【離婚?】旦那の残業が増えた!浮気かも?見抜く方法とNG行為を徹底解説!

旦那

「最近旦那の残業が多いけど、浮気かもしれない……」

「本当に残業なのか浮気なのか確証がほしいけど、どうしたらいいの?」

「旦那が残業と嘘をついて浮気をしていたけど、今後どうするべき?」

上記のようにお考えではありませんか?

 

確かに、仕事と言われてしまうと、早く帰ってきてほしいとは言いづらいですよね。

また本当に残業だった場合、疑っていたのかと、夫婦仲にも亀裂が生じてしまうかもしれません。

 

そこで当記事では次の内容について説明していきます。

  • 旦那の残業が浮気かどうか見抜く方法
  • 旦那の残業が浮気ではなかった場合にとる行動
  • 旦那の残業が浮気だった場合のNG行動ととるべき行動

旦那の残業が増えて、浮気か怪しんでいる場合はぜひ最後までご覧ください。

 

旦那の残業が浮気かどうか見抜く方法7選

「最近旦那の残業が多いけど、もしかして浮気してる?」
と、思ってはいませんか。
もし旦那の残業を疑っているのであれば、以下のことをチェックしてみましょう。
  • 残業の詳細を深く聞いてみる
  • スマートフォンの中身をチェックする
  • カーナビ・ETCの中身をチェックする
  • クレジット・ETCの履歴をチェックする
  • 財布・ポケットの中身をチェックする
  • 給料明細で残業時間をチェックする
  • 同僚に残業を確認する

この項目ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

 

残業の詳細を深く聞いてみる

旦那の残業や仕事について深く掘り下げて聞いてみましょう

 

浮気をしていた場合、たとえ言い訳をあらかじめ考えていたとしても、言いよどんだり、焦った様子をみせ、矛盾したことをつい言ってしまいがちだからです。

ただし

あくまでも残業や仕事内容について聞くことが重要。

 

こちらが疑っていることがわかってしまうと、浮気の証拠を隠されてしまう可能性があるからです。

例えば

「最近残業が多いけど、いつまで続きそうなの?」

「どんな残業をしているの?」

「部署のみんなで残業をしているの?」

などと聞いてみてください。

 

もし残業と嘘をついて浮気をしている旦那であれば、焦り、おかしな言動をするかもしれません。明らかに反応がおかしくなったら、浮気は濃厚と考えていいでしょう。

 

スマートフォンの中身をチェックする

スマートフォンの中身をチェックしてみましょう。

浮気相手とのやりとりが残っているかもしれません。

 

LINEだけでなく、Twitterやインスタグラムなどを確認してみるのもいいでしょう。

旦那がお風呂に入ったときや寝た後などに確認してみてください。

 

とはいえ、スマートフォンの中身を確認することはなかなか難易度の高いことです。

たとえば旦那がLINEをしているなと思ったら、背後にそれとなく回ってみてください。

 

画面が少しでも見られたら確かめることができるかもしれませんし、もしくは旦那が焦り、隠そうとするかもしれません。

 

やましいことがなければ慌てる必要はないはずです。少し難易度は高いかもしれませんが、スマートフォンの中身の確認ができれば、浮気の確証を得られるでしょう。

 

カーナビ・ETCやPASMO・Suicaの履歴をチェックする

車移動中心の旦那であればカーナビ・ETCの履歴を、電車中心の旦那であればICの履歴を確認してみましょう。

履歴を見れば、旦那がどこを移動しているのかある程度の行動範囲を知ることができるからです。

また行動範囲がわかれば、残業が本当か嘘かの推測がしやすくなります。

 

自家用車であれば、旦那のいない隙にカーナビの履歴や走行距離を調べてみましょう。

走行距離からは家と会社の往復程度の距離なのか、それともそれ以上の距離なのかを判断することができます。

 

ICカードは、一見履歴を調べるのが難しいように思われるかもしれませんが、

「会社に置いてきてしまったから貸してほしい」

などと言えば、怪しまれずに調べられます。

 

  • Suica

「自動券売機」又は「多機能券売機」で履歴を確認・印字をすることができます。履歴の表示は直近最大20件・印字の場合は最大100件を見ることが可能です。ただし、26週を超えたぶんは印字されません。

  • PASMO

「券売機」で履歴を確認・印字をすることができます。PASMOは直近26週以内のものが表示・印字することが可能です。

 

上記のような方法で履歴を調べてみて、普段はいかない場所や、普段利用しない駅などが表示されていた場合は残業と嘘をついて浮気をしている可能性があります。

 

クレジットカードの明細をチェックする

クレジットカードの明細・金額を確認してみましょう。

 

残業続きで忙しいはずの旦那が大きな金額を使うことがあるでしょうか?

遅くまで会社に残っているのであれば、せいぜい夜食を買う程度です。

 

残業だったはずなのに、そこそこの金額が引き落とされていた場合は要注意!

 

また明細からは、カードを使ったお店・日時なども知ることができます。

残業していたはずの日時にレストランで支払いをしていたら、言っていることと辻褄が合わないですよね。

旦那の浮気を疑ったら、クレジットカードの明細をみてみましょう

 

財布・ポケットの中身をチェックする

財布の中、ポケット中を確認してみましょう。

レシートなどが残っているかもしれません。

ほとんどのレシートには日時・時間の記載があります。

残業しているはずの時間帯のレストランのレシートなどがあれば、残業が嘘であったことがわかります。

男性は一般的に女性よりレシートや財布の中、ポケットの中身に関して無頓着な人が多いと言われます。

 

残業と言っているけど浮気なのでは、と疑っているときは財布やスーツのポケット、仕事かばんなどを確認してみましょう。

 

給料明細で残業代をチェックする

旦那の給料明細をみせてもらいましょう

給料明細には残業時間なども記載されています。

残業だからと言って帰りが遅いのに、明細の残業時間が短いのはおかしいですよね。

 

もし浮気なのではないかと疑いはじめたら、家に帰る時間と日にちをメモしておきましょう。通勤時間から逆算すればおおよその残業時間がわかり、明細との照らし合わせがしやすくなり、浮気の証拠集めにも役立ちます。

 

たとえみなし残業だったとしても、1ヶ月に60時間を超える時間外労働を行う場合は、割増賃金率の引上げが労働基準法で定められています。

残業時間をメモして、月60時間を超えているようであれば、給料の引き上げがされているはずです。

 

また仕事だと嘘をついて、実は有給を使って仕事を休んでいた、なんてこともあります。

有給もあわせて確認しましょう。

 

仮に見せてもらえなかったら、そもそも見せられないということが怪しさ満点です。

「なんで給料明細みせてくれないの?」
「家庭のやりくりをするためにも今後は見せてほしい」
など、どそれとなく追及し、その様子をみてみましょう。

同僚に残業を確認する

旦那の同僚や友人に残業について話しを聞いてみましょう

残業が本当のことなのか、嘘なのかわかります

 

旦那の友人に聞いてみるのもいいでしょう。

世間話のついでに自分たちの会社について話題をあげていることがあるからです。

「残業の少ない会社だって聞いてたけど」

「最近忙しいって言ってたな」

などの話が聞けるかもしれません。

 

第三者からの話であれば、信用性も高く、浮気ではなかった場合は安心材料にもなります。

 

旦那が浮気した?と思ったときのNG行為5選

上記の方法を試してみて、もし旦那の浮気が濃厚だった場合、つい感情に任せて旦那を問い詰めてしまいがちです。

しかし今後のことを考えるのであれば、つい感情に任せてやりがちなそういった行動が自分にとってマイナスに働いてしまう、なんてことがあります。

 

ここでは浮気かもと疑っているときのしてはけない行動について解説していきます。

  • 証拠のない状態で旦那を詰問する
  • 証拠を集めようとして、罪を犯す
  • 旦那や浮気相手に暴力や嫌がらせをする
  • 旦那を責め続ける
  • 浮気の事実を会社に告げる

上記のような行動はしてはいけません。

その理由をみていきましょう。

 

証拠のない状態で旦那を詰問する

証拠がないのに旦那を問い詰めることはしてはいけません

不確かであれば言い逃れされてしまう可能性があります。

何より警戒され、証拠をもみ消されてしまうかもしれません

 

旦那を問い詰めてやりたい…

この気持ちをわからせてやりたい……

当然の感情です。

 

しかしそこで「ちょっと待って」と、もう一度よく考えましょう。

自分がいかに傷ついたのか、わかってもらうためにもすぐに問い詰めることはせず、証拠を集めることを優先するべきです。

 

証拠を集めようとして、罪を犯す

当たり前のことですが、犯罪を犯すことはしてはいけません

「何を言ってるんだ?」と思われるかもしれませんが、感情的になってしまいやってしまったことが犯罪になってしまった、なんてことがあります。

 

たとえば浮気の証拠を見つけようと躍起になり、

スマートフォンを勝手に操作をする

浮気相手の家に立ち入る

などは犯罪行為です。

 

感情的にやってしまったことが、一歩間違えれば犯罪になってしまうこともあるので十分気を付けましょう。

 

旦那や浮気相手に暴力や嫌がらせをする

どんなに腹の立つ相手でも、暴力や嫌がらせはダメです。

 

信じていた相手に裏切られたショックははかりしれません。

旦那や浮気相手に負の感情を抱くことは当然のことです。

しかしその感情を暴力や嫌がらせとしてぶつけてはいけません。

 

そんなことをしてもあなたの気持ちは晴れないはずです。

また思いもかけず大けがにつながってしまい、最悪刑事事件にまで発展してしまったケースも中にはあります。

 

暴力や嫌がらせといった方法で自分の感情をぶつけるようなことはせず、正攻法で自分の思いをぶつけましょう。

 

旦那を責め続ける

旦那の浮気をずっと責め続けていませんか?

浮気をした旦那を責めるのは当然です。

しかしずっと責め続けるのはよくありません。

 

もし浮気をした旦那を許すと決めたのであれば、あまり引きずらない努力をしましょう。

もちろん一番悪いのは旦那です。

妻からの責めを受けてしかるべき立場です。

 

しかし反省している旦那をずっと責め続けてしまうと、旦那の心が折れてしまい、やり直すことすら難しくなってしまうことがあります。

 

もう一度やり直そうと考えているのであれば、できるだけ早い段階で気持ちを切り替える努力をしましょう。

 

浮気の事実を会社に告げる

浮気の事実を旦那や相手の会社に告げ口をするようなことはしてはいけません。

 

なぜならこれも

罪に問われる可能性があるから

です。

たとえば「侮辱罪」「名誉棄損罪」がそれにあたります。

 

確実な証拠を集めたあとは、会社などに浮気の事実を告げるなどはせず、弁護士など専門機関に委ねることが大切です。

 

旦那の怪しい残業の特徴

「もしかして浮気?」と考えられる旦那の怪しい残業の特徴をご紹介します。

  • 残業が急に増えた
  • 残業だけでなく、休日出勤が急に増えた
  • 特定の曜日に残業が多い
  • 残業続きなのに疲れているようにみえない
  • 残業中の連絡を嫌がられたり、そもそも残業中は繋がらない
この項目では具体的な旦那の怪しい行動について解説していきます。
当てはまる項目が多いだけ、残業が嘘の可能性が高いです。

残業が急に増えた

「今までそんななに残業がなかったのに、最近急に増えたな…」

という場合は怪しいです。

 

たとえば部署や課を異動した、というようなことがあれば、仕事に慣れず、一時的に残業が増えることがあります。または仕事の内容によっては繁忙期が明確にあるという職種もあるでしょう。

しかしそういったこともなく、急に毎日のように残業をするようになったという場合は怪しいです。

 

急に旦那の残業が増えたときは、浮気かもしれません。

 

残業だけでなく、休日出勤が急に増えた

残業だけではなく、休日出勤も急に増えたら怪しいです。

「今まで休日出勤なんてなかったのに…」

と思っていたら、浮気相手と会う口実だったということがあります。

 

急に今まではなかった残業や休日出勤が増えたら、上記で解説しているように旦那の給料明細を見せてもらいましょう。

(上記の記事へ戻る時はこちらををクリック)

 

特定の曜日に残業が多い

特定の曜日に限って残業が多い場合は怪しいです。

たとえば妻が専業主婦だったり、もしくは夫婦共働きだった場合でも同じ土日休みだと、休みの日に隠れて浮気相手に会うことはなかなか難しいでしょう。

そのため、特定の曜日を決めて逢瀬を重ねている、なんてことも多いようです。

 

特に

金曜日は要注意

 

次の日が休みのため、時間を気にせずゆっくり会うことができます。

決まって同じ曜日に残業が入り、それが決まって金曜日という場合は特に要注意かもしれません。

 

残業続きなのに疲れてるようにみえない

残業が続いているのに疲れている様子をみられない場合は怪しいです。

8時間働いたあとに、さらに残業で働くというのは普通疲れを感じるものではないでしょうか。

 

またそれが連日続けば、嫌気もさします。愚痴のひとつも言いたいはずです。

さらに
一般的に80時間以上の残業は過労死ラインと言われています。旦那の帰宅時間をメモし、残業時間を割り出してみるのもいいかもしれません。

 

ここ最近残業ばかりなのに疲れている素振りが見られないというのは、浮気のサインのひとつの可能性があります。

 

残業中の連絡を嫌がられたり、そもそも残業中は繋がらない

残業中に連絡をすると忙しいからかけてくるなと怒られた。

残業中は決まって連絡がとれない。

などの場合は怪しいです。

やましいことがなければ嫌がられることも、怒る必要もないですよね。

 

もちろん、本当に忙しくて返信が遅くなるということもあるでしょう。

しかし、それが頻繁に続いたり、連絡が返ってこなかったり、そもそも連絡を嫌がられるということは浮気相手との時間を邪魔されたくないからかもしれません。

 

残業中の連絡を嫌がられたり、連絡が繋がらなくなることが頻繁にある場合は浮気の可能性があります。

 

旦那が浮気していなかったときに取るべき行動

旦那の浮気を疑っていたが、実際はそうではなかった、という場合もあります。

そのときは

旦那を労りましょう

 

本当に残業続きであれば、態度に見せなかったとしても疲れがたまっているはずです。

優しい言葉で労わってあげてください。

 

また、浮気以外の理由で残業と嘘をついていた場合もあります。その場合は、夫婦2人でしっかり話し合いをしましょう。

わざわざ残業と嘘をついてまで家に帰りたくない理由があるということだからです。

 

感情的にならず、嘘をついていたことを一方的に責めることはせず、ゆっくりと話し合いを重ねていってください。

 

旦那の残業が浮気だったときの対処法3選

旦那の残業が浮気だったとき、ショックでどうしたらいいかわからなくなってしまうでしょう。

その場合、どのように対処していけばいいのかをご紹介していきます。

  • 浮気の証拠をつかむ
  • 浮気の調査・相談はプロへ
  • 浮気発覚後の対処

この項目では上記について、徹底解説していきます。

 

浮気の証拠をつかむ

まず浮気の証拠をつかみましょう

証拠のない状態で問い詰めても、有耶無耶にされてしまう可能性があります。確実な証拠があれば、旦那も言い逃れができません。

 

たとえば

  • 浮気相手と2人でラブホテルなどの宿泊施設にいたということがわかるもの
  • メールやSNSで不貞行為をほのめかすようなやりとり
  • 浮気相手の家に長時間一緒にいたことがわかるもの

などがあげられます。

 

そもそも浮気は「不貞行為」にあたり、貞操義務違反です。

今後どのような対応をするにしても、確実な証拠をつかんでおけば、旦那や浮気相手に対してできる行動の選択肢が広がります。

 

浮気の調査・相談はプロへ

浮気の調査・相談は専門家(=探偵業者)の力を頼りましょう

上記でみたような証拠を自分ひとりで集めるのは至難の業だからです。

 

また膨大な時間がかかるうえに、調べていることが当の本人にばれてしまうなどのリスクがあります。

そういったリスクを最小限におさえ、証拠を手っ取り早くつかむためには探偵業者の力を借りることが一番の近道です。

 

  • 探偵業者=浮気調査のプロ。

ほぼ確実に浮気の証拠を見つけてきてくれるでしょう。

 

また、なかにはカウンセラーや相談員がいる探偵事務所もあります。今後について決めるためにも第三者の意見を聞くことは大切なことです。

 

しかし

探偵事務所なんて不安…

と思う方が多いのではないでしょうか。

まずはインターネットで検索して、調べてみることをお勧めします。

 

得意な分野や価格など、細かに知ることができます。

またメールなどで相談を受け付けているサイトもあるので、「最初から対面は不安…」という方でも安心です。

 

よい探偵業者を見つけるためのポイントは、

「探偵業の届け出」が警察にきっちりだされていること。

届け出は必ず事務所の目立つ場所に掲載され、サイトにも必ず届け出番号が記載されています。

 

逆に届出をだしていなかったり、事務所ではなく、喫茶店で待ち合わせをするような探偵事務所は怪しいのでやめましょう。

 

探偵事務所を使えば、自分の時間も効率的に使うことができ、またリスクも最小限におさえながら、最短で浮気の証拠をつかむことができます。

 

浮気発覚後の対処

浮気が発覚したあとのとるべき行動を考えましょう。

浮気の事実を許し、夫婦として再スタートをきるのか、それとも離婚をするのか、決めなければいけません

 

また自分はこのまま夫婦関係を続けていきたいと思っていても、旦那にその気持ちがないという場合もあります。

逆に離婚するつもりで証拠を集めたが、次第に気持ちがかわってくるという場合もあるでしょう。

いずれにせよ決めるのは自分

 

一度落ち着いて今後どうしたいのか、じっくり考えてみてください。

 

考えてみた結果、関係修復へと話しがまとまったとしても、

「浮気相手とは今後一切関わってほしくない」

と思うはずです。

また旦那が浮気相手との関係を終わらしたいと思っていても、浮気相手がそれを望まないということもあるでしょう。

 

そこで浮気相手に下記のような手段をとることが有効です。

  • 浮気相手に慰謝料の請求をしましょう。
  • 誓約書を書かせる。
  • 浮気相手の家族と話し合う。

どれも浮気相手にとってはインパクトがあります。

ただし秘密裡に進めるのではなく、旦那にも「こういったことをする」ということは報告しておきましょう。

 

もしばれてしまったときに、そもそもの関係修復すら難しくなってしまことがあるからです。

また「次浮気がばれたらこうなるんだ…」という抑止力にも繋がります。

慰謝料請求は旦那にもすることができます。また請求は離婚しなくても可能です。
「やっぱり無理…離婚する」
という選択をする方もいるでしょう。

 

浮気による離婚の場合、「貞操義務」違反になり、慰謝料の請求を旦那・浮気相手双方にすることができます。どちらか一方だけに請求でも可能です。

 

一般的に浮気による慰謝料の相場は「100万~300万ほど」。

これは裁判においての目安になります。

 

事案によっては大幅に下がることもあり、たとえば

「離婚はしない。けど、慰謝料は請求する!」

「私は相手が既婚者だなんて知らなかったんです!」

などは、慰謝料が減額されることがあります。

 

もしお子様がいらっしゃるようであれば、当然あわせて養育費も請求が可能です。

 

離婚するにしても、しないにしても、その対応を決めていくのは大変な労力がかかります。弁護士など専門家を頼ることをお勧めします。

 

まとめ

旦那の残業が怪しいと感じたときの見抜き方は次の通りになります。

  • 残業の詳細を深く聞いてみる
  • スマートフォンの中身をチェックする
  • カーナビ・ETCの中身をチェックする
  • クレジット・ETCの履歴をチェックする
  • 財布・ポケットの中身をチェックする
  • 給料明細で残業時間をチェックする
  • 同僚に残業を確認する

該当する項目が多いだけ、旦那が残業と嘘をついて浮気をしている可能性が高いです。

 

旦那の浮気を疑っているときにしてはいけない行為は次の通りになります。

  • 証拠のない状態で旦那を詰問する
  • 証拠を集めようとして、罪を犯す
  • 旦那や浮気相手に暴力や嫌がらせをする
  • 旦那を責め続ける
  • 浮気の事実を会社に告げる

 

旦那の怪しい残業の特徴は次の通りです。

  • 残業が急に増えた
  • 残業だけでなく、休日出勤が急に増えた
  • 特定の曜日に残業が多い
  • 残業続きなのに疲れているようにみえない
  • 残業中の連絡を嫌がられたり、そもそも残業中は繋がらない

 

「最近残業続きだけど、もしかして浮気?」と思っても、すぐに旦那を問い詰めてはいけません。

確たる証拠をつかみましょう。

 

しかし浮気の証拠を集めることは容易なことではありません。

可能であれば探偵事務所など専門機関を利用することをお勧めします。

 

また浮気の証拠を集めたあとは感情的に行動せず、一度じっくりと考えてみる時間が必要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました