【イライラ】夫の器が小さい!よくある特徴7選と適切な5つの対処法を徹底解説!

「夫の器が小さいと思う瞬間は?」

「夫の器が小さい時の対処法はある?」

「夫の器が小さいと悩むのは私だけ?」

などとお考えではありませんか?

 

一家の大黒柱である夫には、どんな時でも堂々としていてほしいもの。

器が小さいと、妻としても情けない気持ちになることでしょう。

 

当記事では

  • 夫の器が小さい!よくある特徴7選
  • 器の小さい夫への適切な対処法
  • 夫の器が小さい!悩む妻たちの声

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫の器が小さいとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、夫の器が小さい時にどうしたらいいかがきっと分かるはずです。

 

夫の器が小さい!よくある特徴7選

夫婦で一緒にいると、ふとした瞬間にがっかりすることもあるもの。

夫の器が小さいと思う瞬間は、夫婦によってさまざまでしょう。

 

器が小さい夫によくある特徴としては、下記が挙げられます。

  • ケチすぎる
  • 小さなミスをいつまでも責める
  • すぐにキレる
  • 陰口や悪口が多い
  • 束縛がひどい
  • 学歴で人を評価する
  • 他人の成功を喜べない

それぞれの特徴を具体的に見ていきましょう。

 

ケチすぎる

最初の特徴は「ケチすぎる」という点です。

節約家であるというのは、一家の大黒柱としても大切なこと。

 

しかし節約家とケチは似ているようで異なります。

ポイントは「誰のためにお金を使うことを抑えているのか」という点です。

 

たとえば、家族の将来のことを考えて、日々節約しているのは節約家といえるでしょう。

しかし、家族に苦労をかけているにもかかわらず、出費に過敏に反応するのは「ケチ」といえます。

 

あまりにも出費を嫌がる夫であれば、子供にも苦労をかけるでしょう。

ひどい場合は経済的DVの可能性もありますので、注意が必要です。

経済的DVとは
夫が収入をすべて管理していて、妻に全く生活費を渡さない、もしくは明らかに不足する額しか家計に入れないような場合をいいます。

引用:丸の内ソレイユ法律事務所

 

小さなミスをいつまでも責める

二つ目の特徴は「小さなミスをいつまでも責める」こと。

ちょっとした間違いを、いつまでも責めてくると嫌になりますよね。

 

ふとした瞬間に蒸し返すような真似をされれば、イラっとするのも無理はありません。

細かいことにうるさいのは、おそらく夫にも余裕がないからなのでしょう。

 

愛している夫だからこそ、どんな間違いでも広い心で受け入れて欲しいものです。

もう一度やり直せばいいよ!

と笑って許してほしいと思いますよね。

 

すぐにキレる

「すぐにキレる」のも、器が小さい証です。

怒るというのは、自分の思い通りにならないから。

 

自分の思い通りにならないからといって、キレるというのは小さな子供と同じです。

器が大きい夫なら、たとえ自分の思い通りにならなくても怒ったりはしないでしょう。

 

人間ですから、誰しもイライラする瞬間はあるはずです。

しかし、相手や周りがどんな気分になるかを考えれば、すぐにキレたりはできないでしょう。

 

陰口や悪口が多い

「陰口や悪口が多い」ことも、器が小さい夫の特徴のひとつです。

夫にかかわらず、他人の悪口は聞いていても嫌な気持ちになるもの。

 

妻の気持ちに気づかず、陰口や悪口を言うような夫は周りが見えていないのでしょう。

常に自分磨きをしている大人であれば、ネガティブな言葉はでてきません。

 

自分に甘く、他人に厳しい夫は、器が小さいと思われてしまっても仕方ないでしょう。

 

束縛がひどい

次の特徴は「束縛がひどい」という点が挙げられます。

自分に自信がないからこそ、妻の行動を束縛したくなってしまうのでしょう。

 

たとえば

  • 出かける相手や場所、時間を細かく確認される
  • メールの返信が遅いと怒られる
  • 男性の同僚と話すだけで機嫌が悪くなる

などは、妻を束縛している言動。

 

愛されているのは嬉しいことですが、もっと信用してほしいと思ってしまいますよね。

自信を持って、堂々としていて欲しいと考えるのも無理はありません。

 

学歴で人を評価する

「学歴で人を評価する」のも、器が小さい夫といえるでしょう。

器が小さい人は、人の内面を見ずに、学歴や肩書で人を判断しがち。

 

世間体ばかりを気にしているからこそ、相手の内面に目を向けることができないのでしょう。

器が大きい人は、相手の資質や実力を認めることができます。

 

しかし学歴を気にする人ほど、自分に自信がない可能性も。

自分が確実に優位になりたいからこそ、学歴や肩書といったところで人を判断してしまうのでしょう。

 

他人の成功を喜べない

最後の特徴は「他人の成功を喜べない」ことです。

妻が仕事で成果を出した時にも、素直に「おめでとう」と言うことができません。

 

自分より妻が優秀なのではないか?

と不安になり、嫉妬心が先に出てしまうのでしょう。

自分に余裕がないからこそ、他人の成功を喜べません。

 

妻だけでなく、同僚や友人に対しても常に嫉妬心を持っています

自分以外の人を認めることができない夫を見ていると、ついつい「器が小さい」と思ってしまうでしょう。

 

器の小さい夫への適切な対処法

器の小さい夫へは、下記の対処法がおすすめです。

  • 原因を探る
  • 自己肯定感を高める
  • お互いを尊重する
  • 自分の心を広くする
  • 我慢できないところは話し合う

それぞれの対処法について、詳しく見ていきましょう。

 

原因を探る

まずは「原因を探る」ことが大切です。

器が小さいことにも、何かしらの理由があるはず。

 

もともとの性格の可能性もありますが、一時的に余裕がないことが原因になっていることも。

精神的、また経済的に余裕がないと、器が小さくなってしまいます。

 

追い込まれているからこそ、小さなことでイライラしてしまうのでしょう。

何が原因で器が小さくなっているのかを突き止めることで、賢い対処法が見つかるはずです。

 

自己肯定感を高める

次に夫の「自己肯定感を高める」努力をしてみてください。

自分に自信がないと、どうしても他人に対して厳しくなってしまいがち。

 

自己肯定感を高めて、器の大きい夫に育て上げましょう。

どんな夫でも

妻に認めて欲しい……

という気持ちを抱えているものです。

 

妻が夫を認めることで、夫の承認欲求は満たされます。

夫の功績を認め、夫を褒めることで、夫の自己肯定感を高めていきましょう。

 

お互いを尊重する

次の対処法は「お互いを尊重する」ことです。

どんな夫婦であっても、何かしらの不満はあるもの。

 

妻が夫に「器が小さい」と不満を抱えているように、夫も妻に言いたいことはあるはずです。

器の小さい一面も含めて夫なのですから、夫を尊重して、ありのままを受け止めるようにしましょう。

 

気が合わない部分も割り切って尊重することで、自分自身の視野も広がります。

お互いを尊重することは、夫婦円満の秘訣でもあるのです。

 

自分の心を広くする

次の対処法は「自分の心を広くする」こと。

たとえ夫とはいえ、相手を変えるのはとても難しい問題です。

 

器の小さい夫を変えようと思っても、そう簡単には変えられないでしょう。

とはいえ、できるだけ接しないようにしようと思っても、家族である以上はそうもいきません。

 

自分の心を広く持ち、言われたことは受け流すようにしましょう。

軽く受け流すことで、自分への被害も最小限に抑えることができるはずです。

 

我慢できないところは話し合う

「我慢できないところは話し合う」ことも必要でしょう。

いくら受け流そうと思っていても、譲れない部分もありますよね。

 

どうしても我慢できない部分は、夫婦で話し合うようにしましょう。

器の小ささにもよりますが、状況によってはモラハラの可能性も。

 

モラハラであれば、早いうちに距離を置く必要があるでしょう。

モラハラについては、下記の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

夫の器が小さい!悩む妻たちの声

夫の器が小さいと感じているのは、あなただけではありません。

ネット上では

  • 器の小さい夫にうんざり
  • 結婚してから器の小ささに気づいた
  • 器の小さい夫が恥ずかしい

といった声が寄せられていました。

 

器の小さい夫にうんざり

器の小さい夫との生活にうんざりするという妻の声です。

器の小さい夫にうんざりしています。

ついこの間ノーマルからスタッドレスに替えるため訪れたタイヤ館にて若い男の子が〇〇っす、と答えたところ答え方がなってないと怒り出し「責任者を呼んでもらわないと困る」と長々と居座りました。もう恥ずかしくて恥ずかしくて、申し訳なくて。
タイヤを替える仕事をする若い男の子に何を求めてるんだろうと思いました。相手に対して過度な期待を持ち、思い通りにならず怒るというのがいつものパターンです。

引用:教えて!goo

 

店員に横柄な態度を取るところも、器の小さい夫の特徴です。

自分の気に入らないことがあると、相手が誰であろうと我慢ができません。

 

一緒にいる妻としては

大人なんだから、それくらいで怒らないでよ!

と傍でイライラしてしまいますよね。

 

結婚してから器の小ささに気づいた

彼氏なら簡単に別れられますが、夫となるとそうもいきません。

旦那の器が小さいです。3歳と1歳の子供達、手がかかる度にイライラし、俺はイライラしてるんだ!アピール。

プライドも高くて面倒くさいです。細かい事をグチグチグチグチ、なんて器が小さいんだろうと思います。

付き合って1年で結婚し、勢いがあったからこそ今も続いてるんですが、付き合った歳が若かったり交際が長かったら、きっと気持ちは冷めてさっさと他を探したと思います。

引用:Yahoo!知恵袋

 

子供がいると、夫の面倒までは見きれないですよね。

結婚前は気づかなかった器の小ささも、結婚して子供ができてから気づくこともあるでしょう。

 

妻も忙しくて余裕がなくなりますし

自分のことは自分でなんとかしてほしい!

と思ってしまうのも無理はありません。

 

器の小さい夫が恥ずかしい

夫の器が小さいことで「恥ずかしい」と感じる妻も。

先日、子供と旦那と車で買い物へ行きました。旦那はよく荒い運転をするので軽く「今の運転危ないよ~。」と言った矢先に、後ろからパトカーのサイレンが…案の定近くの店の駐車場に停められました。そうしたら、旦那のお巡りさんに対する態度が。。。一時停止違反だったのですが、まず非は認めない。

私が口を出すと後がうるさくて控えていたのですが、これ以上ご迷惑掛けたくないし、何よりはずかしい。器の小ささを自らアピールしているかのような態度。。。呆れました。

引用:発言小町

 

人前で器の小さい言動をすれば、妻として恥ずかしい気持ちになりますよね。

自分の非を認めないのも、器の小さい夫の特徴のひとつ。

 

悪いところは素直に認めて、謝ってほしいところです。

とはいえ、車の運転は事故にも繋がる部分ですので、しっかり話し合う必要があるでしょう。

 

まとめ

器が小さい夫によくある特徴としては、下記が挙げられます。

  • ケチすぎる
  • 小さなミスをいつまでも責める
  • すぐにキレる
  • 陰口や悪口が多い
  • 束縛がひどい
  • 学歴で人を評価する
  • 他人の成功を喜べない

 

器の小さい夫へは、下記の対処法がおすすめです。

  • 原因を探る
  • 自己肯定感を高める
  • お互いを尊重する
  • 自分の心を広くする
  • 我慢できないところは話し合う

 

器が小さい夫を持つと、さまざまな不満を抱くことでしょう。

とはいえ、まずは自分の心を少し広げて、夫を受け入れてあげてください。

 

男性は褒められて自己肯定感が高まれば、精神的にも成長するものです。

せっかく夫婦として一緒になったのですから、二人で解決策を探していきましょう。

 

ただし、モラハラの場合は要注意。

モラハラ夫への適切な対処法は、下記の記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました