【怖い】夫が怒るのはなぜ?考えられる5つの理由や妻がするべき対処法を徹底解説!

「夫が怒るのはなぜだろう?」

「夫が怒る時にはどうしたらいい?」

「夫が急に怒るようになったのは病気が原因?」

などといったお悩みを抱えていませんか?

 

男性である夫が怒ると、妻は恐怖を感じるものです。

手が付けられず、途方に暮れることもあるでしょう。

 

当記事では

  • 夫が怒るのはなぜ?考えられる5つの理由
  • すぐ怒る夫はDVやモラハラの可能性も
  • 夫が怒る時にできる妻の対処法

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫が怒ることで、お悩みの方はぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、すぐ怒る夫の心理がきっと分かるはずです。

 

夫が怒るのはなぜ?考えられる5つの理由

怒りは人を疲れさせますし、怒りたくて怒る人はまずいません。

すぐ夫を見ると

なんでそんなに怒るのだろう?

と不思議に思いますよね。

 

夫が怒る理由としては、下記が考えられるでしょう。

  • 考え方が幼い
  • 自分が正しいと思い込んでいる
  • ストレスが溜まっている
  • 弱い自分を隠している
  • 感情のコントロールができない

それぞれの理由を具体的に解説していきます。

 

考え方が幼い

最初に挙げられるのは「考え方が幼い」という理由です。

気に入らないことがあると怒る!

というのは、幼い子供と同じ反応。

 

幼い子供は周りの迷惑は考えず、自分の気持ちだけで動くものです。

同じように考え方が幼い夫は、自分の気持ちだけで動いてしまいます。

 

自分が怒ることで妻や周りが困ることについては、考えていないのでしょう。

考えが幼いと、大人になっても自分の感情に左右されがちです。

 

自分が正しいと思い込んでいる

次に「自分が正しいと思い込んでいる」というのも、理由のひとつに挙げられるでしょう。

プライドが高い夫ほど、自分が正しいと思い込む傾向にあります。

 

自分の判断力や知識に、絶対的な自信があるのでしょう。

心の中では相手が正しいとは思っていても、素直に認めることができません。

 

プライドを傷つけられたからこそ、怒りが湧いてくるのでしょう。

 

ストレスが溜まっている

「ストレスが溜まっている」と、怒りっぽくなるものです。

普段なら笑って聞き流せることでも、ストレスが溜まっているとつい癇に障ってしまいます。

 

夫が怒りっぽい時は、仕事のストレスが重なっている可能性も考えてみましょう。

仕事以外でも、家庭や人間関係のストレスが関係していることも。

 

思っている以上に、男性はデリケートです。

妻に弱音を吐けずに、一人で悩んでいることも少なくありませんので、注意して見てあげてください。

 

弱い自分を隠している

「弱い自分を隠している」可能性もあります。

すぐ怒る夫の場合、実際は小心者であるケースも少なくありません。

 

器が小さいからこそ、大きく見せようとして虚勢を張っているのでしょう。

横柄に振る舞い、怒ることで、妻に舐められたくないと思っている可能性もあります。

 

小心者の夫に対して、馬鹿にしたような態度を取っていないでしょうか?

気弱な夫を持つ妻は、接し方にも一層の注意を払う必要があるでしょう。

 

感情のコントロールができない

最後は「感情のコントロールができない」ことが挙げられます。

怒りの感情は、誰にでもあるものです。

 

しかし、一般の人は怒りの感情をコントロールし、怒り以外の方法で発散させます。

怒るだけではなく、解決策を見つけようとするでしょう。

 

夫は感情のコントロールができないため、タイミングを考えずに怒りを爆発させてしまいます。

怒りを発散させる方法を学ぶことで、感情をコントロールしやすくなるでしょう。

 

すぐ怒る夫はDVやモラハラの可能性も

すぐ怒る夫は、DVやモラハラの可能性もあります。

特に下記のような特徴には注意しましょう。

  • 怒ると長期間無視をする
  • 大声で怒鳴って威嚇する
  • 子供や大切なものを人質に脅してくる

 

もちろん、どんな夫婦にも喧嘩はあるものです。

しかし、怒りの表現が度を越えている場合は、DVやモラハラの可能性が高くなります。

 

DVやモラハラは、妻の心身に影響を及ぼすことも。

ひどくなる前に、手を打たねばなりません。

 

DVやモラハラの可能性については、下記の記事を参考にチェックしてみましょう。

 

夫が怒る時にできる妻の対処法

夫が怒ると、妻は萎縮してしまいがち。

とはいえ、場合によっては妻の言動が夫の怒りを悪化させてしまうことになりかねません。

 

夫が怒る時には、下記の対処法をお試しください。

  • 受け流す
  • 冷静になる時間を取る
  • 第三者に相談する
  • 別居や離婚を検討する
  • ひどい場合は病院に相談を

それぞれの対処法を具体的に見ていきましょう。

 

受け流す

最初の対処法は「受け流す」ことです。

怒りを正面から受け止めると、妻へのダメージも大きくなってしまいます。

 

うまく攻撃をかわし、受け流すことも大切です。

怒りを真に受けて、萎縮してしまうと、逆効果になることも少なくありません。

 

うん、わかったよ

と明るく返して、怒りを交わしてみましょう。

 

冷静になる時間を取る

次に「冷静になる時間を取る」ことが大切。

「頭に血が上る」という言葉のとおり、怒っていると頭に血液が上昇します。

 

頭に血が上ると、冷静に物事を考えることができなくなるのです。

上昇した血は、一時間ほどすると元に戻っていきます。

 

つまり、一時間ほどは時間を置くと、冷静に話し合いができるということ。

冷静になるための時間を設けるようにしましょう。

 

第三者に相談する

「第三者に相談する」ことも必要です。

夫がすぐに怒るという問題は、なかなか周りには相談できないこと。

 

一人で抱え込み、ストレスを抱える妻は少なくありません。

しかし、一人で悩んでいてもなかなか解決策は見えてこないものです。

 

友人や家族、専門機関などにぜひ相談してみましょう。

第三者の意見を聞けば、自分では思いつかなかった対処法や解決策が見えてくるに違いありません。

 

別居や離婚を検討する

ひどい場合は「別居や離婚を検討する」ようにしましょう。

一緒にいることで、妻の身に被害が及ぶ可能性もあります。

 

すぐに怒る夫の姿は、子供にも良い影響は与えません。

子供が怯えてしまったり、弱気な性格になる可能性も考えられます。

 

怒りの度合いが高い場合には、今すぐにシェルターなどに一時避難してもらえるように調整してみましょう。

離婚までしなくとも、別居をすることで、お互いが冷静になれることもあるはずです。

 

ひどい場合は病院に相談を

「ひどい場合は病院に相談を」することも検討しましょう。

夫を連れて行けないとしても、妻が心療内科や精神科に受診することもできるはずです。

 

夫の状況を、心理カウンセラーや医師に相談してみましょう。

専門的なアドバイスをもらうこともできますし、夫への上手な接し方も教えてもらえるでしょう。

 

夫も自覚しているのであれば、一緒にカウンセリングを受けるというのもおすすめ。

薬物治療などで、感情のコントロールができるようになることもあります。

 

突然夫が怒るようになった!考えられる病気

今まで温厚だった夫が、急に怒るようになったのは、下記のような病気の可能性も。

  • 更年期障害
  • うつ病
  • 総合失調症

それぞれの病気の特徴を、具体的に解説していきます。

 

更年期障害

最初に考えられるのは「更年期障害」です。

女性特有のものと思われがちな更年期障害ですが、実は男性にも起こり得る病気。

 

一般的には40代~50代の男性に、発症しやすいと言われています。

男性更年期障害は、加齢に伴い、男性ホルモンが低下することで引き起こされる症状です。

 

「男性更年期障害は概ね40歳以降、60代、70代でも発症の可能性があります。しかも女性より長期間つらい思いをすることもあるのです」
こう語るのは、大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(泌尿器科)准教授で、医学部附属病院泌尿器科で男性更年期外来(要予約)を担当する医師、辻村晃先生である。

引用:日本新薬

男性更年期障害は、身体的にも精神的にもさまざまな症状が現れます。

 

イライラやうつ症状も、男性更年期の主な症状のひとつです。

男性更年期障害の疑いがある場合は、メンズヘルス外来などの受診をおすすめします。

 

うつ病

次に考えられるのが「うつ病」です。

特に注意したいのが『新型うつ病』と呼ばれるうつ病。

 

些細なことでイライラするなど、一日のうちに激しく感情が変化するのが特徴です。

“新型うつ病”と呼ばれる病像の多くは、なにかきっかけとなる事件や事情(ストレッサー)に心理的に反応して症状がでるという「重度ストレス反応」であるか、あるいは特有の性格傾向のために適応に支障がでるというケースです。

引用:関東中央病院

 

問題を解決するには、状況の改善をしなければなりません。

何が夫のストレスの要因になっているのかを冷静に分析し、解決策を考える必要があるでしょう。

 

総合失調症

最後に考えられるのは「総合失調症」です。

総合失調症は脳の病気で、考えや気持ちがまとまらなくなる精神疾患のこと。

 

40歳までに発症することが多いと言われています。

統合失調症の原因はまだはっきりとわかっていませんが、脳内で情報を伝える神経伝達物質のバランスがくずれることが関係しているのではないかといわれています。また、大きなストレスがかかることなども関係あるようです。

引用:こころの総合情報局

 

総合失調症は、一日も早く治療をする必要があるため、早めに専門家に相談しましょう。

治療は通院または入院により行われます。

 

まとめ

夫が怒る理由としては、下記が考えられるでしょう。

  • 考え方が幼い
  • 自分が正しいと思い込んでいる
  • ストレスが溜まっている
  • 弱い自分を隠している
  • 感情のコントロールができない

 

夫が怒る時には、下記の対処法をお試しください。

  • 受け流す
  • 冷静になる時間を取る
  • 第三者に相談する
  • 別居や離婚を検討する
  • ひどい場合は病院に相談を

 

怒りがひどい場合は、DVやモラハラの可能性も考えられます。

DVやモラハラであれば、妻の精神は危険にさらされるでしょう。

 

自分を守るためにも、早めに対処法を考えてください。

夫のモラハラに対する対処法は、下記の記事でも解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました