【難しい】旦那の類語は夫?言い換えの言葉やビジネスシーンでの使い方を解説!

旦那

「『旦那』の類語は夫なの?」

「『旦那』の類語の正しい使い分けは?」

「『旦那』の類語や言い換え表現が知りたい!」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

日本語には配偶者を指す言葉が「旦那」以外にも多くあります。

そのためシーンごとの適切な使い方に迷ってしまうこともあるでしょう。

 

当記事では

  • 旦那の類語は夫だけではない!5つの言い換え表現
  • 「旦那」のもともとの意味は?
  • 「旦那」の使い分け表現

上記の内容を徹底解説していきます。

 

「旦那」の類語や使い方にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ「旦那」を正しく使い分けられる、マナー美人になれるでしょう。

 

旦那の類語は夫だけではない!5つの言い換え表現

近年、配偶者の呼び方として一般的になった「旦那」という言葉。

しかし日本語には「旦那」以外にも、配偶者を指す言葉が数多くあります。

 

現代において「旦那」以外に、配偶者を指す言葉として使われる類語は主に以下の5つです。

  • 亭主
  • 主人
  • 内の人
  • 妻帯者

「旦那」の類語の詳しい意味を具体的に解説していきます。

 

まず最初の類語は「夫」です。

「夫」は公式な書類でも使用される言葉で、結婚している夫婦の男性を指します。

 

元々は「男人(をひと)」と呼ばれていましたが、次第に「ひ」が促音化して「おっと」と言われるようになりました。

「おっと」という呼び方が定着したのは、室町時代とされています。

 

「夫」の対義語は「妻」です。

夫と妻は対等な立場を表す言葉となっています。

 

「夫と相談いたします」
「こちらが夫の〇〇です」

のように使うのが一般的です。

 

亭主

「亭主」も「旦那」の類語として知られています。

「亭主」の「亭」という字は「あずまや」や「料理屋や旅館等の建物」を意味する言葉です。

 

読んで字のごとく、もともとは建物の主を指す言葉として使われていました。

配偶者以外にも宿屋や茶店の主として使われていましたが、現代では自分の配偶者を呼ぶ時以外には用いられません。

 

てい‐しゅ【亭主】 の解説
1 その家の主人。特に宿屋・茶店などのあるじ。
2 夫 (おっと) 。
3 茶の湯で、茶事を主催する人。主人。

引用:goo辞書

本来は敬意を込めた呼び方ですが、だんだんとくだけた表現として定着するようになりました。

 

「亭主関白」や「亭主元気で留守がいい」など「亭主」を用いた言葉やことわざも多くあります。

 

主人

次の類語は「主人」です。

「主人」は家の主を意味しており、平安時代から用いられていました。

 

文華秀麗集(818)上・春日対雨、探得情字〈王孝廉〉「主人開宴在辺庁、客酔如泥等上京

引用:コトバンク

「自分の仕える人」という意味があるので、夫を立てる表現とされています。

 

「女主人」という言葉もあるように、性別は関係ありません。

ただし上下関係を意味に含むため、近年ではあまり使用されなくなっています。

 

「主人に伝えておきます」
「ご主人様によろしくお伝えください」

のように使用されるのが一般的です。

 

内の人

次に「内の人」という言葉を見ていきましょう。

最近ではあまり聞き馴染みがない言葉になってきましたが、高い年齢層の方を中心に、現代でも使われています。

 

「内の人」は妻が第三者に対し、自分の夫のことをいう言葉として使われてきました。

室町時代には既に「内の人」という表現が使われていたようです。

 

① 亭主。主人。特に、妻が第三者に対して自分の夫のことをいう語。宅。やど。うちの。うち。
※虎寛本狂言・猿座頭(室町末‐近世初)「あれはそなたの内の人か」

引用:コトバンク

配偶者以外でも、家族や同じ家に住む人を指して使うこともあります。

 

「内の人がよろしくと言っておりました」

のように使用するのが一般的です。

 

妻帯者

最後に「妻帯者(さいたいしゃ)」という類語を見ていきましょう。

「妻帯者」には「妻を持っている人」「結婚している男性」という意味があります。

 

さいたい‐しゃ【妻帯者】 の解説
妻帯している人。女房もち。

引用:goo辞書

「旦那」やこれまで見てきた類語と異なるのは、自分の配偶者を指して使う言葉ではないということです。

 

「主人が申しておりました」

という使い方は正しいですが

「妻帯者が申しておりました」

とは使いません。

 

「彼は妻帯者です」
「妻帯者なので恋愛対象にはなりません」

のように、第三者に対して使われます。

結婚している男女の男性の方を指す言葉としては同じですが、使い方はまったく異なるので注意しましょう。

 

「旦那」のもともとの意味は?

「旦那」の類語について、それぞれの意味や由来をご紹介してきました。

では「旦那」自体にはどのような意味があるのでしょうか?

 

この項目では

  • 旦那の語源
  • 「配偶者」という意味だけではない

といった内容を解説していきます。

 

旦那の語源

まず「旦那」の語源を見ていきましょう。

「旦那」の語源は、古代インドで使われていたサンスクリット語「ダーナ」です。

 

正しくは「檀那」と書き、もともとは「布施」「与えること」を意味していました。

古代インドの僧侶は、生活のすべてを修行に捧げ、厳しい生活を送っていたようです。

 

その僧侶に代わり、出家をしていない人々は、感謝の気持ちを込めて衣類や食べ物を分け与えていました。

この施しが「ダーナ」と呼ばれ、ダーナによって僧侶の生活は支えられていたのです。

 

「ダーナ」という言葉は、次第に中国や日本に伝わっていきます。

中国や日本では「檀那(旦那)」という漢字が当てられ「施し」だけではなく「布施をする人」を意味するようになりました。

 

そしてお金や施しを与えてくれる人を、一般的に「旦那」と呼ぶようになったのです。

たとえば雇われている奉公人は、お金をくれる主人のことを「旦那」と呼びます。

 

物を売っている商売人にとっては、買い物をしてお金をくれるお客様は「旦那」になるのです。

同じように、家族の中でお金を家に持ってくる主人もまた「旦那」と呼ばれるようになりました。

 

「配偶者」という意味だけではない

現代において「旦那」は一般的に配偶者を指す言葉として用いられます。

しかし実は「配偶者」以外の意味もあるのです。

 

だんな【×檀那/旦那】
《(梵)dānaの音写》

1 ほどこし。布施。転じて、布施をする人。檀越(だんおつ)。檀家。
2 商家の奉公人などが男の主人を敬っていう語。「店の大—」
3 商人が男の得意客を、また役者や芸人が自分のひいき筋を敬っていう語。また一般に、金持ちや身分のある男性を敬っていう。「—、これはよい品でございますよ」「顔見世に—衆を招く」
4 妻が夫をいう語。他家の夫をいう場合もある。「お宅の—」
5 妾(めかけ)の主人。パトロン。「—がつく」「—を取る」

引用:weblio辞書

上記でも分かるように「旦那」には「雇用主」を表す言葉でもあります。

 

主従関係を暗に意味する言葉であることから、夫婦平等の考えの人には好まれません。

また「パトロン」の意味もあるため、下品な響きと感じる人もいるようです。

 

「旦那」の使い分け表現

「旦那」とそれ以外の類語を正しく使い分けられていますか?

それぞれのニュアンスが少しずつ違うので、使い方に迷ってしまうことも多いでしょう。

 

この項目では、以下のシーン別に使い分け表現をご紹介していきます。

  • ビジネスシーン:夫
  • 目上の人と話す時:主人
  • 友人と話す時:旦那
  • 旦那の家族と話す時:名前+さん

それぞれの使い方を詳しく見ていきましょう。

 

ビジネスシーン:夫

まずビジネスシーンでは「夫」が使用されます。

日本の書類や公的機関などでも使われる表記です。

 

「夫」は「妻」の反対語で、平等な関係性を表しています。

自分の配偶者以外には使われない表現なので、シンプルで分かりやすいとも言えるでしょう。

 

目上の人と話す時:主人

目上の人と話す時は「主人」が適切です。

先述したように「主人」は「一家の主」という意味が含まれています。

 

配偶者を立てる言葉となり「旦那」より丁寧な言い方と言えるでしょう。

特に高い年齢層の方に好まれる呼び方となっています。

 

相手の配偶者を指す時には「ご主人」「ご主人様」のように、敬称を付けるようにしましょう。

 

友人と話す時:旦那

友人や親しい人と話す時には「旦那」が用いられるのが一般的です。

「うちの旦那の帰りが最近遅いんだよね」

のように使われます。

 

しかし「旦那」にも上下関係をイメージする人もおり、使う相手には気を付けましょう。

親しい仲であれば「旦那」ではなく、下の名前で呼ぶこともできます。

 

現代では比較的カジュアルな使われ方をするので、目上の人と話す時には不適切です。

また自分の配偶者を呼ぶ際には、敬称を付けないようにしましょう。

 

反対に相手の配偶者を指す際には「旦那様」「旦那さん」のように使うのが一般的です。

 

旦那の家族と話す時:名前+さん

旦那の家族と話す時には、旦那の名前に「さん」を付けて呼ぶようにしましょう。

「旦那」「夫」「主人」のような呼び方は、あまり好まれないので注意が必要です。

 

旦那に敬意を込めるという意味で、必ず「さん」を付けてください。

普段は呼び捨てで呼び合っていても、家族の前では避けた方がいいでしょう。

 

自分の息子を呼び捨てにされると、大切にされていない印象を受ける人もいるようです。

 

まとめ

現代において「旦那」以外に、配偶者を指す言葉として使われる類語は主に以下の5つがあります。

  • 亭主
  • 主人
  • 内の人
  • 妻帯者

 

使うシーンに応じて「旦那」と類語を使い分けましょう。

  • ビジネスシーン:夫
  • 目上の人と話す時:主人
  • 友人と話す時:旦那
  • 旦那の家族と話す時:名前+さん

 

結婚すると、さまざまな場面で配偶者を紹介するようになります。

その都度、呼び方を使い分けるのは大変ですよね。

 

しかしそれぞれの意味を理解しておくと、シーンに応じて適切な言葉を使えるようになるでしょう。

話す印象も良くなりますので、ぜひ「旦那」と類語の使い分けをマスターしてくださいね。

 

第三者の配偶者を指す時の呼び方については、下記の記事でもご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました