【ストレス】旦那の性格が悪い!旦那を嫌いな理由と疲れた時の対処法を解説!

旦那

「旦那の性格が悪い!

「旦那の性格が悪くてストレス!」

「旦那の性格が悪くて疲れる!対処法はある?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

旦那が性格が悪いと嫌いになるし、気持ちが沈みますよね。

どうしたら良好な関係を築けるのだろう?と思う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 旦那の性格が悪い!嫌いな理由は?
  • 旦那の性格が悪い!疲れたときの対処法
  • 旦那の性格が悪い!旦那を嫌いにならないために

上記の内容をご紹介していきます。

 

旦那が性格が悪くて困っている方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、性格が悪い旦那を嫌いな理由や、対処法がわかるでしょう。

 

旦那の性格が悪い!嫌いな理由は?

旦那の性格が悪いと、ついつい

私が何かしたのだろうか?

と不安になってしまいますよね。

しかし妻や家庭以外に原因があることも。

 

旦那の性格が悪い時に考えられる主なイライラの原因は下記の通りです。

  • デリカシーがない
  • 口だけ夫で無理な提案ばかりする
  • 家事や育児をサボタージュする
  • 言葉が荒い
  • 子供の誕生日や結婚記念日を忘れている
  • 妻を束縛する
  • マイナスなことばかりいってプラスの言葉はいわない
  • 妻側の親戚と交流しない

それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。

 

デリカシーがない

デリカシーがない旦那は妻から嫌われます。

容姿をからかうような言葉をいって人の気持ちを傷つけ、嫌がる姿をみて喜ぶ性格悪い旦那は、子供の頃の教育がうまくいかなかった結果かもしれません。

 

注意しても治らない場合は、雑な家でのびのびと育って今さら自由を阻害されたくないタイプと、人をいじめるのが楽しいのでやめたくないタイプがいるようです。
どちらにしてもデリカシーがないと性格が悪いと判断されます。

 

口だけ夫で無理な提案ばかりする

一般的によさそうなことを言うだけで満足してしまう旦那は、嫌がらせをして喜ぶ性格悪い男でしょう。

赤ちゃんの世話でまったく寝られないときに、手伝う素振りを一切みせず「睡眠時間が少なくなるとお肌に悪いらしいよ」などといってきたらイラッとしますよね。

 

まともな旦那は、「子供は俺がみててやるから少し寝なよ」というでしょう。

口だけの男は妻から嫌われます。

 

家事や育児をサボタージュする

「俺は疲れてるんだ」などといって家事や育児をしない旦那は、義母が間違った教育をした結果です。

そんな旦那は、根性を叩き直さなければいけません。

 

役に立ってもらうためでもありますが、家庭で愛される父親として生きのびるため・子供に嫌われないため・熟年離婚を回避するために、旦那にとっても意識改革は重要です。

育児や育児をサボタージュする旦那は不要でしょう。

言葉が荒い

言葉遣いの悪い旦那は、妻を威圧したい意図でわざとやっているので、性格悪い旦那といえるでしょう。

生まれ育った地区の方言の場合は仕方ありませんが、北国出身なのに関西弁で脅してきたりしたら、意図的な嫌がらせの可能性が高いです。

 

旦那の言葉遣いの悪さは子供に悪影響なので、子供のいる前でおかしな言動をしないように注意しましょう。
言葉使いが荒い旦那は妻から嫌われる原因となります。

 

子供の誕生日や結婚記念日を忘れている

普段は家庭をかえりみなくても、締めるところだけ締めてくれれば我慢できるものです。

しかし、肝心な記念日すら忘れるようでは、いいところが一切なくなってしまいます。

 

最悪、結婚記念日は忘れても、子供の誕生日くらいは覚えていなければ親失格です。

いい夫は、子供の誕生日を祝うだけでなく妻に感謝することも忘れません。

 

妻を束縛する

妻が飲み会にいくのを禁じる旦那は、モラハラ気質の性格悪い男です。

今は昭和ではなく令和なので、女性の権利は昔より一般的に認められており、妻が飲み会にいくのは普通のこととされています。

 

合コンなどはさすがに避けるべきですが、同級会や女子会など普通の飲み会にまで参加させない旦那は、性格悪いというより異常者かもしれません。
妻の行動をいろいろと束縛する旦那は嫌われる原因となります。

 

マイナスなことばかりいってプラスの言葉はいわない

とくに暴力を振るわなくても、言葉の嫌がらせはモラハラに該当します。

感謝の気持ちを決していわず、愛の言葉もいわず、何を頑張っても褒めない旦那は性格が悪いので、妻に嫌われても不思議はありません。

否定の言葉しか発しない旦那は、禅問答をしているつもりかもしれません。

「無料で禅寺修行させてくれてありがとう」と感謝してスルーするといいでしょう。

 

妻側の親戚と交流しない

結婚したのに妻側の親戚と会いたがらない旦那は、妻を軽くみています。

旦那側の親戚と交流しなくていいのなら「お互いさま」で済みます。

が、「俺の顔を立てろ!」なんて自分の親戚と無理矢理交流させる場合は、性格悪いどころか子供レベルのわがままです。

 

冠婚葬祭だけでなく妻側の親戚と交流を保つのは、結婚して家庭を持った成人男性なら当然のことです。
妻の親族を敬わない旦那は嫌われてしまっても仕方ありません。

 

旦那の性格が悪い!疲れたときの対処法

旦那の性格が悪いと、疲れてしまいますよね。

そんな状態が続くと、家庭内の空気も悪くなるでしょう。

 

旦那の性格が悪く疲れた時には、下記の対処法がおすすめです。

  • 我慢せずに爆発してみる
  • 旦那が死んだらどうなるかシミュレーションする
  • 誰かに愚痴をいう
  • 1人だけでおいしいものを食べる

それぞれの対処法を具体的に見ていきましょう。

 

我慢せずに爆発してみる

あなたが大人の対応をして我慢したりすると、性格悪い旦那は反撃されないことで安心して増長します。

しっかり怒って対等に喧嘩をすれば、妻は怒るものだと学習して気を使うようになるかもしれません。

 

対等の関係になるには相手の行動を真似るという手法があるので、旦那が怒鳴ったらこちらも怒鳴り返し、嫌味をいわれたら嫌味で返しましょう。

不毛なように感じるかもしれませんが、一部の性格悪い旦那にはけっこう有効な対応法です。

 

旦那が死んだらどうなるかシミュレーションする

旦那が死んだと仮定しましょう。

楽になることや、嬉しいことがたくさん思い浮かぶでしょう。

もう2度と、夜中に叩き起こされて酒のつまみを作らされることはありません。

 

次に、旦那が死んだ後の問題を想像しましょう。

旦那が死ねばいろいろと楽になりますが、単純に生活費が入ってこなくなります。

子供が悲しんでひねくれるかもしれませんし、旦那なしで子供を大学までいかせられるでしょうか?

 

そういった妄想で旦那の必要性を再認識して、明日からまた妻達は頑張るのです。

日本だけでなく、世界中にあなたの仲間がいます。

 

誰かに愚痴をいう

辛くなったり我慢できなくなったら、お友達や姉妹などに旦那の愚痴をいってみましょう。

約6割の妻が夫を嫌いなわけですから、高確率で仲間がみつかるはずです。

 

愚痴仲間で旦那の悪口をいい合い、お互いに共感すれば承認欲求が満たされ気持ちが楽になるでしょう。

無理に我慢すると、体調を崩してしまうかもしれません。

 

1人だけでおいしいものを食べる

おいしいものを食べると、脳が快楽物質をだすので幸せな気持ちになります。

旦那がいないときに、1人でおいしいものを食べてストレスを解消すれば、日々の辛さがやわらぐでしょう。

 

ただし、この方法は太りやすいので健康管理に要注意です。

いつか性格悪い旦那と別れて、やさしいイケメンと再婚できる日が来るかもしれないので、旦那がムカつくからといって体型を崩さないほうがいいかもしれません。

 

旦那の性格が悪い!旦那を嫌いにならないために

一時的に性格が悪いのならまだしも、あまりにも長期にわたって不機嫌だと疲れて嫌いになってしまう妻もいるでしょう。

 

そんな時嫌いにならないためにできることはあるのでしょうか。

  • ストレスを溜め込まない
  • 客観的に夫婦関係を見つめてみる
  • 旦那に完璧を求めない
  • 話し合いの場を作ってみる
  • 意識的に感謝の気持ちを伝えてみる
  • 新婚なら先輩夫婦の意見も聞いてみる

詳しく解説していきます。

 

ストレスを溜め込まない

ストレスを溜め込まないことは、旦那嫌いを解消するうえでかなり重要です。

自分の気持ちにふたをして我慢していると、どこかで糸が切れてしまいます。

ストレスを発散する方法は人によりけりなので、自分に合う方法を探してみましょう。

 

何をやればいいかわからないときは、リラックス効果のあるヨガをやってはいかがでしょうか。

ゆっくり呼吸をしながら体を動かすと血の巡りがよくなり、自律神経が整います。

 

また、家族や友達と思いっきり話す時間を作るのも効果的です。

自分が抱えている不満や悩みを人に聞いてもらうことで、心のつかえが取れるでしょう。

思いを口に出してみると、自分がどうしたいのか気づくことがあるかもしれません。

 

客観的に夫婦関係を見つめてみる

旦那を嫌いになりそうなときは、一旦冷静になって2人の関係を見つめてみましょう。

よく考えてみると、相手のいいところがたくさん見つかるかもしれません。

 

例えば、細かな言動は気に入らないくても、収入が安定していて不自由がないなら、十分だと思えるでしょう。

家事をやってくれないと思っていた旦那が、周りの友達と比較してみると献身的に見えることもあります。

 

世の中には、自分達より不仲な夫婦がたくさんいます。

客観的に夫婦の関係を見てみると自分達は意外と幸せで、相手のいいところが見えていなかっただけだと思うこともあるはずです。

 

旦那に完璧を求めない

旦那は完璧な人間ではありませんので嫌いな部分を許さないのではなく、認める努力をしましょう。

ずっと一緒にいると、悪いところばかり目についてしまうものです。

 

服を出しっぱなしにしたり、飲み会で終電を逃してタクシーで帰ってきたり自分にとってはありえないと感じることを、平気でやる旦那もいますよね。

相手に怒りを覚えるのは仕方のないことです。

しかし、思わずイラっとするようなことが、彼の個性の1つでもあります。

 

物を片付けられない代わりに、細かいことは気にしないポジティブな面もあるでしょう。

旦那の悪いところは個性だと思って、温かい気持ちで見てみると、嫌いな気持ちが和らぐかもしれません。

 

話し合いの場を作ってみる

旦那に不満を感じるのなら、相手と向き合って話し合いの場を設けることをおすすめします。

お互いの意見を伝え合うことで、すれ違いに気付けるからです。

 

例えば、旦那のそっけない態度に不満があったとします。

向こうがコミュニケーションを取ろうとしないので、妻も積極的に話しかけるのはやめてギクシャクした状態が続いていました。

しかし旦那の考えを聞いてみると「仕事や家事で疲れているように見えたので、話すと負担に感じると思った」と考えていたことがわかるでしょう。

 

いきなりそっけなくなったのではなく、妻のことを気遣っていたから態度が変わったのですね。

このようにきちんと話してみるのも、夫婦関係を修復する1つの手です。

 

意識的に感謝の気持ちを伝えてみる

感謝の気持ちを意識して伝えると、旦那との関係がよくなるかもしれません。

繰り返し伝えることで、本当に感謝の気持ちが芽生えることがあるからです。

試しに「いつもありがとう」と言ってみましょう。

 

最初は気持ちがなかったとしても、口にしたことで感謝の理由を頭の中で探しているはずです。

稼いでくれてありがとう、お風呂掃除をしてくれてありがとう、いつも大らかでいてくれてありがとう。

 

意識して探すと、小さなことでも旦那に感謝できる要素はたくさんあります。

繰り返し気持ちを伝えれば、旦那からありがとうと言われることも多くなるでしょう。

感謝は自分の気持ちを変化させて旦那嫌いを解消する、もっとも簡単な方法かもしれません。

 

新婚なら先輩夫婦の意見も聞いてみる

新婚の段階で旦那が嫌いになりそうなときは、先輩夫婦に相談してみるのも1つの手です。

若いから視野が狭くなっている可能性もあるでしょう。

結婚して何十年経っても、ずっと仲がいい年配の夫婦もいますよね。

 

先輩達に秘訣を聞いたり、悩みを打ち明けたりすることで、抱えている不満がちっぽけだと思えるかもしれません。

例えば、新婚の頃は一緒に住み始めたばかりで、ちょっとした生活様式の違いをストレスに感じることもあります。

 

旦那の子供っぽい言動が鼻に付いたり、テレビを見てばかりでほとんど話を聞いてくれなかったり…。

先輩夫婦に不満の解消方法を教えてもらったら、意外とあっさり解決できるでしょう。

 

まとめ

旦那の性格が悪く、妻に嫌われるに考えられる主な原因は下記の通りです。

  • デリカシーがない
  • 口だけ夫で無理な提案ばかりする
  • 家事や育児をサボタージュする
  • 言葉が荒い
  • 子供の誕生日や結婚記念日を忘れている
  • 妻を束縛する
  • マイナスなことばかりいってプラスの言葉はいわない
  • 妻側の親戚と交流しない

 

旦那の性格が悪く疲れた時には、下記の対処法を試してみましょう。

 

  • 我慢せずに爆発してみる
  • 旦那が死んだらどうなるかシミュレーションする
  • 誰かに愚痴をいう
  • 1人だけでおいしいものを食べる

コメント

タイトルとURLをコピーしました