【不安!】40代の旦那が派遣社員!苦しい家計と今後の生活への不安を解決!

旦那

「40代の旦那が派遣社員でどうしよう」

「旦那が派遣だなんて恥ずかしすぎて友達に相談できない」

「派遣社員の旦那との将来が見えない」

家庭での一番の稼ぎ主が派遣となれば誰だって不安になりますよね。

 

そこでこの記事では、

  • 40代の旦那が派遣って異常?男性の派遣率は?
  • 40代の旦那が派遣社員で困ることは?
  • 40代の旦那に派遣を卒業してもらうために必要なことは?

これら3つのポイントについて説明していきます。

一家の大黒柱が派遣でどうしよう……と悩みを抱えている奥さま方、必見です。

 

40代の旦那が派遣って異常?男性の派遣率ってどれくらい?

私たちが勝手に連想する一家の大黒柱像は、正社員or自営業主としてバリバリ働いているといったものではないでしょうか。

だからこそ、40代にもなって派遣で働いている旦那を見た妻は、ため息が出てしまうのです。

 

そこでこの章では、

  • 意外と多い!旦那が派遣家庭
  • 男性の派遣率は49.4%
  • 40代男性の派遣率は13.5%

この3点について、厚生労働省が発表している派遣労働者調査を元に説明します。

 

意外と多い!旦那が派遣家庭

実は、旦那が派遣で働いている家庭は意外と多いことをご存じでしょうか。

 

ヤフー知恵袋などのネット上の質問サイトを見ると、

旦那が派遣で家庭が崩壊寸前

40代の旦那が転職を余儀なくされた。正社員への転職は厳しそう

などといった書き込みが、意外と多く目につきます。

 

 

派遣は正社員よりも自由度が高いので、若かりし頃には自ら望んで派遣を希望する人もいるでしょう。

しかし40代ともなれば、ほとんどの男性が家庭を持つため、安定を求めて正社員として働きます。

 

日本人は、人と違うことを極端に嫌う人種ですので、

どうしてうちの旦那だけ派遣なんだろう

と不安に思ってしまうのかもしれませんね。

 

男性の派遣率は49.4%

40代の旦那が派遣で働いているという不安は、残念ながらそう簡単に薄れるものではありません。

 

厚生労働省が発表している派遣労働者調査によると、平成29年時点における男女の派遣率は以下の通りです。

  • 男性の派遣率…49.4%
  • 女性の派遣率…50.6%

男女間で、そこまで大差がないことがお分かり頂けると思います。

 

日本ではこれまで、非正規=女性の働き方という考えが主流でしたが、それが崩れてきているといえるのではないでしょうか。

 

40代男性の派遣率は13.5%

働き盛りといわれている40代男性。

どれくらいの人が派遣として働いているのかというのは、以下の通りです。

 

派遣社員として働いている40代男性の割合…13.5%

これを多いと見るか少ないと見るかは人それぞれですが、同世代の男性のほとんどが正社員としてバリバリ働いている姿を見て、焦りを覚えるのも無理はないといえるでしょう。

 

40代旦那が派遣社員で困ることは?

40代の男性でも、「派遣で働く」という選択をしている人が意外と多いことが分かりました。

「稼いでくれるだけでもありがたい」と思わなければいけない世の中ではありますが、やはり一家の大黒柱には、正社員としてバリバリ働いてもらいたいもの。

 

そこでこの章では、

  • 正社員と比べると年収が低い
  • 安定的な収入が無く家計が不安定
  • クビになる可能性が正社員よりも高い
  • 世間的なイメージが先行して劣等感を抱きがち
  • 子供の将来にも影響するかもしれないという不安感

といった、40代の旦那が派遣で困ることについて説明していきます。

 

正社員と比べると年収が低い

派遣社員は、正社員と比べると年収が低いです。

 

平成30年時点での正社員と派遣の年収を比較してみましょう。

  • 正社員の平均年収…504万円
  • 派遣社員の平均年収…357.3万円

その差は147万円

とても大きな金額であることは一目瞭然ですよね。

 

クビになる可能性が正社員よりも高い

派遣社員は、以下のようなルールの元で仕事をします。

同じ派遣先企業の同じ組織で働くことができるのは3年まで

したがって、雇用契約を結んだ3年後には、何らかの選択をせざるを得ないのです。

 

とはいえ、3年後に絶対に離職しなければならないという訳ではありません。

在職中にしっかり業務をこなして派遣先企業に認めてもらうことができれば、3年後には直接雇用をしてもらえる可能性もあります。

そうでない場合は、残念ながら3年後には無職になり、再び就職活動を行う必要性が出てきます。

 

また、世の中の情勢が悪化した際など、正社員より先に雇用契約を解除させられるのは派遣社員です。

何かと制約の多い正社員ですが、万一の場合に会社に守ってもらえるのも正社員の特権。

だからこそ、正社員は安定しているといわれているのかもしれません。

 

世間的なイメージが先行して劣等感を抱きがち

ある程度の年齢になってからの派遣社員は、世間的なイメージがあまりよろしくはありません。

特に子供がいる場合は、「あそこのお父さん、派遣社員なんだって」という悪い噂が出回ってしまう恐れも。

 

世間体を気にするが余り、

  • 派遣社員である旦那に対して怒りが芽生える
  • 一家の大黒柱が派遣社員という不安感・不信感が最高潮に達する

などといった負の連鎖が生じてしまう可能性が高いです。

 

子供の将来にも影響するかもしれないという不安感

派遣社員は、正社員のように雇用が安定していません。

したがって、今は良くても数年後どうなっているかの見通しが立たないというデメリットがあります。

 

特に、旦那が派遣社員にも関わらず子どもがいる場合、子供の将来にも影響を及ぼす可能性は十分考えられます。

 

その影響とは、主に以下のようなものです。

  • 好きな習い事をさせてあげられない
  • 休日にレジャーを楽しませてあげられない
  • 好きな学校に進学させてあげられない

もう少しお金に余裕のある家庭であれば、子供の可能性を広げてあげられたかもしれない

そう嘆いても、子供の成長は止まってはくれません。

 

お金がすべてではないといいますが、お金があれば子供の可能性は確かに広がります

そのためには、少しでも収入の高い正社員として働くのがベストな選択といえるのではないでしょうか。

 

40代旦那に派遣を卒業してもらうために必要なことは?

40代旦那には、どうしても派遣を卒業してもらいたい

正社員として、立派に働いてもらいたい

そう願う妻は多いのではないでしょうか。

 

旦那に派遣を卒業してもらうためには、以下のような対策が必要です。

  • 旦那の話を親身になって聞く
  • 旦那と一緒に仕事を探す
  • 信頼できる人に相談する
  • 場合によっては心療内科を受診する
  • ひとまず奥さんが働きに出る
  • 最悪の場合は離婚を視野に入れる

それぞれ具体的に説明していきます。

 

旦那の話を親身になって聞く

40代にもなって派遣社員は辛い

自分の置かれた環境に辛い思いをしているのは、旦那本人です。

だからこそ、妻は旦那の一番の理解者になってあげる必要があります。

 

まずは、悩みや愚痴を優しく聞いてあげましょう。

その後、以下のような質問をしてみてください。

  • このまま派遣社員でいるのか
  • 定職に就く考えはあるのか
  • 定職に就くにあたって何か悩みはあるのか

派遣で働いている旦那を、決して責めてはいけませんよ。

 

旦那と一緒に仕事を探す

働き方が多様化している昨今、40代からの転職も上手くいく場合がほとんどです。

だからこそ、旦那一人に家計や家庭の今後を任せるのはNG。

夫婦二人三脚で旦那の就職先を探し、家計や家庭の状況が好転するよう努めましょう

 

その際、

  • 旦那の希望条件に合う会社
  • 収入面で安心できる会社
  • 定年まで安定して働けそうな会社

などを見付けることができれば、転職意欲も沸いてきます。

常に求人雑誌はチェックし、必要であれば企業に直接問い合わせなどをしてみると良いでしょう。

 

信頼できる人に相談する

旦那が40代で派遣社員というのは、人様にあまり知られたくない事実ですよね。

とはいえ、夫婦で頭を抱えているだけでは解決するものもしません。

 

信頼できる人に相談してみるのも1つの手です。

口が固く、しっかりした意見を持っている人が周りにいれば、その人に助言を頼んでみてはいかがでしょうか。

 

知り合いに相談するのはちょっと…という場合は、占い師などに相談してみるのも一つの方法です。

 

場合によっては心療内科を受診する

第1章で見たように、40代男性の派遣率は意外と高いです。

 

しかし、

  • 何かしらの理由があって正社員から派遣社員にならざるを得なかった人
  • 派遣社員という今の状況を、自分のデメリットだと考えている人

などにとって、派遣として働く今の自分は「負」でしかありません。

そのような場合、見た目には出なくても、心身ともに傷心している恐れがあります。

 

  • ちょっとしたことで思い悩んでしまう
  • 自己肯定度が極めて低い

などの症状がある場合、もしかしたらうつ病を発症している可能性があります。

心療内科の受診を奨めるなどの対策が必要となってきます。

 

ひとまず奥さんが働きに出る

40代の旦那が、正規・非正規関係無しに毎月給料を稼いできてくれるのであれば、足りない分は妻が働きに出るなどして補填しましょう。

 

妻が働きに出る際のポイントは、以下の通りです。

  • 40代旦那よりも低い給料に抑える
  • パートなど非正規として働く

家計があまりにも苦しかったら稼げるだけ稼いだほうが良いですが、そこまでではない場合、このポイントが重要です。

 

40代の旦那よりも妻が多く稼いでしまうことで、旦那の労働意欲が失われてしまいます。

最悪の場合、正社員として働く意欲が喪失してしまう恐れも。

家計の今後のためにも、旦那にいかに早く正社員として働いてもらえるかを一番に考えていきましょう。

 

最悪の場合は離婚を視野に入れる

  • 旦那がいつまでも派遣でいる
  • 話し合いをしても折り合いがつかない
  • 今後の生活に不安しか見当たらない

という方は、離婚を視野に入れるのも一つの手です。

離婚を突き付けられたとき、旦那が焦って就活を始めてくれれば良いですが、そうでない場合は最悪の事態を想定した行動を取りましょう。

 

まず、子供の養育費や慰謝料など、多額のお金を必要とするようなものは支払い能力に欠けるので、もらえないと思って割り切ったほうが無難です。

だからこそ、離婚という最悪の結果を出す前に、きちんと話し合いをするようにしてください。

 

まとめ

40代の旦那が派遣って異常?の結論は、以下の通りです。

  • 派遣として働く男性の割合は49.4%
  • 40代の男性の派遣率は13.5%

 

40代の旦那が派遣社員で困ることは、以下の通りです。

  • 正社員と比べると年収が低い
  • 安定的な収入が無く家計が不安定
  • クビになる可能性が正社員よりも高い
  • 世間的なイメージが先行して劣等感を抱きがち
  • 子供の将来にも影響するかもしれないという不安感

 

40代の旦那に正社員として働いてもらうために必要なことは、以下の通りです。

  • 旦那の話を親身になって聞く
  • 旦那と一緒に仕事を探す
  • 信頼できる人に相談する
  • 場合によっては心療内科を受診する
  • ひとまず奥さんが働きに出る
  • 最悪の場合は離婚を視野に入れる

 

40代の旦那が派遣という事実は、家計を苦しめるだけではなく、夫婦関係も悪化させがちです。

しかし、「派遣とはいえ働いてくれている」「毎月給料を入れてくれている」とポジティブに考えるようにし、決して旦那のことは責めないでくださいね。

 

旦那に仕事へのモチベーションを高めてもらって、早期の就職を目指していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました