【今更聞けない?】夫妻って英語でなんていうの?英語の例文や意味を徹底解説!

未分類

「夫妻って英語でなんていうの?」

「夫妻を使った英語の例文を知りたい」

「英語では夫妻と夫婦は違うの?」

と考えることはありませんか?

 

ちょっと気になっても今更聞けない英語の表現や言い回しも、ありますよね。

そこで今回は、海外生活経験が英語を話す友人も多い筆者が夫妻の意味や正しい使い方について徹底的に調べました。

 

当記事で紹介する内容は、次のとおりです。

  • 英語で夫妻の意味&使い方を徹底解説!
  • 夫妻と夫婦の違いがあるのかを徹底解説

 

英語のちょっとした表現方法を知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

今更聞けないことが知れてスッキリすると、幸いです。

 

英語で夫妻を表す単語の意味や例文を紹介!

〇〇夫妻のように、日本では結婚した2人の男女を表す時に「夫妻」を使うことが多いですよね。

英語で同じような表現をする時に、どんな表現を使ったらいいのだろうと悩むことはありませんか?

実は英語では、夫妻を表す直接的な単語はありません。

 

しかし、夫妻を表す表現方法があり次の通りです。

  • a husband and wife
  • Mr, and Mrs, 〇〇
  • married couple

当項目では、それぞれの意味や使い方について紹介します。

 

a husband and wife

結婚している夫妻を表す表現の一つは、a husband and wifeです。

a husband and wifeについてweblioには次のように載せられていました。

夫妻

husband [man] and wife

 

husband and wifeの使い方の一例を、下記にまとめました。

  • こちらは私の友人の、ご夫婦です:This is my friends, husband and wife
  • だってあなたたちは夫婦じゃないですか:But, you are husband and wife
  • 隣のご夫婦です:They are husband and wife next door

誰かに2人が夫婦であることを紹介するときや、話している相手に夫婦であることを認識させたい時に使うことが多いようです。

 

married couple

夫妻を表す別の言葉は、married coupleです。

 

英ナビ!には、married coupleについて以下の説明が載せられていました。

married couple

名 夫妻、夫婦

引用:英ナビ!

married coupleの2つの単語が1つの名詞となり、夫妻、夫婦の意味を表します。

 

married coupleの使い方を、下記にまとめました。

私たちは長年連れ添った熟年夫婦です:We’re an old married couple.

こちら、田中夫妻です:Taro Tanaka and Konami Tanaka are a married couple.

ちなみに、a married coupleを使用する場合、英語ではフルネームもしくは名前だけで紹介することが多いため、日本語と英語の表現方法が少し異なります。

 

Mr, and Mrs,〇〇

夫婦を指す時に頻繁に用いるのがMr,and Mrs,〇〇で、一般的に使われています。

結婚式でもMr,and Mrs,のディスプレイが掲げられているのを、目にする機会があるのではないでしょうか?

 

Mr,and Mrs,〇〇に関して、weblioには次のように載せられていました。

Mr.and Mrs.

夫妻

引用:weblio

 

最も簡単に2人が結婚した夫婦であることを表す表現で、下記のように使います。

こちら田中ご夫妻です:This is Mr, and Mrs Tanaka

特に別の人に夫妻を紹介したい時に、使いやすい表現です。

 

Mr,and Mrsに限らず、〇〇and 〇〇の表現で、夫妻を表す機会は多くあります。

例えば、世界中で大人気のイギリスのロイヤルメンバーカップルであるウイリアム夫妻は、The Duke and Duchess of Cambridge(ケンブリッジ侯爵、侯爵夫人)と表現されていました。

 

上記はイギリス王室による公式のInstagramで、ご夫妻の結婚記念日を祝福する内容です。

The Duke and Duchessと表示されることで、2人が婚姻関係にあるご夫妻であることが分かります。

 

英語で夫婦を表す言葉と夫妻を表す言葉はほとんど同じ?

日本語では、夫妻と夫婦との言葉の表現方法に違いがあり次の通りです。

  • 夫婦:一般的に使われる
  • 夫妻:目上の人に対する場合や、敬意を表す時に使われる

しかし英語では、夫妻と夫婦との表現方法にそれほど大きな違いはありません。

 

夫婦と表現したい時にも夫妻と表現したい時にも、上記の夫妻で紹介した3つの表現方法が使われます。

  • a husband and wife
  • Mr, and Mrs, 〇〇
  • married couple

 

使い方も夫妻の時と、ほとんど変わりがありません。

夫妻と夫婦の違いのように微妙なニュアンスの違いを使い分ける必要がないのは、英語の良いところだとも言えますね。

 

英語で夫妻を表現するのに複数の単語を使う理由とは?

  • 英語で夫妻もしくは夫婦を表現するのに、複数の単語を使う必要があるのだろう?
  • 日本語には夫婦や夫妻の使い分けまでされているのに英語はどうしてこだわりがないのだろう?

上記のように、感じませんか?

 

英語で夫婦を表現する時と、日本語で夫婦を表現する時は少しずつニュアンスが変わり、文化や習慣が影響することもあるのです。

当項目では、英語で夫妻を表す時に複数の単語を使う理由として考えられることや状況について下記の3つを紹介します。

  • 夫婦を一言で強いて言えばcouple
  • もともと夫婦という表現は必要ない?
  • 文化の影響によって言葉も変わる

 

夫妻を一言で強いて言えばcouple!

夫妻を一言で強いて言えば、一番近い言葉はcoupleです。

しかし、恋人のこともカップルと表現するように夫婦だけを指して使われる言葉ではありません。

 

coupleについてweblioには、次の説明が載せられていました。

a(組になっている)二つ,二人,一対 〔of〕 (⇒a COUPLE of… 【成句】) 《★【類語】 ⇒→pair》.

couple of players 二人ひと組の競技者.

b男女ひと組; (特に)夫婦; (ホモを含めて)カップル(ダンスの)男女ひと組 《★【用法】 人を表わす場合には動詞が複数形をとることがある》.

a loving couple 恋仲の男女.

c(同種類のものの)二つ,二人 〔of〕《★【用法】 a couple of の次は複数名詞; ⇒a COUPLE of… 【成句】》.

引用:weblio

 

coupleには夫婦という意味ももちろん含まれていますが、恋人、一組などの意味合いがあることがわかります。

  • 夫婦
  • 恋人
  • 仕事や運動競技、ダンスなどのパートナー

上記のように、2つのものが組み合わさって1組になっているニュアンスが強いようです。

 

もともと夫妻という表現は必要ない?

夫妻、夫婦という単一の単語をわざわざ使う必要がないと考える人もいます。

先ほども紹介しましたが、英語では夫妻という表現を使わずに〇〇and〇〇と呼んで、夫婦のことを紹介するケースが珍しくないからです。

 

先ほどはウィリアム夫妻についての紹介をしましたが、イギリスのチャールズ皇太子夫妻についても同様の表現がなされていました。

 

日本では「チャールズ皇太子夫妻」と呼ばれているご夫妻ですが、英語ではThe Prince of Wales and The Duchess of Cornwallと呼ばれています。

The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall(プリンス・オブ・ウェールズ)はチャールズ皇太子のこと、The Duchess of Cornwallはコンウォール侯爵夫人(カミラ夫人)のことです。

 

ここでも〇〇and〇〇と表現し、ご夫妻のことを表しています。

イギリス国民だけでなく、世界中の人々はそれぞれの名前や称号を見ただけでThe Prince of Wales and The Duchess of Cornwallと聞くとご夫妻の事だとすぐに分かるのです。

 

文化の影響によって言葉も変わる

文化の違いにより、夫妻、夫婦という表現の仕方が違うことも考えられます。

考えられる文化の違いの一部を、下記にまとめました。

  • プライベートを尊重する文化
  • 見るからにカップル(夫婦または恋人)だと分かる文化

 

日本に比べ、英語圏の国々は個人主義なので一緒にいるパートナーが結婚している既婚者なのかただの恋人なのかあまり気にしないことも珍しくありません。

  • あ〜パートナーなんだな
  • きっと奥さんなのかな

 

上記の認識で、結婚している夫婦なのか恋人なのか追求する必要性も感じずに互いに接することもあります。

気になった時には直接「こちらの方は?」と聞いて、教えてもらえれば済むわけです。

 

また日本では公の場で、次の光景はあまり見られません。

  • 夫婦がいつも手を繋いでいる
  • ハグをしたり体に触れたり親しそうな様子をしている
  • 男性が女性をエスコートして会場に入ってくる

 

英語圏では、上記の光景が見られ、みんなに「私たちは夫婦だ(カップルだ)」と主張しています。

わざわざ夫妻、夫婦と言わなくても見れば分かるので夫妻や夫婦の単語はいらないと考える人も少なくありません。

文化や考え方の違いで、言葉の使い方も変わるのは興味深いですね。

 

今後夫妻を表す表現が変わる可能性もある?

言葉は歴史と共に変化してきていますので、今後英語の夫妻の表現の仕方も変わらないとも限りません。

結婚=男女&法的に結婚しているもの

多くの英語圏の国では、結婚というと上記の認識でした。

 

しかし、結婚に関して様ざまな法律の改正が行われている国があるのも事実です。

「結婚=男女」「結婚=法的に結婚しているもの」の認識が法的にも変化している中で、夫婦を英語で表す言葉が変わる可能性も否定できません。

 

英語で夫、妻は何という?

日本語では夫妻、夫婦と表現があるように夫、妻を表す言葉もいろいろありますよね。

  • 夫:旦那、亭主、旦那さん
  • 妻:嫁、家内、奥さん、奥様

上記のように、話している相手や状況によって配偶者の呼び方を変えることも珍しくありません。

 

英語で配偶者を呼ぶことに関して、次のように考えることはありませんか?

英語で配偶者を表す時にもいろいろな表現があるのだろう?

当項目では、夫、妻の英語での呼び方について紹介します。

 

夫はhusband

英語で夫を呼ぶ時に使う表現(話し相手や第三者の配偶者を呼ぶ時も含む)は、husbandです。

公の場でもプライベートの場でもhusbandを使うのが一般的ですが、仲の良い友達同士で話す時や旦那に直接話しかける時にはhubbyと呼ぶこともあります。

 

妻が配偶者を呼ぶときの表現を、下記にまとめました。

  • husband:公の場でもプライベートでも使う。夫と直接話している時には使わない
  • huddy:プライベートで使う。夫に直接話す時にも使う

 

妻はwife

英語で妻を呼ぶ時(話し相手や第三者の配偶者を呼ぶ時も含む)は、wifeです。

husbandと同じく公の場でもプライベートの場でもwifeと表現しますが、たまにmadamと呼ぶこともあります。

 

夫が配偶者を呼ぶときの表現方法について、下記にまとめました。

  • wife:公の場でもプライベートでも使える。旦那が自分の配偶者について話し相手に説明するときに使う。話し相手の配偶者や第三者の配偶者についてもwifeと表現する。自分の妻に対して直接wifeとは呼ばない。
  • madam:女性に対する一般的な継承として使うこともある。

 

darling&honeyと表現することも

お互いに配偶者を呼ぶ時に、darling(ダーリン)、honey(ハニー)と表現することも珍しくありません。

 

日本では一般的に次のイメージがあります。

  • darling:女性が男性に向けて呼ぶ
  • honey:男性が女性に向けて呼ぶ

 

しかし英語圏では、女性が男性に対してhoneyと呼んだり、男性が女性に対してdarlingと呼んだりすることも珍しくありません。

プライベートで友達と話している時に、自分の配偶者のことをdarling(もしくはhoney)と呼んだり、配偶者に対して直接darling(もしくはhoney)と呼んだりします。

 

darling&honeyについてまとめました。

darling&honey:どちらも配偶者を呼ぶ時に使う。相手に直接呼んだり、プライベートで自分の配偶者を指す時の表現として使ったりする。

 

英語での夫の呼び方に関する記事は、下記を参考にされてください。

 

まとめ

英語で夫妻、夫婦を表す時に使う表現方法は、次の通りです。

  • a husband and wife
  • Mr, and Mrs, 〇〇
  • married couple

日本語とは違い、英語では夫妻、夫婦のような使い分けはほとんどなく、直接的に夫妻を指す単語はありません。

 

日本と英語圏の国の文化の違いや考え方によって、言葉の表現方法も大きく変わるのです。

文化と言語は大きく関わりがあることが分かる興味深い一例とも、言えるでしょう。

 

しかし言葉は生き物であり、歴史や生活スタイルの変化によって変わることも珍しくありません。

今後、夫妻や夫婦を表す英語の表現がどのように変化していくのかを見届けるのも、楽しみの一つだといえます。

 

日本語での配偶者を指す表現方法に関しては、下記を参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました