【絶望】旦那が亡くなる!?そのとき妻はどうすればいい?体験談や必要な手続きまとめ

旦那

「旦那が亡くなるなんて……どうやって生活していけばいいの?」

「旦那が突然亡くなった。立ち直れない」

「旦那が亡くなったときにやらなければならないことがわからない」

上記のようにお考えではありませんか。

 

最愛の旦那が亡くなるというのは耐え難い出来事だと思います。

受け入れるまでには多くの時間が必要でしょう。

そこで当記事では、以下の内容について説明していきます。

 

  • 旦那が突然亡くなると生活はどうなる?壮絶な体験談
  • 旦那が亡くなったことを受け入れるためには
  • 旦那が亡くなってまず始めにやらなければならないこと
  • 旦那が亡くなる……必要な公的手続きは?

旦那が亡くなって耐えられない方必要な手続きがわからない方は、ぜひ当記事を最後までご覧ください。

 

旦那が突然亡くなると生活はどうなる?壮絶な体験談

まずは旦那が亡くなった方の壮絶な体験談をご紹介します。

  • 旦那が交通事故に遭った
  • 単身赴任中の旦那が突然死
  • 起きたら隣で旦那が死んでいた
  • 旦那が死んだら生きていけない……

 

今回は突然死を中心にご紹介します。

旦那が突然亡くなるなんて、病気などである程度の覚悟ができている場合よりもショックが大きいですよね。

では、それぞれ詳しくみていきましょう。

 

旦那が交通事故に遭った

1つめは旦那が交通事故に遭った体験です。

メッセージは警察からのもので、夫が車にはねられ、病院に搬送されたという内容だった。
美智子さんは急いで病院へ駆けつけたが、道すがら、「骨折程度で済んでよかったわね」と病室で談笑している様子を思い描いていたという。

「でも通されたのは霊安室でした。即死だったそうです。
夫に対面しましたが、そこから先の記憶が曖昧。
夫の両親と日本支社の方がパリに飛んで来て、夫の遺体を運ぶ飛行機に私と娘も同乗したんです。
空港に迎えに来ていた私の両親と妹に抱えられるようにして実家に向かいました。
翌日には喪服を着て葬儀にも出たし、火葬場へも行きました。
でも悪い夢を見ているんだとずっと思っていて、現実感がありませんでした。

参考サイト:婦人公論.jp

 

上記の体験談は、奥さんが第二子を妊娠中の出来事でした。

朝は普通に会話したのに、突然旦那が事故に遭って即死と言われても意味がわかりませんよね。

悪い夢を見ているのだと考えてしまうのも無理ないのではないでしょうか。

 

単身赴任中の旦那が突然死

2つめは、単身赴任中の旦那が突然死した体験談です。

「ご主人が部屋で倒れているようです。すぐ来てください
その電話がかかってきたのは、緊急事態宣言真っ最中の5月のことでした。
夫は10年目の単身赴任生活に入ったところで、私は、東京で仕事を続けながら、月に1回、夫の住む街に通うという二重生活をずっと続けていたのですが、コロナ禍で1か月以上会えていませんでした。
そんなさなかに、「まさか」の事態は起こってしまいました。

「落ち着け落ち着け」と自分に言い聞かせながら駅に向かって歩き、身内に事の次第を電話しました。そして、東京駅に着く途中でまた夫の会社の人から電話が入り、すでに亡くなっていることを知らされたのです。

間に合わなかった…。もう、急いで行く必要はなくなってしまった。
だれにも看取られず、夫はひとりで静かに旅立ってしまいました。

参考サイト:ESSE online

 

コロナ禍で起こった出来事なので、すぐに駆けつけようにも新幹線が減便されていて苦労したようです。

旦那さんは自宅で亡くなったため不審死扱いとなり、警察で安置されたとあります。

単身赴任中なので旦那に最後に会ったのは1ヶ月以上前になってしまいました。

もう会えないなんて信じられないですよね。

 

起きたら隣で旦那が死んでいた

3つめは、起きたら隣で旦那が死んでいた体験談です。

私は慌てて飛び起き、夫の寝室に向かって、「早く起きて~。遅れる!!」と叫びながら部屋に入りました。しかし、夫はすやすや眠ったまま。
「早く!」ともう一度叫びながら、起きない夫に近づいていきました。
なんだか様子が違います。

そのとき、夫の腕がふとんからだらりと出ているのに気づきました。
腕の内側に内出血のような痣が見えました。
「あっ死斑だ!」「死んでいる!」と、とっさに思いました。
これまで知識はあっても実際には見たことがないのに、なぜかそれが「死斑」だとすぐに分かったのです。

参考サイト:現代ビジネス

 

この方は「私が殺した?それか昨日のご飯が原因?」と咄嗟に考えてしまったようです

起きたら隣で旦那が死んでいるなんて、気が動転してしまっても無理ありません。

 

旦那が死んだら生きていけない……

4つめは「旦那が死んだら生きていけない……」という体験談です。

先月、夫が急死しました。持病もなかったのに突然でした。
夫も私も50代なかば。子供はいません。

突然一人になってしまい、気持ちがついていけません。
何をする気もおきず、いろんな手続きもなかなかはかどりません。
悲しくて、泣いてばかりいます。胸が苦しくてたまりません。

ずっと専業主婦で、これまでいかに夫に頼って生きてきたかを痛感してます。
お金、生活のいろいろな事、精神面・・・

これからは何をしても、何をするのも全部一人。
仲の良い夫婦ではなかったけれど、失ってからその存在の大切さ、ありがたさを思い知らされ、後悔と反省ばかりです。

参考サイト:発言小町

 

一緒にいるのが当たり前だと思っている人が突然いなくなったら、悲しくてたまらなくてなんのやる気も起きないのも仕方ないでしょう。

上記の方は専業主婦で子どももいないので、ひとりぼっちになってしまったと落ち込んでしまいますよね。

また前を向いて歩き出すには、長い時間が必要でしょう。

 

旦那が亡くなったことを受け入れるためには

旦那が亡くなるというのは耐え難いことですが、いつかは受け入れなければなりません。

そこで、旦那の死を受け入れるためにできることを5つご紹介します。

 

  • 両親や友人と気持ちを共有する
  • 感情を押し込めないようにする
  • 言葉にできないときは日記などの文章にしてみる
  • こころの専門家に頼る
  • 無理をしないで自分を大切にする

 

亡くなった直後はつらい気持ちを我慢する必要もないですし、何もしなくてもいいでしょう。

しかし、その状態でいるのがつらくなったときは上記の方法を試してみてください。

では、詳しくみていきましょう。

 

両親や友人と気持ちを共有する

まずは両親や友人と気持ちを共有してみましょう

自分と同じように旦那の死を悲しんでいる人と話すのです。

同じ気持ちをもつ人と話すことで、つらい気持ちが癒やされる可能性があります。

 

他にも、同じように旦那の死を経験した人と話すのもいいですよ。

身近にいない場合は、ネットで同じような境遇の人のブログを探してみましょう。

 

感情を押し込めないようにする

次に、感情を押し込めないようにしましょう。

悲しい気持ち、やるせない気持ちが落ち着くまで思いっきり泣くのです。

悲しい気持ちを押し込めてしまうと、いつまでも心を軽くすることができません。

 

子どもがいる場合は特に「泣いてばかりいられない」と無理してしまうこともあるでしょう。

しかし、自分のこともちゃんと大切にしてくださいね。

 

言葉にできないときは日記などの文章にしてみる

3つめは、言葉にできないときは日記などの文章にしてみましょう。

誰かに話すとなると、つい言葉を選んでしまって本音が話せないこともあります。

しかし、日記は誰にも見せないものなので、自分の素直な気持ちを吐き出すのに適しているのです。

 

書くことで頭の中が整理されるというメリットもあります。

誰かに見てほしいと思った場合はブログやツイッターに書くのもいいですよ。

 

こころの専門家に頼る

4つめはこころの専門家に頼ることです。

どうしても耐えられない場合は、カウンセラーや精神科医などのこころの専門家に相談しましょう。

 

旦那を亡くすというのは、いろいろなことが起こる人生の中でもトップクラスの悲しみです。

専門の人であれば適切な対処をしてくれますよ。

 

無理をしないで自分を大切にする

最後は無理をしないで自分を大切にすることです。

気持ちが落ち着くまでは自分の思うままに過ごしましょう。

自分のことを最優先に考えて自分に優しくするのです。

 

大人になると他人に気を遣うのが当たり前になりますし、やらなければならないこともでてきます。

しかし、気が進まなければ何もしなくてもいいのです。

それほどの大きな出来事なのだと考えるようにしましょう。

 

旦那が亡くなってまず始めにやらなければならないこと

次は、旦那が亡くなってまず始めにやらなければならないことをご紹介します。

  • 葬儀について
  • 知人へ訃報の連絡をする
  • 資産の管理

以上の3つが考えられます。

 

旦那が亡くなった直後は気が動転してしまうと思いますので、前もって確認しておきたいですよね。

では詳しくみていきましょう。

 

葬儀について

1つめは葬儀についてです。

葬儀の手配だけでもやらなければならないことがたくさんあります。

 

例えば、

  • 安置場所の確保
  • 寝台車の手配
  • 死亡診断書の受け取り
  • 葬儀社との打ち合わせ

ざっと考えただけでもこれだけあるのです。

 

葬儀の手配について詳しくまとめたサイトがあるので、詳しくはそちらをご確認ください。

参考サイト(終活メディア)はこちら

 

知人へ訃報の連絡をする

2つめは知人へ訃報の連絡をすることです。

お通夜・告別式の日程が決まったら、親族や知人へ連絡をします。

 

親族や旦那の職場の人の連絡先は知っていることが多いと思いますが、注意しなければならないのが友人です。

旦那がスマホにロックをかけている場合は、友人と連絡をとるのも一苦労になってしまいます。

普段から旦那の交友関係をきちんと把握しておくといいですね。

 

資産の管理

3つめは資産の管理です。

銀行は死亡の確認をすると、口座を凍結させます。
するとお金を引き出せなくなり、公共料金などの引き落としも不可能になります。

つまり、口座が凍結される前に必要なお金は引き出しておくといいでしょう。

 

そして口座の名義変更や解約には、誰が故人の財産を相続したのかがわかる公的な書類が必要となります。

詳しく内容は下記のサイトでご確認ください。

参考サイト(幻冬舎GOLD ONLINE)はこちら

 

旦那が亡くなる……必要な公的な手続きは?

さて、旦那が亡くなった後にやらなければならない手続きにはどのようなものがあるのでしょうか。

大きく分けて2つあります。

  • 四十九日以内に済ませなければいけない手続き
  • 1年以内に済ませなければいけない手続き

では、詳細をみていきましょう。

 

四十九日以内に済ませなければいけない手続き

まず四十九日以内に済ませなければいけない手続きで、重要なものは以下の5つがあります。

  • 死亡届を提出する
  • 世帯主を変更する
  • 住民票を除票する
  • 健康保険の資格を喪失させる
  • 国民年金・厚生年金の資格を喪失させる

 

実際には、これ以外にも細かい手続きがたくさんあります。

では詳しくみていきましょう。

 

死亡届を提出する

まず始めにやらなければならないのは、死亡届の提出です。

  • 期限は死後7日以内
  • 提出するのは死亡診断書・届け人の印鑑
  • 届け先は市町村役場
  • 届け人は同居の親族が多い

 

また、死亡届と一緒に提出するのが死体火葬埋葬許可申請です。

期限が短いので忘れないようにしましょう。

 

世帯主を変更する

次に世帯主の変更です。

  • 期限は死後14日以内
  • 届け先は市区町村役場
  • 提出するのは住民異動届書

この後に説明する健康保険や年金の資格喪失も同時に行いましょう。

 

住民票を除票する

3つめは住民票の除票です。

  • 期限は死亡から5年以内
  • 申請先は市区町村役場

 

住民票の除票は、故人の死亡を公式に証明するものです。

保険会社や銀行などに提出する可能性があるので、忘れずに手続きしておきましょう。

 

健康保険の資格を喪失させる

次に健康保険の資格を喪失させましょう。

  • 期限は死後14日以内
  • 提出先は市区町村役場
  • 提出物は死亡の事実がわかるもの・被保険者証・資格喪失届

世帯主の変更と年金の資格喪失も同時に行うことで手間が省けます。

 

国民年金・厚生年金の資格を喪失させる

最後に国民年金・厚生年金の資格を喪失させましょう。

  • 期限は死後14日以内
  • 提出先は市区町村役場または年金事務所
  • 提出物は年金手帳・死亡の事実がわかるもの・資格喪失届書

住民票の除票・健康保険の資格喪失届と同時に提出するのがおすすめです。

 

1年以内に済ませなければいけない手続き

次に1年以内に済ませなければいけない手続きをご紹介します。

  • 相続放棄
  • 相続税の申告
  • 旦那の所得税の準確定申告

細かい手続きは他にもたくさんありますが、重要なのが上記の3つです。

では、それぞれ詳細をみていきましょう。

 

相続放棄

1つめが相続放棄です。

相続とは、借金などの負の財産もすべて引き継いでしまうので放棄することもできます。

 

  • 期限は3ヶ月以内
  • 申告先は家庭裁判所

期限が意外と短いので注意しましょう。

 

相続税の申告

次に相続税の申告です。

遺産の総額が相続税の基礎控除を超える場合は申告が必要になります。

 

  • 期限は10ヶ月以内
  • 納税期限も10ヶ月以内
  • 申告先は税務署

所得税については専門的な知識が必要なので、税理士などの専門家に相談するのがいいですよ。

 

旦那の所得税の準確定申告

3つめは旦那の所得税の準確定申告です。

  • 期限は4ヶ月。過ぎてしまうとペナルティが発生するので注意
  • 申告先は税務署

故人に動産所得がある場合は必要になるので、忘れずに手続きしておきましょう。

 

旦那が亡くなるともらえる公的なお金

さて、旦那が亡くなるともらえる公的なお金には何があるのでしょうか。

  • 祭費・埋葬費給付金
  • 死亡一時金
  • 遺族基礎年金・遺族厚生年金
  • 労災保険の遺族補償年金
  • 高額医療費
  • 高額介護サービス費

 

生活するためにはお金が絶対に必要になります。

遺族へのサポートは多々あるので活用したいですよね。

では、それぞれ詳しくみていきましょう。

 

祭費・埋葬費給付金

1つめは祭費・埋葬給付金です。

旦那が亡くなって、初めにお金がかかるのが葬儀です。

「夫が国民健康保険の加入者は自治体によって幅があり1万~7万円、そのほかの健康保険の加入者は5万円などがもらえます」

参考サイト:週刊女性PRIME

 

また、旦那が加入していた保険によって申請先が変わります。

  • 国民健康保険→市区町村役場の年金課
  • その他→旦那の勤務先の健康組合・年金事務所など

少しでもお金がもらえるのであれば手続きしておきたいですよね。

申請期限は死後2年なので早めに手続きするようにしましょう。

 

死亡一時金

2つめは死亡一時金です。

国民年金保険料の納付期間によって、受け取れる金額が変わります。

「3年以上15年未満は12万円で、最大は35年以上で32万円。一括で支払われます」

参考サイト:週刊女性PRIME

年金事務所で申告でき、申請期限は死後2年です。

 

遺族基礎年金・遺族厚生年金

3つめは遺族基礎年金遺族厚生年金です。

旦那が国民年金に加入していた場合は遺族基礎年金、厚生年金だった場合は遺族厚生年金になります。

 

遺族基礎年金は、

  • 子どもがいる場合のみ支払われる
  • 年に約78万を基本として、子どもの数に応じて加算される

 

遺族厚生年金は、

  • 旦那が受け取る予定だった金額の約4分の3がもらえる
  • しかし、遺族が妻だけの場合は月5万円未満になることもある

加入していた年金によって支払われる金額も変わるのですね。

 

遺族基礎年金、遺族厚生年金ともに期限は死後5年となっています。

 

労災保険の遺族補償年金

4つめは、労災保険の遺族補償年金です。

労災保険の遺族補償年金とは、旦那が通勤中や勤務中に亡くなった場合にもらえます

もらえる金額は年金額の受給権者の人数によって変わり、申請期限は死後5年です。

 

しかし、労災保険については会社と意見が食い違う可能性があります。

もめてしまった場合は労働基準監督署に相談するといいですよ。

 

高額医療費

5つめは高額医療費です。

旦那が病気や怪我で長期間入院していた場合は、医療費が戻ってくる可能性があります。

 

医療費は自己負担額が決められているので、それ以上の出費については申請すれば返ってくるのです。

申請期限は診療を受けた日の翌月から2ヶ月です。

 

高額介護サービス費

最後は高額介護サービス費です。

介護も医療と同様、自己負担額が決められています

申請期限は利用料の支払日から2年です。

 

補足:遺された家族のために生きているうちにやったほうがいいこと

最後に補足として、遺された家族のために生きているうちにやったほうがいいことをご紹介します。

具体的には以下の2つが挙げられるでしょう。

  • 貴重品についてまとめておく
  • 葬儀について話しておく

 

最近は「終活」という言葉がメジャーになってきましたね。

自分の死後、家族がスムーズに手続きできるように前もって準備したいものです。

では、詳細をみていきましょう。

 

貴重品についてまとめておく

まずは貴重品についてまとめておくことです。

妻が資産を管理している場合は問題ないのですが、旦那が管理しているときは手続きを進めるのが困難になってしまいます。

 

口座をもっている銀行や動産資産について日頃から共有しておくのがいいでしょう。

また、口座が凍結される前に葬儀などに必要なお金を引き出すために、暗証番号も共有しておく必要があります。

 

葬儀について話しておく

2つめが葬儀について話しておくことです。

利用する葬儀社が決まっていると、急に旦那が亡くなっても葬儀に関しては慌てないで済みます。

 

親などの葬儀を経験している場合は、そのときの葬儀社をまた利用するのもいいでしょう。

旦那が亡くなった時、おそらく自分は平常心ではいられないでしょうから、信頼できる業者を見つけておくと安心しますね。

 

まとめ

旦那が突然亡くなると戸惑うことが多いでしょう。

そこで、まず旦那が突然亡くなった体験談を4つご紹介しました。

  • 旦那が交通事故に遭った
  • 単身赴任中の旦那が突然死
  • 起きたら隣で旦那が死んでいた
  • 旦那が死んだら生きていけない……

「自分に同じことが起こったら」と想像すると、恐ろしくなってしまいますね。

 

次に、旦那の死を受け入れるためにできることを5つご紹介しました。

  • 両親や友人と気持ちを共有する
  • 感情を押し込めないようにする
  • 言葉にできないときは日記などの文章にしてみる
  • こころの専門家に頼る
  • 無理をしないで自分を大切にする

最愛の人の死を受け入れるためには多くの時間が必要となります。

無理をしないで自分のことをいちばんに考えて過ごすのがいいでしょう。

 

他にも旦那の死後の手続きについてまとめました。

旦那が亡くなって途方に暮れている方は、ぜひ当記事を参考にしてこれからの生活に役立ててください。

 

また、関連した内容として、旦那の生命保険についてまとめた記事があります。

合わせてこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました