【限界】離婚したいのにできなくて辛い!5つの理由と5つの対処法を徹底解説!

離婚したい

「離婚したいのにできなくて辛い!

「離婚したいのにできないのはなぜ?」

「離婚したいのにできない時はどうしたらいい?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

離婚したいけどできないとき、どのようにしたらいいのという悩みはつきものですよね。

離婚したいけどできない時はどうしたらいいの?と思うことも多いでしょう。

 

当記事では

  • 離婚したいのにできない5つの理由
  • 離婚したくてもできない時の5つの対処法
  • 後悔しないために離婚前に考えたいこと

上記の内容をご紹介していきます。

 

離婚したいけど出来ない場合、どのように対処したらいいの?と思う方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、離婚したいのに出来ない理由と対処法がわかるでしょう。

 

離婚したいのにできない5つの理由

離婚したいけどできないときはどうしたらいいの?とお悩みではありませんか。

 

当項目では離婚したいけど出来ない理由についてを紹介していきます。

  • 経済的な不安がある
  • 子供への悪影響を考えて
  • 配偶者が離婚に同意してくれない
  • 世間体が悪い
  • 自分が悪いことをして(有責配偶者)離婚できないから

離婚したいけどできなくて、辛いと悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

経済的な不安がある

妻側が離婚を望む場合、最大のネックになるのが金銭面でしょう。

特に子供の出産に伴い、会社を辞めざるを得ないケースも珍しくありません。

 

日本では、幼い子どもがいることを理由に不採用になることも多く、働きたくても働けない人も多く結果的に夫と妻の間で収入の格差が生まれてしまいます。

離婚の際に必ずしも慰謝料を獲得できるわけではありませんし、養育費を継続して支払ってもらえる保証もありません。

 

子供への悪影響を考えて

子供がもう一人の親のことも慕っている場合、親子を引き離してしまってもいいのか、と不安や迷いが生じることもあるでしょう。

一般論としては、「離別家庭(離婚した家庭)の子供」と「非離別過程(離婚しなかった家庭)の子供」との間では、次のような差が生じるといわれています。

  • 離別家庭の子供は非離別家庭の子供と比べて、平均的にはより多くの問題を抱えている
  • 親の離婚は次の点で子供に影響を及ぼす可能性がある
    心理的な要素:情緒的適応、不安、抑うつ
    教育程度
    職業上の地位
    生活水準
  • 離別家庭の子供は非離別家庭の子供と比べて、将来離婚及びシングルペアレントになる可能性が高い

 

中には、子供が大きくなるまで仮面夫婦を続けると決断する人もいるでしょう。

しかし、夫婦関係を続けることが必ずしも子供に良い影響を与えるわけではありません。

 

配偶者が離婚に同意してくれない

結婚がお互いの同意の上で行われたように、離婚も配偶者に同意してもらわなければ成立しないものです。

夫婦の話合いによる協議離婚が成立することが理想ですが、片方が離婚を求めてももう片方が離婚を拒否して話がまとまりません。

 

または離婚には同意しても慰謝料などの条件面での折合いがつかない場合は、協議での離婚は難しいでしょう。

また、配偶者によっては、完全に話を無視されたり離婚の話を出しただけで逆上するケースもあります。

 

世間体が悪い

人との関係が深い地域ですと、世間体が気になってしまって離婚できないというケースもあるでしょう。

また、離婚することが仕事に悪影響を及ぼすケースもあります。

しかし、このまま自分がガマンをし続けても、一度きりの人生後悔してしまうかもしれません。

 

自分が悪いことをして(有責配偶者)離婚できないから

一般的に不倫やDVなど、離婚原因をつくった配偶者は「有責配偶者」と呼ばれ、裁判では離婚が認められにくくなります。

有責配偶者として離婚原因を作っておきながら、離婚を求める自分勝手な行為を望ましくないと解釈されるからです。

有責配偶者で離婚を希望する場合は、慰謝料を支払うことになるでしょう。

 

離婚したくてもできない時の5つの対処法

では離婚したくてもできない時どうしたらいいのでしょうか。

 

当項目では離婚したくてもできなくて辛いときの対処法について説明していきます。

  • 相手と冷静に話し合いをする
  • 金銭的に自立する
  • 離婚前から子供に適切な説明を行う
  • 別居する
  • 姓は変えない

離婚することに不安がある方はみていきましょう。

 

相手と冷静に話し合いをする

配偶者の合意がない場合は、協議離婚や調停離婚ができません。

そのような場合の解決方法としては、まず冷静に話し合うことが考えられます。

それでも合意できない場合には、調停や裁判に進んでいくことになりますが、調停を成立させるには、やはり当事者同士が合意しなければなりません。

 

金銭的に自立する

離婚後、女性の生活がうまくまわっていくかどうかは、経済的に自立できるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

そのため、離婚の際定職についていなかった場合は、生計を立てられる仕事を見つけることが重要です。

 

子供が幼く保育園にも預けられず、すぐに働くのが難しい場合は、就職に有利になる資格を取ってもいいですね。

また、特技があればネットを通じて自分の技術を売ったりセルフプロデュースを行いましょう。

 

何から始めていいのか割らない場合、ハローワークに相談してください。

職業訓練所などでは、給付を受けながら就職するための知識を得ることが可能です。

 

離婚前から子供に適切な説明を行う

離婚は子供にとって大きな影響を与えます。

ただし、両親が揃っていれば幸せであり子供に一切影響がないわけではありません。

離婚後のケアも大切ですが、離婚前に十分な説明をする必要があります。

 

別居する

長きに渡り、婚姻関係にあるが別居し、共同生活が成り立っていない夫婦の場合、有責配偶者からの離婚が認められる可能性が高くなります。

法律などで明確な基準が定められてはいませんが、「別居期間5年」が目安だとされています。

つまりこの場合、有責配偶者であろうがなかろうが、離婚を望む場合は別居の実績を作るとその後の話がスムーズに行われる可能性があります。

 

また、別居はお互いに頭を冷やし冷静に考える時間にもなりえますので、別居後、冷静に離婚について協議できるようになる可能性もあります。

なお、別居にあたっては注意すべき点もありますので、「別居から離婚へ繋げる際に知っておくべき注意点と別居に関する知識まとめ」を参考にしてください。

 

姓は変えない

世間体が悪いことも離婚に合意しない理由としてよく見られます。

その場合には、「姓を変えない」、「自分が家を出ていき、配偶者はそのまま家に残る」などの方法で周囲に離婚したことを気づかれないように配慮してください。

 

子供がいる場合、通学先や友人関係を気にして姓を変えたくない場合があるので有効でしょう。

親と子供で姓が違うケースも最近は増えています。

 

後悔しないために離婚前に考えたいこと

離婚した後、後悔しないようにしたいと思いますよね。

 

当項目では離婚した後、後悔しないように、離婚前に考えておくことについて説明していきます。

  • 復縁することは視野に入れない
  • 離婚後の生活が安定するまでのお金はあるか
  • 恋人ができても再婚できるかはわからない

離婚した後、後悔しないようにポイントをみていきましょう。

 

復縁することは視野に入れない

後悔しないために離婚前に考えたいこと1つ目は「初めから復縁することは視野に入れない」ということです。

離婚というものは、夫婦になるために交わした契約を破棄するとても大きな現実といえます。

 

ですから「もしも後悔したら復縁すれば良い」という安易な気持ちで行動に出てしまうと、後悔する離婚に繋がってしまうでしょう。

復縁することは視野に入れずに、強い覚悟を持つことが大切なのです。

 

離婚後の生活が安定するまでのお金はあるか

後悔しないために離婚前に考えたいこと2つ目は「離婚後の生活が安定するまでのお金はあるか」ということです。

どうしても、お金がなければ生きてはいけません。

 

いくら相手に嫌気が差していたとしても、経済的なことやお金に不安を抱えて生活していくというのは並大抵の大変さではないのです。

ですから、離婚した後に生活が安定するまでのお金が確保できているのか、ということをしっかり考えておくことをおすすめします。

 

恋人ができても再婚できるかはわからない

後悔しないために離婚前に考えたいこと3つ目は「離婚した後に恋人ができても、その彼氏と再婚できるかはわからない」ということです。

人によっては、相手の結婚歴・離婚歴をかなり気にする人がいます。

 

そして恋人が初婚だった場合、相手のご両親に再婚を反対されることだってあるでしょう。

離婚というのはこれほどまでに重大なことなのだと、しっかり覚悟を持つことが後悔しない離婚へと繋がります。

 

まとめ

当記事では次の内容について解説しました。

  • 離婚したいのにできない5つの理由
  • 離婚したくてもできない時の5つの対処法

 

離婚したいのにできない5つの理由は下記が挙げられます。

  • 経済的な不安がある
  • 子供への悪影響を考えて
  • 配偶者が離婚に同意してくれない
  • 世間体が悪い
  • 自分が悪いことをして(有責配偶者)離婚できないから

離婚したいのにできない理由が知りたい方は上記の記事をご参考にしてみてください。

 

離婚したくてもできない時の5つの対処法は下記です。

  • 相手と冷静に話し合いをする
  • 金銭的に自立する
  • 離婚前から子供に適切な説明を行う
  • 別居する
  • 姓は変えない

一時の感情だけで何も決めずに離婚してしまうと特に女性は経済的に苦しくなってしまうので、面倒くさくてもしっかり話し合って損のない離婚をしましょう。

離婚前後であっても頼れる実家や公的サポートを活用し、自身の負担が増えすぎないようにご配慮ください。

 

旦那と離婚したい場合の準備と進め方については下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしていただけると幸いです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました