【無理】夫が夜勤で子育ては妻任せ!ワンオペ育児を乗り切る工夫とストレス解消法とは

「夫が夜勤で子育てがワンオペで辛い!」

「夫が夜勤の場合子育てにどんな悪影響がある?」

「夫が夜勤でワンオペでの子育てを乗り切る工夫が知りたい!」

当記事を読んでいる方は、上記のようにお悩みではないでしょうか。

 

夫が夜勤だと、子育てだけでなく家事全般を妻が担っている家庭は多いと考えられます。

また夜勤勤務の夫と生活リズムが合わずに、余計な家事もこなさなければならない状態になっている場合もあるでしょう。

 

当記事では下記について解説します。

  • 夫が夜勤の妻は子育てどうしている?妻たちのリアルな声とは?
  • 夫が夜勤で起こりがちな子育て家庭の問題点5つとは?
  • 今すぐできる!夫が夜勤でも子育てを乗り切る工夫5選とは?
  • 夫が夜勤でいない日に!ワンオペ子育てのストレス解消法とは?

当記事を読んでいただくと、夫が夜勤の場合ワンオペで子育てをする工夫やストレス解消法が分かります。

夫が夜勤勤務で1人で子育てをしている女性は是非お読みください。

 

夫が夜勤の妻は子育てどうしている?妻たちのリアルな声を紹介!

この章では夫が夜勤で働いている家庭の妻たちの、リアルな声をご紹介します。

夫が夜勤だと家事や子育てがワンオペになるだけでなく、生活リズムが違うので余計な手間も増えがちです。

 

  • せっかく寝た子供を起こさないでほしい
  • 疲れて帰って来た夫を寝かせてあげたい……

と余計な気づかいも発生しますよね。

 

実際に夫が夜勤勤務の妻たちの声として、下記が挙がりました。

  • 旦那さんが夜勤や深夜帰宅する方!
  • 旦那が夜勤の子育てについてアドバイスください
  • 夫が夜勤のときの子育てについて

下記にて順番にご覧ください。

 

夫が夜勤のときの子育てについて

夫が夜勤のときの子育てについて、という投稿をご紹介します。

最近泣き声が激しくなり、夫が起きてしまうことがあります。
泣かせないよう気をつけているのですが、全く泣かないようには出来ません。
メリーで少し遊んでいても、揺れが恐くなるのか泣き出してしまいます。
1人遊びが出来ないのでずっとあやし続けて、夫が寝ている時間帯は家事をすることが出来ない状況です。
私自身が声を出して(歌など)あやす事もあまり出来ないのでどうしたらいいのかわかりません。

教えてgooより

 

上記を投稿した女性は、夜勤から帰って来た夫を起こさないように、子供が泣かないように気を使っているようです。

子供が泣いてしまうのは仕方がないことですが、夜勤から疲れて帰って来た夫を寝かせてあげたいと思うと、過度に気になってしまいますよね。

しかし「子供を泣かせない」ことに注力すると、女性の気苦労は絶えません。

 

上記投稿に対するアドバイスとしては、

  • 夫には耳栓をしてもらう
  • おんぶひもを活用する

などの古典的な方法が挙がりました。

 

「子供を泣かせない」ではなく、

  • 子供が泣いても夫にゆっくり寝てもらう
  • 子供にもストレスがない状況を作る
  • 妻も過度に気を使ってストレス過多にならない

上記のような状況を作れるのがベストということでしょう。

 

旦那が夜勤の子育てについてアドバイスください

旦那が夜勤の子育てについてアドバイスください、という投稿を見ていきましょう。

我が家は1LDKで隣には旦那が寝ているのでどうしても静かにしなければと気を使ってしまいますし、夜は夜で子供可のアパートですが、上の方の足音も聞こえるほどなので、やはり気を使ってしまいます。

まだ2ヶ月なので泣くのは仕方ないと思っているのですが‥

結果、旦那の寝る11時~翌朝まで気をはってしまい、精神的に参ってきてしまいました。

私が慣れるしかないのはわかっているんですが、唯一気兼ねなく過ごせる時間帯(朝7時ごろ~11時)も旦那は疲れてゲーム等しているので結局はシャワーを浴びるとき以外私があやしている状態です。

教えてgooより

上記投稿者の夫は、20時~翌朝7時頃まで働いている様子です。

たまに夜ゆっくり寝られる日は、休ませてあげたいと思うのは妻として当然ですよね。

 

しかし夫に気を使いすぎて、

  • 子育てを妻が一身に背負う
  • 夫が起きている間は、夫の世話が中心
  • 夫が寝ている日中に後回しにしていた家事を行う

という生活は、はたから見ると無理があります。

 

お互いに気遣いができている関係が成り立っていれば良いですが、妻が無理して夫に合わせていることを夫は知らないのではないでしょうか。

せめて「妻が夫に気を使って生活している」ことを、夫に少しでも知ってもらうことは必要だと考えられます。

 

旦那さんが夜勤や深夜帰宅する方!

夫が夜勤のときの子育てについてという投稿もありましたので、ご紹介します。

うちの旦那さんは夕方17時に家を出て夜中2時半ごろ家に帰ってきます。
なので私は出勤前にご飯を作って食べてもらって、帰宅したらまたお腹も減ってるのでボリュームのあるお酒のおつまみを作ります。

4ヶ月の息子は21時ごろ寝かしつけて、夜中何回か目を覚ましたら授乳で朝まで寝かせます。

中略

これまで赤ちゃんと一緒に朝まで寝ようとしたこともありますが、旦那さんの酒癖が悪く、一人で飲ませると早朝に起こされたりしてケンカになるので、それを防止するために今のリズムになりました。

mamariより

上記の女性は、子供を寝かしつけた後自分も寝てしまうと、酒癖が悪い夫を制御する人間がいなくなるため、夜勤明けの夫の晩酌に付き合っている様子です。

 

しかも夫が出勤前だけでなく、帰宅後もおつまみを作って出してあげるなど、大変気遣いができる女性のようですね。

また酔っぱらった夫が子供の寝顔を見に行くのも、悩みのタネである様子。

 

上記悩みに対しては他のママさんからも、

  • 子供の寝顔が可愛いからと、触ったりゆするのはやめてほしい
  • 酔った状態で子供の世話をしないで!

などの共感の言葉が多く並んでいました。

 

夜勤明けの夫の晩酌に付き合うことに加えて、子供を起こす夫をたしなめるなどしていては、妻の体力は持ちませんよね。

夫と子供双方に配慮してばかりでは、妻は疲れ切ってしまうこと間違いありません。

 

夫が夜勤で起こりがちな子育て家庭の問題点5つとは?

この章では、夫が夜勤勤務の場合に起こりがちな子育て家庭の問題点5つを紐解いていきます。

夫が夜勤勤務だと、日中の家事は妻が行うしかありません。

妻のやることが増えれば増えるほど、子供を構う時間は減ってしまうなど、子育てには影響が出がちですよね。

 

夫が夜勤の場合の子育て家庭の問題点として下記解説します。

  • 家事の手間が倍になる
  • 子供が夫になつかない
  • 夫が帰って来た物音で子供が起きてしまう
  • 夫が昼間寝ているので邪魔
  • 親子で外出する機会がほとんどない

順番にご覧ください。

 

家事の手間が倍になる

夫が夜勤の場合、家事の手間が倍になることに悩む妻は多いことでしょう。

夫が夜勤勤務の場合、下記が想定されます。

  • 家族と夫の食事の時間がズレる
  • 夜勤明けの夫が部屋を散らかしたまま寝てしまう
  • 日中夫が寝ているので、できる家事が限られる

 

また下記のように妻の負担は増えるばかりです。

  • 家族のシーツを一気に洗濯したいのに夫の分だけ別日にしている
  • キッチンをきれいにしたばかりなのに、夜勤明けの夫の料理で汚れちゃった
  • 子供のご飯と夫のご飯を別で作らなきゃ!

 

妻がやる家事の手間が増えると、子供にかけてあげられる時間が自然と減ることになります。

夫が夜勤だと、妻の負担は増えるだけでなく子育てにも影響が出るのは間違いありません。

 

子供が夫になつかない

夫が夜勤勤務だと、夫と子供が過ごす時間は少なくなることが懸念されます。

一緒に過ごさなければ、子供は夫を父親として認識しづらいのは仕方がないことですよね。

  • イベントに顔を出さない
  • 家にいてもいつも寝ている
  • 生活がすれ違い会話することがほとんどない

 

気づけばひとり親家庭のような状態で成長する子供も少なくないでしょう。

父親が夜勤で常に家にいない生活が当たり前だと、子供は父親になつくことがないまま成長する危険性がありますよ。

 

夫が帰って来た物音で子供が起きてしまう

夜勤明けの夫が帰ってくる音で子供が起きてしまうことは、夫が夜勤勤務の家庭では良くあることでしょう。

  • せっかく寝かしつけたのに夫が帰ってきた音で起きてしまった
  • 夜勤から帰ってきた夫が子供を起こす
  • 夜勤明けの夫が帰ってくるので家族が安眠できない

など、妻も子供も睡眠を妨げられることが多いのではないでしょうか。

 

子供が安眠できないと、

  • 生活のリズムが狂う
  • 成長への悪影響
  • 日中の活動に支障が出る
  • 授業中に眠くなる

など子供の心身にとって良いわけがありません。

 

せっかく仕事から疲れて帰ってきたのだから優しくしてあげたい

と思いますが、子供まで起こされるのはイラッとしますよね。

 

夫が昼間寝ているので邪魔

夫が夜勤だと昼間は寝ている場合も多いのではないでしょうか。

家事をしたい時間帯に夫が寝ていると、邪魔で仕方がありませんよね。

 

  • 掃除ができない
  • 何をするにも気を使う
  • 物音を立てにくい

など寝ている夫を無視して生活することは不可能なので、余計な気づかいが発生しがちです。

 

もちろん子育てにも影響します。

  • 子供に家の中での行動を制限させる
  • 子供が思うように遊べない
  • 親子で外出する機会が減る
  • 家事の手間が増えるので子供と向き合う時間が減る

上記のように子供の生活にも制限が生まれてしまうでしょう。

 

親子で外出する機会がほとんどない

夫が夜勤だと親子で外出する機会が他の家庭より少ない場合が多いでしょう。

  • レジャーに行けない
  • 子供のイベントは基本的に妻が行く
  • 出かけるのは近所のスーパーばかり

など、出かけるのは妻と子供の組み合わせのみという家庭が多いと考えられます。

 

夫が夜勤だと外出する機会が少ない理由として、

  • 夜勤が発生する仕事は接客が多く土日勤務も多い
  • シフトの融通が利かない
  • 夫は休みの日中は寝ていたいと考えている

などさまざまな理由があるでしょう。

 

お出かけは妻と子供だけで行くもの

という状況が当たり前になってしまうと、夫の参加意欲も減っていくことが懸念されます。

 

子供が大きくなって、

他の家は家族で出かけているのにうちはパパが来ないのはなんで?

と思わせてしまう前に、少しづつ家庭の状況を改善したいものです。

 

今すぐできる!夫が夜勤でも子育てを乗り切る工夫5選を解説!

この章では、夫が夜勤でもできる子育ての乗り切り方をご紹介します。

夫が夜勤だとワンオペで子育てをするだけでなく、家事や仕事と両立することが必要なので、疲れてしまいますよね。

しかしワンオペでの子育てを乗り切るためには、頑張りすぎないことも大切ですよ。

 

下記解説しますので、順番にご覧ください。

  • 子育ては無理でも家事はしっかり分担する
  • 夫の世話はしない
  • 生活のルールを決めておく
  • 夫と寝室を分ける
  • 頼れるものには頼る

 

子育ては無理でも家事はしっかり分担する

まずは夫と家事の分担をしっかりすることです。

本当は家事だけでなく子育ても夫と一緒にやりたいところですが、夜勤では仕方がない部分も多いでしょう。

 

育児ができない分家事だけはきっちり分担しましょう。

  • 食器洗い
  • ごみ捨て
  • 食事の作りおき
  • 部屋の掃除

上記のように、いくら夜勤勤務だとしても、できる家事はいくらでもあるはずです。

 

ただし、家族が寝ている時間にはやらないように、約束させるのも大事なポイントでしょう。

「夜勤勤務だから」という言い訳はさせずに、夫に家事をやる習慣を早めに付けさせましょう。

 

夫の世話はしない

夜勤で帰ってくる夫の世話はしない!

と宣言してしまうのも良いでしょう。

 

  • 夫が夜勤から帰ってくる時間には起きて待っている
  • 家族の食事と別に夫用に軽い軽食を用意しておく
  • 夫の身の回りの世話もしている

上記のように毎日の子育てや家事と両立して、夫の世話をする生活だと、妻は疲れてしまいます。

 

当然子育てにも影響は出てくるでしょう。

  • 寝不足で日中子供と遊ぶのが辛い
  • 家事が二度手間になり子供を構ってあげられない
  • 夫の予定に合わせて子供に我慢を強いる場面が多い

 

上記のように、子育てに集中しにくい状況になることが考えられます。

夜勤の夫には、自分のことは自分でやってもらう癖をつけましょう。

 

生活のルールを決めておく

夜勤の夫との生活ルールはあらかじめ決めておきましょう。

  • 子供が寝ている時間に大きな音でテレビを見ている
  • 自分が食事の後片付けをせずに寝てしまう
  • 夜勤前の夫が子供のお弁当のおかずを食べてしまった

など夜勤勤務の夫への不満は数え切れませんよね。

 

あとで文句を言おうと思っていたけれど、日中夫は寝ているのでうやむやになってしまった……

など、夜勤の夫とゆっくり話し合うのは難しいことが考えられます。

 

お互いがストレスなく暮らせるようにルール作りは必要なことです。

  • 夜勤の場合○時までには帰る
  • 子供が寝ているときテレビを見る場合イヤフォンをする
  • 冷蔵庫の1段目にある物以外は食べない

上記のように、家庭のルールはなるべく具体的に決めるようにしましょう。

 

夫と寝室を分ける

夜勤の夫と寝室を分けることも、前向きに検討したほうが良いでしょう。

夫婦は同じ寝室で寝るもの

と考えがちですが、子育てで疲れているのに夜勤の夫のせいで睡眠時間まで削られては、たまったものではありません。

 

せめて夫が夜勤の日だけでも、それぞれ違う部屋で体を休められたほうが良いはずです。

  • 夫が夜勤の日は妻は子供の部屋で寝る
  • 夫が夜勤から帰ってきたら一旦ソファーで仮眠を取ってもらう
  • 夜勤の日用に布団を1セット購入する

など、簡易的にでも寝る場所を分ける工夫をしてみると良いでしょう。

 

夜勤の日だけでも寝る場所を別々にすることで、普段使っているシーツなどの洗濯もやりやすくなりますよ。

夫が夜勤ならば、寝室を別にすることも前向きに考えると良いでしょう。

 

頼れるものには頼る

夫が夜勤勤務だと、子育てや家事が妻のワンオペになりがちです。

夫が夜勤なんだから、頼れるものには頼って子育てをしよう!

くらいの気持ちで日々を過ごすのも大切でしょう。

 

  • 実家に子供を預ける
  • 時短家電に頼る
  • ママ友と協力しながら子育てをする
  • 保育施設をいくつかピックアップしておく

など、家事や子育ての負担を減らせるツールや環境はどんどん活用するのがおすすめです。

 

ワンオペで頑張りすぎて、疲れている状態が続いていたり、ついイライラしてしまう状態になるよりよほど良いことは間違いありません。

子供にとっても、ママは元気で笑顔の方が良いに決まっています。

頼れるものにはどんどん頼って、気持ちに余裕が持てる状態で日々を過ごせると良いですね。

 

夫が夜勤でいない日に!ワンオペ子育てのストレス解消法を紹介!

この章では夫が夜勤でいない日におすすめの、ワンオペ子育てのストレス解消法をご紹介します。

夫が夜勤勤務だと妻は子育てと家事に追われて、ストレスは溜まる一方ですよね。

 

日々があわただしくて、自分のための時間は全くない……

という女性もいることでしょう。

 

下記方法で、日々のストレスを解消しましょう。

  • 家事をサボる日を作る
  • 夫がいない食卓は好物を楽しむ
  • ゆっくりお風呂に入る
  • 好きなドラマや映画を楽しむ
  • 友達と遊びに行く

ひとつひとつ順番にご覧ください。

 

家事をサボる日を作る

夫が夜勤勤務でストレスが溜まっているときは、たまには家事をサボる日を作るのがおすすめです。

子育ても家事もワンオペ状態だと、家事を重荷に感じる女性も多いはずです。

 

  • 家事をやるのはただの義務……
  • 家事をやるのは辛いけれど、自分がやらないと……

しかし子育てと違って、家事は1日くらいやらなくても死ぬわけではありません。

 

それでも「散らかっている状態が耐えられない」「家事をやらないと落ち着かない」と感じる女性は、

  • 家事代行業者にお願いする
  • 実家に避難する
  • 一部だけをサボる(ごはん作りのみ、掃除のみ、等)

などでも良いでしょう。

 

今日は家事をサボる日!

と心に決めて、空いた時間に1つでも自分が好きなことに当てるのがおすすめです。

 

夫がいない食卓で好物を楽しむ

いつもは夫や子供の好物を食卓に並べる妻も多いと思います。

しかしたまには自分の好物を楽しむのも、ストレス解消にもってこいですよ。

 

夫が夜勤で子供と自分だけで食卓を囲む際、たまには自分の好物を中心とした食事にしましょう。

  • 高めのお肉を奮発する
  • お寿司の出前を取る
  • 子供の食事と別に激辛料理をテイクアウトする
  • ご褒美スイーツを楽しむ

夫がいない分食事代も抑えられるので、ちょっと豪華な食卓も楽しみやすいと言えるでしょう。

 

罪悪感があるな……

と思う女性もいると思いますが、たまのご褒美があるからこそ夜勤疲れの夫に優しくできると考えることもできます。

 

ゆっくりお風呂に入る

夫がいない時間、ゆっくりお風呂に入ってリフレッシュするのもおすすめです。

  • 好きな入浴剤
  • 音楽をかける
  • 本やドラマを観る

など入浴中の楽しみ方は人それぞれでしょう。

 

子育て中の女性は、

  • 普段は忙しくてシャワーのみ
  • 子供と一緒にあわただしく入浴している
  • 最近は夫が入った後のお風呂しか入っていない

という場合も多いでしょう。

 

多少効率が悪くても、

  • 自分のためにお風呂を入れ替える
  • 子供が寝た後にお風呂に入り直す

などを行うことで、自分だけの特別な時間を過ごすことができますよ。

 

好きなドラマや映画を楽しむ

夫が夜勤で子供も寝ている時間帯に、好きなドラマや映画をひとりで楽しむのもおすすめです。

  • 気になっていた最新作
  • 昔からのお気に入り
  • 海外の連載ドラマを制覇!

など思い切り自分の趣味に走るのが良いでしょう。

 

ドラマや映画を鑑賞する際のお共に、

  • 自分用に買ったお菓子
  • ハーブティー
  • 大好きなお酒

なども用意しておけば、自分だけの楽しい時間を過ごすことができますよ。

 

友達と遊びに行く

友達と遊びに行き、普段のストレスを発散するのもおすすめです。

 

  • 気になっていたお店でランチ
  • おしゃれなカフェでお茶をする
  • カラオケで歌いまくる
  • 公園でピクニック

など夫の愚痴も交えながら過ごす時間は、ストレス発散にもってこいです。

 

  • 夫が夜勤でいない夕方~夜
  • 夫が寝ている日中

などに子供も交えて楽しむのもおすすめですが、普段夜勤で子育てにノータッチの夫に、子供を預けて時間を作るのも良いでしょう。

 

まとめ

夫が夜勤勤務の中子育てに悩んでいる妻たちのリアルな声として、下記3つをご紹介しました。

  • 旦那さんが夜勤や深夜帰宅する方!
  • 旦那が夜勤の子育てについてアドバイスください
  • 夫が夜勤のときの子育てについて

 

夫が夜勤で起こりがちな子育て家庭の問題点5つは下記です。

  • 家事の手間が倍になる
  • 子供が夫になつかない
  • 夫が帰って来た物音で子供が起きてしまう
  • 夫が昼間寝ているので邪魔
  • 親子で外出する機会がほとんどない

 

今すぐできる!夫が夜勤でも子育てを乗り切る工夫5選として下記解説しました。

  • 子育ては無理でも家事はしっかり分担する
  • 夫の世話はしない
  • 生活のルールを決めておく
  • 夫と寝室を分ける
  • 頼れるものには頼る

 

夫が夜勤でいない日に!ワンオペ子育てのストレス解消法をとして下記5つを紹介しています。

  • 家事をサボる日を作る
  • 夫がいない食卓で好物を楽しむ
  • ゆっくりお風呂に入る
  • 好きなドラマや映画を楽しむ
  • 友達と遊びに行く

 

夫が夜勤勤務だと、妻は子育てと家事に毎日追われることになるのは間違いないことでしょう。

特に子供が小さなうちは、夫が夜勤勤務だと家族で生活リズムが違うことによる弊害も気になりますよね。

当記事が夫が夜勤勤務でワンオペ子育てに悩んでいる女性の、お力になれれば幸いです。

 

夫が残業ばかりでワンオペ育児に悩んでいる方向けの記事は、下記より是非お読み下さい。

 

旦那が激務でワンオペ育児に悩む方向けの記事として、下記がおすすめですので、是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました