【うざい】旦那の機嫌が悪い5つの原因!妻が取るべき賢い対処法や注意点を解説!

旦那

「旦那の機嫌が悪い理由は何?」

「旦那の機嫌が悪い時はどうしたらいい?」

「旦那の機嫌が悪いことで離婚は可能?」

上記のようなお悩みを抱えていませんか?

 

旦那の機嫌が悪いと「何かしただろうか?」と不安になりますよね。

理由を教えてくれないと、対処のしようがありません。

 

当記事では

  • 旦那の機嫌が悪い時に考えられる5つの原因
  • 旦那の機嫌が悪い時に妻が取るべき賢い対処法
  • 旦那の機嫌が悪い時のNG行動

といった内容を徹底解説していきます。

 

旦那の機嫌が悪いとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、旦那の機嫌が悪い時の賢い対処法が分かるでしょう。

 

旦那の機嫌が悪い時に考えられる5つの原因

旦那の機嫌が悪いと、ついつい

私が何かしたのだろうか?

と不安になってしまいますよね。

しかし妻や家庭以外に原因があることも。

 

旦那の機嫌が悪い時に考えられる主な原因は下記の通りです。

  • 帰宅後の不機嫌は仕事疲れ
  • 妻や家庭に不満がある
  • 理由はないけどイライラする
  • 要望を通すための機嫌悪いアピール
  • 寂しい

それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。

 

帰宅後の不機嫌は仕事疲れ

帰宅後の不機嫌は、仕事疲れが原因のケースがほとんどです。

うまくオンオフを切り替えられる人ならいいのですが、苦手な場合は家に帰っても仕事のイライラが忘れられません。

 

  • 仕事で上司に怒られた
  • 嫌なお客様の対応を押し付けられた
  • 仕事を評価してもらえない

などといった悩みを抱えている可能性があります。

 

帰ってきた瞬間から不機嫌そうな旦那を見ると、妻としてもストレスが溜まりますよね。

しかし家族のために働いている旦那のために、少しは大目に見てあげましょう。

 

妻や家庭に不満がある

次に挙げられるのが「妻や家庭に不満がある」ことです。

妻としては

言えばいいのに!

と思ってしまいますが、口喧嘩になると妻にはかなわないと思っている男性も少なくありません。

 

たとえば

  • 妻がイライラしている
  • 妻からのLINEがしつこい
  • 自由がない生活がしんどい
  • 家が散らかっていて落ち着かない

といった不満を抱えている可能性があります。

旦那が言えない不満を抱えていないか、一度話し合ってみる必要があるでしょう。

 

理由はないけどイライラする

次は「理由はないけどイライラする」というケースです。

これといった大きな問題はないのに、気持ちが不安定になる時は誰にでもありますよね。

 

緊張が緩んだ時や疲労が溜まっている時、またお腹が空いている時は、イライラしやすくなるものです。

特に普段優しい人や真面目で几帳面な人、またせっかちで余裕がない人はストレスが溜まりやすくなります。

 

旦那も疲れているのだろう……

と思えると、少し優しい気持ちで見守れるのではないでしょうか?

 

要望を通すための機嫌悪いアピール

次に「要望を通すための機嫌悪いアピール」も考えられます。

気に入らないことがあった時に、拗ねてしまう子供のような旦那であれば、この可能性が高いでしょう。

 

いつまでも不機嫌でいられると、ついつい要望を通したくなってしまいますよね。

しかしそれでは次回も不機嫌になって、要望を通そうとしてくるでしょう。

 

旦那は大人なのですから、不満があれば言葉で説明するべきです。

旦那の機嫌が悪いからと言って、すべての要望を通さないようにしましょう。

 

寂しい

意外にも多いのが「寂しい」という理由です。

特に子供が幼いと、どうしても妻の時間や気持ちは子供にいってしまいがち。

 

それまで二人でラブラブな新婚生活を送っていたのに、急に子供中心になると「寂しい」と感じる旦那は少なくありません。

もう父親なんだからしっかりしてほしい……

と思ってしまいますが、たまには旦那にも時間を取ってあげましょう。

 

旦那の機嫌が悪い時に妻が取るべき賢い対処法5選

旦那の機嫌が悪いと、どう接していいか分からなくなりますよね。

機嫌が悪い期間が長ければ長いほど、家庭内の空気も悪くなるでしょう。

 

旦那の機嫌が悪い時には、下記の対処法がおすすめです。

  • 無視して放っておく
  • 旦那を労う
  • 理由を聞いてみる
  • 美味しい食事を用意する
  • 不機嫌になることのデメリットを伝える

それぞれの対処法を具体的に見ていきましょう。

 

無視して放っておく

まずは「無視して放っておく」方法です。

気にしすぎると、妻が疲れてしまいます。

 

どうしたの?

と聞いても理由を話してくれないのであれば、後は放っておきましょう。

あなたや子供たちが気にせず楽しく過ごしている様子を見ると、だんだんと気持ちが落ち着いてくる可能性があります。

 

特に仕事関係のイライラであれば、自分で消化するしかありません。

何度聞いても答えてもらえないとイライラするので、聞くのはやめて放置するというのも一つの方法です。

 

旦那を労う

次に「旦那を労う」方法も挙げられます。

旦那の機嫌が悪いと、ついついこちらもイライラしがちですが、一緒にイライラすると家庭内の雰囲気は悪くなる一方です。

 

仕事、大変そうだね。お疲れ様。
いつも家族のためにありがとう!

などと感謝の気持ちや労いの言葉をかけてあげましょう。

旦那のイライラした気持ちも、少しは和らぐに違いありません。

 

理由を聞いてみる

「理由を聞いてみる」ことも大切です。

私が何かしたのかな?
もしかしたらあの時の発言かな?

などと理由を推測しても、正解は旦那にしか分かりません。

 

ストレートに

イライラしてるけど、何かあった?
機嫌悪いけど何かしたかな?

と聞いてみるのが、最も手っ取り早い方法でしょう。

 

美味しい食事を用意する

「美味しい食事を用意する」こともできます。

疲れて家に帰った時に、温かくて美味しいご飯が用意されていると、それだけで気持ちが和らぐものです。

 

帰ってくる前に

あ、今日は機嫌悪いな……

と察した時は、旦那の好物を用意してあげましょう。

自分の好物を作って待ってくれていたと分かれば、旦那も喜ぶに違いありません。

 

不機嫌になることのデメリットを伝える

最後の方法は「不機嫌になることのデメリットを伝える」ことが挙げられます。

イライラしたり、機嫌が悪くなることは誰にでもあることです。

 

それでも大人は自分で気持ちを切り替えて過ごすのが一般的でしょう。

なぜなら機嫌が悪い態度を取っていると、デメリットしかないことをよく知っているからです。

 

下記のようなデメリットを伝えてみましょう。

  • 機嫌が悪いと家全体の雰囲気が悪くなる
  • せっかくの休みが台無し
  • 子供も気を使って寄り付かない
  • 気持ちもどんどんネガティブになる

デメリットに気づけば、気持ちを切り替えてくれる可能性もあります。

 

旦那の機嫌が悪い時のNG行動3選

旦那の機嫌が悪い時の対処法をご紹介しました。

次に避けた方がいいNG行動も見ていきましょう。

 

  • 一緒になって不機嫌になる
  • しつこく詮索する
  • とにかく尽くす

それぞれのNG行動を具体的に解説していきます。

 

一緒になって不機嫌になる

まずは「一緒になって不機嫌になる」ことです。

旦那の機嫌が悪く、さらに理由も分からないと、妻はイライラしますよね。

 

しかし一緒になって不機嫌になっても、何も解決しません。

最終的には

お前がイライラしてるからだ!

などと責任転嫁されてしまう可能性も。

 

家の中の空気も悪くなるでしょう。

旦那の機嫌が悪い時ほど、ポジティブな態度を心がけてください。

 

しつこく詮索する

次に「しつこく詮索する」のも避けるようにしましょう。

機嫌が悪いと、不安になり

どうしたの?
ねぇ何かあった?
私、何かしたかな?

ついつい詮索してしまいがちです。

 

しかし理由を言わないということは、何か言いたくない理由があるのでしょう。

誰かに話してすっきりする女性とは違い、男性は一人で考えて消化する傾向にあります。

 

しつこく詮索するのではなく、じっくり考える時間を設けてあげましょう。

 

とにかく尽くす

最後のNG行動は「とにかく尽くす」ことです。

機嫌を直してもらおうと、至れり尽くせり旦那に尽くす妻は少なくありません。

 

少しでも機嫌を良くしてほしい!

と思うのは自然なことです。

しかし今後のことを考えると、この方法はあまりおすすめできません。

 

旦那に尽くしても、根本的な解決にはならないからです。

不機嫌になれば妻が尽くしてくれる!

と旦那が思ってしまう可能性もあります。

 

旦那の機嫌悪いことで離婚はできる?

一時的に機嫌が悪いのならまだしも、あまりにも長期にわたって不機嫌だと離婚を考える妻もいるでしょう。

また頻繁に機嫌を損ねる旦那の場合も、妻は疲弊してしまいます。

 

旦那の機嫌が悪いという理由で離婚をする方法について、下記のパターンに分けて見ていきましょう。

  • 協議離婚なら可能
  • 調停離婚や裁判は難しい

詳しく解説していきます。

 

協議離婚なら可能

まずは「協議離婚」の場合です。

夫婦で話し合いを行い、離婚を成立させる方法を指しています。

 

協議離婚とは?
夫婦が話し合いをし、離婚する旨の合意が成立すれば、後は離婚届を市区町村に提出するだけで離婚が成立します。

この手続により離婚するケースが大半を占めています。

引用:アディーレ法律事務所

理由は何であれ、お互いが離婚に合意すれば離婚は成立するのが特徴です。

 

ずっと機嫌が悪いのであれば、旦那も内心離婚を望んでいる可能性があります。

思い切って離婚したい旨を切り出してみましょう。

 

もし離婚に応じてくれなくても、機嫌が悪い態度を改めるきっかけになる場合も。

話し合いのきっかけにして、状況を改善しましょう。

 

調停離婚や裁判は難しい

協議離婚が成立しない場合は、調停離婚や裁判に入ります。

調停離婚とは?
夫婦間で話し合いをしたが離婚について合意できない、相手が話し合い自体に応じない場合には、調停による離婚をめざすことになります。

調停委員(男女1名ずつの場合が多い)と呼ばれる人が中心となって夫婦双方の話を聞き、離婚の合意や財産分与等の離婚の条件についてそれぞれの意見の調整を行ってくれます。

引用:アディーレ法律事務所

 

民法で定められている、法定離婚事由に該当する場合は離婚が認められるでしょう。

法定離婚事由は下記の通りです。

(裁判上の離婚)
第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用:e-Gov法令検索

 

「旦那の機嫌が悪い」という理由だけでは、法定離婚事由には該当しません。

しかしながら機嫌が悪いだけでなく、無視が続くようであればモラハラの可能性も。

 

自分のケースが離婚可能かどうかは、弁護士に相談することをおすすめします。

 

まとめ

旦那の機嫌が悪い時に考えられる主な原因は下記の通りです。

  • 帰宅後の不機嫌は仕事疲れ
  • 妻や家庭に不満がある
  • 理由はないけどイライラする
  • 要望を通すための機嫌悪いアピール
  • 寂しい

 

旦那の機嫌が悪い時には、下記の対処法を試してみましょう。

  • 無視して放っておく
  • 旦那を労う
  • 理由を聞いてみる
  • 美味しい食事を用意する
  • 不機嫌になることのデメリットを伝える

 

旦那の機嫌が悪い理由に心当たりがない場合は、しばらく様子を見ることも大切です。

いつまでも機嫌が直らないのであれば、状況に応じて、適切な対処法を試してみましょう。

 

気に入らないからといって、すぐに機嫌が悪くなったり無視をする旦那はモラハラの可能性もあります。

あまりにひどい場合は、弁護士に相談してみましょう。

 

モラハラ旦那と離婚する方法は下記の記事でもまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました