【限界】旦那がおかずを全部食べるので離婚したい!妻のストレスや対処法7選を紹介!

旦那

「旦那がおかずを全部食べるので離婚したい!」

「旦那が私や子供の分のおかずを食べてしまうのでイライラする!」

「旦那におかずを全部食べられない対処方法何がある?

上記のようにお悩みではありませんか?

 

旦那がおかずを全部食べてしまうととても困るし、イライラしますよね。

どうしたらやめてもらえるか悩む女性も多いことでしょう。

 

この記事では下記について解説していきます。

  • 旦那がおかずを全部食べる!離婚はできる?
  • 旦那がおかずを全部食べる!妻のストレスは?
  • 旦那がおかずを全部食べる!改善するためには?
  • 旦那がおかずを全部食べる!対処法は?

 

当記事を読めば、おかずを全部食べてしまう旦那と離婚可能かどうかや対処法がわかることでしょう。

旦那がおかずを全部食べてしまい、イライラしている方はぜひ最後までご覧ください。

 

旦那がおかずを全部食べる!離婚はできる?

旦那がおかずを全部たべてしまってイライラの限界!離婚したい!とお考えではありませんか?

 

旦那がおかずを全部食べてしまうと、

  • 自分と子供が食べるごはんがなくなる
  • 食費がかさむ
  • たくさん料理を作らなければならないため、妻の負担が増える

上記のように、妻のイライラや負担は増えるばかりです。

 

旦那がおかずを全部食べてしまうことで離婚したい

と考えてしまうのも無理がないでしょう。

 

おかずを全部食べてしまう旦那と離婚できるかどうかについて、下記で説明していきます。

  • 協議離婚なら可能
  • 調停離婚でも離婚は不可能ではない
  • 裁判離婚まで進むと難度が上がる

では見ていきましょう。

 

協議離婚なら可能

おかずを全部食べてしまう旦那と離婚したい場合、協議離婚ならば可能です。

 

協議離婚とは下記のような離婚の方法のことを言います。

夫婦が話し合いをし、離婚する旨の合意が成立すれば、後は離婚届を市区町村に提出するだけで離婚が成立します。

この手続により離婚するケースが大半を占めています。

弁護士パーフェクト離婚ガイドより

日本ではほとんどの夫婦が、協議離婚によって離婚しているのが現状です

 

協議離婚には下記のようなメリットがあります。

  • 第三者の介入がなく本人同士の話し合いで離婚することができる
  • お互いが納得すれば離婚が成立するため、特別な離婚理由も不要
  • 短期間で離婚が成立する

協議離婚ならば「旦那がおかずを全部食べてしまうから」という理由でも、旦那が了承すれば離婚が可能なのです。

 

協議による離婚方法のため、旦那が応じなければ離婚成立は難しいでしょう

旦那が離婚に同意してくれるならば、協議離婚ならスピーディーに離婚が成立すると考えられます。

 

調停離婚でも離婚は不可能ではない

「旦那がおかずを全部食べてしまう」という理由で協議離婚ができなかった場合、次の段階である調停離婚で別れられる可能性もあります。

 

調停離婚とは下記のような離婚の方法のことを言います。。

夫婦間で話し合いをしたが離婚について合意できない、相手が話し合い自体に応じない場合には、調停による離婚をめざすことになります。

調停委員(男女1名ずつの場合が多い)と呼ばれる人が中心となって夫婦双方の話を聞き、離婚の合意や財産分与等の離婚の条件についてそれぞれの意見の調整を行ってくれます。

弁護士が教えるパーフェクト離婚ガイドより

調停離婚では、調停委員を交えて離婚が妥当か話し合いを経て離婚を協議するのです

 

第3者が間に立つため「旦那がおかずを全部食べてしまうから」という理由だけでは認められない可能性はあるものの、下記メリットもあります。

  • 夫婦は別席で進められるため、冷静に話し合うことができる
  • 第3者目線を交えた答えを導き出せる
  • お金や子供の問題も話し合われるため、離婚後のトラブルを回避できる

競技離婚より時間はかかるものの、夫婦間では冷静にできなかった離婚に向けた話し合いが、調停員の方が間に入ることでスムーズに進む可能性があるのです。

 

逆に調停委員との話し合いでも双方の合意が得られなければ、離婚は成立しません

上記場合は、裁判離婚へと駒を進めることで離婚成立を目指すこととなります。

 

裁判離婚まで進むと難度が上がる

旦那がおかずを全部食べてしまうという理由で、協議離婚・調停離婚にて離婚成立に至らなければ、裁判離婚へ進みます。

 

裁判離婚とは下記のような離婚の方法です。

調停離婚が成立しなかった場合、訴訟提起をする、つまり裁判で離婚や慰謝料等を請求することとなります。

裁判離婚をする場合には、原則として事前に調停手続を経ている必要があります。

弁護士が教えるパーフェクト離婚ガイドより

裁判離婚では民法が定める離婚事由が必要となるため「旦那がおかずを全部食べてしまう」という理由だけでは成立する可能性が低いといわざるをえません。

 

民法が定める離婚事由は下記5つがあります。

  • 浮気・不倫(不貞行為)
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

弁護士が教えるパーフェクト離婚ガイドより

裁判離婚では、離婚の理由が上記に該当することを裁判官に証明しなければならないのです。

 

おかずを全部食べてしまうことに加え、以下のような事情があれば「その他婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚が認められる可能性もあります。

  • 生活費を食べ物につぎ込んでいるため、家族が困窮している
  • 何度話し合いをしてもおかずを食べつくすことを止めようとせず、日常生活を送るのが難しい
ただし、上記のような事情があったとしても必ず離婚が認められるとは限りません。
離婚裁判では、夫婦関係の破綻を証明できなければ離婚成立は難しいため、弁護士に相談しながら準備を進めることをおすすめします。

旦那がおかずを全部食べる!妻が感じるストレス4選を紹介!

旦那がおかずを全部食べてしまうため、離婚したいほどストレスを感じる女性は多いでしょう。

 

せっかく作ったおかずを食べつくされるイライラはもちろんのこと、

  • 食事が楽しめない
  • 私や子供のことは考えてくれないの?
  • そもそもマナーが悪い!

旦那の人間性すらも疑いたくなりますよね。

 

妻がおかずを全部食べてしまう旦那に感じるストレスについて、下記4つを解説していきます。

  • マナーが悪くてイライラする
  • 食事を楽しめない
  • おかずの作り置きができなくてイライラ
  • 子どものために冷ましておいたおかずが…

下記にてひとつひとつ見ていきましょう。

 

マナーが悪くてイライラする

家族のことを考えずにおかずを全部食べてしまう旦那の、マナーの悪さにイライラする女性は多いことでしょう。

 

食事をするときに、下記は最低限のマナーと考えられます。

  • 大皿の料理はほかの人の食べる量に配慮する
  • 他の人の食事に勝手に手を出さない

家族の分までおかずを全部食べてしまう旦那に対して「マナーが悪い」とイライラする女性は少なくないでしょう。

 

おかずを全部食べてしまう旦那は食い意地が張っている場合が多いため、下記のような行動を取ることもありえます。

  • 口の食べ物を詰め込む
  • 咀嚼するときに口の中のものが見える
  • くちゃくちゃと咀嚼音を立てる

 

上記のように旦那の食事マナーが悪いと、一緒に食事をすること自体をストレスに感じる女性も多いでしょう

またイライラするだけでなく、子供に食事マナーを教える際に悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

食事を楽しめない

旦那がおかずを全部食べてしまう家庭では、食事を楽しめないこともストレスの要因となるでしょう。

美味しそうにたくさん食べる人との食事は楽しいものですが、旦那が家族の分のおかずも食べてしまうとなると、話が変わってきます。

 

  • 食事中の会話が楽しめない
  • 自分や家族の分のおかずを確保しないといけない
  • 食事中家族に配慮しない旦那にイライラする

上記のように食事中に楽しい会話ができないだけでなく、いつ自分の料理が奪われてしまうかと心配しながらだと、食事を楽しむ暇はまったくないと考えて良いでしょう。

 

毎日ともに過ごす中で食事を一緒に楽しめないのは、妻のストレスの大きな要因になると考えて間違いありません。

 

おかずの作り置きができなくてイライラ

食材を安いときにまとめて買って、おかずを作り置きをするという人も多いでしょう。

一生懸命作ったおかずを全部旦那に食べられてしまったら、イライラを通り越してショックを感じますよね。

 

作り置きのおかずは、普通一気に食べるものではありません。

  • 平日の夕飯用に土日に多めに作っておく
  • たくさん作った方がおいしい煮込み料理を作り冷凍しておく
  • 1品欲しい時のために常備菜を作っておく

上記のように、平日の家事の手間を省いたり家族のことを考えてあえて多めに作っているものです。

 

しかしおかずを全部食べてしまう旦那は、作り置きだろうが料理が出来上がった状態で保管されていると、食べたくい衝動を抑えられないことが多々あります。

自分の家事を助けるために作り置きをしているのに、見つかり次第食べられてしまうのは、イライラの大きな要因と考えて間違いありません

 

子どものために冷ましておいたおかずも食べてしまう

おかずを全部食べてしまう旦那は、子供の食べものでも我慢できずに食べてしまうことがあります。

上記も妻のイライラの要因と考えて間違いないでしょう。

 

子どもには作り立ての料理は熱くてやけどしてしまうかもしれないので、冷ましてから食べさせるために置いておくことがありますよね。

  • 揚げ物
  • スープ
  • 炊き立てのご飯
  • 煮込み料理

子供がやけどをしないように冷ましている間に、旦那に全て食べられてしまうと、妻のイライラは増すばかりでしょう。

 

もう一度用意し直すだけならともかく、

  • 子供用に薄味に作った料理
  • 材料を細かく刻むなどして食べやすくした料理

上記のように子供のために一生懸命作った料理を食べられた日には、ストレスは倍増すること間違いありません。

 

旦那がおかずを全部食べてしまう!対処方法7選を紹介!

旦那がおかずを全部食べてしまって本当にムカつく!改善する方法はないの?

とお悩みではありませんか?

旦那が家族の分までおかずを食べてしまうと、妻の食事作りの手間が増えるだけでなく、子供の成長や食事のマナーにも影響が出る可能性があります

 

この章では、旦那がおかずを全部食べてしまう場合の対処法7つを下記で説明していきます。

  • 「食べ尽くし系」だと自覚させる
  • 食べる量をコントロールさせる
  • 人のものと旦那のものはきちんと区別する
  • 旦那の分を先に取り分ける
  • 料理を一品ずつ出す
  • 迷惑なことをはっきり伝える
  • 目につくところに食べ物を置かないようにする

では見ていきましょう。

 

「食べ尽くし系」だと自覚させる

旦那がおかずを全て食べてしまう「食べつくし系」であることを本人に自覚させるところから始めましょう。

食べつくし系とは一緒に食事をする人の分や、作り置き食材を残らず食べてしまうなど、他人に配慮なく全て食べてしまう人のことを指す言葉として、ネットを中心に使われています。

 

「食べつくし系」または「食いつくし系」の人は、

  • 大皿の料理を1人で食べてしまう
  • 他人のお皿の料理を勝手に食べる
  • 作り置きしたものも食べつくす

上記のように料理を他人のことは考えずに全て食べてしまう傾向にあります。

 

おかずを全て食べてしまう旦那は「食いつくし系」と考えて間違いないでしょう

 

いくら旦那が、

  • 自分は迷惑はかけていない
  • 家族なんだから配慮はいらない
  • 成人男性はたくさん食べるもの

と考えていても、ほかの人の食事を奪ってまでいるならば「食べつくし系」といわれるタイプなのだということを、本人に自覚させることが大切です。

 

食べる量をコントロールさせる

おかずを全部食べてしまう旦那は、みんなで食べるときは食べる量を調整させるようにしましょう。

旦那の心理としては、食べ物があると、

  • 全部食べないといけない
  • 早く食べないとなくなってしまう

と思っているのかもしれませんが、大勢で食べるときの料理はみんなで楽しく分け合って食べるのが暗黙のルールです

 

まずは家族と一緒に食卓を囲む場で、ほかの人と食べる量を合わせる習慣を身に付けさせましょう。

  • 食事を噛む回数を増やす
  • 口に物が入っている間は箸を置く
  • 取り分けるお皿は小さめのものに変える
  • 食べるのに時間がかかるメニューを用意する

上記工夫をすることによって、食事に時間をかけて楽しむことを身に着けさせるのも有効です。

 

最初は物足りないかもしれませんが、料理を食べるだけではない食事の楽しみ方が自然とわかってくるはずです。

 

人の食事と旦那の食事はきちんと区別させる

おかずを全部食べてしまう旦那は、他人の食事と自分の食事を区別できるようになってもらうことが必要です。

 

おかずを全て食べる「食べ尽くし系」の人は、下記のような考えをする傾向があります。

  • 人の注文分にまで手を付けてしまう
  • 「出された食べ物はすべて自分のものだ」と思ってしまう

旦那の食事とほかの家族の食事はしっかりと区別してもらう必要があるでしょう。

 

上記を身につけてもらうための施策としては、

  • 一番最初に好きなだけ自分の皿に取り分けさせる
  • 肉類と同じ量の野菜を食べさせて満腹感を誘発させる
  • 量より品数を多くして満足感を出す

上記のように「自分が取り分けた分を食べたら満腹になる」ことを体感してもらえるような食卓を、心がけることが大切です。

 

先に旦那の分を取り分ける

おかずを全部食べてしまう旦那は、大皿料理でも自分が好きな料理であれば独占してしまいます。

その独占を防ぐためにも、最初から小皿に均等に取り分けるように習慣づけましょう。

取り分けておけば、食べ尽くされるリスクは大幅に減少します。

 

しかしおかずを全て食べてしまう「食べ尽くし系の人」は、取り分けてもほかの人の料理を横取りしたりするので、完璧な対策とは言えないでしょう

急に均等にとりわけても難しい場合は、下記工夫をするのが有効です。

 

  • 旦那の取り皿だけ大きめのものを用意する
  • 旦那にだけ1品多くつける
  • 白米はいくらでも食べて良いことにする

まずは「取り分けられたもの以外は手を付けない」ようになることが優先です。

旦那に「食事を取り分けられるのはいやだ」と思われてしまうと元も子もないので、旦那が食事に対して満足しながら取り組めるルールを意識しましょう。

 

料理を一品ずつ出す

先に取り分けておくのと少し似ていますが、食べ物を小出しにするという手も有効です。

おかずを全部食べてしまう人は、目についた食べ物を全て口にしないと満足しない傾向にあるため、料理を一品ずつ出すことで勢いを削ぐことができます。

 

  • サラダ
  • 煮物
  • 常備菜
  • 具たくさんのスープ

上記のような野菜がメインでかさが多い食材を最初に出すのがおすすめです。

またスープなどの温かい汁物も、食欲を落ち着かせるのに一役買ってくれるでしょう。

 

上記で食欲を落ち着かせた後に、

  • 肉や魚などのメインディッシュ
  • ご飯やパンなどの炭水化物

上記でしっかりお腹を満たしてもらえば良いでしょう。

 

1品ずつ出すことで食事をするスピードがゆるやかになり、早めに満腹を感じてもらえる可能性が高くなります

少し手間ではありますが、食べ尽くし系の人に直接注意するのは嫌というなら、この方法がおすすめです。

 

迷惑なことをはっきり伝える

おかずを全部食べる旦那には、食べつくし行為が迷惑であることをはっきり伝えることも検討しましょう。

ただし限界まで我慢するとどうしても喧嘩腰になってしまいますので、ストレスが溜まる前にそれとなく注意することをおすすめします。

 

  • みんなもその料理を食べたいだろうから分けよう
  • 〇〇は食べるのが遅いから、おかずを取らないであげて

など、その都度注意するのも効果的です。

 

ただし食べ尽くし系の旦那は悪いという自覚がないので、注意に対して、

  • ウザイ
  • 自分だけ注意されるのは理不尽だ

という考えを持つ恐れもあります。

 

楽しい食事の場で喧嘩するのは避けたいという理由で、食べ尽くし行為を指摘したくてもできない人は多いでしょう。

それでも毎日の食事を共にする家族なのですから、迷惑であれば伝える勇気も必要です。

 

目につくところに食べ物を置かないようにする

おかずを全部食べてしまう旦那には、目につくところに食べ物を置かないようにすることも有効な手段と言えるでしょう。

おかずを全部食べてしまう旦那は、食べ物が目の前にあると我慢ができない傾向があると考えられます。

 

そのため、

  • 作りおきの食事
  • カップ麺
  • スナック菓子
  • 朝食用のパン

上記のように目につくところにあり、簡単に口にできる食材は、全て食べつくされてしまう可能性が高いでしょう。

 

ストックしてた食材を全て食べつくされてしまっては、食費もばかになりません。

もしものときに為に食材を手元に置いておきたい

という気持ちはわかりますが、全て旦那に食べられることを阻止するために買い置きは一旦控えた方が賢明と言えます。

 

ストック食材が必要ならば、

  • 茹でた野菜
  • カップ麺ではなく袋入りの麺
  • お菓子ではなく果物

上記のように口にする前に調理する手間が必要なものや野菜をストックするのがおすすめです

 

簡単に食べられないものならば、食べつくされる可能性は下がるでしょう。

まずは目につくところに簡単に食べられる食材を置かないことと、常備する食材は野菜・果物や自分で調理しなければならないものに限定することが大切です。

 

まとめ

  • 旦那がおかずを全部食べてしまうことを理由に離婚はできる?
  • 旦那がおかずを全部食べないようにする対処法はある?

当記事では上記について解説しました。

 

離婚をする場合は、下記の方法で進めていきます。

  • 協議離婚なら可能
  • 調停離婚でも離婚は不可能ではない
  • 裁判離婚まで進むと難度が上がる

おかずを食べてしまうことだけを理由に離婚をするのは、難しい可能性が高いと考えられます。

 

おかずを全部食べてしまう、食べつくし系の旦那への対処法は下記7つが挙げられます。

  • 「食べ尽くし系」だと自覚させる
  • 食べる量をコントロールさせる
  • 人の食事と旦那の食事はきちんと区別させる
  • 先に旦那の分を取り分ける
  • 料理を一品ずつ出す
  • 迷惑なことをはっきり伝える

離婚をしてしまう前に上記の方法をまずは試してみてください。

 

また、関連した内容のページもありますので、あわせてご覧いただけると幸いです。

 

旦那が大食いでイライラしていて、理由やおすすめメニューが知りたい方は下記を参考にご覧ください。

 

旦那が食べ過ぎてどんどん太ってきたことに悩んでいる女性は下記記事もおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました