【多すぎ?】旦那のお小遣いの平均金額は3万円!お小遣いの相場や決め方を解説!

旦那

「サラリーマン家庭の旦那のお小遣い平均金額を知りたい」

「旦那のお小遣いが5万円って多いの?」

「旦那のお小遣いが2万円は恥ずかしい?」

と考えることはありませんか?

 

家族構成や子供たちの年齢によっても左右される旦那のお小遣いですが、平均金額を参考にして決定したいと考える妻たちも少なくありません。

そこで、今回は旦那のお小遣いの平均金額や、お小遣いの内訳、決め方などを株式会社UOCC、国税庁長官官房企画課、新生銀行の調査結果をもとに徹底的に調べました。

 

当記事で紹介する内容は次の通りです。

  • 旦那のお小遣いの平均金額は3万円台!
  • 旦那のお小遣いに含まれるものは?
  • 旦那のお小遣いで揉めないコツは?

「旦那のお小遣いをアップさせた方がいいの?」「このままでいいの?」など、旦那のお小遣いの金額について悩んでいる方はぜひ最後までお読みください。

旦那のお小遣い額を決めるのに参考になれば、幸いです。

 

旦那のお小遣いの平均金額は3万円台!

株式会社UOCCが実施した旦那のお小遣い額のお小遣い平均額の調査結果によると、旦那のお小遣いの平均金額は3万円台です。

 

PR TIMESでは、株式会社UOCCの調査結果が下記のように載せられていました。

夫のお小遣い金額は、平均で「30,053円」でした。
妻のお小遣い金額は、平均で「19,697円」でした。

夫のほうが約1万円多い結果となりました。夫のほうが自由に使えるお金が多いわけではなく、仕事で外出していてランチ代が必要となっており、お小遣いの用途の内訳としてはランチ代の占める割合が高い人が多かったです。

引用:PR TIMES

上記のように、結婚している男性のお小遣い額の平均額は3万円台であることがわかります。

 

ちなみに、既婚者男性が理想とするお小遣い額についての調査結果は次の通りです。

理想の夫のお小遣い金額は、平均で「38,176円」でした。
理想の妻のお小遣い金額は、平均で「30,268円」でした。

年収などから考えて現実的な数字を挙げる方が多く、夫婦どちらも平均して今より月に1万円程度多くお小遣いがほしいという方が多い結果となりました。1万円多くあれば、日々の生活で我慢していることにもお金を使えると考える人が多いためと思われます。

引用:PR TIMES

 

上記のように、3万円というお小遣い額よりさらに1万円程度多い額のお小遣いをもらうことが理想だと考える既婚者男性が多いことがわかります。

理想とするお小遣いの平均額は4万円弱だけど、現実は3万円だとする家庭が多いと言えるでしょう。

 

もちろん、平均額が3万円台だからと言って全ての旦那のお小遣い額が3万円であるわけではありません。

旦那の年齢、年収、家族構成によってもお小遣い額が大きく変動するのです。

 

当項目では下記のお小遣い平均額の違いについて具体的に紹介します。

  • 年齢別
  • 年収別
  • 家族構成別
  • サラリーマン男性のお小遣い平均金額

 

年齢別に見るお小遣いの平均額は?

旦那の平均お小遣い額は3万円ですが、旦那の年齢によってお小遣いの平均額に違いがあります。

年齢別に見るお小遣いの平均額についても、先程の株式会社UOCCの調査結果が載せられていました。

<年代:夫のお小遣い平均金額>
20代:26,750円
30代:24,649円
40代:33,691円
50代:34,000円

引用:株式会社UOCC

20代、30代の旦那たちのお小遣い平均額は3万円に達していません。

 

20代、30代の旦那たちに考えられる状況としては次のことが挙げられるでしょう。

  • 子供が生まれたばかり
  • 子供の教育費や育児費にお金をかけたい
  • 家を購入しローンの返済をしている
  • 給料が高くない

 

旦那の平均給料の具体的な数値については、国税庁長官官房企画課が令和2年に実施した、民間給与実態統計調査には年齢別の給与額が記載されていました。

引用:民間給与実態統計調査

20、30代の男性たちは、40〜50代の男性の給料に比べて大幅に低いことがわかります。

加えて、子供の教育費がかかったり、家を購入してローンを組んだり支出が多いため、旦那のお小遣いが低い傾向にあることが伺えるでしょう。

 

年収別に見るお小遣いの平均額は?

一般的に年収が高い人旦那のお小遣い額は高く、年収が低い旦那のお小遣い額は低い傾向にあります。

お小遣いの平均額についても、株式会社UOCCの調査結果が載せられていました。

<夫のお小遣い平均金額>
世帯年収300万以下 :22,917円
世帯年収301〜500万:25,375円
世帯年収501〜700万:30,026円
世帯年収701〜900万:37,000円
世帯年収901万以上 :39,808円

引用:株式会社UOCC

上記の通り、旦那の年収が300万円以下の場合、旦那のお小遣いも2万円弱と少い傾向にあります。

 

反対に年収額が700万円以上の旦那のお小遣い平均額は4万円弱と、先ほど紹介した旦那が理想とするお小遣い額の38,176円とほぼ同額です。

年齢だけでなく、旦那の年収もお小遣い額を決定する上で重要な要素であることがうかがえます。

 

家族構成の違いに見るお小遣いの平均額は?

  • 夫婦2人だけか?
  • 子供がいるのか?
  • 共働きか?
  • 専業主婦か?

などの家族構成や家族の事情別の旦那のお小遣い平均額は変わります。

家族構成や家族の事情別の旦那のお小遣い平均額が、調査株式会社UOCCで行われていました。

 

<夫のお小遣い平均金額>
共働き子供あり :31,552円
共働き子供なし :29,857円
専業主婦子供あり:28,706円
専業主婦子供なし:29,579円

引用:株式会社UOCC

上記のように、専業主婦の家庭に比べ、共働きの家庭では旦那のお小遣い平均が高い傾向にあります。

共働き子供なしの旦那のお小遣い額が低いですが、そもそも共働きで子供なしの家庭ではお小遣い制にしていない家庭も多いことが原因だと考えられるでしょう。

 

サラリーマンの平均金額は3万6000円台!

既婚者や独身者も含めたサラリーマンの平均お小遣い金額の平均金額は、3万6000円です。

サラリーマンのお小遣いの平均金額については、新生銀行の調査に載せられていました。

引用:新生銀行

 

上記のようにサラリーマン全体として見ると、男性のお小遣いの平均額は3万6000円台で、既婚者男性のお小遣い金額の平均より高い結果になっています。

結婚し責任が増えることで、男性は自分の自由になるお小遣い額が減る傾向にあるようです。

 

旦那のお小遣いに含まれるものは?

多くの家庭では、旦那のお小遣いに何が含まれるのだろう?

と悩むことはありませんか?

お小遣いの額を決めるためには、お小遣いの内訳を決めることが大切です。

 

サラリーマン男性のお小遣いの使い道についても、新生銀行で調査が行われていました。

引用:新生銀行

 

上記の調査をまとめると、多くの家庭で旦那のお小遣いに含まれるものの多くは次の通りです。

  • 昼食代
  • 通信費
  • 格好品
  • 交通費
  • 遊興費(趣味や遊びのためのお金)

 

昼食代がお小遣いの使い道のトップに出ており、平均で約1万円をお小遣いに通やしていることが分かりました。

そのほか、携帯の通信費や、格好品、飲み会などをお小遣い内でやりくりしている家庭が多いことがうかがえます。

 

昼食代を含まれるかがキーポイント!

上記の新生銀行の調査結果から読み取れることは、昼食代をお小遣いに含めるか含めないかによりお小遣いの必要額が変わってくることです。

 

旦那のお小遣いの平均金額は、3万円なので3分の1が昼食代に費やされていることになります。

  • お弁当にする
  • 半分はお弁当を持っていく
  • お弁当を持って行かない

上記の決定により、旦那の必要なお小遣い額が変わってくるでしょう。

 

通信費、格好品や飲み会にお小遣いを費やす旦那が多い

通信費や格好品、飲み会、遊興費などの交際費をお小遣いでまかなっている旦那が多いことが分かります。

会社の飲み会や友達との飲み会なども、旦那のお小遣い内で払う場合も少なくありません。

 

40代、50代になると、部下たちにご馳走してあげる場面も多くなることを考えると、旦那のお財布事情は楽だとは言い難いでしょう。

 

旦那のお小遣い額を決定する時に考慮すると良いことは?

旦那のお小遣いを決定する時には、次の点を考慮できます。

  • 共働きか?
  • 家族構成
  • 年収

当項目では、旦那のお小遣いを決定する際に考慮すると良いことをまとめました。

 

共働きか?

共働きかそうでないかにより、旦那のお小遣い金額は変わります。

共働きだと、経済的に比較的に余裕があり夫婦共に自由に使えるお金の金額が高くなりがちです。

 

家庭によっては、お小遣いの金額を決めずにそれぞれ自分で自由にお金を使っている夫婦も少なくありません。

 

家族構成

家族構成や家族の状況も、旦那のお小遣いと関係があります。

旦那のお小遣いに関係してくると思われる家族構成の一例は、次の通りです。

  • 子供がいるか?
  • 何人いるか?
  • 何歳の子供がいるのか?
  • 親の介護は必要か?

 

子供が多い、子供他生まれたばかり、親の介護が必要、などの家族の状況によってはできるだけ節約したいと考えることもあります。

家族のために必要な出費がどれくらいかを考え、旦那のお小遣い額を決めましょう。

 

年収

上記の調査でも紹介した通り、旦那の年収と旦那のお小遣い額が関係していることが分かりました。

年収が多いとお小遣い額が多くなる傾向にあり、年収が少ないとお小遣いが少ない傾向にあります。

 

年収が多いことには次の点も関係してくることがあります。

  • 会社で責任のある立場についている
  • スキルの高い仕事をしている

 

会社で責任のある立場についていたり、スキルの高い仕事をしていたりする人は同僚や部下たちとの交流の場を大切にしていることも少なくありません。

交際費としての出費が必要になることも考えられます。

 

旦那のお小遣い額を決める時には次のことを考慮に入れましょう。

  • お小遣い額は旦那の年収に似合っているだろうか?
  • 旦那のお小遣い額は年収に対して少なすぎるだろうか(多すぎるだろうか?)
  • 旦那の必要を賄っているだろうか?

年収を考慮に入れてお小遣い額を決めることも大切です。

 

お小遣いの額を決める時には、以下の記事も参考にされてください。

 

旦那のお小遣いで揉めないコツは?

旦那のお小遣いのことで、夫婦喧嘩をしたくありませんよね。

 

後々喧嘩になったり揉めたりしないために、旦那のお小遣いの額を決める時に注意できる点は次の通りです。

  • 夫婦でよく話し合う
  • 旦那のお小遣いに含まれるものをはっきりとさせておく
  • 妻もお小遣いをもらう

当項目では、旦那のお小遣いのことで夫婦喧嘩にならないためのコツを具体的に紹介します。

 

夫婦でよく話し合う

一番大切なことは、夫婦で話し合うことです。

特に家庭の家計は、妻が任されて一任されているケースも少なくありません。

妻が収入と支出のバランスや、今後の貯金のことなどを考えて旦那のお小遣いを決めているとしても、旦那はなぜその金額になったのか納得しないことも考えられます。

 

夫婦でわざわざ一緒に話し合って、旦那のお小遣いを決めることのメリットは、次の通りです。

  • 旦那もお小遣いの額に納得しやすい
  • お小遣いの額内でやりくりするなど旦那の協力を得られやすい

 

自分のお小遣いがどうしてその額になったのかを納得すると、お小遣いの額に対して文句を言う可能性が低くなります。

お小遣い内でやりくりしようと協力してくれる可能性も高くなるのです。

 

旦那のお小遣いに含まれるものをはっきりとさせておく

夫婦でお小遣いの額を決める時に、お小遣いに含まれるものもはっきりさせておきましょう。

お小遣いに含まれるものと家計から出すものをはっきりさせておくことにより、のちに喧嘩になる危険を抑えられます。

 

お小遣いに含まれるものをはっきりさせておくことの一例は、次の通りです。

  • 旦那だけで子供を遊びに連れて行った時に発生した出費は?
  • スマホ代などの通信費は?
  • 旦那や妻の実家のために発生した出費は?
  • 家族で外食をしたときの出費は?
  • 旦那の衣料費や昼食代は?

細かいことを気にしているように感じていても、実際に細かい出費のことで喧嘩になる可能性も否定できません。

後で嫌な気分にならないためにも夫婦で話し合って、はっきりさせておくことが大切です。

 

妻もお小遣いをもらう

夫婦によっては、妻もお小遣いをもらうことでわだかまりが少なくなったと感じる場合も少なくありません。

夫婦で話し合って旦那と妻それぞれがお小遣い制にします。

 

ここで大切なのは次の通りです。

  • お互いにお小遣いの使い道を口出ししない
  • 先に決めたルールを守る

 

お小遣いに含まれるものなど、2人で話し合って決めたルールを守り、相手のお小遣いの使い道にケチをつけないようにしましょう。

お小遣いはそれぞれ、自分の好きなように使っていいとお互いを尊重することで、不満が少なくなります。

 

旦那のお小遣いに満足している?旦那や妻の本音とは?

旦那や妻は、旦那のお小遣いについてそれぞれどんな本音を持っているのでしょうか?

旦那や妻が旦那のお小遣いに対していだきがちな心境は、次の通りです。

  • まあまあ満足している旦那
  • 少ないけどごめんねと思っている妻
  • これ以上お小遣いをアップできないと思っている妻
  • 少ないお小遣いの中でお土産を買ってきてくれる旦那に感謝する妻

 

上記のように旦那も自分の収入や家計の状況を理解しているので、自分のお小遣いに納得している人が多いようです。

妻の側の本音としては、旦那のお小遣いをもっとあげたいけど家計がギリギリで限界なので申し訳なく思っていることが読み取れます。

当項目では、旦那のお小遣いに対して夫婦がそれぞれに感じがちな本音について具体的に紹介します。

 

まあまあ満足している旦那が多い

株式会社UOCCの調査によると、旦那が自分のお小遣いに対してまあまあ満足している人が多いと言えるでしょう。

<夫の満足度>
・かなり満足 : 7.1%
・まあまあ満足:24.3%
・普通    :31.4%
・少し不満  :24.3%
・かなり不満 :12.9%

引用:株式会社UOCC

かなり満足している人は少ないものの、まあまあ満足している人や普通の人を合わせると全体の半分以上を占めていることが読み取れます。

 

  • お小遣いを本当はもっと欲しいけど現実的に無理
  • この額でやりくりするしかない
  • 別に使うこともないしいいや

上記のように考えて、自分のお小遣いの現場にまあまあ満足して過ごしている旦那も少なくありません。

 

少ないけどごめんねと思っている妻

旦那のお小遣いの額に対して「少ないけどごめんね」と感じる妻は、珍しくありません。

https://twitter.com/kokosimon_fe/status/1278293900319318016

家計のギリギリの中で、旦那のお小遣いを絞り出している妻としては、本当はもっと旦那のお小遣いを多めにしてあげたいと考えていることもあるようです。

 

  • ボーナスなどいつもより収入が多い時にはお小遣いを多めにしている
  • お小遣いが少ないからお弁当などを作るようにしている

上記のようにお小遣いが少ないので、旦那がやりくりしやすいように協力しようと頑張っている妻の本音がわかります。

 

これ以上お小遣いをアップできないと思っている妻

旦那がお小遣いをアップさせて欲しいと催促してきたり、お小遣いの追加を請求してきたりすることに対してもう限界だと感じる妻も少なくありません。

妻たちが感じがちな心境は、以下の通りです。

  • お小遣いのやりくりが上手になって欲しい
  • かわいそうだけどこっちもギリギリでやりくりしているのをわかって欲しい
  • 旦那の浪費癖をどうにかして欲しい

 

家計をギリギリで回しているので、お小遣いを催促してきてもこれ以上無理だというのが現実の家庭も少なくありません。

特に旦那に浪費グセがある、やりくりが下手などの原因がある場合は旦那にもっと家計のことを考えて欲しいと思うのもうなずけます。

 

少ないお小遣いの中でお土産を買ってきてくれる旦那に感謝する妻

少ないお小遣いを使って、妻や子供達のために何かをしてくれようとする旦那の優しさに感謝する妻も大勢います。

旦那の交際費や、必要なことを補うためにお小遣いを渡しているのに、妻や家族のために使う優しい旦那は少なくありません。

  • お小遣いでお土産を買ってきてくれる
  • サプライズプレゼントをしてくれる

上記のように、少ないお小遣いの中から家族のために使ってくれる旦那に対してとても感謝しています。

 

まとめ

既婚している男性のお小遣いの平均金額は3万円台で、サラリーマン男性のお小遣い平均金額に比べて少し低い傾向にあります。

旦那のお小遣いの平均額の違いが見られる状況とは、次の通りです。

  • 旦那の年齢
  • 旦那の年収
  • 旦那の家族構成や状況

 

旦那のお小遣いに含まれる主なものを再度まとめました。

  • 昼食代
  • 通信費
  • 格好品
  • 交通費
  • 遊興費(趣味や遊びのためのお金)

 

旦那のお小遣いの額が原因で、夫婦喧嘩にならないコツは以下の通りです。

  • 夫婦でよく話し合う
  • 旦那のお小遣いに含まれるものをはっきりとさせておく
  • 妻もお小遣いをもらう

 

もちろん旦那のお小遣いの額を決めるのは家族の問題であり、平均額はあくまでも目安です。

夫婦で話し合って、自分たちの状況に合った額を決めましょう。

 

旦那のお小遣いについての、関連記事も参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました