【難しい】『夫』をスペイン語にすると?妻が夫を呼ぶ時の表現や夫以外の家族は何?

「『夫』はスペイン語で何という?」

「『夫』を意味するスペイン語maridoとesposoの違いが知りたい!」

「『夫』をスペイン語で呼ぶ時の言い方は?」

とお考えではありませんか?

 

特にスペイン語を話す彼氏や夫を持つと、表現の仕方を知りたいと思いますよね。

辞書で引く言葉と、実際に使う言葉が同じとは限りません。

 

当記事では

  • 『夫』はスペイン語でesposo
  • 『夫』を意味するmaridoとesposoの違い
  • 妻がスペイン語で夫を呼ぶ言い方

といった内容を徹底解説していきます。

 

『夫』を意味するスペイン語にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ『夫』だけでなく、家族をスペイン語で表現することができるようになるはずです。

 

『夫』はスペイン語でesposo

『夫』はスペイン語で『esposo』

発音は「エスポーソ」で『ポ』にアクセントを付けて発音します。

 

「esposo」を辞書で引くと、下記のように説明されているのが一般的です。

esposo

*es・po・so, sa, [es.pó.so, -.sa]

[男] [女]

1 配偶者;夫,妻(▲スペインでは「私の夫」,「私の妻」というとき,mi marido, mi mujer というのが一般的).

2 〘複数で〙 夫妻.

引用:コトバンク

 

正式な表現でもあり、公式な場でも使われます。

「夫」を表す言葉として、もっとも一般的な言葉といえるでしょう。

 

『夫』を意味するmaridoとesposoの違い

『夫』を意味するスペイン語には『esposo』のほかに『marido』という言葉も。

日本語にも『夫』『主人』『旦那』など、配偶者を指す言葉はいろいろありますよね。

 

『marido』は『主人』や『旦那』に近い表現といえるでしょう。

先述したように『esposo』は、公式な書類にも使える表現です。

 

反対に『marido』は、法的には結婚していないカップルにも使われます。

『事実婚』のような意味に捉えらる可能性もあるので、正式な夫を指す場合は『esposo』を使った方がいいでしょう。

 

妻がスペイン語で夫を呼ぶ言い方

自分の夫に対して『夫』という呼びかけはなかなかしませんよね。

日本語では下の名前や『あなた』『パパ』などと表現することが多いでしょう。

 

スペイン語で妻が夫を呼ぶ言い方は、主に下記が挙げられます。

  • cariño
  • amor
  • mi vida
  • papi

それぞれの言葉の意味や使い方を詳しく見ていきましょう。

 

cariño

まずは「cariño(カリーニョ)」という表現です。

英語にすると「My Darling」や「My baby」といった言葉に近い表現といえるでしょう。

 

夫婦間はもちろんのこと、女性間や子供に対しても用いられます。

cariñoの使い方としては、下記の例文を見ていきましょう。

  • Hola cariño, ¿qué pasa?
    ああ、ベイビーどうしたの?
  • Les he tomado cariño de inmediato.
    もしもあなたがリサを愛していても 問題ないの

引用:Reverso Context

 

上記を見ても分かるように、男女問わずに使える表現です。

夫への呼びかけだけでなく、妻への呼びかけとしても用いられます。

 

amor

次の表現は「amor(アモール)」です。

自分を表す『mi』とセットで「mi amor」と表現されることが多いでしょう。

 

直訳すると「(私の)愛」という意味になります。

夫婦間や恋人間だけでなく、親が子供に対しても使われるフランクな表現。

 

男女どちらからでも使うことができます。

妻が夫への愛を込めて呼ぶことのできる、ストレートな表現といえるでしょう。

 

mi vida

「mi vida(ミ ビダ)」もよく使われる表現です。

先述したように「mi」は「私」を指す言葉、そして「vida」は「人生」「生涯」を意味します。

 

¡Mi vida! / ¡Vida mía!|ねえ,おまえ[あなた].

引用:コトバンク

 

つまり直訳すると「私の人生」という意味。

メキシコやラテンアメリカを中心に、カップル間でよく使われる表現です。

 

papi

最後の表現は「papi(パピ)」

英語では「Daddy」、日本語では「パパ」といった表現が妥当でしょう。

 

しかしスペイン語の「papi」の場合は、父親だけでなくボーイフレンドに対しても用いられます。

さらに夫や子供にも使える、幅広い意味合いの表現です。

 

「papi」もメキシコやラテンアメリカで主に用いられる傾向にあります。

 

他人の夫を呼ぶ時のスペイン語も同じ!

日本語の場合、他人の夫を『夫』とは呼びません。

通常であれば「旦那様」や「ご主人」など、敬意を込めた呼び方をするのが一般的でしょう。

 

しかし、スペイン語の場合は、他人の夫でも同じ言葉を用います。

例文を見ていきましょう。

  • Tu esposo hizo lo que era necesario.
    あなたのご主人は やるべきことをやったのよ
  • Su marido vive en Tokio ahora.
    彼女の夫は今東京で暮らしている。
  • El difunto marido de María era violinista.
    マリアの亡夫はバイオリニストであった。

引用:Reverso Context

 

「esposo」「marido」のどちらでも用いることが可能です。

 

『夫』以外の家族を意味するスペイン語

『夫』以外の家族を意味するスペイン語を見ていきましょう。

  • 妻:esposa
  • 父:padre
  • 母:madre
  • 息子:hijo
  • 娘:hija

それぞれの単語について、詳しい使い方を解説していきます。

 

妻:esposa

妻を表すスペイン語は「esposa」です。

「エスポーサ」と発音します。

 

夫を意味する「esposo」と似ているので、覚えやすい単語でしょう。

家族に関するスペイン語で「a」で終わる単語は女性名詞と覚えておくと便利です。

 

反対に男性名詞は、文末に「o」が付きます。

自分の妻だけでなく、他人の妻に対しても使える単語です。

La esposa de José era de Egipto.
ヨセフの奥さんはエジプトから来ました。

引用:Reverso Context

 

父:padre

父を表すスペイン語は「padre」

「パードレ」と発音します。

 

「Mi padre」で「私の父」という意味です。

Mi padre me llevó a la biblioteca.

父にその図書館へ連れて行ってもらった。

引用:DKスペイン語辞典

 

「padres」と複数形にすると「両親」を意味する言葉になります。

 

 

母:madre

母親は「madre」というスペイン語を使うのが一般的です。

発音は「マードレ」。

 

スペイン語ではよく使われる表現で、驚いた時などに「Madre Mia!」などと表現することも。

日本語にすると「あちゃ~」などといった意味合いになります。

 

スペインにおいて、母はとても偉大な存在です。

そのため、さまざまな表現に「madre」が用いられているのでしょう。

 

息子:hijo

息子を表す言葉は「hijo」です。

「ヒジョ」とは読まず「イーホ」」と発音します。

 

会話の中では、下記のように使うのが一般的です。

  • Este es mi hijo, Barney.
    これは私の息子の バーニーです
  • Es hijo del actor Kirk Douglas.
    俳優のカーク・ダグラスの息子である。

引用:Reverso Context

 

「Soy el hijo único.」を直訳すると「私は唯一の息子です」。

つまり一人っ子で兄弟がいないことを伝える表現になります。

 

娘:hija

最後に娘を表すスペイン語は「hija」です。

先述したように、家族に関するスペイン語で「a」で終わる単語は女性名詞。

 

息子を意味する「hijo」の文末を「a」にすることで、娘を意味する言葉になります。

発音は「イーハ」

 

使い方の例は下記を参考にしてください。

  • Mi hija estaba en su avión.
    私の娘も同じ飛行機に 乗っていたんですよ
  • Su hija es capaz de recitar muchos poemas.
    彼女の娘はたくさんの詩が暗誦できる。

引用:Reverso Context

これまでの単語と同じく、自分の娘だけでなく、他人の娘にも使える表現です。

 

スペイン語も国によって表現が異なるので要注意!

スペイン語は世界で最も多く使われている言語のひとつ。

スペインはもちろんのこと、メキシコ、ペルー、キューバ、アルゼンチン、コロンビア、チリ、グアテマラ、コスタリカなどでも使用されています。

 

特にスペイン本土と中南米のスペイン語では、顕著な違いがみられることも少なくありません。

そのため、同じものを意味する単語でも、よく使われる表現が国によって異なります。

 

まったく通じない言葉はあまりありませんが、使う相手によって言葉を使い分けましょう。

あなたの夫がスペイン語スピーカーであれば、どの表現が一般的なのか、聞いてみることをおすすめします。

 

まとめ

『夫』はスペイン語で『esposo』

『esposo』のほかに『marido』という言葉もあります。

 

スペイン語で妻が夫を呼ぶ際は、下記のような表現を用いるのが一般的です。

  • cariño
  • amor
  • mi vida
  • papi

 

一言で「スペイン語」といっても、使う国によって、言葉に違いがあります。

「mi vida」といった表現は、スペイン本土よりもメキシコやラテンアメリカで用いられることが多いようです。

 

言葉はその土地や文化によっても変化します。

どの表現で呼ぶかどうかは、パートナーと話し合いながら決めていくといいでしょう。

 

『夫』を韓国語で呼ぶ表現は、下記の記事でも紹介していますので参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました