【離婚?】旦那が話を聞かない時の対処法5選!旦那と話す時の注意点もチェック!

旦那

「旦那が話を聞かないのはなぜだろう?」

「旦那が話を聞かない時はどうしたらいい?」

「旦那が話を聞かないことでイライラするのは私だけ?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

大事な話を聞かない旦那にイライラするのは当然の心理です。

「どうせ話しても聞いてくれないし……」と次第に話す気もなくなってしまうでしょう。

 

この記事では

  • 旦那が話を聞かない時の対処法5選
  • 旦那が相談に乗ってくれない!話す時の注意点
  • 旦那が話し聞いてくれない5つの理由

上記の内容を徹底解説していきます。

 

お互いにしっかり話を聞き合える、素敵な夫婦を目指したいですよね。

旦那が話を聞かないことで悩んでおられる方は、是非最後までご覧ください。

 

旦那が話を聞かない時の対処法5選

「何を話しても反応がない……」

「大事な話なのに聞いてないから後々喧嘩になる……」

旦那が話を聞かないことで、頭を抱える妻は少なくありません。

 

他愛もない話ならまだしも、子供の話や大切な約束など、絶対に聞いてほしい話もありますよね。

旦那が話を聞かない時は、以下の対処法を試してみましょう。

  • 環境を整える
  • スマホを見るのを中断させる
  • 順序立てて話す
  • 自分の気持ちを伝える
  • あえて放置する

それぞれの対処法を具体的に解説していきます。

 

環境を整える

最初に「環境を整える」ところから始めましょう。

話し合いの環境が整っていないと、旦那も話に集中できないからです。

 

まずテレビやラジオなど、気が散るものは消しておきましょう。

さらに小さい子供がいるご家庭は、子供が寝てから、また学校や幼稚園でいない時間を選んでください。

 

できれば向かい合って座った方が、目を見て会話することができます。

真剣に話を聞いてほしい時は、環境づくりから始めることが大切です。

 

スマホを見るのを中断させる

次に「スマホを見るのを中断させる」ことが挙げられます。

男性は一度に1つのことしか集中できない傾向にあるからです。

 

常にスマホをいじっている旦那であれば、一度中断させましょう。

「ちょっとスマホ置いてくれる?」

とお願いしてから話をすることをおすすめします。

 

スマホがないことで、あなたの話に集中しやすくなるでしょう。

 

順序立てて話す

次に「順序立てて話す」ことです。

男性は長くて結論のない話を聞くのが苦手な傾向にあります。

 

女性はついついいろいろな方向に話が飛びがちです。

気づいたら全然違う話題になっていたということも珍しくありません。

 

ただし旦那は「結論が見えない」と思うと、急に話に飽きてしまいます。

旦那に重要な話をしたいときは、早めに結論を伝えましょう。

 

そのあとに根拠を順序立てて説明するようにしてください。

そうすることで、旦那の興味を引きやすくなります。

 

自分の気持ちを伝える

次の方法として「自分の気持ちを伝える」ことが挙げられるでしょう。

旦那にとっては話を聞いているつもりである可能性があるからです。

 

返事がなかったり、スマホ片手に話を聞かれると、妻としては

「また聞いていない……」

とイライラしてしまいますよね。

 

しかし旦那としては、その状態でも「話を聞いている」つもりなのかもしれません。

「真剣に聞いてもらえていないようで悲しい」

と自分の気持ちを伝えてみましょう。

 

あなたを悲しませていると分かれば、変わってくれる可能性もあります。

 

あえて放置する

最後の方法として「あえて放置する」こともできるでしょう。

大事なことは伝えて、話を聞かないことの責任は旦那自身に取ってもらうのです。

 

旦那が「聞いてない」と言ったとしても

「〇月〇日に伝えたよ」

と言ったことを伝えてください。

 

自分が困る状況に陥れば、次からは話を聞こうと思ってくれるかもしれません。

いつ旦那に伝えたのか、メモや音声データを取っておくと不要な喧嘩を避けることができます。

 

旦那が相談に乗ってくれない!話す時の注意点

旦那が話を聞かないと、妻としてはついイライラしてしまうでしょう。

旦那に話す時は、妻もいくつかの点に気を付けてください。

 

注意点を守ることで、旦那も話を聞きやすくなります。

注意したいのは以下の点です。

  • タイミングを見計らう
  • 感情的にならない
  • ネガティブなワードはできるだけ使わない

それぞれの注意点を詳しく見ていきましょう。

 

タイミングを見計らう

最初の注意点は「タイミングを見計らう」ことが挙げられます。

特に切り替えが苦手な旦那は、急に話を始められても話についていけない可能性があるからです。

 

仕事で疲れて帰ってきたばかりの時や、何かに集中している時は避けましょう。

旦那がゆっくりしているときに話しかけてください。

 

何かをやっている時は、作業がひと段落するまで待ちましょう。

 

感情的にならない

次の注意点は「感情的にならない」ことが挙げられます。

感情的に話されると、男性は話を聞くことを拒否する傾向にあるからです。

 

「ねえ聞いてる!?また聞いてないじゃない!あなたはいつもそうやって……」

と怒りを露わにすると、男性はその先の話が聞けなくなります。

イライラする気持ちは分かりますが、ぐっとこらえて冷静に対応しましょう。

 

「一回スマホ触るのやめて聞いてくれる?」

と静かに伝えることが大切です。

 

ネガティブなワードはできるだけ使わない

最後の注意点は「ネガティブなワードをできるだけ使わない」ことが挙げられます。

疲れている時につまらない話や暗い話はなかなか聞く気にならないでしょう。

 

文句や悪口はできるだけ避けるのが賢明です。

笑顔で明るく、楽しい会話を心がけてください。

 

もちろん悩みを相談することもあるでしょう。

そんな時も「あなただから話せるんだけど」と愚痴ではなく、相談をしていることを伝えるのがおすすめです。

 

旦那が話し聞いてくれない5つの理由

話を聞かない旦那を目の前にすると

「私のこと好きじゃないのかも……」

と悲しい気持ちになる女性もいるでしょう。

 

しかし旦那が話を聞かないのは、あなたを愛していないからではありません。

話を聞かない理由としては、以下のものが挙げられます。

  • 疲れているから
  • 考え事をしているから
  • スマホやテレビに集中しているから
  • 興味ないから
  • 男性と女性の違い

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

 

疲れているから

最初の理由は「疲れている」からでしょう。

旦那は外で仕事をしてきて、日々ストレスに晒されています。

 

上司に怒られたり、部下の代わりに謝ることもあるでしょう。

一人でゆっくりする時間やスマホをいじる時間もないのです。

 

だからといって「話を聞かなくていい」ということではありませんが、少しだけ思いやりの気持ちを持ちましょう。

旦那もあなたの前でだけは、リラックスしたいと思っているのです。

 

考え事をしているから

次は「考え事をしているから」という理由が挙げられます。

女性と違い、男性は一人で黙々と頭の中を整理する傾向があるのです。

 

口には出しませんが、頭の中ではいろいろなことを考えているのかもしれません。

そんな時にあなたから話を投げかけられても、急に切り替えることができません。

 

少し時間を置いてから、話を振ってみるといいでしょう。

 

スマホやテレビに集中しているから

次は「スマホやテレビに集中しているから」という理由です。

先述したように、男性はひとつのことに集中する傾向にあります。

 

女性のように何かをしながら話をすることが苦手なのです。

スマホやテレビに夢中になっていて、つい聞き流してしまっているのかもしれません。

 

スマホやテレビから一旦離れてもらって、環境を整えてから話しましょう。

 

興味ないから

次に「興味ないから」という理由が挙げられます。

残念ながら、今の話題に興味がないのかもしれません。

 

人は興味ない話を前のめりで聞くことはできない傾向にあります。

あなた自身も旦那の趣味や仕事の話は、あまり乗り気で聞けないのではないでしょうか?

 

「興味ないと思うけど、大事な話だからちょっと聞いて」

と前置きしてから話してみるといいかもしれません。

 

男性と女性の違い

最後の理由は「男性と女性の違い」でしょう。

男性と女性では脳の作りが違うので、話の聞き方も異なるのです。

 

たとえば女性同士で話していると

「今日、子供が熱を出してね」

「え!大丈夫!?もう下がったの?」

と会話が続いていきます。

 

しかし男性の場合は

「今日、子供が熱を出してね」

「そうなんだ、大変だったね」

で終わってしまうこともしばしばです。

 

返答の仕方が違うので、女性としては「話を聞いてくれない」と感じるのかもしれません。

 

話を聞かない旦那と離婚することは可能?

「話を聞かない旦那と離婚したい……」

日常的に話を聞いてもらえないことで、離婚を考える妻も少なくありません。

 

一緒に暮らすうえで、会話をすることは重要です。

その会話がなくなっていくと、コミュニケーションが不足し、愛情が冷めていくこともあります。

 

結論から言うと、どんな理由であっても夫婦がお互いに合意しているのであれば離婚は可能です。

しかし旦那が離婚に合意してくれない場合「話を聞かない」という理由だけで離婚するのは厳しいでしょう。

 

裁判で離婚が認められるためには、以下のいずれかに当てはまらなければなりません。

  1. 不貞
  2. 悪意の遺棄
  3. 3年以上の生死不明
  4. 回復しがたい精神病
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由がある場合

 

「話を聞かない」というだけでは、上記の理由に当てはまるとは判断されないでしょう。

ただし長期にわたって「故意に会話を無視されている」など、モラハラに当たる場合は別です。

 

本気で離婚を検討されている方は、弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

まとめ

旦那が話を聞かない時は、以下の対処法を試してみましょう。

  • 環境を整える
  • スマホを見るのを中断させる
  • 順序立てて話す
  • 自分の気持ちを伝える
  • あえて放置する

 

注意したいのは以下の点です。

  • タイミングを見計らう
  • 感情的にならない
  • ネガティブなワードはできるだけ使わない

 

話を聞かない理由としては、以下のものが挙げられます。

  • 疲れているから
  • 考え事をしているから
  • スマホやテレビに集中しているから
  • 興味ないから
  • 男性と女性の違い

 

旦那がいつも話を聞かないと、妻にとってはストレスになることでしょう。

「また話を聞いていない……」

「大事な話なのに、興味がないのだろうか?」

と不安な気持ちになるかもしれません。

 

しかし旦那が話を聞かないことには、あまり深い意味はない可能性もあります。

まずは環境を整え、話し方に工夫をしてみましょう。

 

コミュニケーションを上手に取って、いつまでも仲の良い夫婦を目指したいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました