【最悪】旦那が隠れてゲームに課金していた!やめさせる方法5選を徹底解説!

旦那

「旦那が隠れてゲームに課金していた!!」

「どうやったら旦那のゲームの課金をやめさせられる?

「旦那がゲーム課金をやめさせられる方法が知りたい!」

 

とお悩みではありませんか?

旦那がこっそりゲームの課金をしているのを知ったらびっくりしてショックを受けますよね。

 

この記事では下記について説明していきます。

  • なぜゲームに課金をしてしまうのか?
  • 旦那のゲームへの課金を今すぐ辞めさせる方法5選!
  • 旦那のゲーム課金をやめさせたあとのフォロー
  • 旦那がゲームの課金をやめなければ離婚は可能?

 

旦那のゲーム課金を今すぐ辞めさせたい方はぜひ最後までご覧ください。

 

なぜゲームに課金をしてしまうのか?

なぜ旦那はゲームに課金してしまうの?とお悩みではありませんか?

 

下記で説明していきます。

  • 課金してしまうのはゲーム会社の策略にハマっているから?
  • 実感しにくい支払い方法が課金のハードルを下げる!

では見ていきましょう。

 

課金してしまうのはゲーム会社の策略にハマっているから?

ゲーム会社は利益をあげることを目的としています。

下記のようにソーシャルゲームはユーザーが課金する心理が研究されているのです。

  • 無料をうたいハードルを下げる
  • 途中までは無料でも楽しく遊べる
  • 次第に、無料のままでは簡単にクリアできなくなってくる
  • ユーザーはそれまでかけて時間や労力を惜しみ、課金してアイテムを買う
  • 課金アイテムで強い敵を倒すとさらに強い敵が現れる
  • 課金を続けるうちに課金へのハードルが下がり、また課金する

 

「無料」をうたってゲームを始める敷居を低く設定しておいて、競争心、射幸心、承認欲求を刺激し課金させます。

一方、いったんかけたお金や手間をもったいないと思わせ(コンコルド効果)ゲームにハマらせ、より課金させるのです。

 

また、アイテムの額も1つ数百円ほどで、ハードルを低くしてあります。

最初は小額の課金でも、ゲームにハマっていくうちに感覚がマヒし、数万、数十万と課金するようになってしまうのです。

 

実感しにくい支払い方法が課金のハードルを下げる!

支払い方法も課金のハードルを下げます。

ゲーム課金の方法は、お金を使った実感の乏しいものがほとんどです。

  • スマホ使用料に加算
  • クレジットカード払い
  • 電子マネー
  • プリペイドカード

 

旦那のお小遣いから支払うなら旦那も実感できるでしょう。

しかしスマホ使用料と一緒に払っていたり、クレジットカード払いにしていたりすると、家計全体から支払う感じになって旦那は痛みを実感しにくいものです。

 

課金後の引き落としで高額課金が発覚して妻が激怒するなんてことは、ゲーマー旦那家庭ではよくあることなのではないでしょうか。

 

旦那のゲームへの課金を今すぐ辞めさせる方法5選!

ゲームの課金にはまってしまった旦那の課金をやめさせる方法はあるの?とお悩みではありませんか?

 

下記で説明していきます。

  • お小遣いからプリペイドカードを購入させる
  • 購入手続きに必要なパスワードを妻が管理
  • ゲームへの課金が家計を圧迫していることを伝える
  • 年間でどれくらいのお金か浮くか伝える
  • 気持ちを伝える(離婚も視野に)

では見ていきましょう。

 

お小遣いからプリペイドカードを購入させる

まず、旦那のお小遣いからプリペイドカードを買わせて、課金させる方法があります。

クレジットカード払いや携帯料金で支払っている場合、自分の課金額を把握していない場合が多いです。

金額の多さに実感を持たせるためにも、支払方法を変更しましょう。

 

課金によって自分に痛みが生じると、課金を辞めたくなるかもしれません。

 

購入手続きに必要なパスワードを妻が管理

iPhoneでもandroidでも、スマホの設定で購入手続きに必要なパスワードをかけることができます。

こうすれば簡単に課金ができなくなります。

強制的に課金を一度ストップさせることで冷静さを取り戻すかもしれません。

androidの設定方法はこちら

iphoneの設定方法はこちら

 

ゲームへの課金が家計を圧迫していることを伝える

ゲームばかりしている旦那に「真剣な話がある」と切り出しましょう。

そして課金行為が家計を圧迫していると伝えましょう。

 

たとえば「子どもが習い事をしたいと言っている」「子どもを塾に通わせたい」と伝えて、そのためにもお金は必要と言ってみるのも有効かもしれません。

旦那は冷静になって、自分の課金行為について見直すはずです。

 

年間でどれくらいのお金か浮くか伝える

課金している人は、毎回の課金額が1000円程度の少額だと、罪悪感がありません。

つまり、毎回「ちょっとずつ」の積み重ねで大きな額を失っていることに気づいてません。

なので年換算してみると、どれくらいの金額になるか教えてあげましょう。

 

気持ちを伝える(離婚も視野に)

ゲーム課金している旦那は、自分が「悪いことをしている」「誰かに迷惑をかけている」という実感がありません。

だからこそ、妻の真剣な気持ちを打ち明けて、自覚させてあげましょう。

離婚も視野に入れていると伝えれば、旦那も「そこまで苦しめていたのか」と自覚して冷静に自身の行いを反省してくれるはずです。

 

旦那のゲーム課金をやめさせたあとのフォロー

では、旦那のゲーム課金をやめさせたあとのフォローはどうしたらよいでしょうか?

 

下記で説明していきます。

  • 家族で他のことにお金を使う
  • カレンダーに「課金しなかった日」をマークしていく
  • 旦那と一緒にテレビゲームをする

では見ていきましょう。

 

家族で他のことにお金を使う

家族でほかのことにお金を使ってみましょう。

いままでゲームに費やしていたお金を使って、

  • 家具や服を買う
  • 美味しいものを食べる
  • 旅行に行く

などを提案をしてみてみてください。

 

その時に必要なのは、ソーシャルゲーム課金を辞めることで、どれくらいのお金が浮くか旦那に伝えることです。

 

一回の課金が1000円で、週に一回課金すると仮定すると、ひと月に4000円、1年で5万円弱になるのです。

5万円もあれば家族で高級レストランに行ったり、旅行に行ったりできますね。

 

カレンダーに「課金しなかった日」をマークしていく

課金しなかった日は「自分はいいことをした」と自覚させるために、カレンダーにシールやマークを書くようにしてみましょう。

 

たとえば2月1日に課金しなかったら、カレンダーのその日に○をつけます。

子どものころに、お手伝いをしたらスタンプがもらえて、それがたまるとご褒美がもらえるみたいな経験ありませんか?それを旦那さんに応用させるのです。

 

少しずつカレンダーにマークが溜まっていくと、見ていて自己肯定感が高まります。

また、「課金」をしてしまい連続マークが途切れるのを恐れる心理が働くのです。

旦那が自分で課金したくなくなる仕組みを作れます。

 

一緒にテレビゲームをする

旦那がとてもゲームが好きなのであれば、テレビゲームを買って、一緒にしてみるのもありでしょう。

テレビゲームは課金システムがないものがほとんどです。

 

一度買ってしまえばそれ以上お金を費やす心配もありません。

ご夫婦で一緒にテレビゲームに没頭するのも良いですね。

 

旦那がゲームの課金をやめなければ離婚は可能?

旦那がゲームの課金をやめてくれない!もう我慢できない!離婚したい!とお悩みではありませんか?

ゲームの課金が原因で離婚はできるのでしょうか?

 

下記で説明していきます。

  • 話し合い・協議離婚
  • 離婚調停
  • 裁判

では見ていきましょう。

 

話し合い・協議離婚

夫婦で話し合い、双方が離婚に同意して婚姻関係を解消する離婚方法です。

日本ではほとんどの夫婦が、協議離婚によって離婚しています。

 

第三者の介入がなく本人同士の話し合いで離婚することができるため、難易度も低く比較的簡単な方法だと言えるでしょう。

お互いが納得すれば離婚が成立するため、特別な離婚理由も不要です。

ただし協議による離婚方法のため、旦那のゲーム課金が原因で離婚をしたくても、相手が応じなければ離婚は成立は難しいでしょう。

離婚調停

旦那が離婚に合意せず、協議離婚では離婚が成立しない場合、基本的には次の段階である調停離婚へと進みます。

 

調停離婚では、調停委員を交えて離婚が妥当か話し合いを経て離婚を協議するのです。

調停委員との話し合いでも双方の合意が得られなければ、離婚は成立できません

裁判

協議離婚・調停離婚でも離婚成立に至らなければ、裁判離婚へ進みます。

裁判離婚では、離婚が妥当であることを裁判官に証明しなければなりません。

単にゲーム課金癖があるというだけでは離婚が認められないケースが多く、難易度の高い離婚方法だと言えるでしょう。

 

ゲームの課金に加え以下のような婚姻関係の継続が難しいような事情があれば、ゲームの課金の事実も考慮され離婚が認められる可能性もあります。

  • ゲームで知り合った相手と不倫している
  • 生活費をゲーム課金につぎ込んでいるため、家族が困窮している
  • 何度話し合いをしてもゲーム課金を止めようとせず、日常生活を送るのが難しい
  • ゲームに没頭して仕事を辞めてしまった
ただし、上記のような事情があったとしても必ず離婚が認められるとは限りません。

離婚裁判では、夫婦関係の破綻を証明できなければ離婚成立は難しいため、弁護士に相談しながら準備を進めることをおすすめします。

 

まとめ

旦那が隠れてゲーム課金をしている!やめさせる方法はある?について説明してきました。

 

下記で簡単におさらいします。

  • お小遣いからプリペイドカードを購入させる
  • 購入手続きに必要なパスワードを妻が管理
  • ゲームへの課金が家計を圧迫していることを伝える
  • 年間でどれくらいのお金か浮くか伝える
  • 気持ちを伝える(離婚も視野に)

まずはこちらの方法を試してみてみてください。

 

いろいろ試してみても結局ゲーム課金をやめてくれず、離婚したい場合は、協議離婚ならスムーズに離婚できるのでよく話し合いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました