【難しい】『夫』の古語が知りたい!古語での夫の呼び方についても徹底解説!

「『夫』の古語って何?」

「『夫』を古語ではどう呼んでいたの?」

「『夫』以外の言葉の古語も知りたい!」

などとお考えではありませんか?

 

『古語』とは、昔用いられていた単語のこと。

配偶者を指す『夫』という言葉ですが、古語では何と表現していたのでしょうか?

 

当記事では

  • 『夫』の古語は『をひと』
  • 古語で夫は何と呼ばれていた?
  • 『夫』以外の呼び方の由来も解説!

といった内容を徹底解説していきます。

 

古語だけではなく『旦那』『主人』などの言葉の使い分けも、あわせて見ていきましょう。

最後までお読みいただければ『夫』の古語や由来がきっと分かるはずです。

 

『夫』の古語は『をひと』

『夫』の古語は『をひと』という単語。

現代では使われていませんが、過去には配偶者を指す言葉として使用されていました。

 

『夫』の古語『をひと』について、下記の内容で詳しく解説していきます。

  • 『をひと』は『男人』から
  • 『夫』以外に『良人』と書くことも
  • 上代語では『ひこぢ』とも

それぞれの内容を具体的に見ていきましょう。

 

『をひと』は『男人』から

『夫』の古語である『をひと』ですが、もともとは「男人」という漢字が充てられていました。

『をひと』の「ひ」が促音化し、発音が次第に『おっと』になったとされています

 

私撰注釈書『令集解(りょうのしゅうげ)』には『をひと』という表現が既に見られました。

「夫、俗に呼比止(をひと)と云ふ」

引用:オールガイド

 

『令集解(りょうのしゅうげ)』は平安時代初期である868年頃に編纂された養老令の注釈書です。

『をひと』という呼び方から『おっと』になったのは室町時代以降。

 

それ以前は『をひと』のほかに『をうと』という表現もあったそうです。

 

『夫』以外に『良人』と書くことも

『おっと』の漢字として、一般的に知られているのは『夫』でしょう。

しかし『良人』と書いて『おっと』と読むことも。

 

『良人』は『りょうじん』という読み方もします。

『良人』の漢字も、昔から用いられていました。

りょう‐じん リャウ‥【良人】

③ おっと。亭主。
※文華秀麗集(818)中・奉和春閨怨〈朝野鹿取〉「賤妾中心歓未レ尽、良人上馬遠従レ征」
※新撰朗詠(12C前)上「寡妾衣を擣って南楼の月に泣く、良人未だ帰らず〈大江匡房〉」 〔孟子‐離婁下〕

引用:コトバンク

 

上記を見ても分かるように『良人』は日本だけでなく、中国においても用いられていた漢字です。

現代では『良人』を『おっと』と読むのは、難読文字とされています。

 

上代語では『ひこぢ』とも

男性の配偶者を指す上代語には「ひこぢ」という言葉も。

上代語とは、平安時代よりもさらに古い時代に用いられていた言葉のことです。

じょうだい‐ご〔ジヤウダイ‐〕【上代語】 の解説
上代の言語、また、単語。国語史では、文献的に資料の得られる6世紀末から奈良時代までのそれをいう。

引用:goo辞書

 

『ひこぢ』は『夫』以外にも『彦舅』という漢字も用いられていました。

『ひこ』は男性を表し『ぢ』は祖父(おほぢ)や伯父(をぢ)にも使われる単語。

 

つまり『ひこぢ』は男性の尊称や親称として用いられていたのです。

『日本書紀』では『宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)』という神様も登場しています。

 

古語で夫は何と呼ばれていた?

『夫』は古語でどのように呼ばれていたのでしょうか?

妻が夫を呼ぶ呼び方は、時代によっても変化しています。

 

  • 江戸時代の呼び方は身分によって異なる
  • 明治以降は『夫』が主流
  • 戦後に『主人』が普及
  • 現代では『夫』または『パートナー』

『夫』の呼び方を時代に分けて、少しずつ見ていきましょう。

 

江戸時代の呼び方は身分によって異なる

江戸時代はまだ幕府も存在しており、厳しい身分制度がありました。

身分によって、夫を指す言葉には違いがあったようです。

 

1.年俸1000石以上の主人は「御前様」,その夫人は「奥様」

2.年俸1000石以下の主人は「殿様」,その夫人は「奥様」

3.御目見以下の主人は「檀那(旦那)様」,その夫人は「御新造」

4.さらに下級の御家人の主人は ただの「檀那(旦那)」,でも夫人は「 御新造さん」

引用:楽天ブログ

御目見以上は『旗本』、御目見以下は『御家人』と呼ばれ、将軍に謁見できるかどうかにも違いがありました。

 

つまり旗本は武士としても、信頼されている家臣だったということです。

そのため、尊敬の意味も込めて『殿様』『御前様』などと呼び方が分かれていたのでしょう。

 

明治以降は『夫』が主流

明治維新で幕府はなくなり、身分制度は廃止されました。

つまり『旗本』『御家人』といった身分の差がなくなったので、夫の呼び方も分ける必要がなくなったのです。

 

明治以降は『夫』と呼ばれるのが一般的になりました。

先述した『良人』という漢字が用いられることもあったようです。

 

当時は『主人』という表現を、夫に対して用いることはほぼありませんでした

明治~昭和10年ごろまでは女中奉公などが「主人」と呼ぶ自分を雇っている人との区別をするという背景もあり、配偶者のことは「おっと(夫・良人など)」と呼ぶほうがむしろ主流。国語辞書の「主人」に夫の意味が一般的に載るようになったのも、昭和30年以降だということです。

引用:DRESS HP

 

戦後に『主人』が普及

上記でも分かるように『主人』が夫を意味するようになったのは昭和30年以降。

昭和30年といえば、太平洋戦争の後になります。

 

昭和初期から『主人』という表現はあったようですが、当時はそれほど普及していませんでした。

戦後に女中奉公が減ったことにより『主人』が配偶者を指す言葉として、次第に定着していったようです。

 

現代では『夫』または『パートナー』

現代において『主人』や『旦那』という呼び方は、減少傾向にあります。

後述しますが『主人』や『旦那』は、上下関係を意味合いに含む言葉です。

 

昔は男性が外で稼ぎ、女性は男性に養ってもらうという意識が強く残っていました。

そのため、男性を立てる意味でも『主人』や『旦那』が用いられていたのでしょう。

 

とはいえ、現代では共働きの家庭も増えており、夫婦関係に上下関係はないというのが一般的な考え。

『夫』や『パートナー』など、男女対等の立場を指す言葉が最も多く用いられています。

 

アンケートでは女性に対して「第三者に話をしているときに、パートナーのことを何と呼びますか」と聞いたところ、最多は「夫」50%でした。

次いで「旦那・旦那さん」25.6%と続き、「主人」は9.1%と少数派。以後、続く回答を見ると「名字・名前」6.1%、「パートナー」と「パパ、父さん、お父さん、とうちゃん、おとうちゃん」が同率の2.4%。わずかに「相方」1.2%、「連れ合い・連れ」0.6%という回答もあり、「夫さん」は0%でした。

引用:WOMAN SMART

相手の呼び方に合わせて、使い分けているという人も多いようです。

 

『夫』以外の呼び方の由来も解説!

『夫』以外にも、男性の配偶者を指す言葉として『旦那』や『主人』もあります。

『旦那』や『主人』の由来も、合わせて見ていきましょう。

 

  • 『旦那』の由来
  • 『主人』の由来

それぞれの言葉の由来について、詳しく解説していきます。

 

『旦那』の由来

『旦那』は、古代インドで用いられていたサンスクリット語『ダーナ』が由来です。

『ダーナ』はそもそも施しやお布施を指す言葉。

 

古代インドでは、修行中のお坊さんに『ダーナ(施し)』をする習慣がありました。

お坊さんはこのダーナによって、生活を支えられていたのです。

 

『ダーナ』は中国や日本に伝わり『檀那』という漢字が充てられます。

そしてお金を稼いで、家族を支えてくれる夫を『檀那』と呼ぶようになりました。

 

『主人』の由来

『主人』という言葉は、中国語に由来しています。

中国語で『主人』は、配偶者ではなく雇用主や主を指す言葉です。

 

主人
zhǔ・rén

名詞
1(客に対し)主人.↔客人.

2(財産・権力の)所有者,持ち主,主人公.

3((清末から中華人民共和国成立以前のいわゆる旧社会の言葉)) (使用人に対し)主人,雇い主.

引用:weblio

中国から『主人』という言葉が伝わり、日本でも用いられるようになりました。

 

昔は奉公先の主人を指す言葉として用いられていた『主人』ですが、次第に家の主である夫を指す言葉に変化していったのでしょう。

 

『夫』『旦那』『主人』の違いは?

『夫』『旦那』『主人』の3つの単語の意味に、大きな違いはありません。

いずれもは男性の配偶者を指す言葉。

 

しかし3つの大きな違いは、使い方でしょう。

『夫』は自分の配偶者にのみ使える表現。

 

一方で『主人』や『旦那』は第三者にも使うことができます。

「ご主人」や「旦那様」など、敬称を付けることで、敬意を表すことができるでしょう。

 

また使う相手やシーンによっても、使う表現が異なります。

それぞれの表現は、下記のように使い分けましょう。

  • 公式な場:夫
  • 目上の人と話す場合:主人
  • 親しい友人と話す場合:旦那

 

特に『旦那』はカジュアルな表現として使われます。

そのため、目上の人や公式な場では使用を避けるのが賢明でしょう。

 

まとめ

『夫』の古語は『をひと』という言葉です。

『をひと』の『ひ』が促音化し、次第に『おっと』という呼び方に変化していきます。

 

昔は『男人』という漢字が使われていました。

夫の呼び方は時代によって変化してきたようです。

  • 江戸時代の呼び方は身分によって異なる
  • 明治以降は『夫』が主流
  • 戦後に『主人』が普及
  • 現代では『夫』または『パートナー』

 

現代と昔では、夫婦の関係にも大きな違いがあります。

男女平等が一般的な現代においては、夫の呼び方も『夫』や『パートナー』が一般的でしょう。

 

『夫』や『旦那』『主人』の意味や由来は下記の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました