【疑問】旦那のお小遣い実態を徹底解説!日本人男性のお小遣い平均額は4万円弱!

旦那

「旦那からお小遣いをあげてって言われるんだけど、ぶっちゃけギリギリ……」

「できれば旦那のお小遣いの額を下げたいんだけど……」

「旦那にお小遣いをあげないとダメ?」

と悩んでいませんか?

 

家計をやりくりする中で、旦那のお小遣い額をどうするかについて悩みますよね。

一般家庭に比べて少なすぎるのではないかと、心配する妻も少なくありません。

今回は旦那のお小遣い状況について、平均額現状内訳などを調べました。

 

当記事で紹介する内容は下記の通りです。

  • 男性の平均お小遣い額は4万円弱!
  • 旦那のお小遣い現状について
  • 旦那のお小遣い額を決めるのに考慮するポイントとは?

旦那のお小遣い額に悩んでいる方は是非、最後までお読みください。

 

男性の小遣い平均額は4万円弱

日本人男性の平均お小遣い金額についての結論から言ってしまうと、平均お小遣い金額は4万円弱です。

  • え!うちは高すぎる!
  • うちは4万円も出せない!

など、さまざまな感想を持たれるのではないでしょうか?

 

日本人男性のお小遣い平均額には、次のいろいろな背景の男性を含みます。

  • 独身者
  • 既婚者、子供なし
  • 既婚者、子供あり
  • 既婚者、共働き

独身者と既婚者、子供がいるか、共働きかにより旦那の小遣い額は変化しますので、旦那の小遣い額が4万円以下だったとしても焦る必要はありません。

 

当項目では、年齢別の男性の小遣い額や給料とお小遣いの兼ね合いについて紹介します。

 

年代別!男性のお小遣い額について

年齢別男性のお小遣い額について、新生銀行による「2018年サラリーマンのお小遣い調査」結果が載せられていました。

引用:新生銀行「2018 年サラリーマンのお小遣い調査」結果について

20、50代の男性に比べ、30、40代の男性のお小遣い額は低いことがわかります。

 

家庭の状況別によって旦那のお小遣い額に変化があることについても、上記と同じ新生銀行の「2018年サラリーマンのお小遣い調査」結果のレポートに載せられていました。

引用:新生銀行「2018 年サラリーマンのお小遣い調査」結果について

既婚者で子供がいる家庭の男性の小遣い額は2~3万円台と、4万円弱の平均額に比べて明らかに低いことがわかります。

 

上記の2つの調査から読み取れることは、30、40代男性は結婚して子育てをしている可能性が多く、小遣い額も低くなりがちであることです。

 

自由に使えるお小遣い額を減らし、子供のための貯金、生活費、ローンの返済などに当てていることがうかがえるでしょう。

 

旦那のお小遣いは収入の1割以下が理想?

一般的には、旦那のお小遣いは収入の1割以下が理想だと言われています。

旦那の手取りが24万円である場合、旦那の小遣いは2万4000円以下であることが理想とされるでしょう。

 

旦那のお小遣い額が手取りの1割よりも高い場合、見直しをするのもいい方法です。

 

旦那の小遣い額は

  • 弁当持参or外で食べるか?
  • 交際費は含まれているか?

など家庭の状況によっても大きく変わります。

 

給料の1割はあくまで目安ですので、家庭の状況に合わせて調整するとよいでしょう。

 

旦那のお小遣い現状について

旦那のお小遣い額を決めるにあたって、お小遣いの内訳や、起こりがちな問題について理解しておくと後に喧嘩になるのを防げます。

 

旦那のお小遣いについての現状について、下記にまとめました。

  • 一般的なお小遣いの内訳とは?
  • 旦那のお小遣い1~2万円は少ない?
  • お小遣いが低すぎて旦那からやりくりができないと言われる
  • 旦那のお小遣いが高すぎて家計のやりくりができない

当項目では、旦那のお小遣いについての現状を具体的に紹介します。

 

一般的なお小遣いの内訳とは?

お小遣いの金額を決めるにあたって

他の家庭では、旦那のお小遣いの内訳はどうなっているのだろう

と、気になりますよね。

 

一般的に旦那のお小遣いの内訳は以下の通りです。

  • 昼食代
  • 格好品代
  • 交際費
  • 趣味にかかる費用

内訳として多いのは、昼食代や、ジュース、アルコールなどの格好品代、同僚や友達と飲み会に行く時やご飯を食べる時にかかる交際費でした。

趣味にかかる費用も、旦那のお小遣いの内訳にあげる家庭が多いことがわかります。

 

  • 衣料品代
  • 家族で出かける外食費や外出費

上記の費用に関しては、家計から出している家庭が多いようです。

 

弁当を持っていく家庭は昼ごはん代が要りませんし、家庭によっては昼ごはん代をお小遣いと分けて渡しているところもあります。

 

旦那のお小遣い1〜2万円は少ない?

サラリーマンのお小遣いの平均金額を見て

旦那のお小遣いは1~2万円だと少ないのだろうか?

と考える妻がいたとしても不思議ではありません。

 

先ほども少し触れましたが、旦那のお小遣い額を決めるのに、旦那の小遣いの内訳に、旦那の昼食代が含まれているかいないかが重要な位置を占めています。

 

参考までに男性が昼ごはん代として使用する平均金額は570円です。

仮に旦那の出勤日を20日とすると…570×20=11400円となります。

 

要するに、お小遣いの他に朝食代をもらっている旦那や、弁当持参で出勤している旦那は、お小遣いの中から1万円以上を使う必要がないのです。

加えてタバコも吸わず、アルコール代は家計から出しているなどの理由で格好品代もお小遣いから出していない旦那もいるでしょう。

 

上記の状況が重なると、旦那のお小遣いの使い道が下記のようになる場合も少なくありません。

  • 趣味程度
  • ちょっとしたものを買うくらい

この場合、旦那のお小遣い額は1~2万円でも十分である可能性もあります。

 

反対に昼食代や、格好品代、交際費、趣味にかかる費用などを全て旦那のお小遣いでカバーしてもらうのであれば、1~2万円では足らないことが予想されるのです。

旦那や家庭の状況によって、お小遣い額を決めると良いでしょう。

 

お小遣いが低すぎて旦那からやりくりできないと言われる

旦那から

  • お小遣いをあげてくれ!
  • お小遣いが低すぎるからやりくりできない

と言われて悩む妻たちも少なくありません。

 

旦那の中にはお小遣いをあるだけ使ってしまい、計画的に使えない人もいます。

月初めにお小遣いを全部使ってしまい、足りなくなるパターンです。

妻に催促して足りない分を家計から補ってもらっている旦那も、少なくありません。

 

妻としては

  • これ以上、お小遣いを高くできない
  • お小遣いを減らしたいのが本音なのに……

となる場合もあります。

 

お小遣いを計画的にやりくりできない旦那に対して、

  • 無駄遣いしたらダメ!
  • ちゃんと計画的に使って!

と話すだけだと効果は薄いでしょう。

 

計画的にお金をやりくりできる旦那なら、とっくにやっているからです。

旦那とよく話し合い、旦那のお小遣いの内訳や毎月の出費を出してもらいましょう。

 

その中で

  • 本当にお小遣いが足らないのか?
  • 改善できる要素はないか?
  • 本当にお小遣いが足りない場合いくら増やすか?

などを話し合えます。

 

旦那の無駄が原因で、お小遣いが足らないとわかった場合、まずは改善してもらうことが先決です。

上記でも紹介した通り、お小遣いの内訳に朝食代が入るか入らないかにより、旦那の必要なお小遣い代は変わってきます。

お小遣いを増やせない場合は、週に何日か弁当を持っていってもらうなどの対策をとるのも1つの方法です。

 

旦那のお小遣い額を決めるのに考慮するポイントとは?

旦那のお小遣い額を決めるのに、以下のことを考慮すると良いでしょう。

  • 共働きか?
  • 子供がいるか?
  • 給料の額
  • 弁当有り無しか?

当項目では、夫婦でお小遣いについて話し合う時に、考慮すると良いポイントについて紹介します。

 

共働きか?

まず考慮すると良いのは、夫婦共働きか、妻は専業主婦をしているのかという点です。

共働きの夫婦だと収入が多いことが予想されますが、妻が専業主婦だと主に旦那の給料でやりくりしなければなりません。

 

もちろん夫婦共働きだからと言って、なんでも自由にお金を使っていいわけではありませんが、お互いに自由に使えるお金の額が増えることは予想されるでしょう。

 

子供がいるか?

子供がいるかいないかは、夫婦とも茨城かどうかに比べてさらに旦那のお小遣い代に影響します。

 

子供がいる家庭は

  • 生活費
  • 教育費
  • 将来に備えての貯金
  • 子供の病院代

など何かとお金が必要です。

 

上記の表でも紹介しましたが、実際に子育てをしている家庭の旦那のお小遣い平均額は、子育てをしていない家庭に比べて低い結果になりました。

夫婦共働きだったとしても、子供のために使えるお金を残しておくために、お互いのお小遣いが減ることは否めません。

 

給料の額

いうまでもありませんが、旦那の給料の額を考えてお小遣いの額を決めるのは大切です。

先ほども紹介した通り、旦那のお小遣いとして理想的なのは一般的に給料の1割程度が目安になると言われています。

 

一般の日本人男性のお小遣いの平均金額が4万円弱だったとしても、自分たちも合わせる必要はありません。

給料や家庭の状況に見合った額に決定するのが、賢明でしょう。

 

弁当ありか?なしか?

弁当ありか?なしか?によってもお小遣いの額は変動します。

上記で説明した通り、一般男性が昼食代にかける平均金額は570円ですので、弁当を持っていかない場合は昼食代を考慮に入れてお小遣い代を上げる必要があるでしょう。

 

反対にお小遣いを減らす場合は、お弁当を持っていくなどの工夫も必要です。

 

旦那のお小遣いで揉めないコツとは?

旦那のお小遣いが原因で喧嘩になりたくありませんよね。

旦那のお小遣いが原因で揉めないためには、お小遣いについて夫婦で話し合っておくことが大切です。

 

例えば以下のことを話し合えるでしょう。

  • お小遣いの内訳をはっきりさせる
  • 妻もお小遣いをもらう
  • 2人で決める

当項目では、後に旦那のお小遣いの件で揉めないために今からできる対策法について紹介します。

 

お小遣いの内訳をはっきりさせる

旦那とお小遣いの件で喧嘩をする、トラブルが起こるなどの問題をできるだけ減らすためにはお小遣いの内訳をはっきりとさせることも大切です。

 

例えば……

  • 旦那のお小遣いから出してもらうもの
  • 家計から出すもの

の内訳をしっかり話し合っておきましょう。

 

例えば……

  • 旦那と子供達が出かけた時に使ったお金は旦那のお小遣い?
  • 外食費は旦那のお小遣い?

などをはっきりとさせておくと、のちに喧嘩になる確率が低くなります。

 

妻もお小遣いをもらう

旦那だけでなく、妻もお小遣いをもらうことでトラブルが減ったカップルも少なくありません。

 

  • 夫婦でお小遣い性にすることで平等なイメージがある
  • 妻も自由になるお金ができる

などの理由が挙げられます。

 

特に家計のやりくりと旦那からのお小遣いの催促の板挟みになってストレスを抱えている妻は、少しでも自由にできるお金があることで気持ちが楽になる場合もあるでしょう。

 

2人で決める

お小遣いの額は2人で決めることも大切です。

家計を握っているのが妻の場合、妻が旦那のお小遣いの額を全て決めてしまわないようにしましょう。

 

収入、出費、貯金などをきちんと出し、夫婦で話し合ってお小遣いの額を決めるなら旦那もお小遣いの額に納得する場合も少なくありません。

 

旦那の小遣いに対する妻の本音とは?

旦那の小遣いに対して、妻たちが不満に思うことも珍しくありません。

 

例えば、以下のように考えることがあります。

  • 月に5万は高すぎ?
  • 家計を圧迫している
  • お小遣いを渡しているのにいろいろと請求をしてくる

当項目では、旦那のお小遣いに対して妻が思っている不満の本音を紹介します。

 

月に5万は高すぎ?

月に5万円ものお小遣いを渡していることに対して、高すぎるのではないかと考えている妻たちもいます。

特に旦那の給料が手取りで20~25万円で、お小遣いを5万円渡しているのに、足りないと言ってくる旦那に対して怒りを感じる妻も少なくありません。

 

  • 友達付き合いが派手
  • 趣味にお金をかけすぎる
  • もっと家庭や家計のことを考えて欲しい
  • 5万円以上あげないといけないの?

と悩んでいる妻もいます。

 

旦那が独身の友達といつも一緒にいるのであれば、お小遣いが5万円でも足りないのは想像に苦しくありません。

既婚者と独身者では、お金の使い道が全く異なるからです。

旦那が独身の友達と遊びのレベルを合わせようとし家計を圧迫している場合は、旦那ときちんと話し合うこともできるでしょう。

 

家計を圧迫している

https://twitter.com/yupa20170314/status/1204246980257447936

旦那のお小遣いが家計を圧迫し、貯金が全くできていないなどの現状に悩む妻も少なくありません。

 

例えば……

  • 私も我慢しているんだからもうちょっとなんとかして欲しい
  • 俺は外で働いているから小遣いがもっと必要だという主張をするのはやめて欲しい

などの悩みを持っています。

 

  • 将来のことを考えて、できるだけ貯金をしておきたい
  • 本当に家計がギリギリ

と考える妻にとって自分のお小遣いのことだけを考えている旦那が自己中心的だと感じることもあるようです。

 

お小遣いを渡しているのに色々と請求してくる

https://twitter.com/yupa20170314/status/1204246980257447936

十分なお小遣いを渡しているはずなのに、すぐにお金を使い切ってしまい、いろいろと請求をしてくる旦那に対して苛立ちの気持ちを感じる妻も少なくありません。

 

例えば……

  • いい加減にしろ!
  • もっと大人になって欲しい

という感情です。

 

確かに家族のことを考えて必死に家計をやりくりしている妻にとって、いつもお金を請求してくる旦那のことを「計画性のない」とイライラするのも理解ができます。

 

お小遣い性がないのが現代風?!

夫婦共働きのスタイルが増えてきた理由により「旦那は小遣い性」が一般的だった時代から変化し、今では「小遣い性がない家庭」も珍しくありません。

夫と妻の通帳が別で、お互いのお金の使い方には干渉しないスタイルです。

 

例えば次のスタイルがあります。

  • 旦那:家賃(もしくはローン)、光熱費、保険代などを担当
  • 妻:食費、生活費を担当

上記のように必要な出費の中で旦那と妻がそれぞれ担当するものを決め、その他は自分が好きなように使っていいというやり方をしている共働きの夫婦は珍しくありません。

 

夫婦別の通帳を持ち、お互いのお金の使い方には干渉しないことのメリットは次の通りです。

  • それぞれ自由に使えるお金が多い
  • ストレスになりにくい
  • シンプル

考え方がシンプルですし、それぞれが自由にお金を使えるのでストレスになりにくいのがメリットです。

 

反対に、夫婦がそれぞれの通帳を持つことのデメリットもあります。

貯金額を把握し辛い

それぞれのお金の使い道を干渉しない分、貯金額を把握しづらいのがデメリットです。

 

子供が産まれた、家を購入するなどの出来事をきっかけに実は貯金がなかったことが判明する家庭も存在珍しくありません。

問題を解決するために、夫婦で共通の通帳を1つ持ち共通の通帳に、話し合って決めた金額をそれぞれが毎月振り込むことにしている夫婦もいます。

 

まとめ

旦那のお小遣いについてのまとめは、次の通りです。

  • 日本人男性の平均お小遣い金額は4万円弱
  • 既婚者や子育て中の男性のお小遣い金額は平均より低い
  • お小遣いは給料の1割が目安!

 

旦那のお小遣いに関して、トラブルにならないためにあらかじめ話し合っておくと良いことを再度まとめました。

  • お小遣いの内訳をはっきりさせる
  • 妻もお小遣いをもらう
  • 2人で決める

 

旦那のお小遣いの額や内訳をあらかじめ夫婦で話し合っておくことによって、のちに問題が少なくな理がちです。

旦那のお小遣いに無駄が多すぎて家計を圧迫している場合は、見直しも含め夫婦できちんと話し合うことができるでしょう。

 

旦那のお小遣いに関する別の記事も参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました