【最悪】旦那の借金を調べる方法はある?5つの方法と借金の解決策を徹底解説!

旦那

「旦那の借金を調べる方法はある?」

「旦那の借金が発覚したらどうしたらいい?」

「旦那の借金の解決法はある?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

旦那の借金に悩んでいる人は意外にもたくさんいますよね。

解決策を知りたいと思う方も多くいるでしょう。

 

当記事では

  • 旦那の借金を調べる5つの方法
  • 旦那の借金が発覚したら対応するべきこと
  • 旦那の借金を解決するには?

といった内容を徹底解説していきます。

 

旦那の借金を調べる方法にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、旦那の借金を調べる方法と対処の具体的方法がおわかりいただけるはずです。

 

旦那の借金を調べる5つの方法

旦那の借金を疑うのは、本当に辛いですよね。

どうやったら調べることができるのだろう?と悩む方もいるでしょう。

 

この項目では

  • 明細書や通帳をチェックする
  • WEBでの履歴をチェックする
  • 信用情報機関を通じて調べる
  • 探偵に借金調査を依頼する
  • 旦那に正直に聞いてみる

といった借金を調べる方法を具体的に見ていきましょう。

 

明細書や通帳をチェックする

ATMを通じて、銀行や消費者金融からお金を借りると、利用明細書が発行されます。

もしかしたら、利用明細書が、旦那の財布やポケットの中に、残っているかもしれません

その明細書を見つけることが出来れば、借入れ残高や取引金額などを確認することが出来るでしょう。

 

また、銀行や消費者金融から振込という形で、融資を受けた場合は、通帳にお金を借りた履歴が残ります

あと、クレジットカードに関しても、利用明細書が郵送で送られてくるか場合がありますので、そこから残高などを確認することも可能です。

 

WEBでの履歴をチェックする

しかし、最近はペーパレスの流れが進んでいるので、お金の貸し借りも、WEB上で完結するケースが増えています。

ですから、旦那のスマホやパソコンの閲覧履歴をチェックして、その中に、消費者金融の会員用サイト関連のページが複数あるか確認してみましょう。

見つかれば旦那が借金をしている可能性が高いです。

 

ただ、会員用ページにログインするには、IDとパスワードが必要になります。

仮にそれを探り当てたとしても、プライバシーの侵害にはなるので、あまり勝手に見ない方が良いのかもしれません。

 

信用情報機関を通じて調べる

もし、旦那の借金をより正確に調べらたい場合は、信用情報機関に情報開示請求を行なうという方法があります。

主要な信用情報機関は、以下の3つです。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構):消費者金融系列が多い
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー):信販会社やクレジットカード会社系列が多い
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター):銀行がメイン

これらの信用情報機関はお互いに債務者の情報を共有しています。

 

ただ、旦那が消費者金融から借金をしているのであれば、JICC(株式会社日本信用情報機構)から当たっていくなど、借金をしているところの系列を見ながら使い分けるようにして下さい。

情報開示の方法は、基本的には、パソコン(スマートフォン)、郵送、窓口を通じて申請を行い、費用は1,000円程度となります。

ただし、信用情報機関ではヤミ金からの借金は扱っていないのでご注意下さい。

 

本人の同意がないと情報開示は出来ない

しかし、ここで問題になってくるのは、信用情報機関への情報開示請求は、債務者本人、あるいは債務者から同意を得た上で委任を受けた人でなければ出来ないということです。

もちろん、旦那の本人確認書類(免許証やパスポート等)をこっそり使って申請することは出来るのかもしれません。

しかし、そういった行為は私文書偽造罪となりますので、旦那に無断で借金を調べるときは注意が必要です。

 

探偵に借金調査を依頼する

さらに、少し強引なやり方ですが、探偵事務所や興信所に依頼をして、旦那の借金を調べてもらうという方法もあります。

しかし、探偵が調べる場合でも、第三者が信用情報機関を通じて借金の情報開示請求をすることは出来ないという原則は変わりません

 

ですから、借金の正確な金額は分からなかったり、調査にかなりお金が掛かったり、また最悪の場合は、探偵が違法行為を行って調べることがあったりしますので、十分気を付ける必要があります。

何よりも、妻が内緒で自分の借金を調べていたことを旦那が後で知ったら、さらに夫婦関係が悪化するリスクがあるので、十分、気を付けて下さいね。

 

旦那に正直に聞いてみる

最後の方法は、思い切って、旦那い正直に聞いてみるというやりかたです。

旦那が内緒にしている借金を無理に調べようとすると、どうしても制約が出てきてしまいます。

ですから、理想的には旦那さんとよく話をした上で、借金問題を夫婦で一緒に解決していこうとすることが大切です。

 

もちろん、旦那さんは、どんなことがあっても借金を内緒にしたがるでしょう。

しかし、これは夫婦の根本的な信頼関係に関わる問題ですし、下手をしたら離婚問題に発展しかねません。

ですので、「借金について正直に話してもらえば許すけれども、あとで発覚したら離婚するわ。」ぐらいの気持ちも必要なのだと思います。

 

旦那の借金が発覚したら対応するべきこと

一緒に生活していくのにも難しい借金問題ですが、対処法はあるのでしょうか。

旦那の借金が発覚したら、対応すべき事をご紹介します。

 

下記の通りです。

  • 借金の理由を確認
  • 借入回数を確認
  • 借入先を確認
  • 借入額を確認
  • 二人で話し合う

それぞれの対処法を具体的に見ていきましょう。

 

借金の理由を確認

まずは借金の理由を確認することからはじめてみましょう。

夫婦のケースでは本当に借金は相手だけのものなのかも考える必要があります。

借金をした理由が、「日常家事債務」に該当する場合、配偶者にも返済責任が生じることがあるのです。

 

夫婦で生活をしているのですから、洗濯機、テレビ、冷蔵庫、家具などは二人で共有して使うことが多いでしょう。

そのようなものに借金をあてたとすれば、二人で支払いをしていくべきだという考えがあります。

また、家賃、食費、公共料金、受信料、洗剤、歯磨き粉などの日常品の購入、子供さんの教育費などに対しても同じ意味あいです、

 

配偶者にどのような借金をしたのか確認すれば、相当深刻なケースでは自宅に抵当権をつけていることもあります。

また、配偶者の印鑑を持ち出して保証人につけてしまっていることもあるのです。

 

とにかく事実を明確化させることが大事になります。

無断で印鑑を持ち出しされましたというケースでも、例外的に返済義務を負うことはあるのです。

 

借入回数を確認

借金癖は慢性化するもので、配偶者は既に借金地獄と化している可能性もあります。

逆に言えば、ほとんどの方が借金しているという言い方も出来ます。

住宅ローンも借金の内であり、カーローンもそうです。

そして、給料日前に飲み会に誘われたときカードローンで借金をしてピンチをしのぎ、給料日になれば即返済するという人もいるでしょう。

どの程度の業者から借り入れしているか、ひとつの業者に対しての借入回数、借入額の確認を行いましょう。

 

借入先を確認

次に、配偶者がどこから借金をしているのか正確に把握する必要があります。

主な借入先は

  • カードローン
  • 銀行系カードローン
  • 消費者金融
  • クレジットカードのキャッシング機能
  • 質屋で借りる
  • 友人から借りる

などがあります。

借入先によっては、信用情報に傷がつくなど今後の生活にも大きく影響がでる可能性があるため、どこから借金をしているのかを正確に確認しましょう。

 

借入額を確認

続いて、借入残高を知ることがとても重要です。

借入残高は、現在の段階で残っている借金額のことを指します。

 

最初にいくら借りたのかを知ることができても、現在の借入残高がわかっていなければ、解決へと導くことは出来ません。

借入残高を把握することができれば、どの程度の期間で借金を返済出来るのか計画を立てやすくなります。

 

借入残高確認方法は

  • 会員ページ・アプリで確認する
  • 借入先に電話で聞く
  • ATMで確認する
  • インターネットバンクで確認する

という方法があります。

 

二人で話し合う

配偶者の借金が個人的理由によるものなら、まずは支出の見直しが必要でしょう。

具体的には、クレジットカードや通帳・キャッシュカードを配偶者が回収をしてお小遣い制度にするというのも有効的方法です。

また、クレジットカード所有を許可するにしても限度額には介入し、生活に必要な限度額に留めるといいでしょう。

 

しかし、極端な対策を取ってしまい、今度は友だちなどに借金をしてしまい人間関係も失ってしまうこともあるので配偶者とよく話し合いすることも大事です。

また、配偶者の交遊関係であったり、お金の使い方、生活習慣などを見直すよう話し合うことも大事なポイントとなります。

 

もしも配偶者がなかなか説得しても聞いてくれない時には、配偶者の両親を巻き込んで説得するというのも方法です。

また、ギャンブルなどの依存症があってなかなか借金をやめることができないという場合もありますので、そのようなときにはカウンセリングも必要となります。

 

旦那の借金を解決するには?

 

一緒に生活していくのにも難しいモラハラ問題ですが、対象法はあるのでしょうか。

モラハラ旦那と生活していくうえで、有効な対処法をご紹介します。

 

効果的な対処法は下記の通りです。

  • 借金返済計画表を作る
  • カウンセリングを受けてもらう
  • 債務整理をする

それぞれの対処法を具体的に見ていきましょう。

 

借金返済計画表を作る

夫婦で頑張って支払いをしていこうと決めれば、まずは借金を明確にして、どのように返済していけばいいか借金返済計画をたてましょう。

そして、作成した借金返済計画表に従い返済を続けて行きましょう。

 

カウンセリングを受けてもらう

夫婦二人であれこれ考えてもいい解決策を見付けることができないかもしれません。

そのような場合、多重債務ほっとラインなどカウンセリングが設けられていることがありますので、相談するといいでしょう。

法テラスのような国の機関でも法律相談を行っていますが、最終的には弁護士(司法書士)を紹介されるため、急ぐ場合は最初から直接法律家のところに行くのが良いです。

 

債務整理をする

配偶者が借金地獄と化したとき、債務整理するという方法があります。

まずは自分の状況を正確に認識してもらうこと、その上で悩むことがあればカウンセリングなどで
専門家の意見を聞きましょう。

 

債務整理の必要がある場合はいくつかのメニューが考えられるため、自分の収入や現在の負債を考えて最適の方法を選択する必要があります。

まず、裁判所をまったく通さない「任意整理」、そして裁判所手続きである「個人再生」「自己破産」です。

 

任意整理と個人再生は「返済型」と呼ばれる手続きであり、収入が安定していないと選択することができません。

もし月々の返済自体がほとんど不可能という人は「清算型」の自己破産を選択して、すべての負債をゼロにしてもらって解決をはかるより他はないことになります。

 

まとめ

旦那の借金を調べる方法でで悩んだときは、下記を参考にしてみてください。

  • 明細書や通帳をチェックする
  • WEBでの履歴をチェックする
  • 信用情報機関を通じて調べる
  • 探偵に借金調査を依頼する
  • 旦那に正直に聞いてみる

借金を放っておくと、大変なことにもなりかねません。

きちんと現状を把握して、二人で解決していくようにしましょう。

 

下記に旦那の借金が発覚した場合の妻の返済義務について説明した関連記事もあるのでぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました