【普通?】旦那のお小遣いが毎月2万円は少なすぎ?お小遣い事情や対策を解説!

旦那

「旦那のお小遣いが2万円は少なすぎる?」

「旦那のお小遣いを2万円でやりくりしている家庭ってある?」

「どうにかして旦那のお小遣いを2万円に抑えてもらいたい」

と悩んでいませんか?

 

子供の教育費やローンの返済、将来のための貯金と、生活に必要な出費のことを考えると旦那のお小遣い額を減らさずにはいられない家庭も珍しくありません。

 

そこで、今回は2万円というボーダーにこだわった、旦那のお小遣い事情について新生銀行による調査を基にして徹底的に調べました。

 

当記事で紹介する内容は、次の通りです。

  • 旦那のお小遣いは2万円は少なすぎる?
  • 旦那のお小遣いを2万円でやりくりできる?
  • 旦那のお小遣いを決める時に考慮すると良いポイントとは?

旦那のお小遣い額について悩んでいる方や、旦那のお小遣いをなんとか2万円以内に収めたいと考えている方はぜひ最後までお読みください。

旦那のお小遣いを決定するのに参考になるアイデアが、得られますよ。

 

旦那のお小遣いが2万円では少なすぎる?

家計のやりくりを任されている妻は、必要な出費や貯金額を念頭に置きながら旦那へのお小遣い額を決めますよね。

  • 本当ならもっとあげたいところだけど2万円がギリギリ!
  • お小遣い額が2万円って少な過ぎかも……

と悩みながら旦那にお小遣いを渡していることもあるのではないでしょうか?

 

そこで当項目では、サラリーマンの平均お小遣い額や、家庭を持っている男性のお小遣い時事情について、新生銀行の「2019年、サラリーマンお小遣い調査」をもとに以下について紹介します。

  • 2019年のサラリーマンの平均お小遣い額は3万6000円
  • 既婚男性の場合2~3万円のお小遣い額でも安すぎるわけではない!
  • 旦那のお小遣い額は手取りの1割以下が目安?
  • 年収や家庭の事情によってお小遣い事情も変わる

 

サラリーマンの平均お小遣い額は3万6000円!

新生銀行が発表した「2019年サラリーマンのお小遣い調査」によると、サラリーマンの平均お小遣い額は3万6000円であることがわかりました。

 

サラリーマンのお小遣い調査は下記の通りです。

引用:新生銀行

上記の調査によると、独身者も既婚者も含め、すべての年齢層のサラリーマン男性を対象にしたお小遣い額の平均は3万6000円であることがわかります。

3万6000円という額と比べると、旦那のお小遣い額が2万円だと少ないと言えるでしょう。

 

しかし、独身者と既婚者は、家族に対する責任が違うことも多く、既婚者に比べて独身者が自由に使えるお小遣い額が多いことも考慮に入れる必要があります。

平均額の3万6000円に達していないからと言って、旦那のお小遣い額が低いと決めつける必要はありません。

 

既婚者男性のお小遣い額は2~3万円でも安すぎるわけではない!

新生銀行による「2019年 サラリーマンお小遣い調査」によると、既婚者のお小遣い額は2~3万円でも安すぎるとは言えないことがわかります。

 

2019年 サラリーマンお小遣い調査によると次の調査結果が載せられていました。

引用:新生銀行

上記の調査によると、既婚者で子育てをしている家庭や、妻が専業主婦である家庭の男性のお小遣い額は2〜3万円でも珍しくありません。

 

お小遣い額はお昼ご飯を含んでいることも、考慮に入れましょう。

 

同調査によると、お昼ご飯代の平均金額は550円となり、1ヶ月分の昼食費を単純計算すると次の通りです。

1ヶ月にかかる昼食代:550×20日分=11000円

仮に、旦那がお弁当を持って行っているのであれば、お小遣い額が2万円でも十分に妥当の範囲内に収まっていると言えるでしょう。

 

旦那のお小遣い額は手取りの1割以下が目安?

旦那のお小遣い額を決める時に、

旦那のお小遣いはどれくらいがベスト?

と悩むことはありませんか?

 

一般的には、旦那のお小遣いは手取りの1割以下がベストと言われています。

旦那の給料が手取りで25万円の場合、2万5000円以下のお小遣いだと、家計を圧迫せずに妥当な金額だと言えるでしょう。

 

年収や家庭の事情によってお小遣い額も変わる

上記でも少し触れましたが、旦那のお小遣い額は旦那の年収や家庭の事情によって大きく変わります。

  • 年収が高く付き合いでもお金がかかる
  • 子育て中で将来の貯金もしたい
  • 家を購入したばかりでローンの返済がある
  • 嫁が専業主婦

 

上記のようにもともと旦那の収入が高く、付き合いでもお金がかかる場合は旦那のお小遣いも多めになるでしょう。

反対に子育て中、家を購入したばかり、妻が専業主婦などの状況では旦那のお小遣い額も少なめになることが予想されます。

 

旦那の「お小遣い額が2万円であること=お小遣い額が少なすぎる」と考えるのではなく、家庭の事情を考慮して状況に合わせた妥当な金額を決める必要があるでしょう。

 

旦那のお小遣いは2万円でやりくりできる?

結論から言うと、旦那や妻次第で、旦那のお小遣い額が2万円でもやりくりをすることは可能です。

当項目では、以下の内容について紹介します。

  • 旦那のお小遣いが2万円の内訳とは?
  • 旦那のお小遣いが2万円の場合の使い道は?
  • 旦那のお小遣い額を2万円以内に収めるためのポイントとは?

 

旦那のお小遣いが2万円の場合の内訳とは?

お小遣いが2万円の旦那が実際にお小遣いを使用する内訳はこちらです。

  • 飲み会代(1~1万5000円)
  • 嗜好品代(6000~1万5000円)
  • お菓子代(4000円ほど)

上記のように、飲み会代格好品代にお小遣いを当てている旦那が多いことがうかがえます。

格好品代にはお酒やタバコも含まれますが、タバコを吸わない旦那やお酒は食費から出している家庭では格好品代はそれほど必要ありません。

 

仕事中に買うジュース代やお菓子代もお小遣いの内訳の上位を占めています。

 

旦那のお小遣いが2万円の使い道とは?

上記と少し類似していますが、2万円のお小遣いをもらっている旦那のお小遣いの使い道についてまとめました。

  • 飲み会代
  • 趣味に使うお金(ゲームも含む)
  • お菓子代
  • 格好品代
  • 昼食代

飲み会代や格好品代、お菓子代だけでなく、趣味にお金を使ったり、お弁当を持っていけない時の昼食代をお小遣いから出している家庭もあります。

 

お小遣いを2万円以内で納めるためのキーポイントは?

サラリーマン男性のお小遣いの平均額が3万6000円であることを考えると、お小遣いが2万円である場合、上手にやりくりをする必要があることが理解できます。

 

お小遣いを2万円以内で収めるためのキーポイントは、こちらです。

  • お弁当を持参で行く
  • コーヒーやジュースなどの飲み物は自宅から持っていく
  • 漫画や小説は電子のものを使う
  • 課金が必要なゲームはしない
  • 高額なお金が必要な趣味は避ける

先ほども紹介しましたが、旦那が外で昼食を済ませる時に必要な昼食代は約11000円です。

 

旦那のお小遣いをできるだけ2万円以内で収めたい場合、お弁当を持っていくか行かないかが大きな鍵になるでしょう。

コーヒーやジュースは極力家から持っていくようにしたり、ガムやお菓子はコンビニでは買わないことを意識するならお菓子代を減らせます。

 

課金が必要なゲームを避けたり、高額な費用がかかる趣味は避けてもったりしましょう。

 

上記の対策をする時のポイントは次の通りです。

旦那だけでなく妻の協力も必要!

旦那のお小遣いを2万円以内で抑えるために、二人三脚で対応できます。

 

旦那のお小遣いを決めるのに考慮すると良いポイントとは?

お小遣い額が2万円でも納得して協力してくれる旦那もいれば、お小遣いを5万円以上あげていても「足りない」と言ってくる旦那もいます。

 

お小遣いが原因で夫婦喧嘩にならないため考慮すると良いポイントは、下記の通りです。

  • 夫婦で話し合う
  • お小遣いの線引きをしておく
  • 別の方法でフォローを考えておく

当項目では、旦那のお小遣いを決定するのに考慮すると良いポイントについて紹介します。

 

夫婦で話し合う

まず大切なのは、夫婦で話し合うことです。

 

仮に妻が決めた2万円と言う金額が妥当だったとしても、旦那からすると

  • 嫁が勝手に決めた
  • 俺が働いているのに2万円しかもらえない!

と、お小遣い額に不満が出る可能性も否定できません。

 

夫婦でよく話し合い、収入、出費、貯金のバランスを考えて金額を決定するなら、旦那も納得しやすくなるでしょう。

 

お小遣いの線引きをしておく

お小遣いの線引きをしておくことも、のちに喧嘩にならないためには大切です。

  • どこまでお小遣いなのか?
  • どこから生活費として出すのか?

の線引きをしておきましょう。

 

具体的には……

  • 衣料代は?
  • 旦那のお昼ご飯代は?
  • 子供を遊びに連れて行った時にかかった出費は?

など、考えられるシチュエーションを挙げて話し合えます。

 

別の方法でのフォローを考えておく

お小遣いの2万円以内で全てをやりくりするのが大変な場合、フォローをすることを考えておきましょう。

 

例えば……

  • お弁当は作る(お昼ご飯代は別に渡す)
  • ボーナスの時は多めにお小遣いを渡す
  • 衣料代は生活費から出す

などのフォローができます。

 

フォローをしてもらえ、上手にやりくりすると2万円でもやっていけることが理解できるなら旦那も不満に思いにくくなるでしょう。

 

旦那のお小遣い事情を解説?

2万円のお小遣いをもらっている旦那のお小遣いにありがちな問題は、次の通りです。

  • お小遣いが少なすぎると友達に言われる
  • お小遣い2万円のATM婚が問題に……
  • 旦那のやりくりが下手でお小遣いが足りないと言われる

当項目では、旦那のお小遣い事情について紹介します。

 

お小遣いが2万円だと旦那の友達から少ないと言われる

お小遣いが2万円であることに対して、旦那の友達から少なすぎだとそそのかされるケースも少なくありません。

 

  • 旦那の周りは独身が多い
  • 旦那が友達にお小遣いが少ないと言われたと言ってきた
  • 友達のせいでお小遣いアップの要求をされるようになった

 

上記のように、友達から

  • お前のお小遣い少な過ぎだろ!
  • お前が働いているんだからもっともらっていいだろ!

などと言われると、その気になり、お小遣いをアップして欲しいと言ってくるのです。

 

家庭それぞれ事情は違いますので、夫婦で最初にしっかりと話し合い旦那にも納得してもらっておきましょう。

 

お小遣い2万円のATM婚が問題に……

お小遣い2万円のATM婚をご存知ですか?

 

年収が比較的高い男性と結婚し、妻が旦那の収入を管理、旦那に与えるお小遣いは2万円という状況のことです。

要するに、愛情よりもお金を優先し、旦那をATMと思って結婚した後に、妻がお金の実権を握ります。

 

旦那からすると

結婚前にしっかりと話し合っておけばよかった

と後悔するケースも珍しくありません。

 

旦那のやりくりが下手でお小遣いが足りないケースもある

旦那のやりくりが下手で、お小遣いが足りないケースもあります。

旦那がお小遣いが足りないと言ってきたら、すぐに追加で渡すのではなく、旦那のお小遣いの使い道をよく聞いてみましょう。

 

  • お菓子やジュースはいつもコンビニ
  • 買ったものを結局食べてない(無駄が多い)
  • いつも遊んでいる

上記のように、考えなくお金を使ってしまったり買ったものを無駄にしたりしているのであれば、お小遣いがいくらあっても足りません。

 

妻としては

お小遣いのやりくりを教えるなんて子供みたい!

と思いたいところをグッと堪えて、上手にやりくりできる方法を旦那と一緒に考えましょう。

 

旦那のお小遣いに対する妻の本音とは?

家計をやりくりしながら、旦那のお小遣いのことを考える妻は大勢います。

 

旦那のお小遣いに対する妻の心境や状況は次の通りです。

  • 手取り24~26万円だと月に5万円のお小遣いは高すぎ?
  • 3万円でも足りないと言われる
  • 子供が小学校に入るまでは働きたくない
  • もっとお小遣いをあげたいけと家計も厳しい
  • お小遣いを妻のために使ってくれる旦那

当項目では、妻たちの心境や状況について具体的に紹介します。

 

手取り24~26万円だと月に5万円のお小遣いは高すぎ?

手取り24~26万円の旦那が月に5万円のお小遣いを請求することがあります。

 

これに対して妻は

  • いくらなんでも高すぎじゃない?
  • お小遣いが必要なのはわかるけど家計のことも考えてよ

と考えがちです。

 

もちろんお小遣いの額は夫婦で決めることであり、2人が納得したのであれば問題ありません。

しかし、旦那のお小遣い額の目安が手取りの1割であることを考えると、少し高めの額とも言えるでしょう。

 

3万円でも足りないと言われる

もうすでに月に3万円のお小遣いを渡しているのにかかわらず、お小遣いが足りないからアップしてくれと言われることもあります。

 

妻からすると

  • もうすでにギリギリだから難しい
  • これ以上渡せない
  • 家計が厳しい

という感情をいだきがちです。

 

子供が小学校に入るまではできるだけ働きたくない

旦那にお小遣いをもっとあげたいけど、子供が小学校に上がるまではできるだけ働きたくないと考えている妻も大勢います。

 

妻としては……

  • あと少しお小遣いが少ないままで我慢して!
  • 今はできるだけ子供と一緒に時間を過ごしたい

という気持ちを抱くこともあります。

 

もっとお小遣いをあげたいけど家計も厳しい

お小遣いが足りないと言っている旦那に対して、家計が厳しいから我慢してもらうしかないのが現状なのも少なくありません。

 

  • 自分のお小遣いも削っているからこれ以上無理
  • できるならもっとあげたい
  • ごめんよ……旦那

と本心では思っている妻たちも大勢いるのです。

 

お小遣いを妻のために使ってくれる旦那

お小遣い制で、上手にやりくりをしないといけないはずの旦那が、大切なお小遣いを妻のために使ってくれることに対して妻は幸せを感じています。

 

例えば……

  • 旦那のお小遣いで食事に行った
  • 旦那はお小遣い少ないのにケーキを買ってきてくれる
  • カフェに連れて行ってくれた
  • アイスを買ってくれた

などの状況です。

 

高価な食事、高価なプレゼントにこだわっているわけでなく、旦那が自分のためにお小遣いを使ってくれる気持ちをありがたく思っている様子が伝わります。

 

まとめ

旦那のお小遣い額を決める前に考慮すると良い、現在のお小遣い事情は次の通りです。

  • 2019年のサラリーマンの平均お小遣い額は3万6000円
  • 既婚男性の場合2~3万円のお小遣い額でも安すぎるわけではない!
  • 旦那のお小遣い額は手取りの1割以下が目安
  • 年収や家庭の事情によってお小遣い事情も変わる

 

旦那のお小遣いを決めるにあたって考慮すると良いポイントを、再度まとめました。

  • 夫婦で話し合う
  • お小遣いの線引きをしておく
  • 別の方法でフォローを考えておく

もっとお小遣いアップをしたいと思っていても、家庭の状況によってはどうしても2万円が精一杯ということもあるでしょう。

 

上手にやりくりをして、きちんとフォローをするのであれば、旦那のお小遣いが2万円でも妥当な範囲だと言えます。

夫婦でしっかり話し合い、お互いに納得した上で旦那のお小遣い額を決めましょう。

 

妻の少ないお小遣いの範囲でできる旦那へのプレゼントに悩んでいる方や、お小遣い事情をさらに知りたい方は下記の記事を参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました