【至急】旦那とスムーズに仲直りする方法9選!きっかけやNGな行動も徹底解説!

旦那

「旦那とスムーズに仲直りするにはどうしたらいいの?」

「旦那と仲直りしたいけど素直に謝れない……何かきっかけがほしいなぁ」

「旦那と仲直りするためにやってはいけないことってあるの?」

上記のようにお考えではありませんか。

 

旦那と喧嘩してしまうと居心地が悪いですし、できれば早く仲直りしたいですよね。

そこで当記事では、以下の内容について説明していきます。

  • 旦那とスムーズに仲直りする方法9選
  • 旦那と仲直りするきっかけ
  • 旦那と仲直りするためにやってはいけない行動5選

旦那と早く円満に仲直りしたいとお考えの方は、下記の目次から気になる項目を優先してご覧ください。

 

  1. 旦那とスムーズに仲直りする方法9選
    1. 怒りを抑えるための冷却期間を設ける
    2. 素直に謝る
    3. おいしい食事など旦那が喜ぶことをする
    4. 喧嘩した時のルールをあらかじめ決めておく
    5. 話すのが難しいときは手紙で気持ちを伝える
    6. ちょっとしたプレゼントを用意する
    7. 子どもに助けてもらう
    8. スキンシップをとる
    9. 付き合い始めた頃の気持ちを思い出す
  2. 旦那と仲直りするまでの期間はどのくらい?
  3. 旦那と仲直りするきっかけ
    1. 「おはよう」「いってらっしゃい」「ありがとう」などの挨拶
    2. いつもどおりに接する
    3. 気持ちが穏やかになるような出来事
  4. 旦那と仲直りするためにやってはいけない行動5選
    1. 怒りを抑えられていないのに「話し合おう」と提案する
    2. 旦那の人格を否定すること・相手が気にしていることを言う
    3. 無視を続けたり喧嘩を長引かせるような行動
    4. 離婚をちらつかせる
    5. すぐ実家に行く
  5. 補足:旦那と喧嘩しないために!よくある喧嘩の原因5選
    1. 相手の言い方にイラついた
    2. 家事や育児を手伝ってくれない
    3. 子どものことで意見が合わない
    4. 生活態度が悪い
    5. 帰りが遅いのに連絡しない
  6. 補足:旦那と喧嘩しないためにできること5選
    1. 普段からコミュニケーションをとる
    2. 旦那に期待しすぎない
    3. 気づいてくれるのを待つのではなく自分から伝える
    4. 冷静になれないときは落ち着くまで一人になる
    5. きつい言い方をしないように注意する
  7. まとめ

旦那とスムーズに仲直りする方法9選

まずは旦那とスムーズに仲直りする方法を9つご紹介します。

  • 怒りを抑えるための冷却期間を設ける
  • 素直に謝る
  • おいしい食事など旦那が喜ぶことをする
  • 喧嘩した時のルールをあらかじめ決めておく
  • 話すのが難しいときは手紙で気持ちを伝える
  • ちょっとしたプレゼントを用意する
  • 子どもに助けてもらう

 

さまざまな方法があるので、自分たちに合った方法で対処したいですね。

では、それぞれ詳細をみていきましょう。

 

怒りを抑えるための冷却期間を設ける

1つめは怒りを抑えるための冷却期間を設ける方法です。

怒っている状態のまま話をするのはデメリットが多いといわれています。

 

例えば、

  • 感情的になってしまう
  • 言葉遣いが悪くなる
  • 思っていないことまで言ってしまう

上記のようなデメリットが考えられます。

 

そのため、まずは旦那と離れるなどして自分の怒りを抑えるのがいいでしょう。

冷静になってみると「そこまで怒ることじゃなかった」と思えることもあります。

 

素直に謝る

2つめは素直に謝ることです。

・「素直に謝る。自分の気持ちをきちんと伝えて、相手の気持ちも教えてもらって終了」

・「感情的になったのを、謝るとともに、一緒にいたいから、直してほしい気持ちも、冷静に伝えます」

参考サイト:マイナビウーマン

上記のような意見がありました。

 

自分が悪いところはきちんと認めることによって、旦那も素直になってくれる可能性があります。

旦那が全面的に悪い場合は別ですが、そうではないのなら意地を張るのはやめて素直になるのがいいですよ。

 

おいしい食事など旦那が喜ぶことをする

3つめは、おいしい食事など旦那が喜ぶことをする方法です。

胃袋が満たされると気持ちも落ち着くといわれています。

旦那さんの好きなメニューを作れば、仲直りしたいと思っている気持ちも伝わるでしょう。

 

料理だけでなく、他に旦那さんが喜ぶことがある場合はなんでもかまいません。

気持ちが伝わることが最も大切なのです。

 

喧嘩した時のルールをあらかじめ決めておく

4つめは、喧嘩した時のルールをあらかじめ決めておくことです。

例えば、

  • 喧嘩はその日のうちに解決する
  • 仲直りの合図を決めておく

上記のようなルールがいいでしょう。

 

仲直りの合図は、好きな食べ物を買ってくるのがおすすめ。

わかりやすいうえに手軽に実行できるからです。

 

話すのが難しいときは手紙で気持ちを伝える

5つめは、話すのが難しいときは手紙で気持ちを伝えることです。

喧嘩が長引いてしまうと、だんだん謝りづらくなりませんか。

そんなときに効果的なのが手紙で気持ちを伝える方法です。

 

また、文章を書くと頭の中が整理されるというメリットがあります。

怒りに任せて書くのではなく、書き終わった後に一度読み返してから旦那に渡すくらいの余裕があるといいですね。

 

ちょっとしたプレゼントを用意する

6つめはちょっとしたプレゼントを用意することです。

「謝りたいけど直接話すのも手紙も苦手……」という人におすすめの方法です。

 

どのようなプレゼントがいいかというと、

  • 相手の好きなもの
  • おいしい食べ物
  • お酒

上記のようなプレゼントがいいでしょう。

旦那の機嫌が良くなったら「さっきはごめんね」と伝えると、スムーズに仲直りできると思いますよ。

 

子どもに助けてもらう

7つめは子どもに助けてもらう方法です。

例えば、

  • 子どもと一緒に家族で出かける
  • 直接話しづらいときは子どもを通じて伝えてもらう

上記のような方法が挙げられるでしょう。

 

しかし、注意しなければならないことが一つあります。

それは、子どもにストレスがかからないようにすることです。

喧嘩が悪化してしまうと、子どもが責任を感じてしまうので注意しましょう。

 

スキンシップをとる

8つめはスキンシップをとる方法です。

  • 何気なく隣りに座る
  • 肩や腕などに少し触れる
  • 手を握る

スキンシップとはいちゃいちゃするという意味ではなく、上記のような軽いものでかまいません。

 

スキンシップをとることで愛情ホルモンが分泌されるといわれています。

仲直りに効果がありそうですよね。

 

付き合い始めた頃の気持ちを思い出す

9つめは、付き合い始めた頃の気持ちを思い出す方法です。

「長い間一緒にいることで思いやりが欠けてしまった」などの理由で喧嘩になった場合は、初心を取り戻すことが効果的です。

 

具体的には、

  • 一緒にいられるのは当たり前ではないと思い出す
  • 結婚式の写真を見返す

上記のような対応がいいでしょう。

あなたの態度を見て、旦那さんの怒りも薄れていく可能性があります。

 

旦那と仲直りするまでの期間はどのくらい?

次に、旦那と喧嘩してから仲直りするまでの期間はどれくらいなのでしょうか。

Q.旦那さんと喧嘩してから仲直りするまでの期間は?

第1位 1日以内……59.1%
第2位 2日~3日……26.0%
第3位 4日~5日……6.4%
第4位 1週間以上……5.1%
第5位 6日~7日……3.4%

参考サイト:マイナビウーマン

 

上記のサイトによると、1日以内が約60%と過半数を超えていました。

また、2位が2〜3日以内で合わせると約85%です。

つまり、多くの夫婦が喧嘩を長引かせないようにしていることがわかります。

 

旦那と仲直りするきっかけ

次に、旦那と仲直りするきっかけをご紹介します。

自分が悪いと思ってもなかなか謝れないことはありませんか。

素直に謝れなくて困ったときは、以下の3つの方法を試してみてください。

 

  • 「おはよう」「いってらっしゃい」「ありがとう」などの挨拶
  • いつもどおりに接する
  • 気持ちが穏やかになるような出来事

それでは、詳しくみていきましょう。

 

「おはよう」「いってらっしゃい」「ありがとう」などの挨拶

1つめは「おはよう」「いってらっしゃい」「ありがとう」などの挨拶をすることです。

「夫が、ただいまとかおはようと挨拶してくれてそれをきっかけに仲直りになる」

「仲直りは挨拶から。“おはよう”の威力が凄い!!」

参考サイト:kufura

 

挨拶はコミュニケーションの基本といえます。

特に「おはよう」は、喧嘩から一晩経っていてお互いに冷静になれているので、すんなり仲直りができる可能性が高いでしょう。

 

いつもどおりに接する

2つめは、いつもどおりに接してみましょう。

「話したい事がある方が、普通に話しかける。それが、きっかけで普通に戻る」

「時間とタイミングをみはからって、頼み事(高い所の物取って貰うとか軽いヤツ)をする」

参考サイト:kufura

 

はっきりとしたきっかけがないのに、なんとなく仲直りできてしまった」ということはありませんか。

喧嘩の原因が深刻な内容の場合は別ですが、原因がちょっとしたことの場合はいつまでも根に持つのは良くないですよ

なんとなく仲直りできてしまうのも、共に過ごしている夫婦だからこそといえます。

 

気持ちが穏やかになるような出来事

3つめは、気持ちが穏やかになるような出来事があった場合です。

「テレビが笑えるとか、子どもの仕草が可愛いとか、どちらかが思わず笑ってしまうとそれでお互い怒りを忘れる。笑うとお互い穏やかに会話ができる」

参考サイト:kufura

 

楽しい出来事があると、怒っているのが馬鹿らしくなってしまうことはありませんか。

子どもやペットがいる場合は力を借りてみるのもいいですよ。

夫婦二人暮らしだったら、テレビをつけたり共通の趣味の話題を出してみましょう。

 

旦那と仲直りするためにやってはいけない行動5選

さて、旦那と仲直りするためにやってはいけない行動があるようです。

以下の5つが考えられます。

  • 怒りを抑えられていないのに「話し合おう」と提案する
  • 旦那の人格を否定すること・相手が気にしていることを言う
  • 無視を続けたり喧嘩を長引かせるような行動
  • 離婚をちらつかせる
  • すぐ実家に行く

 

上記のような行動をしてしまうと喧嘩が長引くばかりでなく、最悪離婚につながる可能性もあります。

喧嘩で感情的になっていたとしても、うっかりやってしまわないように気をつけたいですね。

では、詳しい内容をみていきましょう。

 

怒りを抑えられていないのに「話し合おう」と提案する

1つめは、怒りを抑えられていないのに「話し合おう」と提案することです。

感情的になっている状態で話し合っても、解決するのは難しいと思われます。

 

気持ちが高ぶっていると余計なことを言ってしまい、喧嘩が悪化するおそれも。

まずは気持ちを落ち着けて冷静になることを心がけましょう。

 

旦那の人格を否定すること・相手が気にしていることを言う

2つめは、旦那の人格を否定すること・相手が気にしていることを言うことです。

具体的には、

  • 「男のくせに」と性別によって決めつける
  • 過去の喧嘩をもちだす
  • 「育て方が悪い」などと親を否定する
  • 体型や容姿に関わること
  • 昔の失敗や挫折について
  • コンプレックス

上記のような内容が考えられるでしょう。

 

一度口から出た言葉は、もう取り消すことができません。

いくら喧嘩しているからといって、旦那を傷つける発言はしないように心がけることが大切です。

 

無視を続けたり喧嘩を長引かせるような行動

3つめは、無視を続けたり喧嘩を長引かせるような行動です。

旦那が謝ってきたのに意地を張って無視すると、喧嘩が長引いてしまいます。

そして長引けば長引くほど謝りづらくなり、仲直りも難しくなるでしょう。

 

あなたの態度を見て、旦那の嫌気がつのってしまう可能性もあります。

旦那から謝って歩み寄って来た場合は、素直に受け止める余裕も必要ですよ。

 

離婚をちらつかせる

4つめは離婚をちらつかせる行動です。

夫婦喧嘩においていちばんの禁句が「離婚」です。

 

喧嘩がヒートアップして言ってしまいたくなる気持ちはわかります。

しかし、離婚を口にするなら現実に離婚になる可能性があることをわかったうえで言うべきです。

「こんなつもりじゃなかった」「本当に思っていたわけじゃないのに」と後から思っても、言ってしまった言葉は取り消せません。

 

すぐ実家に行く

5つめは、すぐ実家に行くことです。

喧嘩して旦那の顔が見たくないから実家に行くという人もいますよね。

しかし、実家に帰るのは最終手段にしましょう。

 

実家に帰ってしまえば、両親も「喧嘩したのかな」と思うでしょう。

頻繁だと旦那の印象が悪くなる可能性もあります。

また、旦那的にも「喧嘩のことを両親に話しているんだろうな」と、いい気持ちはしないはずですよ。

 

補足:旦那と喧嘩しないために!よくある喧嘩の原因5選

補足として、よくある夫婦喧嘩の原因を5つご紹介します。

  • 相手の言い方にイラついた
  • 家事や育児を手伝ってくれない
  • 子どものことで意見が合わない
  • 生活態度が悪い
  • 帰りが遅いのに連絡しない

 

原因を知ることで、できるだけ喧嘩しないように気をつけたいですよね。

では詳細をみていきましょう。

相手の言い方にイラついた

1つめの原因は相手の言い方にイラついたことです。

夫婦は生活を共にしていて気心がしれた関係なので、つい遠慮なくきつい言葉を言ってしまいがちです。

 

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉がありますね。

いくら仲が良くても、言っていいことと悪いことはあるはずです。

無駄に相手を傷つけることがないように注意しましょう。

 

家事や育児を手伝ってくれない

2つめは家事や育児を手伝ってくれないことです。

現在では共働き夫婦が過半数を超えています。

妻も働いているのに家事や育児も妻まかせとなると、喧嘩になっても仕方ないですね。

 

夫婦は運命共同体といえます。

お互いに思いやって協力して過ごしていけたらいいですね。

 

子どものことで意見が合わない

3つめは、子どものことで意見が合わないという原因です。

子どもの教育方針について喧嘩になることは多いといわれています。

 

夫婦の考え方が一致していれば問題ないですが、完全に一致することは難しいと思います。

そんなときに重要なのは、子どもの幸せをいちばんに考えることです。

また、育児を片方に任せっきりにすることも喧嘩の原因になりますので気をつけましょう。

 

生活態度が悪い

4つめは生活態度が悪いことです。

具体的には、

  • だらしない
  • ずっと寝ている
  • お酒を毎日飲む

などが挙げられるでしょう。

 

生活態度の悪さは、子どもに悪影響を与えることもあります。

いつでもキッチリ過ごすのは大変でしょうから、たまに息抜きする程度に留めるといいですよ。

 

帰りが遅いのに連絡しない

5つめは帰りが遅いのに連絡しないことです。

遅くなる時に連絡をするのは人としてのマナーといえます。

 

仕事ならできるのに家族だとできないというのは、甘えでしかないでしょう。

そうやって家族に対して適当な態度をとっていると、どんどん信用を失っていきます。

 

補足:旦那と喧嘩しないためにできること5選

喧嘩の原因がわかったところで、次は旦那と喧嘩しないためにできることをご紹介します。

  • 普段からコミュニケーションをとる
  • 旦那に期待しすぎない
  • 気づいてくれるのを待つのではなく自分から伝える
  • 冷静になれないときは落ち着くまで一人になる
  • きつい言い方をしないように注意する

 

喧嘩はお互いに嫌な気持ちがするものです。

できるだけ避けられるように、上記の5つを心に留めておきましょう。

では、詳しく説明していきます。

 

普段からコミュニケーションをとる

1つめは、普段からコミュニケーションをとるようにしましょう。

コミュニケーションをとることで、誤解やすれ違いを防ぐことができるでしょう。

 

大事なことはもちろんですが、些細なことでも旦那と共有することで信頼関係がどんどん築いていけます。

旦那と仲良く過ごすことができれば精神的に安定しますし、良い事づくしですよ。

 

旦那に期待しすぎない

2つめは旦那に期待しすぎないことです。

希望したことはなんでもやってくれるのが当たり前だと思っていませんか。

しかし、いくらやってあげたくても無理なことはあるのです。

 

期待するのをやめれば、相手に対して不満が生まれる頻度もそのぶん減ります。

また、必要以上に期待すると、相手は負担に感じてしまうので注意が必要です。

 

気づいてくれるのを待つのではなく自分から伝える

3つめは、気づいてくれるのを待つのではなく自分から伝えることです。

一般的に、男性は女性よりも察する能力が低いといわれています。

期待するのと似ていますが、やってほしいことがある場合は自分から伝えたほうが喧嘩になりにくいでしょう。

 

冷静になれないときは落ち着くまで一人になる

4つめは、冷静になれないときは落ち着くまで一人になることです。

特に旦那に注意や指摘したいことがあったときは、一旦落ち着いてから伝えるのをおすすめします。

 

感情的になっていると、余計なことを言ったり嫌な態度をとってしまうことはありませんか。

あなたの態度を見て旦那も不快な気持ちになり、喧嘩に発展していくのです。

 

きつい言い方をしないように注意する

5つめはきつい言い方をしないように注意することです。

同じ内容でも伝え方によって相手の受け取り方は変わりますよね

円満に物事をすすめるには、一呼吸おいて棘のある言い方にならないように気をつけるのが重要です。

 

まとめ

まず旦那とスムーズに仲直りする方法を9つご紹介しました。

  • 怒りを抑えるための冷却期間を設ける
  • 素直に謝る
  • おいしい食事など旦那が喜ぶことをする
  • 喧嘩した時のルールをあらかじめ決めておく
  • 話すのが難しいときは手紙で気持ちを伝える
  • ちょっとしたプレゼントを用意する
  • 子どもに助けてもらう

さまざまな方法があるので、自分たちに合った方法を使うといいですよ。

 

また、旦那と仲直りするためにやってはいけない行動について説明しました。

  • 怒りを抑えられていないのに「話し合おう」と提案する
  • 旦那の人格を否定すること・相手が気にしていることを言う
  • 無視を続けたり喧嘩を長引かせるような行動
  • 離婚をちらつかせる
  • すぐ実家に行く

怒っている時についやってしまいそうな行動ばかりですね。

上記のような行動をしてしまうと、喧嘩が長引いてしまう可能性があるので気をつけましょう。

 

毎日顔を合わせる旦那だからこそ、喧嘩してしまったときはすぐに仲直りしたいですよね。

夫婦喧嘩してしまったときは、ぜひ当記事を参考にして素早い仲直りに役立ててください。

 

また、関連した内容として、夫婦喧嘩についてまとめた記事があります。

合わせてこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました