【夫婦喧嘩!】喧嘩になると旦那と口を聞かない!リスクと解決方法!

旦那

「旦那と喧嘩中でもう何日も口を聞いていない」

「夫婦喧嘩になると口を聞かない期間があってつらい」

「喧嘩になると口を聞かなくなる旦那!どうしたらいいの?」

 

夫婦喧嘩のたびに旦那と口を聞けなくなるのは大変ですし、旦那と口を聞かないようにしている自分にも嫌気が差してくることでしょう。

 

今回の記事では、以下4つのポイントについて説明します。

  • 夫婦喧嘩勃発中!旦那と口を聞かない家庭は意外と多い?
  • 旦那と口を聞かない!長期化した場合のリスクは?
  • 口を聞かないのはもう嫌!旦那と仲直りする方法は?
  • 口を聞かない期間を作らないために必要なこと

夫婦喧嘩の際、旦那と口を聞けずに悩んでいる奥さま必見です。

 

夫婦喧嘩勃発中!旦那と口を聞かない家庭は意外と多い?

夫婦喧嘩が勃発している最中、旦那と口を聞かない家庭は意外と多いという事実があります。

 

  • 口を聞かない期間の平均は1日
  • 口を聞かない期間が数か月続く家庭もある

一般的な家庭の夫婦喧嘩は1日足らずで収束を迎えるようですが、数か月の間、内紛状態が続いてしまう家庭も……。

夫婦喧嘩が原因で、旦那と口を聞かない期間が生じてしまう家庭の実態について見ていきましょう。

 

口を聞かない期間の平均は1日

旦那と口を聞かない期間の平均は1日程度が一般的
上記が一般的な口を聞かない期間の平均データです。

 

 

1日程度で夫婦喧嘩が収まる理由としては、以下の理由が挙げられます。

  • 喧嘩の翌朝には昨晩のイライラがある程度収まっているから
  • 「おはよう」と言えば何となく通常の気分に戻るから
  • いつまでもイライラしていては生活が成り立たなくなるから

 

お互い感情的に意見を言い合うより、翌朝気持ちを落ち着かせてから再度話し合いの場を設けているということ。

家庭内の無言の時間が1日程度であれば、お互いにわだかまりもなく和解できそうですよね。

 

口を聞かない期間が数か月続く家庭も

夫婦喧嘩が勃発すれば、数か月は旦那と口を聞かない!という家庭も。

 

しかし、喧嘩が勃発してから和解までの数か月、常に旦那に対して怒りをむき出しにしているわけではありません。

  • 口を聞かない期間が長くなりすぎて和解ができなくなった
  • 「ごめんね」を言えないまま時間だけが過ぎていき謝罪しにくくなった
  • お互いに素直になれずに数か月経ってしまった

上記のように、後悔の念を抱いている場合がほとんど。

 

数か月も夫婦の会話がないとなると家庭内の空気が淀んでしまいますし、解決の糸口を探し出すのもなかなか難しくなります。

結果として、問題解決までに時間を要するというリスクが生じてしまうのです。

 

旦那と口を聞かない!長期化した場合のリスクは?

旦那と喧嘩をし、

もうあんな人は嫌だ!

口なんて聞いてやらない!

と思っていても、数日で折れてしまう奥さんが大多数ということが分かりました。

 

奥さんが数日で心折れてしまうのには、旦那と口を聞かない期間が長期化した場合にさまざまなリスクがあるからです。

 

主なリスクは、以下の通りです。

  • 解決の糸口が見つからなくなる
  • 離婚の二文字が見えてくる
  • 子どもの成長に悪影響を及ぼす

具体的に見ていきましょう。

 

解決の糸口が見つからなくなる

旦那と喧嘩をして口を聞かない期間が長期化すると、解決の糸口が見つからなくなってしまうというリスクがあります。

 

多くの家庭で1日足らずで夫婦喧嘩が収束しているのは、一晩眠ることで冷静に物事を判断できるようになるから。

 

お互いに冷静な気持ちで話し合いをすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 話し合いの妥協点を見つけることができる
  • 自分の非を認めることができる
  • 相手の非をそこまで責めずに指摘することができる
  • 客観的に物事を判断することができる

 

しかし、いつまで経っても「私からは話しかけない」「旦那が全面的に悪い」という態度を取っていては、

奥さんに話かけにくい

と旦那が思ってしまう可能性も。

 

今日話し合えなかったから明日は必ず!という気持ちが1日1日と延びていき、気づいたら旦那と数か月会話をしていない!と焦ってしまう可能性もあります。

 

数か月間、会話をしなかった人への最初の一声は、なかなか勇気のいるものです。

夫婦間の会話に対して無駄に緊張しないためにも、問題が起きたら数日のうちに解決するようにしましょう。

 

離婚の二文字が見えてくる

旦那と口を聞かない期間が長期化することで、離婚の二文字が見えてくるというリスクもあります。

 

旦那と口を聞かない期間が長期化した場合、以下どちらかの感情が芽生えてくるはず。

  • 旦那と早く普通に喋れるようになりたいな……
  • 旦那と喋らなくても生活に支障は出ないんだ!

 

前者の場合、旦那との関係修復を望んでいるので、最悪な状況には至らないといえるでしょう。

しかし、後者の場合、話は別。

旦那がいなくても全然平気!

と思ってしまうことで、離婚という選択肢が現実味を帯びてしまいます。

 

もちろん、旦那側でも同じことがいえます。

妻との会話がなくてもやっていけるじゃん!

と思われてしまえば、最悪の場合離婚を要求されてしまう恐れも。

 

離婚を回避したいのであれば、問題解決は早めのほうが良いでしょう。

 

子どもの成長に悪影響を及ぼす

旦那と口を聞かない期間が長期化すると、子どもの成長に悪影響を及ぼしてしまうリスクがあります。

 

特に子どもが小さい場合、子どもが望む幸せは以下のようなもの。

  • 両親が仲良しなこと
  • 休日は家族で同じ時間を過ごすこと
  • 家庭内に他愛もない会話があること

上記のような些細な幸せが何より大切です。

 

しかも子どもは、両親の異変にいち早く察知できる能力があるので、夫婦喧嘩が長期化することで、「お父さんとお母さんの様子が変」と子どもに悲しい思いをさせてしまう恐れも。

大切な子どもに悲しい思いをさせないためにも、夫婦喧嘩は長期化しないようにしましょう。

 

口を聞かないのはもう嫌!旦那と仲直りする方法は?

自分たちのためにも、子どものためにも、夫婦仲は良好でいたいものです。

 

夫婦喧嘩のたびに口を聞かない期間があるのはもう嫌!

と思っている奥さんは、一刻も早く旦那と仲直りするようにしましょう。

 

  • あいさつを交わす
  • 素直に謝る
  • 話し合いをする
  • 旦那の好物をふるまう

上記4つのポイントについて紹介します。

 

あいさつを交わす

旦那と早めに仲直りするために、あいさつを交わすようにしましょう。

 

前夜に大喧嘩してしまった場合も、できるだけ平常心を保って「おはよう」といいます。

旦那も「おはよう」と返してくれれば、「昨日はごめんね」と会話を続けていけば良いだけ。

 

大けんかをしたまま朝を迎えたけれど

「おはよう」のあいさつをしただけで

イライラしていた気持ちが軽くなった!

 

あいさつは、幼稚園児でもできる人として最低限度の行為です。

いつも交わしている挨拶を、いつも通りのテンションですれば、昨日までの怒りが嘘のように和らぎますよ。

 

素直に謝る

素直に謝るのも、旦那と早く口を聞くための手段の一つです。

あなたに非があった場合、旦那に誠心誠意謝るようにしましょう。

 

旦那に非があって喧嘩になった場合も、

昨日は感情的になってごめんね

まずは謝ります

 

謝った後で、

私の意見は〇〇なんだけど

あなたはどう思うかな?

旦那側の意見を求めるようにしましょう。

 

自分が悪くないのに謝らなくてはいけないのは腑に落ちないかもしれません。

しかし、旦那との関係性を早くに修復したいのであれば、自分から折れてあげるのも必要ですよ。

 

話し合いをする

旦那と口を聞かないのはもう嫌!と思っているのであれば、話し合いで問題を解決しましょう。

 

口を聞かない期間が既に長期化している場合も、

ちょっと話があるんだけど

と一言切り出せば旦那も頷いてくれるはず。

 

 

  • 喧嘩に至った問題点に対する意見の言い合い
  • 口を聞かなかった期間に考えていたこと
  • 今後は口を聞かないという行為そのものは止めること

夫婦喧嘩でマイナスになる部分を排除できるよう、お互いが冷静な気持ちで話し合いに応じましょう。

 

旦那の好物をふるまう

旦那と口を聞かない時間を解決したいのであれば、旦那の好物をふるまうことも手段の一つです。

 

 

今日はあなたの大好物を用意しました!

と笑顔でいえば

そろそろ仲直りしないと

と旦那も思ってくれるはず。

 

いつもよりも時間をかけて愛情たっぷりな料理を作れば、旦那も何かを感じ取ってくれる期待がもてます。

普段は出さないような、凝った料理を作ってあげるのも効果的ですよ。

 

口を聞かない期間を作らないために必要なこと

最後に、口を聞かない期間を作らないために必要なことについて説明します。

 

紹介する方法は、以下3つのポイントです。

  • 妥協する心を持つ
  • 旦那の良い部分を見つける
  • 離婚した場合のリスクを頭に入れておく

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

妥協する心を持つ

夫婦喧嘩で口を聞かない期間を作らないため、妥協する心を持つことが大事です。

 

 

  • 旦那に対して100を求めない
  • 旦那のキャパを理解しておく
  • 自分も旦那の100%理想を叶えている妻ではないことを認識する

上記のように、旦那に対して妥協する心が必要。

 

旦那もあなたも完璧な人間ではありません。

ありのままの旦那を認めてあげるようにし、理想ばかりを求めないようにしましょう。

 

旦那の良い部分を見つける

口を聞かない期間を作らないためには、夫婦喧嘩の頻度を少なくすることが効果的です。

夫婦喧嘩の頻度を少なくするために、旦那の良い部分を見つけることに専念しましょう。

 

結婚生活が長くなると、相手の良い部分よりも悪い部分が目立ってしまうのは仕方のないこと。

たとえば、

最近、妻の悪い部分ばかり見えて気になる

と旦那に思われていては嫌ですよね。

 

お互いに完璧な人間ではないからこそ、お互いの良い部分を発掘し続けていかなければならないのです。

 

夫婦喧嘩が小さいうちに収束するのか大きくなってしまうのかは、旦那を根本的に認めているか否かにかかっています。

旦那の良い部分を見つけ、旦那を認めてあげることから始めましょう。

 

離婚した場合のリスクを頭に入れておく

口を聞かない期間が長期化した場合、離婚になってしまうかもしれないというリスクを頭に入れておくことも大事です。

 

夫婦喧嘩においては、

「今」旦那にイライラしてはいるけれど

離婚までは考えてない

と、最悪の状況を想定して喧嘩をする夫婦は稀でしょう。

 

 

  • 今のイライラが長続きして口を聞かない期間が長期化してしまったら?
  • 今のイライラが原因で離婚問題に発展してしまったら?

旦那にイライラしてしまうのは仕方ないとして、イライラが長期化してしまった場合に想定されるリスクはとても大きいものです。

 

離婚はまったく考えていない

という奥さんは、旦那にイライラしている現状が、もしかしたら離婚の原因になってしまうかもしれないことを念頭に入れておきましょう。

 

まとめ

旦那と喧嘩をして口を聞かない期間があって困る!という奥さんが試したい、仲直りの方法は以下の通りです。

  • あいさつを交わす
  • 素直に謝る
  • 話し合いをする
  • 旦那の好物をふるまう

旦那の機嫌取りをし、仲直りの前にしっかり話し合う機会を設ける努力をしましょう。

 

旦那と口を聞かない期間はもう作りたくない!と考えている奥さん方は、以下3つのポイントが重要です。

  • 妥協する心を持つ
  • 旦那の良い部分を見つける
  • 離婚した場合のリスクを頭に入れておく

旦那のことを認めてあげるようにし、夫婦喧嘩の先に離婚があることを念頭に入れておくと良いでしょう。

 

喧嘩するほど仲が良いということわざがある通り、夫婦喧嘩をすること自体は悪ではありません。

夫婦喧嘩をいつまでも引きずって、口を聞かない期間があることが問題なのです。

 

夫婦喧嘩になったとしても1日ほどで解決できるような環境作りが、今後の良好な夫婦関係に必要といえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました