【知らないと恥?】夫は妻の妊娠報告をいつごろすべき? ~会社の場合~

旦那

「妻が妊娠したけど、会社にはいつ報告すべき?」

「妊娠したときに私の知らないところで会社に勝手に報告していてブチ切れた」

「妊娠報告って夫の会社にはどうやって報告したらいいんだろう?」

上記のように思ったことはありませんか?

 

妊娠自体はとても喜ばしいことです。

しかし同時にとてもデリケートな問題でもあります。

そのため夫はいつ、どのようにして妻の妊娠を報告すればいいのか疑問に思うことでしょう。

 

そこで当記事では夫の会社への妻の妊娠報告について詳しく解説していきます。

  • 夫は妻の妊娠報告をいつごろすべき?
  • 妻の妊娠報告で気をつけるべきこと
  • 妻の妊娠報告で伝えるべきこと

 

もし妊娠して、夫の会社への報告のタイミングを迷っている場合は最後までご覧ください。

最後までご覧いただいた場合、どのタイミングで会社に報告したらいいのか答えがみつかるはずです。

 

夫は妻の妊娠報告をいつごろすべき?会社報告のベストは安定期!

妻が妊娠したと聞いて喜ばない夫はいないでしょう。

しかしいくら嬉しかったとしても何も考えず、周囲に妻の妊娠の報告をしてはいけません。

 

どのタイミングで妻の妊娠の報告をしたらいいんだろう?

会社に迷惑かけるかもしれないし……。

会社への報告のベストタイミングは安定期

 

なぜ安定期がベストタイミングなのかは以下で説明していきます。

  • 安定期はいつから?
  • なぜ安定期がベストなのか。
  • つわりがひどいときは?

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

安定期はいつから?

そもそも安定期とはいつなのか。

男性の場合、自分が妊娠することはないので知らない人も多いかもしれません。

 

安定期は一般的に妊娠16週(妊娠5か月)からを指す

しかしこれは医学的な言葉ではありません。

 

えっ、そうなの?

と思う人も多いでしょう。

 

ではなぜ安定期とよぶのか

一般的に妊娠16週ごろからつわりが落ち着いてくる人が多く、流産のリスクも減るからです。

また昔からの風習で妊娠16週ごろになると、戌の日参り(安産祈願)をします。

そこから安定期という言葉が派生したという説もあり、明確にはわかっていません。

 

ただし、

人によっては後期つわりといって、安定期に入ったあともつわりが続く人もいる

 

安定期に入ったからといって必ず安全というわけではないことを忘れてはいけません。

 

なぜ安定期がベストなのか。

安定期とは妊娠16週ごろ(妊娠5か月)を指すことは上記で解説しました。

それでは

なぜ安定期がベストなのか。

 

理由としては以下の通りです。

  • つわりが落ち着く。
  • 初期流産のリスクが減る。

これはあくまでも目安。

個人差が多き部分でもあるので、妻の体調を見て判断しましょう。

 

夫からしたら「そんなに遅くて大丈夫なのか?」と不安に思うかもしれません。

しかし妊娠とは女性にとってとても大きな変化です。

つわりだけでなく、ホルモンバランスなど目に見えない部分でも様々な変化が起こっています。

 

そのため

精神的に不安定になる妊婦も少なくない

妻の気持ちと体調に寄り添うことが大切です。

 

またもし万が一報告したあとに流産してしまったら、さらに心に傷を負いけねません。

妊娠は何が起こるかわからない

安定期だからといって、流産の危険がゼロになることはありませんが、よりそのリスクの少ない時期になってから報告するのがベストでしょう。

 

そのため一般的に妊娠の報告は安定期に入ってからする人が多いのです。

 

つわりがひどいときは?

一般的に夫の会社への妻の妊娠の報告は、安定期に入ってからするのがよいでしょう。

しかし

「つわりがひどくて仕事に行けない…。家事もできないの」

という場合はまた別です。

 

なぜならつわりがひどい場合

  • 点滴
  • 入院

になってしまう場合もあります。

 

つわりは個人差が大きいものです。

1日トイレにこもっている、なんていこともあり得ます。

 

夫にはつわりで苦しんでいる妻を支えてほしい!

妻の体調によっては急に会社を休まなければいけない場合もあるかもしれません。

急な休みへの対応のためにも、妻の体調次第では早めに会社へ報告するようにしましょう。

 

夫は妻の妊娠報告をいつごろすべき?会社に報告で気をつけること3選

妻の妊娠報告を会社にすることは、生涯でそう何度もあることではありません。

そのため何を、どんな風に報告したらいいのかわからない夫もいるでしょう。

 

そこでこの項目では夫が妻の妊娠報告を会社にする場合、気をつけるべきことを3つ紹介します。

  • 妻には事前に相談すること
  • まずは上司から報告
  • 報告の際は個別に時間を作ってもらうこと

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

妻には事前に相談すること

妻の妊娠報告を夫の会社に報告する場合、事前必ずその相談を妻にしましょう。

自分だけの判断で会社や周囲に報告をしてはいけません。

 

なぜなら、

妊娠するのも子供を産むのも妻

つわりというつらい時期を乗り越え、体系の変化にも戸惑いながら、自身の命をかけて命をはぐくみ産むのは女性にしかできないことです。

当人の意見を尊重しましょう。

 

また

妊娠期間中や出産後の行動は妻にとって、一生記憶に残るもの

妻にとって「これは……。」という言動をしてしまうと、後々までその時のことを言われ続ける可能性があります。

 

これから先の長い夫婦生活を仲良く過ごしていくためにも、必ず妻と話し合って決めるようにしましょう。

 

まずは上司から報告

妻の妊娠の報告を会社にする際は、まずは上司から報告するようにしましょう。

「仲のいい同僚に真っ先に報告したいんだけど……。」

という気持ちもわからないわけではありません。

 

しかし妻の妊娠・出産による急な休みに対応してくれるのは上司です。

そのためまずは上司に報告をするようにしましょう。

その際は一言「ご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願いします」と付け加えておくと印象が良いです。

 

妻の妊娠の報告はまずは上司にしましょう。

 

報告の際は個別に時間を作ってもらうこと

妻の妊娠を報告する際は上司に個別に時間を作ってもらうようにしましょう。

できれば直接伝えるのがベストです。

 

「めでたいことなのに何でコソコソしなきゃいけないの?」

と思うかもしれません。

 

しかし上記で解説した通り、

妊娠・出産は何があるかわからない。

もしみんなの前で大々的に妊娠の報告をしたあとに流産してしまったら、周りも気を遣います。

またそんな周りの反応を見て、より悲しみが増すなんてこともあるでしょう。

 

さらに

妊娠は望んですぐできるものではない

もしかしたら社員の中には不妊治療中の人もいるかもしれません。

 

妊娠はおめでたいことであると同時に、デリケートな問題でもあります。

周りへの気遣いも忘れずに、報告の際は個別に時間を作ってもらうようにしましょう。

 

夫は妻の妊娠報告をいつごろすべき?会社への報告内容

会社への妊娠報告をする機会は人生でそう何度も訪れるものではありません。

夫もわからないことだらけで緊張してしまう場合もあるでしょう。

 

そこで妻が妊娠したとき、会社への報告ではどのような内容を伝えとくべきなのかについて解説していきます。

  • 出産予定日
  • 妻の体調と急に休むことがあるかもしれないことを共有
  • 育休の取得の有無

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

主産予定日

まず妻の妊娠報告を会社にする際は、出産予定日を伝えましょう

なぜなら出産に伴う急な休みが発生する可能性があるからです。

 

会社も妻の出産予定日を把握しておいてくれれば、休みやすくなるし、会社側も心構えができるからあまり迷惑かけずに済むからホウレンソウは大切。

急に「妻が産気づいたので今日休みます」と言われても、会社側も困ってしまいます。

会社にあまり迷惑をかけないためにも、また気持ちよく妻のために休めるようにするためにも必ずいつごろ出産予定なのかは伝えておきましょう。

 

妻の体調と急に休むことがあるかもしれないことを共有

事細かに説明する必要はありませんが、妻の体調については軽く上司と共有しておいたほうが良いでしょう。

 

特に妻のつわりが大切な場合は上司との共有が大切

なぜなら急な入院などの対応などが起こりえるかもしれないからです。

 

そうでなくても妻の体調によっては早退や欠席しなければならないこともあるかもしれません。

あらかじめ上司にその旨を伝えておくと、急な早退や休みの際にスムーズです。

 

また会社側も心づもりがある分、対応がしやすいでしょう。

状況次第による部分もありますが、上司には妻の体調やそれに伴う急な欠勤について情報共有をしておくことをおすすめします。

 

育休の取得の有無

最近では男性の育休取得も珍しくなくなってきました。

国も率先して男性の育休取得率を上げていこうと目指しています。

 

もちろん妻が賛成したらではありますが、育休の取得を考えるのであれば早めにその旨を会社にも伝えましょう。

それらの手続き等をしてくれるのは会社だということを忘れてはいけません。

 

また

育児休暇中のあなたの仕事は別の誰かがしてくれているということ

そのためその準備期間が会社側にも、そして何より自分にとっても必要です。

 

仕事の引継ぎをしなきゃいけないもんな。

妻のために育児休暇を取ることはとても素晴らしいことですが、そのための準備を怠ってしまうと会社などに迷惑がかかる場合があります。

必ずあらかじめ育児休暇取得するつもりがあることを(できれば早めに)伝えるようにしましょう。

 

まとめ

 

妻の妊娠はとても喜ばしいことです。

しかし同時にいつどのようなタイミングで、妻の妊娠を会社に報告したらいいのだろうかと迷った夫もいることでしょう。

 

そこで当記事では

妻の妊娠を会社に報告するベストな時期は安定期

と解説しました。

 

理由としては、

  • つわりが落ち着く。
  • 初期流産のリスクが減る。

ということがあげられます。

 

また妻の妊娠報告を会社にする際の注意点としては、

  • 妻には事前に相談すること
  • まずは上司から報告
  • 報告の際は個別に時間を作ってもらうこと

です。

 

特に会社へ報告する前に必ず妻には相談するようにしましょう。

わからないことだらけかもしれませんが、夫婦で共有・相談することによってこれから先の夫婦生活に重要になってきます。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました