【知りたい】「旦那」の反対語って何?正しい使い方や注意点を徹底解説!

旦那

「『旦那』の反対語って何?」

「『旦那』の言い換え表現の反対語は?」

「『旦那』の反対語を知って、正しい使い方をしたい!」

とお考えではありませんか?

 

一般的に「旦那」とよく使われますが「旦那」の反対語は、いったい何なのだろうと疑問に思う方もいるでしょう。

正しい使い方をしたいと悩む方も多くいます。

 

当記事では

  • 「旦那」の反対語は「奥さん」
  • 「夫・主人・旦那・亭主」の違いと反対語
  • 「旦那」の意味と語源とは?
  • 「旦那」の使い方と例文
  • 自分や相手の夫を「旦那」と呼ぶ際の注意点

といった内容を徹底解説していきます。

 

『旦那』の反対語を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ『旦那』の反対語や正しい使い方がわかるでしょう。

 

「旦那」の反対語は「奥さん」

配偶者を指す場合「夫」の対義語は「妻」です。

では『旦那』の反対語は何になるのでしょうか?

 

Weblio類語辞典を見ると『旦那』の対義語は「奥さん」と書かれています。

対義語・反対語 旦那さん 奥さん
意味 夫の立場にある者を敬って言う表現 妻の立場にある者を敬って言う表現

引用:Weblio類語辞典

 

『旦那』はもともと、夫の立場にある者を敬って言う表現です。

そのため同じように妻を敬って呼ぶ表現である「奥さん」が反対語にあたります。

 

ちなみに『旦那様』の反対語は「奥様」が妥当でしょう。

相手の配偶者を指す際にも「旦那様」「奥様」を使うことが適切です。

 

「夫・主人・旦那・亭主」の違いと反対語

「夫」を表現するほかの言葉後が言ってあるの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では「夫」「主人」「亭主」といった言葉の反対語について紹介していきます。

  • 夫:反対語「妻」
  • 主人:反対語「家内」
  • 亭主:反対語「女房」

それぞれの反対語を詳しく解説していきますのでご覧ください。

 

夫:反対語「妻」

まず「夫」の反対語は「妻」です。

「夫」や「妻」は夫婦関係を指す言葉として、役所に提出する公式な書類などにも使われています。

 

夫と妻は同等の立場を表す表現として使われるでしょう。

婚姻制度が生まれる前から、生活をともにする女性は「妻(さい)」と呼ばれていました。

 

配偶者を指す言葉として「妻(つま)」が使われるようになったのは、明治時代以降と比較的最近です。

 

主人:反対語「家内」

「主人」の対義語は「家内」です。

「家内」は「家の中にいる人」を指しています。

 

昔は男性が外に出て働き、女性は家の中を守る風潮がありました。

そのため「家の中にいる人」を指して「家内」と呼ぶようになったと言われています。

目上の人や他人に対して、妻を謙遜する意味で使われるのが一般的でしょう。

 

亭主:反対語「女房」

「亭主」の対義語は「女房」です。

「女房」はもともと宮中で使用人の女性が使う部屋を指していました。

 

部屋を指す言葉から、次第に使用人の女性に対して呼ぶ言葉となり、最終的に自分の妻を表す言葉となりました。

「使用人」や「世話人」というニュアンスを含むので、最近はあまり好まれなくなった表現です。

「旦那」の意味と語源とは?

旦那の意味や語源って何なの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では「旦那」の由来や語源について説明していきます。

  • 「旦那」の意味は「夫」や「男の雇用主・顧客」の軽い敬称
  • 「旦那」の語源は仏教用語の「お布施」

「旦那」の語源について詳しく知りたい方はぜひお読みください。

 

「旦那」の意味は「夫」や「男の雇用主・顧客」の軽い敬称

「旦那」は、「夫」や「男性の雇用主・顧客」に対する敬称です。

ただし、現代では「夫」以外の意味で使われることは少ないでしょう。

 

敬称ではありますが、現代では敬う度合いが低いカジュアルな呼称だとされています。

特に自分の夫の説明に使う場合は、ぞんざいな呼び方に感じる人が多いようです。

「旦那様」と様付けにすることで、丁寧な印象にすることができます。

 

「旦那」の語源は仏教用語の「お布施」

「旦那」は「お布施」と訳されるサンスクリット語「ダーナ」が語源だと言われています。

元々のダーナの意味は「与える」「施す」です。

ダーナとは仏教語で「布施」(施し)のことで、法施(真実の仏法を伝え広める)・財施(金品を分かち合う)・無畏施(恐れを除き、癒しと勇気を与える)・無財の七施(思いやり、ささえあうこころ)などに分かれます。

引用:仏教婦人会総連盟

 

 

当初は、お布施をする檀家を表す言葉として僧侶が使っていました。

その後、生活の面倒を見るパトロンという意味で一般的に使われるようになり、そこから「雇用主や顧客」「夫」を意味する言葉に変わっていったのです。

 

「旦那」の使い方と例文

「旦那」を使うときはどんな風に使うのがいいの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では「旦那」の使い方や例文などを紹介していきます。

  • 「旦那」は「自分の夫」を呼ぶときに使う
  • 「旦那様」は「他人の夫」を丁寧に呼ぶ表現
  • 「旦那」と「主人」「夫」の違いは?

「旦那」をどんなふうに使ったら良いか困っている方は参考にしてください。

 

「旦那」は「自分の夫」を呼ぶときに使う

「旦那」は自分の夫を呼ぶ際に使用されるのが一般的です。

元々の意味と違い丁寧な敬称だと思われないため、かしこまった場で使うことは避けた方がよいでしょう。

また、他人の夫にはあまり使われません。

 

例えば

  • 「ちょっと高いけど、誕生日くらいは旦那の大好きなワインを買おうと思って」
  • 「うちの旦那が、早く犬を飼いたいってしつこくて」

などのように使います。

 

「旦那様」は「他人の夫」を丁寧に呼ぶ表現

他人の夫を呼ぶ場合は「旦那様」と「様」を付けて使用します。

丁寧で敬意を表す言葉になるため、目上の人と話すときや、ビジネス上のやりとりでも見られる表現です。

 

例文を挙げると

  • 「旦那様にも、よろしくお伝えください」
  • 「旦那様はご在宅でしょうか?」
  • 「こちらに旦那様のご署名と捺印をお願いいたします」

などのように使います。

 

ただし、執事など、身近に感じる人が少ない職業の人が使う表現のため、違和感を覚える人もいるようです。

特に若い人の中には、時代劇やドラマのようなフィクション作品の表現だと感じる人もいます。

 

「旦那」と「主人」「夫」の違いは?

では「旦那」と「主人」「夫」にはどんな違いがあるのでしょうか?

下記で詳しく説明していきます。

 

「主人」は「旦那」とほぼ同じ意味、雇用主の意味なら女性にも使える

「主人」は「旦那」とほぼ同じ意味で、類語として使えます。

「主人」にも「夫」「雇用主」の意味があり、「ご主人様」とすることでさらに丁寧な敬称になるでしょう。

 

「旦那」との違いは「雇用主」の意味なら女性に使うことが可能だという点です。

また、「主人」はビジネスシーンでもプライベートでも使えます。

 

例えば、
  • 「優しいご主人ですね、羨ましいです」
  • 「うちの主人はいつも早く帰ってくるから、浮気を心配しなくていいわ」

のように使用します。

 

「夫」は主従関係のない表現、「妻」の対義語でもある

もうひとつ、「旦那」の言い換えで「夫」があります。

「夫」は「妻」の対義語で、対等な表現です。

「旦那」では主従関係があるようで気になる、という人は「夫」に言い換えるとよいでしょう。

 

言い換え例としては
  • 「旦那の保険について確認したいことがあるのですが……」

→「夫の保険について確認したいことがあるのですが……」

のようになります。

 

少し意味は変わりますが「亭主」も「夫」の類語です。

「亭主」は「その家の主人」「宿屋などの店主」という意味があり、「旦那」と同じく、現在ではカジュアルな呼称だとみなされています。

 

自分や相手の夫を「旦那」と呼ぶ際の注意点

では、「旦那」を使う際の注意点はあるの?とお考えではありませんか?

 

当項目では「旦那」と呼ぶときに気をつけたいことについてを説明していきます。

  • 「旦那」は下品でぞんざいな呼び方のイメージがある
  • 「旦那」には主従関係があるイメージがある

「旦那」を使う際の注意点を知り、正しく使いたい方は参考にしてください。

 

「旦那」は下品でぞんざいな呼び方のイメージがある

自分の夫を「旦那」と呼ぶ人を見ると、下品に思う女性が多いようです。

「響きが荒っぽいので、夫を雑に扱っているように感じる」「浮気などの愚痴を聞かされている気分になる」という意見が見られます。

 

「旦那」は本来は敬称ですので、こういった感想はふさわしくありません。

しかし、現代ではカジュアルなイメージが強くなったので、ぞんざいな呼び方に感じる人が増えているのでしょう。

心配な人は「主人」などの類語に言い換えてみてください。

 

「旦那」には主従関係があるイメージがある

相手の夫を「旦那さん」「旦那様」と呼ぶ際も注意が必要です。

「旦那」には雇用主などの意味もあるため「夫婦は主従関係ではない」と不快に思う人もいます。

 

日常に根付いた表現ではあるのですが、男女平等の考えから避けてほしい人も増えているようです。

残念ながら、類語の「ご主人」も主従関係の意味合いがあるため、無難に言い換えられる言葉はまだありません。

 

「パートナー」「夫さん」など新しい表現が生まれてきていますが、広く定着しているとは言えない状況です。

夫の名前や肩書が分かるならば、そちらで呼ぶのがよいでしょう。

 

まとめ

簡単に、「夫」「主人」「亭主」といった言葉の反対語についておさらいします。

  • 夫:反対語「妻」
  • 主人:反対語「家内」
  • 亭主:反対語「女房」

 

「旦那」の使い方については下記を参考にしてください。

  • 「旦那」は「自分の夫」を呼ぶときに使う
  • 「旦那様」は「他人の夫」を丁寧に呼ぶ表現
  • 「旦那」と「主人」「夫」の違いは?

 

『旦那』や『主人』といった呼び方に違和感を抱く人もいます。

相手によって、適切に使い分けられるようになると、相手に不快な思いをさせることなく会話を進められるでしょう。

 

下記に「旦那」の正しい使い方について関連したページもあるのでご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました