【辛い】夫が許してくれない時はどうしたらいい?仲直りする5つの方法や注意点を解説

「夫が許してくれない時はどうしたらいい?」

「夫が許してくれないのはなぜ?」

「夫が許してくれない時にやってはいけない言動は?」

などとお考えではありませんか?

 

どの夫婦でも、必ず喧嘩はするものです。

とはいえ、喧嘩の後に謝っても許してくれないと、妻は途方に暮れてしまうでしょう。

 

当記事では

  • 夫が許してくれない!仲直りする5つの方法
  • 夫が許してくれないのはなぜ?考えられる心理
  • 夫が許してくれない時の注意点

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫が許してくれないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、夫が許してくれない場合の賢い対処法がきっと分かるはずです。

 

夫が許してくれない!仲直りする5つの方法

夫婦喧嘩の後に、夫と仲直りできないのは妻として辛いこと。

なんとかして許してもらいたい……

と思うのも無理はありません。

 

夫が許してくれない時は、下記の対処法がおすすめです。

  • 時間を置く
  • 夫の気持ちを考える
  • 悪かったところを探す
  • 感謝する気持ちを持つ
  • どうしようもない場合は距離を置く

それぞれの対処法を具体的に見ていきましょう。

 

時間を置く

最初の方法は「時間を置く」ことです。

何度謝っても許してくれない場合は、長期の冷却期間が必要になるでしょう。

 

妻としては

早く解決させて仲直りしたい!

と思うでしょうが、焦っても仲直りはできません。

 

夫婦で生活している以上、いずれ話し合いの機会はやってくるでしょう。

生涯、夫婦として暮らす年月を考えれば、喧嘩の期間などほんの僅かです。

 

夫の気持ちを考える

次の対処法は「夫の気持ちを考える」こと。

夫がなぜ許してくれないのか、まずは夫の心理を探ってみましょう。

 

たとえ「ごめんなさい」と謝っていたとしても、夫の怒っているポイントとはズレている可能性も。

ただ謝罪しているだけでは、問題の解決にはなりません。

 

後述しますが

自分の気持ちを落ち着けたい……

などの理由がある可能性もあります。

「仲直りしたい」という気持ちを押し付けるのではなく、まずは夫の気持ちを考えましょう。

 

悪かったところを探す

「悪かったところを探す」ことも大切です。

喧嘩してすぐは

私は悪くない!

と思ってしまいがち。

 

確かに喧嘩になるくらいですから、自分の曲げられない主張もあったのでしょう。

しかし、考え方は曲げられなくても、どこかしら悪いところはあったはず。

 

思ってもいないことを言ってしまったり、言い方がきつくなったりしてはいなかったでしょうか?

全面的に非を認める必要はありませんが、悪いところは認めるようにしてください。

 

感謝する気持ちを持つ

「感謝する気持ちを持つ」ことも大切です。

喧嘩の後は、ついつい夫のことを責めてしまいがち。

 

確かに一度欠点が気になると、次々に嫌なところが目に付いてしまいますよね。

そんな時は、あえて夫に感謝する気持ちを思い出してみましょう。

 

感謝する気持ちを持つことで、自分の心にも余裕が生まれます。

夫に対しても、謝罪ばかりでなく、感謝を伝えることで、気持ちを軟化させることができるでしょう。

 

どうしようもない場合は距離を置く

「どうしようもない場合は距離を置く」ことも検討しましょう。

確かにできるだけ早く仲直りして、夫婦関係を修復したいと思うのは当然のこと。

 

しかし、何度謝っても許してくれない場合は、お互いに時間が必要なのでしょう。

夫婦として一緒に生活していると、どうしても家の中で顔を合わせる機会が多くなります。

 

せっかく気持ちを落ち着けても、顔を合わせるとイライラすることもあるはずです。

実家に帰ったり、小旅行に行くなどして、一時的に距離を置くことも検討してみてください。

 

距離を置くことで、お互いの大切さに気付ける可能性もあります。

 

夫が許してくれないのはなぜ?考えられる心理

夫が許してくれないと

もう夫婦としてやっていく気はないのだろうか?

と不安になることでしょう。

 

夫が許してくれない心理としては、下記が挙げられます。

  • 積み重なった不満が爆発した
  • 許せない
  • 頭を冷やしたい
  • 戻りたくても戻れなくなっている
  • 長期間許してくれない場合はモラハラの可能性も

それぞれの理由を具体的に見ていきましょう。

 

積み重なった不満が爆発した

まずは「積み重なった不満が爆発した」ことが考えられます。

どんなに優しい夫でも、一緒に暮らす中でまったく不満がなかったとは限りません。

 

洗濯の頻度や就寝時間など、細かなところで違いは出てくるもの。

育った環境が違うので、価値観が違うのは仕方のないことでしょう。

 

しかし、不満が募ればいつか爆発します。

今回の喧嘩が原因で、普段溜まっていたストレスが爆発した可能性もあるでしょう。

 

許せない

次はやはり「許せない」という理由が考えられます。

謝られたからといって、夫が許せるかどうかは別問題。

 

特に浮気や借金、大きな買い物など、既に終わってしまったことについては、そう簡単に許せるものではありません。

そんな時に妻が

何度も謝っているじゃない!

と言ったところで、ただの開き直りになるだけ。

 

謝れば済むと思っているのか……

と余計に怒らせてしまう可能性もあります。

仮にその場では許してくれても、心の中ではいつまでも引きずってしまうでしょう。

 

頭を冷やしたい

「頭を冷やしたい」と考えている可能性もあります。

喧嘩している時は、お互いに感情的になり、イライラが募っている状態です。

 

興奮した状態では、冷静な判断もしにくいでしょう。

すぐに結論を出しても、興奮した状態では後悔する結果にもなりかねません。

 

口を開けば、イライラした感情が蘇ってしまいます。

そのため、冷静になるまで時間が欲しいと思っているのでしょう。

 

戻りたくても戻れなくなっている

「戻りたくても戻れなくなっている」ことも考えられます。

この場合、夫はそろそろ仲直りしたいと心では思っているのでしょう。

 

とはいえ、意地が邪魔をして素直に折れることができません。

長引いた喧嘩の時ほど、仲直りのタイミングを逃してしまいがち。

 

あえて普通にしてみると、意外にもすんなり元に戻れることもあります。

何にでも白黒つけるのが答えではありません。

 

「おはよう!」「行ってらっしゃい!」など、普通に挨拶するなどしてみましょう。

 

長期間許してくれない場合はモラハラの可能性も

「長期間許してくれない場合はモラハラの可能性も」あります。

無視をするのは、モラハラ夫の常套手段。

 

妻を精神的に追い詰めることで、自分の思い通りにしようとしているのです。

いつまでも夫が許してくれないと、妻はなんとかして許してほしいと思ってしまうもの。

 

その気持ちを利用して、自分の意思を通そうとしているのでしょう。

モラハラの夫と暮らすのは危険です。

 

モラハラ夫については下記の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

夫が許してくれない時の注意点

夫が許してくれないと、妻は精神的に不安定になります。

なんとかして仲直りしたい!

と思うようになるでしょう。

 

とはいえ、下記の点は注意するべきです。

  • しつこく謝らない
  • 無理に夫の気持ちを聞きだそうとしない
  • 感情的にならない
  • 責めない
  • 下手に出過ぎない

それぞれの注意点を詳しく見ていきましょう。

 

しつこく謝らない

まずは「しつこく謝らない」ようにするべきです。

許してもらおうと、ついつい何度も謝ってしまいますが、逆に夫をイラつかせることも。

 

冷静になりたい……

と思っているのに、何度も立て続けに謝られると、許すどころか「うざい」と感じてしまいます。

 

何度も謝れば謝るほど、謝罪の言葉は軽くなってしまうでしょう。

本当に悪いと思っていることを伝えるためにも、しつこく謝ることは避けるべきです。

 

無理に夫の気持ちを聞きだそうとしない

次に「無理に夫の気持ちを聞きだそうとしない」こともポイント。

確かに何度謝っても許してくれないと、夫の気持ちが分からなくなります。

 

今何考えてるの!?

など、ストレートに聞きたくなってしまうでしょう。

しかし、言葉で説明できるほど、単純な気持ちならとっくに伝えているはずです。

 

いろいろな感情が入り混じっているからこそ、自分の気持ちを整理したいと思っているのでしょう。

焦る気持ちは分かりますが、無理に夫の気持ちを聞きだそうとするのは避けるべきです。

 

感情的にならない

次に「感情的にならない」ようにしましょう。

どうしても許してくれないと、どうしていいか分からなくなってしまいますよね。

 

しかし、泣き出したり、感情的になるのはNG。

感情的になればなるほど、夫は

冷静になる時間がもっと必要だ……

と判断することになるでしょう。

 

感情的になってしまいそうなときは、少し距離を置いてみてください。

自分にとっても冷静になる時間が必要だと、考え方を変えてみましょう。

 

責めない

「責めない」ことも大切です。

許してくれないからといって、夫を責めるのはお門違いというもの。

 

許してもらえないだけの何かをしたのですから、夫を責めるのはやめましょう。

どうして許してくれないの!?
あなただって〇〇したじゃない!

と相手を責めても、仲直りはできません。

 

夫を責めたい気持ちはグッと堪えて、今はお互いに冷静になりましょう。

夫婦として生活しているのですから、仲直りするチャンスは必ず巡ってくるはずです。

 

下手に出過ぎない

「下手に出過ぎない」ことも意識しましょう。

特に夫がモラハラ気質だった場合は、注意が必要です。

 

妻が下手に出れば出るほど、モラハラ夫は図に乗ります。

無視をすれば、妻は自分の言うことを聞くんだ!

と味をしめてしまうでしょう。

 

もちろん悪いところを謝るのは大切です。

しかし言いたいことはきちんと伝え、下手に出過ぎないように注意しましょう。

 

まとめ

夫が許してくれない時は、下記の対処法がおすすめです。

  • 時間を置く
  • 夫の気持ちを考える
  • 悪かったところを探す
  • 感謝する気持ちを持つ
  • どうしようもない場合は距離を置く

 

夫が許してくれない心理としては、下記が挙げられます。

  • 積み重なった不満が爆発した
  • 許せない
  • 頭を冷やしたい
  • 戻りたくても戻れなくなっている
  • 長期間許してくれない場合はモラハラの可能性も

 

夫がいつまでも許してくれないと、夫婦喧嘩は長期化するもの。

早く仲直りしたい!

と思うのも無理はないでしょう。

 

確かに問題が長期化して、夫婦仲がこじれるのは避けたいですが、何事にもタイミングがあります。

時間と距離を置き、仲直りのタイミングを見計らってください。

 

夫との仲直り方法は、下記の記事でも解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました