【心配】夫が早死にするかも!?短命夫の特徴10選と長生きさせるための方法を解説!

「夫が早死にするケースに特徴はある?」

「夫が早死にする特徴を知って防ぎたい!」

「夫は早死にしやすい人の特徴に当てはまる?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

愛する夫にはできるだけ長生きしてほしいと願うのは、妻として当然の心理です。

健康的な生活を送ってもらうためにも、早死にする人の特徴は知っておきたいですよね。

 

当記事では

  • 夫が早死に!?短命夫の特徴10選
  • 夫の早死にを防ぐための5つの方法
  • 夫を長生きさせるために妻がしていることって?ネット上の体験談

と言った内容を徹底解説していきます。

 

夫に長生きしてほしいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、早死にする夫の特徴を知って、適切な対処法が取れるようになるでしょう。

 

夫が早死に!?短命夫の特徴10選

普段の生活や人間性は、健康問題に大きく影響します。

もちろん、健康に気を付けていても早死にする人もいますので、絶対的な条件はありませんが、いくつかの特徴はあるようです。

 

早死にする人の特徴としては、下記のような項目が挙げられます。

  • 人と関わらない
  • 太りすぎまたは痩せすぎ
  • お酒が好き
  • 運動をしない
  • 味の濃い物を好む
  • 喫煙者
  • 睡眠が長いまたは短い
  • 神経質で怒りっぽい
  • コレステロール値が高い
  • ポジティブすぎる

なぜ上記のような人が早死にしやすいのか、詳しく見ていきましょう。

 

人と関わらない

最初の特徴は「人と関わらない」ことです。

社会的に孤立している人は、そうでない人に比べて死亡率が高いことが研究でも明らかになっています。

 

ジョン・ロビンズは健康と長寿をテーマにした名著『100歳まで元気に生きる!』(邦訳:アスペクト)で、カリフォルニア州で7000人の男女を対象に1965年から9年間にわたって行われた研究を紹介している。それによれば、他者とのつながりの薄い人が9年間に死亡した率は、社会との強い関係を維持している人に比べ約3倍も高かったという。

引用:東洋経済新聞

人との関りがない人は、強いストレスを感じやすいという特徴が。

 

刺激がないので、臓器への血流は減少し、免疫機能が低下する恐れもあります。

不安やうつを感じやすくなる人もいることでしょう。

 

いくら運動や食事に心がけても、人との関りが少ないと、それだけ早死にする可能性があるのです。

愛する妻がいるうちはまだしも、一人になってからは孤独のあまり体を壊すことも考えられます。

 

太りすぎまたは痩せすぎ

「太りすぎまたは痩せすぎ」も早死にの原因となることが。

適正な体重を維持しておかないと、健康に被害が及ぶ可能性があるからです。

 

まず太りすぎの場合は、心臓に負担がかかってしまいます。

そうなると、心臓病になる確率も高くなってしまうのです。

 

それ以外にも慢性的な便秘や睡眠の質などにも大きく関わってきます。

では痩せていれば長生きできるのかというと、そうでもありません。

 

痩せすぎの人の多くは、恒常的に栄養不足の傾向があります。

栄養不足状態が続けば、どうしても免疫力は低下してしまうのは当然です。

 

そうなると感染症や呼吸器疾患にもかかりやすくなります。

太り過ぎず痩せすぎず、自分に合った適正体重を維持していくことが、長生きの秘訣です。

 

お酒が好き

「お酒が好き」な人も、健康には気を付けた方がいいでしょう。

アルコールは下記のような発症リスクを上昇させるからです。

  • 脳卒中
  • 高血圧症
  • 心不全
  • 大動脈瘤
  • 肝硬変

 

大好きなお酒を少量たしなむ程度なら問題ありませんが、毎日浴びるように飲む人は要注意。

致命的な心不全や脳卒中を引き起こす可能性もあります。

 

またお酒が好きなあまり、アルコール依存症になってしまう人も。

アルコール依存症は脳にも大きな影響を及ぼしますので、注意しましょう。

 

運動をしない

次に挙げられるのは「運動をしない」ことです。

運動不足になると、体力や筋力を低下させます。

 

また健康に大きな影響を及ぼすことも。

運動不足は、耐糖能異常、脂質異常、高血圧、肥満などの生活習慣病の発症リスクを増大させ、心筋梗塞や脳卒中などの命の危険のある疾患にもかかりやすくなり、死亡リスクをも増大させます。

引用:公益財団法人長寿科学振興財団

 

さらに運動不足は、認知症などを発症し、生活機能を低下させるリスクがあることも分かっています。

体を動かすことが嫌いで、休みの日は家にこもりがちという人は注意した方がいいでしょう。

 

味の濃いものを好む

「味の濃い物を好む」人も、早死にする傾向にあります。

塩分過多は高血圧の原因となるからです。

 

ハーバード大学の研究によると、塩分が高いものを好む人は早期死亡リスクがアップすると報告されています。

1日のナトリウム摂取量が2300mg(食塩で小さじ1杯=約6g)未満の人は、3600mg(食塩で小さじ1.5杯=約9g)の人に比べて、死亡リスクが25%も低いことが明らかにされた。

引用:ヘルスプレス

 

味噌や醤油、梅干しや漬物が好きな日本人は、海外と比べるとかなりの高塩分食です。

早死にを避けたいのであれば、意識して塩分を減らす努力をするべきでしょう。

 

喫煙者

「喫煙」は早死にのリスクを高めるというのは、ご存じの方も多いですよね。

たばこを吸うことで、癌や循環器疾患を誘発する可能性があります。

 

たばこを吸ったことがない人、むかし吸っていたけど止めた人、吸っている人の3グループで、 10年間の死亡率を比べてみました。すると、たばこを吸う人の死亡率は、吸ったことがない人と比べて、男性では 1.6倍、女性では1.9倍と高いことが分りました。

引用:国立がん研究センター

国立がん研究センターによると、たばこの本数が多ければ多いほど、死亡率も高くなるんだとか。

 

しかし、今たばこを吸っている人でも、たばこをやめた直後から、心筋梗塞のリスクははっきり下がると言われています。

今からでも遅くはありませんので、すぐにたばこをやめることが長生きの秘訣といえるでしょう。

 

睡眠が長いまたは短い

「睡眠時間が長いまたは短い」人も、早死にする可能性が高くなります。

ある研究によると、睡眠時間が7時間の人の死亡率が一番低いという結果が出ているようです。

 

7時間を基準とし、極端に短すぎる、または長すぎる人は死亡率も高まります。

睡眠時間が長い人でも短い人でも7時間の人に比べると死亡しやすいことがわかりました。その程度は、4時間未満(4.4時間まで)の睡眠時間では、男性で1.62倍、女性で1.60倍、また10時間以上(9.5時間以上)の場合には男性で1.73倍、女性で1.92倍となりました。

引用:パブリックヘルス

 

睡眠時間が短いと、十分な休養が取れません。

反対に睡眠時間が長い人は、本人も気づいていない病気が潜んでいる可能性があるのです。

 

神経質で怒りっぽい

「神経質で怒りっぽい」ことも、早死にの特徴に挙げられます。

怒りを感じると、脈拍は速くなり、血管の収縮や血圧の上昇、筋肉の痙攣などが起こり、体が興奮状態に。

 

循環器系にも過剰な負荷がかかるので、心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まります。

怒りの感情に振り回されやすい人は、周りに嫌われるだけでなく、健康面でもマイナスになることを覚えておきましょう。

 

コレステロール値が高い

極端に「コレステロール値が高い」ことも、早死にの原因になります。

動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの成人病になる可能性があるからです。

 

とはいえ、コレステロールを下げれば下げるほど長生きできるというわけではありません。

低すぎると、脳卒中が増える傾向があるからです。

 

さらにうつ病などの精神病にも影響していると言われています。

コレステロール値はある程度の数値を保つのが、健康の秘訣といえるでしょう。

 

ポジティブすぎる

最後の特徴は「ポジティブすぎる」ことです。

ポジティブな人ほど、長生きできそうなイメージがありますが、過度なポジティブさは危険。

 

過度に楽観的な人は

まぁ大丈夫だろう

と慎重さに欠ける判断をしがちです。

 

結果的に不健康な生活を送ったり、不慮の事故で亡くなるケースも。

適度なポジティブさは大切ですが、過度にポジティブすぎる人は慎重さも身につけた方がいいでしょう。

 

夫の早死にを防ぐための5つの方法

夫の早死にを防ぎ、一緒に長生きするための方法としては下記が挙げられます。

  • バランスの取れた食生活を心がける
  • 住環境を整える
  • 一緒に運動をする
  • ルールを決める
  • 感謝を伝える

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

 

バランスの取れた食生活を心がける

まずは「バランスの取れた食生活を心がける」ことが大切です。

栄養素のバランスを考えながら、食事の献立を作りましょう。

 

栄養素が補えないと、健康を維持することが難しくなります。

炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラルなど、必要な栄養素を補える食事が大切です。

 

住環境を整える

次に「住環境を整える」ことも意識しましょう。

家は仕事が終わって、くつろぐための場所です。

 

リラックスできる瞬間がないと、心臓病のリスクは高まると言われています。

住環境を整え、リラックスできる場所を作ってあげましょう。

 

散らかった汚い部屋に暮らしていると、精神的にも良い影響はありません。

またお風呂や階段の転倒防止をするといった工夫も大切です。

 

一緒に運動をする

「一緒に運動をする」ことでも、健康的な生活を送れるようになります。

習慣的に運動をすることで、体力低下の予防や病気を防ぐ効果が期待できるからです。

 

ウォーキングやサイクリングなど、一緒にできる運動を探してみましょう。

一人で運動するよりも、一緒にすることで運動を楽しめるようになるはずです。

 

ルールを決める

次に「ルールを決める」ことも考えてみましょう。

お酒や外食が好きな人は、健康のためとはいえ、すぐにやめるのは難しいですよね。

 

反対にきっぱりやめることで、ストレスになる可能性もあります。

  • 週に2日は休肝日にする
  • ラーメンを食べに行くのは月に1度
  • 外食した次の日は一緒に運動する

などとルールを決めると、お互いのストレスを軽減できるでしょう。

 

感謝を伝える

日ごろの「感謝を伝える」ことも大切です。

妻に感謝されれば、夫としても嬉しいばかりか、これからも頑張ろうと思えます。

 

「ありがとう」と言われることで、仕事のストレスが軽減されることもあるでしょう。

とてもシンプルな方法ですが、普段から感謝の言葉は伝えるように意識してください。

 

夫を長生きさせるために妻がしていることって?ネット上の体験談

世の中の妻たちが、夫を早死にさせないためにやっていることをご紹介します。

  • 無駄な喧嘩はしない
  • 定期的に人間ドックに行ってもらう
  • 家では元気で明るく振る舞う

それぞれの声を、具体的に見ていきましょう。

 

無駄な喧嘩はしない

夫にストレスを溜めないために、無駄な喧嘩はしないと決めている妻の声です。

ストレスがたまらないように無駄なケンカはしない!
毎日バグする!
バランスの良い食事を心掛ける!

引用:ガールズちゃんねる

 

確かに喧嘩をすると、お互いに疲れますし、ストレスも溜まります。

ちょっとくらい納得がいかないことでも、素直に謝ってしまえば喧嘩が終わることも。

 

どうしても譲れないことは主張するのも大切ですが、意地を張っても良いことはありません。

無駄な喧嘩をしないことで、夫婦仲も良くなることでしょう。

 

定期的に人間ドックに行ってもらう

人間ドックを必ず行ってもらうという夫婦もいました。

人間ドッグは毎年行ってもらう‼︎

そしてせめて家ではストレスが溜まらないように優しくしてあげる。できるだけww

引用:ガールズちゃんねる

 

人間ドックを受診することで、病気の早期発見が可能になります。

早く見つかることで、治療ができたというケースも少なくありません。

 

癌や心疾患など、体に潜んでいる病気を見つけるためにも、定期的に人間ドックに行ってもらいましょう。

夫だけでなく、妻も人間ドックには行くようにしてくださいね。

 

家では元気で明るく振る舞う

妻自身の健康も大切だという声もありました。

私(妻)が元気で明るくいないと
共倒れするので、私自身が良い状態でいられるように
気を付けてます。

引用:ガールズちゃんねる

 

確かに妻が明るくいることで、家の中も明るい雰囲気になります。

楽しく毎日を過ごすことで、ストレスも軽減されることでしょう。

 

さらに妻が健康でいることで、家族を守ることができます。

夫の早死にを抑制するためにも、妻は明るく元気でいられるようにしましょう。

 

まとめ

早死にする人の特徴としては、下記のような項目が挙げられます。

  • 人と関わらない
  • 太りすぎまたは痩せすぎ
  • お酒が好き
  • 運動をしない
  • 味の濃い物を好む
  • 喫煙者
  • 睡眠が長いまたは短い
  • 神経質で怒りっぽい
  • コレステロール値が高い
  • ポジティブすぎる

 

夫の早死にを防ぎ、一緒に長生きするための方法としては下記がおすすめです。

  • バランスの取れた食生活を心がける
  • 住環境を整える
  • 一緒に運動をする
  • ルールを決める
  • 感謝を伝える

 

愛する旦那にできるだけ長生きしてほしいと思うのは、妻として自然な願いでしょう。

これからも一緒に楽しく健康に人生を過ごしたいですよね。

 

簡単にできることもありますので、毎日の生活にぜひ取り入れてみてください。

夫を痩せさせるための方法は下記の記事でも紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました