【緊張】離婚したいときの上手な伝え方5選!ベストなタイミングや注意点も徹底解説!

離婚したい

「離婚したいときの上手な伝え方は?」

「離婚したいという伝え方が分からない場合は手紙でもいい?」

「離婚したいときの伝え方に注意点はある?」

などとお考えではありませんか。

 

離婚を切り出すのは、とても勇気がいりますよね。

できるだけスムーズに離婚するためにも、切り出し方は重要です。

 

当記事では

  • 【ケース別】離婚したいときの上手な伝え方の例文5選
  • 離婚を切り出す際のベストタイミング
  • 離婚したいのに伝え方が分からない場合の注意点

といった内容を徹底解説していきます。

 

離婚したいけれど、伝え方が分からないとお悩みの方はぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、離婚したいと上手に伝える方法がきっと分かるはずです。

 

【ケース別】離婚したいときの上手な伝え方の例文5選

離婚しようと決意を固めても

どのように伝えればいいのだろう?

と伝え方に迷う人は少なくありません。

人生において大きな決断となりますので、伝え方には十分注意を払う必要があるでしょう。

 

下記のケース別に伝え方の例文をご紹介していきます。

  • 性格の不一致が理由の場合
  • 好きな人ができた場合
  • 既に別居中の場合
  • 子供ありの場合
  • メールや手紙で切り出す場合

どのケースにおいても、そのまま伝えるのではなく自分の言葉に言い換えて使うようにしてください。

 

性格の不一致が理由の場合

まずは「性格の不一致が理由の場合」の例文をみていきましょう。

いつも家族のために働いてくれてありがとう。
最近は喧嘩ばかりで、私もあなたと一緒に暮らしていく自信がなくなってしまいました。
このままではストレスが溜まっていく一方で、お互いのためにならないのではと思っています。
これ以上あなたを傷つけないためにも離婚を考えてもらえないでしょうか?

 

あなた自身が「性格の不一致」と感じていても、相手は同じように思っていない可能性もあります。

具体的にどのような場面で「性格の不一致」を感じたのか、説明できるとより説得力が増すでしょう。

 

離婚した方が「お互いのため」というところを強調してください。

自分勝手な離婚ではなく、夫のことも考えた結果であることを伝えるのです。

 

好きな人ができた場合

次に「好きな人ができた場合」の伝え方を見ていきましょう。

好きな人ができてしまうのは仕方のないことです。

 

不倫をするくらいなら、離婚してから新たな恋を育みたいと思う方もおられるでしょう。

とはいえ好きな人ができたと正直に伝えると、話し合いがこじれる可能性もあります。

 

不倫関係にまで発展していなくても、相手が疑ってしまうのも無理はありません。

好きな人ができたことを理由にするのではなく、先ほどの性格の不一致を理由に離婚を切り出すのがおすすめです。

 

既に別居中の場合

「既に別居中の場合」の伝え方をご紹介します。

既に別居している場合は、伝え方よりも伝えるタイミングがポイントになるでしょう。

 

別居してすぐに離婚を切り出すより、ある程度時間が経つのを待った方がスムーズに離婚できます。

夫があなたのいない生活に慣れてくれれば、離婚に合意してくれる可能性も高くなるでしょう。

 

別居中の場合は、口頭よりもメールやLINEで離婚を切り出すケースが多いはずです。

離れてからずっと考えていたけれど、やはり無理だったということを伝えてください。

 

伝え方の例文は下記の通りです。

急に連絡してごめんなさい。
離れてからずっと二人のことを考えてきました。
でももう一度やり直せるとは思えません。
このまま離れていた方が、お互いのためになると思うので離婚を考えてもらえないでしょうか。

 

子供ありの場合

次に子供ありの場合の伝え方をみていきましょう。

子供がいる場合は、親権や養育費など決めなければならないポイントが多くなります。

 

すべてを一度で決めるのは難しいでしょう。

離婚を切り出す際は、子供のことも決めていきたい旨を伝えてください。

 

伝え方の例文をご紹介します。

いつも私たちのために働いてくれてありがとう。
最近は顔を合わせれば喧嘩ばかりで、このままだと子供のためにも良くないと思っています。
離れて頭を冷やすべきだと思うので、離婚を考えてもらえないでしょうか。
親権や養育費についても話し合いたいので、時間を作ってください。

 

一度で決めてしまいたい気持ちは分かりますが、離婚を切り出された夫も混乱しているはずです。

離婚を焦っても良い結果にはならないので、少しずつ話し合いを進めるようにしましょう。

 

メールや手紙で切り出す場合

最後は「メールや手紙で切り出す場合」の伝え方です。

メールや手紙の場合は、一方的な意見の押し付けになってしまう傾向にあります。

 

夫によっては

こんな大事な話をメールでするなんて!

と余計に話がこじれてしまう可能性もあるでしょう。

 

あくまでも「提案」することをポイントに、文章が冷たくなり過ぎないように気を付けてください。

突然メールして(手紙を書いて)ごめんなさい。
面と向かってだと上手く伝えられないと思い、メール(手紙)にしました。
最近は衝突も多く、あなたを傷つけることも多くなっていました。
今後は離婚して別々の人生を歩んだ方が、お互いのためになるのではないかと思っています。
あなたの意見も聞きたいので、話し合いの時間を作ってほしいです。

 

離婚を切り出す際のベストタイミング

離婚を切り出すタイミングも迷うところでしょう。

ベストなタイミングとして、下記を意識してみてください。

  • お互いに時間に余裕がある時
  • できれば夜よりも日中の方が良い
  • 子供がいない時間帯

 

お互いに時間に余裕がある時

まずは「お互いに時間に余裕がある時」に切り出すようにしましょう。

朝の仕事前やお出かけ前に切り出しても、話し合いの時間は作れません。

 

夫もモヤモヤしたまま、一日を送ることになるでしょう。

離婚はお互いの人生において、大きな問題です。

 

しっかり話し合う時間を設けて、お互いに納得できるまで話し合えるようにしましょう。

 

できれば夜よりも日中の方が良い

「できれば夜よりも日中の方が良い」点も頭に入れておいてください。

夜は落ち着いて話し合いができそうなイメージがありますよね。

 

しかし夜は心身ともに疲れが溜まっていることが多いでしょう。

そのため感情的になりやすく、ネガティブになる傾向にあります。

 

昼間や夕方など、明るい時間帯を選ぶ方が冷静に話し合いができるでしょう。

気持ちも明るくなりやすいので、前向きに話し合いができるはずです。

 

子供がいない時間帯

最後は「子供がいない時間帯」を選ぶようにしましょう。

離婚の話し合いは、決して明るいものではありません。

 

子供の前で話し合うことは、避けるようにしましょう。

たとえ子供が小さくても

まだ分からないから大丈夫だろう……

と決めつけるのは危険です。

 

幼い子供にも、両親の険悪な雰囲気は伝わります。

子供が保育園や学校に行っている時間帯や、両親に預けるなどして子供のいないときに話し合うようにしましょう。

 

離婚したいのに伝え方が分からない場合の注意点

離婚したいのに伝え方が分からないというときは、下記の点に注意してください。

  • 切り出すのは自分の気持ちを固めてから
  • 離婚したい理由を整理しておく
  • 親権や慰謝料は離婚が決まってから
  • 感情的にならない
  • 長期戦を覚悟する
  • DVやモラハラがある場合は切り出し方に要注意

それぞれの注意点を詳しくみていきましょう。

 

切り出すのは自分の気持ちを固めてから

まず「切り出すのは自分の気持ちを固めてから」にしてください。

一度「離婚」という選択肢を出してしまうと、元の夫婦関係に戻るのは困難になります。

 

たとえ離婚しなかったとしても

一度は離婚を考えた

という事実は消えません。

 

安易に離婚を切り出すのではなく、まずは自分の中で気持ちを固めましょう。

気持ちを固めずに離婚の話し合いをすれば、夫も混乱してしまいます。

 

離婚したい理由を整理しておく

「離婚したい理由を整理しておく」ことも大切です。

なんとなく離婚したい……

では夫も納得できないでしょう。

 

もし夫が離婚に合意してくれなければ、調停や裁判になります。

民法で定められた法定離婚事由に該当するかどうかが問題になるのです。

 

法令離婚事由は下記の5つと定められています。

(裁判上の離婚)
第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用:e-Gov法令辞典

 

離婚理由をはっきりさせ、場合によっては証拠を揃えておく必要があるでしょう。

まずは離婚したい理由を自分の中で整理しておくようにしてください。

 

親権や慰謝料は離婚が決まってから

「親権や慰謝料は離婚が決まってから」にしましょう。

子供がいれば、親権が一番気になるところであることは間違いありません。

 

夫の浮気があれば、慰謝料を請求したいと思うのも当然です。

しかし最初に親権や慰謝料の話をすると、話し合いが進まなくなってしまいます。

 

まずは離婚に合意してもらうことが最優先です。

夫が離婚に合意して初めて、親権や慰謝料についての話し合いができるようになるでしょう。

 

感情的にならない

「感情的にならない」ことも大切です。

離婚の話し合いは、お互いに感情的になってしまうケースが少なくありません。

 

人生を大きく左右する問題ですので、ついつい感情的になってしまうのも自然なことでしょう。

しかしあなたが感情的になれば、夫も引きずられて感情的になってしまいます。

 

感情的になれば、お互いが精神的に疲弊していくことでしょう。

話し合いに疲れてしまい、いつまでたっても離婚できないというケースも少なくありません。

 

長期戦を覚悟する

「長期戦を覚悟する」ことも必要です。

誰しも泥沼離婚は望んでいません。

 

あっさりとスムーズに離婚できれば、それに越したことはないでしょう。

しかしながらあっさり離婚が成立するケースは非常に稀なことです。

 

離婚自体は了承しても、親権問題や財産分与で揉めることも多いでしょう。

離婚が成立するまでは長期戦を覚悟して話し合いに望んでください。

 

DVやモラハラがある場合は切り出し方に要注意

「DVやモラハラがある場合は切り出し方に要注意」です。

離婚を持ちかけるだけで、相手がキレてしまう可能性もあります。

 

話し合いにリスクが伴う場合は、無理して切り出す必要はありません。

話し合うのではなく、離婚調停を申し立てるようにしましょう。

 

調停員が間に入ってくれるので、スムーズに離婚の話し合いを進めることができます。

 

まとめ

今回は下記のケース別に伝え方の例文をご紹介しました。

  • 性格の不一致が理由の場合
  • 好きな人ができた場合
  • 既に別居中の場合
  • 子供ありの場合
  • メールや手紙で切り出す場合

 

離婚を切り出すベストなタイミングとして、下記を意識してみてください。

  • お互いに時間に余裕がある時
  • できれば夜よりも日中の方が良い
  • 子供がいない時間帯

 

離婚したいと思っても、離婚話を切り出すのは勇気がいりますよね。

夫が怒るのではないだろうか?

と不安に思う方もいることでしょう。

 

確かに離婚の話し合いは楽しいものではありません。

しかししっかり準備をして臨めば、有利に離婚を進めることができますよ。

 

離婚の話し合いのコツは下記の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました