【うるさい】旦那がご飯に文句をつける時の対処法7選!料理にケチをつける原因は?

旦那

「旦那がご飯に文句ばかり言われてイライラする……」

「旦那がご飯に文句をつける時の対処法は?」

「どうしてうちの旦那はご飯に文句ばかり言うのだろう?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

頑張って作ったご飯に文句を言われれば、頭に来るのも当然です。

育児や共働きで忙しい中で作ったご飯であれば、特にイライラしてしまうでしょう。

 

この記事では以下の内容について解説していきます。

  • 旦那がご飯やおかずに文句をつける時の対処法7選
  • 旦那がご飯に文句をつける原因は?
  • 料理にケチをつける旦那と離婚はできる?

 

ご飯に文句をつける旦那にお悩みの方は、是非最後までご覧ください。

 

旦那がご飯やおかずに文句をつける時の対処法7選

せっかく作ったご飯に文句をつけられると、イライラして

「食べなきゃいいのに……」

と思ってしまいますよね。

 

旦那のご飯を作りたくないと思ってしまうのも無理はありません。

旦那がご飯に文句をつける場合、妻にできる対処法は以下の通りです。

  • 一緒に料理をする
  • 料理を作らせる
  • 義母に料理を教わる
  • 好きなものを中心に作る
  • 感情的に反論しない
  • 気持ちを伝える
  • 買ってきてもらう

 

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

 

一緒に料理をする

まず最初の方法は「一緒に料理をする」ことが挙げられます。

一緒に作ることで、旦那の好みを知ることができるからです。

 

醤油味が好みなのか、ソースや他の調味料を入れたがるのかよく観察してみてください。

「この調味料が好きなんだよね」

と意外な情報を聞き出せるかもしれません。

 

料理を作らせる

次に挙げられるのは「料理を作らせる」ことでしょう。

作らない人に、料理の大変さはなかなか分かってもらえないものです。

 

一度、自分の好みの味付けや食材を使い、自分で料理を作ってもらいましょう。

ただし予算は決めておくべきです。

 

高級な肉を使えば、柔らかくて美味しいステーキが焼けるでしょう。

そうではなく、普段の食事と同じ予算で作ってもらうことがポイントです。

 

美味しく作れたら、思いっきり褒めて旦那を良い気分にさせましょう。

うまくいけば、今後のご飯作りを旦那が担当してくれるようになるかもしれません。

 

義母に料理を教わる

次の方法は「義母に料理を教わる」ことが挙げられます。

小さい頃から慣れ親しんだ味を好むのは、旦那に限らずよくあることです。

 

たとえば小さい頃からしょっぱい卵焼きを食べてきたのであれば

「卵焼きといえばしょっぱいもの!」

と思うことでしょう。

 

地域や家庭によって、味の濃さや味付けは異なります。

義母に得意料理を教わることで、旦那の文句を減らせるかもしれません。

 

好きなものを中心に作る

次の方法は「好きなものを中心に作る」ことが挙げられます。

「野菜も食べてほしい」

「少しはヘルシーなものを……」

と頑張って作ったのに、文句をつけられるとイライラするでしょう。

 

それなら最初から頑張らずに旦那の好きなものを中心に作るのもおすすめです。

いくら好き嫌いの多い旦那でも同じ料理が続けば、だんだんと飽きてくるでしょう。

 

毎日違うレシピを考えてご飯を作ってくれる妻のありがたみに気づくはずです。

 

冷静に話し合う

次の方法として「冷静に話し合う」ことが挙げられます。

忙しい中で、一生懸命作ったご飯に文句を付けられると、イライラするのは当然です。

 

「せっかく作ったのに、どうして文句を言うのよ!」

とついつい感情的になりがちですが、感情的に反論しても逆効果。

旦那の食の好みと妻の食の好みが違うのは当然です。

 

何が不満なのか、冷静に聞き出してみましょう。

お互いの妥協点を見つけながら、楽しく食事ができるようになりたいですね。

 

気持ちを伝える

次の方法は「気持ちを伝える」ことが挙げられます。

旦那は妻が傷ついていることに気づいていない可能性があるからです。

 

文句をつけられて悲しい気持ちをそのまま旦那に伝えましょう。

「もう作らない!」

と怒るのではなく

「毎回作って文句を言われるのは辛いから、どうしたらいいか具体的に教えてほしい」

と伝えてみてください。

 

買ってきてもらう

最終手段としては「買ってきてもらう」ことが挙げられます。

自分の好きなものをコンビニやスーパーで買ってきてもらいましょう。

 

多少はお金がかかりますが、ストレスは軽減されます。

旦那も好きなものを食べられるので、お互いの精神衛生上も良いでしょう。

 

多くの旦那は、買ってきたものばかり食べていると、手料理が欲しくなるものです。

そうなると旦那から

「やっぱり作ってほしい」

とお願いしてくるかもしれません。

 

旦那がご飯に文句をつける原因は?

ご飯を作ってもらえるだけでもありがたいのに、どうして文句を言うのだろう?

と不思議に思う方も少なくないでしょう。

 

旦那が妻の作るご飯に文句をつける原因として、以下の理由が挙げられます。

  • 味の好みが違う
  • 好き嫌いが多い
  • 母の味を求めている
  • ご飯を作るのがどれほど大変か知らない
  • モラハラの可能性も

それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。

 

味の好みが違う

最初に挙げられる理由は「味の好みが違う」ことです。

同じ料理でも、家庭や住んでいる地域によって味付けは異なります。

 

たとえば「味噌」でも地域によって種類が違うのです。

赤みそを使う料理と麴味噌を使う料理では味も違ってくるでしょう。

 

出身地が違う場合は、味付けの違いが気になり、揉めるケースも増えてきます。

夫婦で話し合い、どちらに合わせるか決めていく必要があるでしょう。

 

好き嫌いが多い

次の理由として「好き嫌いが多い」ことが挙げられます。

「子供じゃないんだから……」

と思ってしまいますが、大の大人でも好き嫌いが激しい人も意外と多いのです。

 

好き嫌いが多い旦那のために料理を作るは、本当に大変でしょう。

しかし手を変え品を変えたおかげで、少しずつ嫌いなものを克服できるようになったという旦那もいるようです。

 

母の味を求めている

次に挙げられるのは「母の味を求めている」ことでしょう。

先述したように、家を出ると実家の母の味を恋しく思う人は少なくありません。

 

小さい頃から慣れ親しんだ味なので、そうそう好みが変えられるものでもないのでしょう。

母親の料理と無意識に比べてしまい、文句を言っているのかもしれません。

 

悔しいですが、ここはグッと堪えて、義母にレシピを教わるのもひとつの方法です。

 

ご飯を作るのがどれほど大変か知らない

次の理由として「ご飯を作るのがどれほど大変か知らない」ことが挙げられるでしょう。

男性の場合、自炊の経験がまったくないという人もいます。

 

仕事や育児の合間にレシピを考えて、買い物に行って、ご飯を作って……

という一連の流れがどれほど大変なのか、知る由もないでしょう。

 

ご飯の用意が大変だと分かれば、文句は言わなくなるかもしれません。

 

モラハラの可能性も

最後に「モラハラの可能性も」挙げられます。

理にかなった文句ならまだしも、作る料理すべてに文句を言うようであればそれは言葉の暴力です。

 

「ご飯への文句のせいで、ストレスを感じ心身に悪影響が生じている」

という方は、モラハラの可能性も視野に入れましょう。

 

モラハラの場合、具体的に以下のような症状が現れます。

  • うつ病
  • 適応障害
  • 睡眠障害
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 過呼吸
  • 動悸
  • 息切れ

上記のような悩みを抱えている方は、医療機関に相談してみるといいかもしれません。

 

料理にケチをつける旦那と離婚はできる?

「毎回ご飯に文句を言われ過ぎて、旦那と離婚したい」

と考える妻もいます。

料理にケチをつける旦那と離婚するためには、以下のどちらかの方法を取るのが一般的です。

  • 協議離婚
  • 離婚調停

 

協議離婚は夫婦間の話し合いで、離婚をすることを指しています。

理由が何であれ、夫婦で話し合ってお互いが合意すれば、離婚が成立するのです。

 

旦那が離婚に合意してくれない場合、離婚調停を申し立てることになります。

旦那がご飯に文句をつけることがモラハラに当たると判断されれば、離婚に持っていくことができるでしょう。

 

モラハラを証明するためには、以下のような証拠が必要です。

  • 音声やLINEのデータ
  • モラハラを受けたことを記録した日記やメモ
  • 夫に改善要求をした書面やメール

 

毎回ご飯に文句をつける旦那と離婚したいのであれば、計画的に行動することをおすすめします。

 

共働きなのに夫がご飯に文句をつける!妻たちの体験談

共働きの中、一生懸命ご飯を作っているのに文句を言われると腹が立つでしょう。

同じような経験をしている妻たちは、世の中に大勢います。

 

他の妻たちがどんな対応をしているのか、参考にしてみてください。

 

はっきり伝える

一度、真顔で、「親が料理の事で文句いってると、子供も真似するからやめて。私だってあなたのことで不満は星の数ほどあるのよ(具体的にはあえて言わない)」
と低い声ではっきりと言ってみるのもいいと思います。

引用:ヤフー知恵袋

 

子供の前で文句を言うのは、子供にとっても悪影響になるでしょう。

一緒に暮らしていて、我慢をするのはお互い様です。

 

「私もあるけど言わないで我慢しているのよ」

ということを言っておくのもいいかもしれません。

 

自分で作ればと言ってみたら謝られた

作ったご飯に「もうちょっと味が濃い方がいい。汁っ気が少ない。」などたまに文句を言う主人。いつもは「ごめんごめん、次は気をつけるね〜」と言ってきたのですが、先日文句を言われた時に私は仕事をしてへとへとで帰ってきてご飯を作ったのに、休みで1日家にいた主人に腹が立って「文句があるなら自分で作れば?!」とかなり強く言いました。
その時はびっくりした顔で謝られました。

引用:ガールズちゃんねる

 

ひと昔前は「妻がご飯を作る」のが当たり前でしたが、時代は変わってきています。

共働きの家庭も多いので、お互いに理解を示し合うのが当然でしょう。

 

働いて疲れて帰ってきた妻が、ご飯を作ってくれたことに対し、感謝の気持ちは忘れないでほしいですよね。

 

もし食べたくない野菜があったとして、「これだけは食べようね」と、野菜は割当て、あとは肉料理は好きにさせています。食べたければ沢山食べてもいいし、あまり食べなくてもいいし。

うちは、普段は毎週末外食してましたが、最近は外食してないし、その分たまには家で焼き肉とか、ジャンクフードとかで気分変えてますよ。
明日にはピザでも取りたいなとか思ってました。
でも共働きで平日仕事で、平日の方が大変だから平日ピザにしようかとか考えてます。

引用:WOMEN’S PARK

健康のために「野菜を摂ってほしい」と考えるのは当然です。

しかしストレスが溜まっては元も子もありません。

 

共働きで忙しいなら、外食やテイクアウトでたまには息抜きするのもおすすめです。

 

まとめ

旦那がご飯に文句をつける場合、妻にできる対処法は以下の通りです。

  • 一緒に料理をする
  • 料理を作らせる
  • 義母に料理を教わる
  • 好きなものを中心に作る
  • 感情的に反論しない
  • 気持ちを伝える
  • 買ってきてもらう

 

旦那が妻の作るご飯に文句をつける原因として、以下の理由が挙げられます。

  • 味の好みが違う
  • 好き嫌いが多い
  • 母の味を求めている
  • ご飯を作るのがどれほど大変か知らない
  • モラハラの可能性も

 

毎回ご飯に文句を付けられることで、離婚を考える妻もいるようです。

それほど妻にとってはストレスになる問題なのでしょう。

 

最近では共働きの家庭も多く、忙しい中で家事をするのは本当に大変なことです。

一生懸命作ったのに文句を付けられれば、腹が立っても当然でしょう。

 

まずはあなたの気持ちを正直に伝えてみて、どうしたらいいのか夫婦で話し合うことが大切です。

いつまでも一緒にいるために、お互いのストレスをできるだけ軽減させていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました