【疑問】『旦那』の対義語が知りたい!正しい使い方や他の言い換え表現を徹底解説!

旦那

「『旦那』の対義語は何?」

「『旦那』の言い換え表現の対義語は?」

「『旦那』の対義語を知って、正しい使い方をしたい!」

とお考えではありませんか?

 

「夫」を指す言葉として、一般的に使われる『旦那』。

では「妻」を指す対義語は、いったい何なのだろうと疑問に思いますよね。

 

当記事では

  • 『旦那』の対義語は奥さん!
  • 『旦那』の言い換え表現の対義語もチェック!
  • 『旦那』の由来や語源は?

といった内容を徹底解説していきます。

 

『旦那』の対義語でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ『旦那』の対義語や正しい使い方が分かるでしょう。

 

『旦那』の対義語は奥さん!

配偶者を指す場合「夫」の対義語は「妻」です。

では『旦那』の対義語は何になるのでしょうか?

 

Weblio類語辞典を見ると『旦那』の対義語は「奥さん」と書かれています。

対義語・反対語 旦那さん 奥さん
意味 夫の立場にある者を敬って言う表現 妻の立場にある者を敬って言う表現

引用:Weblio類語辞典

 

『旦那』はもともと、家長である夫を敬って呼ぶ表現です。

そのため同じように妻を敬って呼ぶ表現である「奥さん」が対義語にあたります。

 

ちなみに『旦那様』の対義語は「奥様」が妥当でしょう。

相手の配偶者を指す際にも「旦那様」「奥様」を用いることが可能です。

 

『旦那』の言い換え表現の対義語もチェック!

『旦那』以外にも、夫を指す言葉はいろいろあります。

「夫」「主人」「亭主」といった言葉の対義語が気になる人もいるでしょう。

 

  • 夫の対義語:妻
  • 主人の対義語:家内
  • 亭主の対義語:女房

それぞれの対義語を詳しく解説していきます。

 

夫の対義語:妻

まず「夫」の対義語は「妻」です。

「夫」や「妻」は夫婦関係を指す言葉として、役所に提出する公式な書類などにも使われる表現です。

 

夫と妻は同等の立場を表す表現として用いられます。

婚姻制度が生まれる前から、生活をともにする女性は「妻(さい)」と呼ばれていました。

 

配偶者を指す言葉として「妻(つま)」が使われるようになったのは、明治時代以降と比較的最近です。

 

主人の対義語:家内

「主人」の対義語は「家内」でしょう

「家内」は「家の中にいる人」を指しています。

 

昔は男性が外に出て働き、女性は家の中を守る風潮がありました。

そのため「家の中にいる人」を指して「家内」と呼ぶようになったと言われています。

 

目上の人や他人に対して、妻を謙遜する意味で使われるのが一般的でしょう。

 

亭主の対義語:女房

「亭主」の対義語は「女房」です。

「女房」はもともと宮中で使用人の女性が使う部屋を指していました。

 

「房」は「部屋」の意味で、女房は「女官の部屋」という意味であった。
平安中期以降、女房は女官の部屋の意味から、私室を与えられた高位の女官、貴人邸に仕える上級の侍女を指す言葉となり、出身の階級や身分によって、「上臈(じょうろう)」「中臈(ちゅうろう)」「下臈(げろう)」に大別された。
女房が「妻」の意味として用いられた例は、平安時代の貴族の日記にも見られるが、この頃は単に「女性」の意味でも用いられており、妻を遠まわしに表現したものであろう。

引用:語源由来辞典

部屋を指す言葉から、次第に使用人を意味する言葉となり、最終的に自分の妻を表す言葉となりました。

 

「使用人」や「世話をする人」というニュアンスを含むので、最近はあまり使われなくなった表現です。

 

『旦那』の由来や語源は?

『旦那』の由来や語源を知ると、より言葉の意味を正しく理解できるでしょう。

 

『旦那』の由来や語源について

  • 仏教語が語源
  • 日本や中国に伝わってきた

といった内容を解説していきます。

 

仏教語が語源

『旦那』の語源は古代インドで使われていたサンスクリット語「ダーナ」です。

サンスクリット語の「ダーナ」は「布施・与えること」を指す言葉でした。

 

ダーナとは仏教語で「布施」(施し)のことで、法施(真実の仏法を伝え広める)・財施(金品を分かち合う)・無畏施(恐れを除き、癒しと勇気を与える)・無財の七施(思いやり、ささえあうこころ)などに分かれます。

引用:仏教婦人会総連盟

 

古代インドの僧侶は、生活のすべてを修行に捧げるという習わしがあったようです。

厳しい修行を続ける僧侶に対し、人々は食物や衣類を分け与えました。

 

この分け与える行為が「ダーナ」です。

「ダーナ」は僧侶への感謝の気持ちであり、見返りを求めずに施しを行う仏教の大切な精神となっています。

 

日本や中国に伝わってきた

「ダーナ」という言葉は、年月とともに日本や中国に伝わっていきました。

日本や中国では「檀那」という漢字が当てられるようになります。

 

そして「施す人」や「布施をする人」を指す言葉に変わっていきました。

中世以降になると、仏教とは関係なく「金品をくれる人」を「檀那」と呼ぶように。

 

そこから「家にお金を持ってきてくれる夫」を指す言葉へと派生していったのです。

 

『旦那』の意味は様々!

現代において、配偶者を指す言葉として一般的に用いられる『旦那』

しかし実は配偶者以外にも、様々な意味を含んでいるのです。

 

Weblio辞書では、下記のように記載されています。

だんな【×檀那/旦那】《(梵)dānaの音写》

1 ほどこし。布施。転じて、布施をする人。檀越(だんおつ)。檀家。

2 商家の奉公人などが男の主人を敬っていう語。「店の大—」

3 商人が男の得意客を、また役者や芸人が自分のひいき筋を敬っていう語。また一般に、金持ちや身分のある男性を敬っていう。「—、これはよい品でございますよ」「顔見世に—衆を招く」

4 妻が夫をいう語。他家の夫をいう場合もある。「お宅の—」

5 妾(めかけ)の主人。パトロン。「—がつく」「—を取る」

引用:Weblio辞書

 

店の主人やパトロンといった意味も含んでいることが分かるでしょう。

いずれの場合でも「生活の世話をしてくれる人」を意味に含んで「旦那」が用いられるのです。

 

最近では共働きの家庭も多く、夫だけでなく妻も外でお金を稼いでいる家庭が増えています。

そのため「生活の世話をしてくれる人」といった意味合いの「旦那」を、適切ではないという考え方も出てきているようです。

 

「旦那」という言葉も、もとは奉公人が主人を呼ぶときに使っていた言葉。

現代でも、専業主婦でなくても夫を立て敬う呼び方として「主人」が定着しているのは承知していますし、「旦那」と呼ぶのも一般的だと理解しています。

でも、そこは私の日本語へのこだわり。
言葉の本来の意味を考えると、夫を「主人」「旦那」と呼ぶのにはやや抵抗があります。

「主人」や「旦那」って呼ぶと、そんなつもりはなくても、どうしても言葉の裏に主人と使用人のような上下関係、主従関係が見えてきてしまうんです。

引用:アメブロ

特に何も考えずに使っている人も多いですが、言葉の意味を深く考える人にとっては、不快に感じるケースもあることを覚えておきましょう。

 

『旦那』以外の呼び方の使い分け

『旦那』以外にも、配偶者を指す日本語はたくさんあります。

 

主な呼び方と、それぞれの使い分けは下記の通りです。

  • 夫:公式な場
  • 主人:目上の人と話す時
  • 知人や友人と話す時:下の名前

具体的に見ていきましょう。

 

夫:公式な場

先述したように「夫」は公式な書類などでも用いられる表現です。

ビジネスシーンや初対面の人と話す際にも使うことができます。

 

「夫」の対義語である「妻」とは同等の立場を表す言葉でもあり、男女平等が推奨される現代社会で好まれる言い方です。

注意しなければならないのは、自分の配偶者を指して用いる表現だということ。

 

話している相手の配偶者を指して「夫」と呼ぶのはNGです。

あくまでも自分の配偶者を指す言葉として用いるようにしましょう。

 

「夫の〇〇です」
「夫の転勤が決まりました」

といった使い方をします。

 

主人:目上の人と話す時

目上の人と話す時には「主人」が適切です。

主人は「一家の主」という意味を持っています。

 

「女主人」のように、男性に限らず女性に対しても用いられる言葉です。

しかし『旦那』同様、主従関係をイメージする言葉でもあり、現代ではあまり使われなくなってきました。

 

とはいえ、配偶者を立てる表現として、丁寧な印象を与えるでしょう。

昔から使われている表現ということもあり、目上の人にも好まれる言い方です。

 

「主人に確認いたします」
「主人はただ今留守にしております」

といった使い方が適切でしょう。

 

知人や友人と話す時:下の名前

知人や友人と話す時は、下の名前で呼ぶという方法もあります。

先述したように『旦那』や『主人』といった表現に抵抗を感じる人がいるのは事実です。

 

親しい間柄で『旦那』以外の呼び方をしたいのであれば呼び捨て、もしくは下の名前に「さん」を付けて呼ぶようにしましょう。

相手が自分の配偶者をどのように呼んでいるのかを探り、同じような呼び方をするのが一番いいですね。

 

まとめ

Weblio辞書によると『旦那』の対義語は「奥さん」であることが分かりました。

『旦那』はもともと相手を敬う意味合いがあるので、同じく妻を敬った「奥さん」が相応しいのでしょう。

 

旦那の言い換え表現である「夫」「主人」「亭主」といった言葉の対義語は下記の通りです。

  • 夫の対義語:妻
  • 主人の対義語:家内
  • 亭主の対義語:女房

 

使うシーンや話している相手によって、言い換え表現をうまく使い分けるようにしましょう。

  • 夫:公式な場
  • 主人:目上の人と話す時
  • 知人や友人と話す時:下の名前

 

『旦那』や『主人』といった呼び方に違和感を抱く人もいます。

相手によって、適切に使い分けられるようになると、相手に不快な思いをさせることなく会話を進められるでしょう。

 

正しく使って、デキる妻を目指しましょう!

『旦那』の正しい使い方は、下記の記事でもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました