【うんざり!】旦那の夕飯作りが苦手!楽するための方法やおすすめメニューは?

旦那

「旦那に毎日夕飯を作らなきゃいけないのが憂鬱!」

「夕飯作りをもっと楽したいけどどうすれば良いの?」

「旦那の夕飯作りを楽するためのメニューは?」

 

毎日の仕事でもある、旦那の夕飯作り

新婚時代は毎日張り切っていたのに、憂鬱な気持ちが年々加速している奥さんも多いことでしょう。

 

今回の記事では、旦那の夕飯作りをもっと楽しくする方法を紹介していきます。

  • 旦那の夕飯作りが憂鬱!理由は?
  • 旦那の夕飯作りを楽にしたい!改めたい考え方は?
  • 旦那の夕飯!食卓に登場するシーンが多いおすすめメニューは?

旦那の夕飯作りを憂鬱に感じている奥さま方、必見です。

 

旦那の夕飯作りが憂鬱!理由は?

毎日欠かすことができない旦那の夕飯作り

 

栄養豊富で美味しいと思ってもらえる食事を作りたい

という願いはあるものの、毎日となると憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

 

旦那の夕飯作りを憂鬱に感じてしまう理由は、以下の通りです。

  • 旦那が偏食気味だから
  • 旦那が大食いだから
  • 他の家族と違うメニューを作る必要があるから
  • 1汁3菜を要求されるから
  • 旦那の帰宅が深夜だから

上記5点について、具体的に見ていきましょう。

 

旦那が偏食気味だから

旦那の夕飯作りを憂鬱に感じてしまう理由の一つ目は、旦那が偏食気味だからです。

 

料理本や料理番組で

美味そうで簡単そうな料理が紹介されていた!

真似してみようかな!

あぁ、でも材料の中に旦那の苦手なものがあるわ…

 

せっかく丹精込めて作ったのに、苦手な食材が入っているからといって食べてくれない。

奥さんは嫌な思いをしてしまいますよね。

 

私は〇〇を作って食べたいのに
〇〇は旦那が苦手だから作る意味がない

旦那が偏食気味というだけで作れる料理が減っていき、毎日の夕飯作りを憂鬱に感じてしまうことになります。

 

旦那が大食いだから

旦那の夕飯作りを憂鬱に感じてしまう理由の二つ目は、旦那が大食いだからです。

 

今日のメイン料理は

明日まで残しておけるように盛りだくさん!
明日は楽ができるかも!!

夕飯作りは毎日のことなので、メイン料理を大量に作って翌日に持ち越すというのはよくある話。

しかし、旦那が大食いだと、いくら大量に作ったとしても完食されてしまう恐れがあります。

 

翌日楽をしようと思って

大量に作ったのに……。

明日の分も完食されちゃった。

翌日も料理をする必要が出たこと、想像以上に食費がかかることへの懸念、両者に対する大きなため息が出てしまうことでしょう。

 

他の家族と違うメニューを作る必要があるから

旦那の夕飯作りを憂鬱に感じてしまう理由の三つ目は、旦那が他の家族と違うメニューを要求してくるからです。

 

  • 他の家族(子どもなど)…メイン料理に副菜といったメニュー
  • 旦那…お酒のつまみになるメニュー

 

奥さんは、子どもに対するメニューと旦那に対するメニューの2パターンの献立を考る必要があります。

 

家族と別メニューを望むのなら自分で作ってよ

と考えている奥さんも多く、毎日のように2パターンの献立を考えて作ることにため息を付いています。

 

1汁3菜を要求されるから

旦那の夕飯作りを憂鬱に感じてしまう四つ目の理由は、1汁3菜を要求されるからです。

 

1汁3菜は、献立作りの基本中の基本。

  • 白米
  • 汁物
  • メイン料理
  • 副菜×2

上記のように、5つのお皿がランチョンマットの上に並んでいるのが理想とされています。

 

したがって、新婚時代などは、1汁3菜を心掛けた食事作りをしていた奥さんも多いことでしょう。

しかし、毎日1汁3菜を提供するのは、意外と大変で労力を必要とします。

 

旦那が自炊経験者であれば、1汁3菜を毎日提供することの大変さを理解してくれる可能性が高いですが、自炊未経験者の旦那であれば理解が足りない可能性も

 

俺は1汁3菜が理想!

1汁3菜は当たり前!

上記のように思っている旦那の要望に応えるため日々奮闘してしまう奥さんは、旦那の夕飯作りを憂鬱に感じてしまう傾向にあります。

 

旦那の帰宅が深夜だから

旦那の夕飯作りを憂鬱に感じてしまう五つ目は、旦那の帰宅が深夜だからです。

 

家族のために働いてくれている旦那のため
出来立てのものを出してあげたい

上記のように考えている優しい奥さんは多いことでしょう。

 

しかし、旦那の帰宅が深夜ともなると、いくつかの弊害があります。

  • 旦那の夕飯作りのために奥さんも起きて待つ必要がある
  • 深夜に食べられるような軽いメニューを考える必要がある
  • 奥さんや子どもの夕飯と旦那の夕飯で2回もキッチンに立つ必要がある

上記のように、普通の夕飯作りでは生じない問題が発生してしまいます。

 

旦那の深夜帰宅が続くと奥さんが大変だと感じる頻度も増え、旦那の夕飯作りに対して憂鬱を感じてしまうのです。

 

旦那の夕飯作りを楽にしたい!改めたい考え方は?

旦那の夕飯作りを楽にしたい!と考えている奥さんは多いはず。

旦那の夕飯作りは毎日のことなので、できるだけ負担が少なく、かつ美味しいものを作っていきたいですよね。

 

今回の章では、旦那の夕飯作りを楽にするために改めるべき考え方を4つ紹介します。

  • メインだけは旦那の嗜好に合っているものを作る
  • すべてのメニューを1から作ろうとしない
  • 満腹中枢を満たしてもらうためサラダや汁物を作る
  • 細かい作業は機械に頼る

具体的に見ていきましょう。

 

メインだけは旦那の嗜好に合っているものを作る

旦那の夕飯作りを楽にするため、メインだけは旦那の嗜好に合っているものを作るようにしましょう。

 

たとえ副菜が旦那の嗜好に合わないものだったとしても、メイン料理が旦那の大好物であれば、メイン料理と白米で満足してくれる可能性が高いからです。

 

前章で1汁3菜の話をしましたが、1汁3菜すべてを旦那好みにする必要性はないということ。

お味噌汁とメイン料理は旦那の嗜好に合うものを作ってあげるようにし、副菜は冷蔵庫の余りものなどでチャチャっと作ってしまいましょう。

 

全体的には美味しそうだけれど

今日の副菜は苦手かも……

今日の副菜は子どもたちのために作ったもの!
あなたはメイン料理を食べてね!

と言えますよね。

 

旦那はメイン料理だけ食べてもらう場合は、あっさり系ではなくガッツリ系のメニューをチョイスしてあげると腹持ちも良くて安心できます。

 

すべてのメニューを1から作ろうとしない

旦那の夕飯作りを楽にするため、すべてのメニューを1から作ろうとしないことも大切です。

 

旦那へ愛情たっぷりの食事を届けたい!

レトルトに頼るなんてもっての外!

ぜんぶ1から手作りするぞ!!

愛情たっぷりな食事=すべて手作りと考えている奥さんは、要注意。

勝手な思い込みが、自分自身を苦しめている可能性もあります。

 

今は、材料の野菜や肉類さえあれば、合わせ調味料を使って簡単に1品完成できる時代ですよね。

  • 麻婆豆腐
  • 麻婆茄子
  • チンジャオロース
  • 酢豚
  • 回鍋肉

例えで出した上記のレトルト食品は、誰もが一度はスーパーで目にしているはず。

自分で1から作るよりも簡単で、材料費も安く済むので、ぜひ頼って頂きたいです。

 

毎日レトルト食品を使うのは気が引けると思うので、手抜きしたい日や疲れて夕飯作りどころではない日などに活用してみると良いでしょう。

 

満腹中枢を満たしてもらうためサラダや汁物を作る

旦那の夕飯作りを楽にするため、サラダや汁物を作るようにしましょう。

 

大食い旦那の胃袋を満たすため、メイン料理を多めに作ったり副菜をアレンジしたり大変ですよね。

しかし、旦那の大きな胃袋に合わせた食事作りをしていては、奥さんも疲れてしまいますし、家計も圧迫されてしまいます

したがって、旦那に満腹中枢を満たしてもらうことが先決。

 

満腹中枢を満たしてもらう方法は、以下の通りです。

  • 食事の最初にサラダ類や汁物を食べてもらう
  • 咀嚼の回数を増やしてもらう
  • ゆっくり食べてもらう

旦那には上記のことを意識した食事をしてもらうようにし、今までよりも少ない量で満腹になってもらえるよう心掛けていきましょう

 

旦那の食欲が落ち着いた暁には、以下のようなメリットがあります。

  • メイン料理や副菜を多く作る必要がなくなる
  • 食費が落ち着く
  • 大量に作ることで翌日に持ち越すことができる
  • 旦那が痩せてカッコ良くなる(かも?!)

奥さんの炊事労力を減らすためにも、サラダ類や汁物は欠かさずに出すようにし、旦那が早食いになるようであればしっかり注意していきましょう

 

細かい作業は機械に頼る

旦那の夕飯作りを楽にするため、細かい作業を機械に頼ることもおすすめです。

 

  • みじん切り
  • 千切り
  • すりおろし

上記の作業は、自分の力でやろうとすると多くの時間を必要とします。

 

特に、玉ねぎのみじん切りに関しては、目が痛くなって大変な思いをしている奥さんも多いことでしょう。

便利な調理器具が目白押しの現代に住んでいるのですから、日々の炊事も楽をしていくほうが良いに決まっています。

 

機械を洗う作業が必要にはなりますが、細かな作業にかかる労力を減らすことができるので、プラマイプラスに働くこと間違いなしです!

 

旦那の夕飯!食卓に登場するシーンが多いおすすめメニューは?

毎日の旦那の夕飯作りを少しでも楽にするため、手軽にできる簡単メニューを取り入れていきましょう。

 

今回紹介する、おすすめメニューは以下の通りです。

  • たまには手抜きも必要!丼もの
  • 家族全員が大好きな鉄板メニュー
  • 大量に作れる揚げ物
  • 買って焼くだけ!焼き魚
  • 切っただけの「だけメニュー」
  • 休日には楽を!ホットプレートを使って家族で楽しめる食事

順番に紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

たまには手抜きも必要!丼もの

ほとんどの男性が大好きな丼ものは、丼ぶりひとつで完結するため洗い物が楽というメリットがあります。

 

  • 牛丼
  • 豚丼
  • 親子丼
  • 天丼
  • ローストビーフ丼
  • ユッケ丼
  • チャーシュー丼
  • そぼろ丼

改めて見てみると、「丼」と付くメニューは意外と多くありますよね。

冷蔵庫にストックしてある肉の種類でメニューを考えると、無駄がなくておすすめです。

 

家族全員が大好きな鉄板メニュー

家族全員が大好きな鉄板メニューを作れば、家族のために何品も作る必要がなく楽ができます。

 

  • カレーライス
  • シチュー
  • オムライス
  • ハンバーグ
  • 生姜焼き
  • 鍋類

特にカレーライスやシチューは、大鍋さえあれば一気にドーンと大量に作ることができるので、翌日に持ち越して楽ができるでしょう。

 

家族全員が好きなメニューなので、大人用メニュー・子ども用メニューと作り分ける必要がないのも嬉しい特徴。

旦那が休みの日などに作れば、奥さんも炊事の休暇日を作ることができるのでおすすめです。

 

大量に作れる揚げ物

大量に作れる揚げ物も、おすすめメニューの一つ。

 

  • 天ぷら
  • 鶏のから揚げ
  • 春巻き
  • コロッケ
  • 海老フライ

 

揚げ物はいいけど

油の後処理が面倒!

上記のように思っている奥さんも、意外と多いことでしょう。

 

しかし、下味や衣を付けさえすれば、後は揚げるだけ

実は、揚げ物はとても簡単なメニューなのです。

 

日中家族で出かけていて、夜ご飯の準備が間に合いそうにない日などに、大活躍間違いなし!

出かける前に下味だけ付けておけば、帰ってきてから揚げるだけで夕飯が完成します。

 

大量に作ることができるので、翌日に持ち越すことが可能なのも嬉しい特徴

翌日は、少し水を吹きかけ、トースターでこんがり焼くことをおすすめします。

 

買って焼くだけ!焼き魚

買って焼くだけで一品完成する焼き魚もおすすめです。

 

  • ほっけ
  • ししゃも
  • 塩さば

 

上記の魚類は、スーパーで買ってきた状態そのまま、魚焼きグリルやフライパンで焼けば完成

包丁などの調理器具を必要としないので、後片付けの面でも楽ができます。

 

しかも、きちんとメイン料理になってくれるので、買って焼くだけの焼き魚をメニューに取り入れてみると良いでしょう。

 

切っただけの「だけメニュー」

切っただけの「だけメニュー」も楽ができます。

 

  • ちくわを切って食卓へ
  • トマトを切ってマヨネーズを添えて食卓へ
  • 豆腐を水切りして食卓へ
  • 刺身の策を切って食卓へ

 

ちょっと一品足りないかも!という時に役立つのが、切っただけの「だけメニュー」。

 

上記の通り、調理工程は「切るだけ」なので、とても簡単にできるのが特徴です。

万が一の時のため、切るだけで完成する食材を冷蔵庫にストックしておくことをおすすめします。

 

休日には楽を!ホットプレートを使って家族で楽しめる食事

休日の夕食もしっかり食べたい!という旦那であれば、家族で楽しめるホットプレートを使った夕飯にしてしまいましょう!

ホットプレートを使うことで、奥さんが楽できるのはもちろん、子どもたちも普段とは異なる食卓に胸を弾ませることができます。

 

  • お好み焼き
  • たこ焼き
  • チーズダッカルビ
  • ペッパーライス
  • おうち焼肉
  • グラタン
  • ラザニア

食材の準備は必要になりますが、焼く部分に関しては旦那や子どもたちにお任せができるのも、ホットプレート夕飯のメリットの一つ。

外食しているかのようなウキウキ感が出るのも、嬉しいですよね。

 

まとめ

旦那の夕飯作りを憂鬱に感じている奥さんは多くいますが、毎日の夕飯作りを憂鬱に感じるか楽しめるかは、奥さん次第です。

 

  • メインだけは旦那の嗜好に合っているものを作る
  • すべてのメニューを1から作ろうとしない
  • 満腹中枢を満たしてもらうためサラダや汁物を作る
  • 細かい作業は機械に頼る

上記のような夕飯作りを楽にする方法を取り入れ、毎日の炊事負担を少しでも和らげていきましょう。

 

下記のような、炊事が楽になるメニューを夕飯とするのもおすすめです。

  • たまには手抜きも必要!丼もの
  • 家族全員が大好きな鉄板メニュー
  • 大量に作れる揚げ物
  • 買って焼くだけ!焼き魚
  • 切っただけの「だけメニュー」
  • 休日には楽を!ホットプレートを使って家族で楽しめる食事

毎日の炊事は、いかに楽をしていくかが勝負の鍵

旦那に喜ばれるような美味しいご飯を、楽して作っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました