への影響

残念ながら出世への影響があるケースがあります。

「育児・介護休業法」では、育児休暇を取得することによって会社が不当な扱いをすることを禁じています。

 

しかし、SNSなどでは不当な扱いを受けたといった投稿が少なからず見られます。

それらが事実かどうかはともかく、休暇取得により生じるキャリアブランクは、多かれ少なかれ今後の社内での地位に影響するだろうと不安に思う男性は多いようです。

 

周囲への影響

以前よりは理解を得やすい社会になりつつあるとはいえ、まだまだ周囲の目が気になるという男性は少なくありません。

特に中小企業の場合、社員1人当たりの業務量が多い傾向にあるため、自分の休暇取得が、ほかの社員の業務量の増加につながるのではないかという懸念を持つ男性も多いようです。

 

まとめ

  • 夫は産休をとれる?
  • 産後に夫が育児休暇をとるメリットとデメリット

当記事では上記について解説しました。

 

夫が産休を取れるかどうかについては下記です。

  • いまの「産休・育休制度」はどんなもの?
  • パパ休暇とは?
  • 新制度では「出産後4週間は夫も休業」が義務付けられる?

現状の夫の産休制度にういて知りたい方は上記の記事をご参考にしてみてください。

 

産後に夫が育児休暇をとるメリットとデメリットは下記です。

  • そもそも育児休暇とは?
  • 育児休暇を夫が取得するメリット
  • 育児休暇を夫が取得するデメリット

産後の4週間、パパが必ず休業して家事育児に参加するとなれば、「心強い」というママは多いことと思います。

赤ちゃんの夜泣きで「明日パパの仕事が早いのに…」と気を遣うこともなく、かけがえのない新生時期を共有できて、将来の夫婦関係や子育てにもプラスになるでしょう。

 

まだまだ課題や不公平感も残りますが、1つ1つクリアしながら、産後のママをパパがしっかりサポートできる体制を整えていってほしいですね。

 

しかし今回の産休制度の真の目的は、母親の肉体的・精神的負担を減らすこと

ただパパが家にいるだけで負担が軽減されるはずもなく、ともすれば新たなストレスの原因となってしまう場合もあります。

 

また、夫が育休をとるベストタイミングについて説明した内容のページもありますので、あわせてご覧いただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました